« 灼熱の革共同集会 | トップページ | 「郵政民営化を撃つ」(その1) »

2005年6月 8日 (水)

寝込んでしまいました。

 実は鬱病を患っていまして、先日「骨折り損のくたびれ儲け」で書いた失敗の為に自分を責めてしまい体調を崩して昨日、今日と寝込んでしまいました。鬱病患者にとっては小さな失敗や人から責められる事が、とてつもなく精神的負担になります。僕の場合も失敗をくよくよ考え込んでしまい昨日の朝から嘔吐と下痢を繰り返していました。職場に電話して休暇の申請をすると上司が認めないと言う物で困りました。

 そこで組合の役員に電話して申し入れてもらい何とか休む事は出来たのですが、今度は自宅まで課長が二人で尋ねてきます。医者に行って診断書を提出しろとの事。おいおい体調不良を気づかう言葉は無いのかよって思いました。

 郵便局の場合、組合が経営と結んでいる労働協約の中で、病気で休暇をとる場合は7日以上となっているので、明らかに協約違反なのです。一日二日の休暇の場合は病院の領収書又は薬袋で医者にかかった事を証明すれば良いとなっています。民間企業で労基法も労働安全衛生法も無視した職場で働いている人からすれば甘いと思われるかもしれませんが、法律上は協約を遵守しなければなりません。明日は出勤早々課長と揉める事になるでしょう。

|

« 灼熱の革共同集会 | トップページ | 「郵政民営化を撃つ」(その1) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/4471982

この記事へのトラックバック一覧です: 寝込んでしまいました。:

« 灼熱の革共同集会 | トップページ | 「郵政民営化を撃つ」(その1) »