« 「旗旗」ブログの参考にしてます。 | トップページ | 誤解と勉強不足の郵政民営化論議。 »

2005年6月20日 (月)

中国人民の抗日闘争を支持する。

 「元自衛官の憂い」を初めて見たのがたまたま、靖国参拝への批判的な意見を掲載していたので好感を持っていたのだが、中国における「反日」運動を暴動として批判するのは如何な物かと思う。確かに中国社会における貧富の格差の問題を外交問題に転嫁している側面はある物の、根底にある日本の中国に対する経済侵略への怒り、「つくる会」教科書の検定合格などの侵略戦争を開き直る政府の言動、そして国連安保常任理事国化=政治大国化・軍事大国化を目指す日本政府への怒りの爆発であることを理解できないでいるのは視野が狭いのではないかと感じる。 

 先ず日本の軍備増強を論じてから中国の問題を語るべきではないだろうか。少なくとも日本の陸海空自衛隊の装備は、中国が近代化・軍備増強を図る水準よりも遙かに進んでいる。米軍と共同作戦を取りさえすれば、いつでも対北朝鮮・中国への侵略戦争が可能な水準の装備を持っている。今日侵略戦争が現実化していないのは国内における反戦平和の運動を根絶できていないからに過ぎない。

 韓国・中国の人民の多くは、日本の再び三度の侵略戦争に対して危機感を抱いている。だらかこそ日本の外交政策・国内における反戦平和の運動破壊の動きに対して抵抗闘争に立ち上がっているのだ。原因と結果を転倒させ、侵略翼賛の意見、差別は排外主義の鼓吹に与してはならない。先ず日本のイラク侵略戦争への参戦を批判し、中国人民の抗日運動、五・四運動以来の闘いを受け止めることから思考を始めるべきではないだろうか。

|

« 「旗旗」ブログの参考にしてます。 | トップページ | 誤解と勉強不足の郵政民営化論議。 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お前そんなこと言ってるとそのうち他の日本人からリンチされることになるぞ。

投稿: 警告 | 2005年6月26日 (日) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/4628848

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人民の抗日闘争を支持する。:

» 「中国人民の抗日闘争」だって??? [罵愚と話そう「日本からの発言」]
http://rounin40.cocolog-nifty.com/attenborow/2005/06/post_2a91.htmlへのTBです。  日本の自衛隊の装備や規模、平和憲法の歯止めも、専守防衛も眼中にないらしい。現実に、過去60年間一発の銃弾も撃った経験のない自衛隊に危機感を感じ、日本以外の周辺国のことごとくと戦火を交えた中国人民軍に安心感や信頼感を感じているらしい。中国人や朝鮮人が、日本への恐怖感を感じている事実にもおどろくが、それを肯定する日本人の実在には、もっとおどろ...... [続きを読む]

受信: 2005年6月20日 (月) 18時11分

» 小泉首相の靖国参拝を軍国主義と批判する軍拡国家 [元自衛官の憂い]
 中国での反日暴動(?デモ?と形容されていますが、あれは明らかに「暴動」でした)を利用し、外交問題に変質させるという狡猾な裏技を見せてくれた中国ですが、メディアでは忘れ去られたかのような扱いになっていますが、サッカー・アジアカップでの国辱的な行為は、過去の歴史云々ではなく、過去の歴史を利用した醜悪なマナーの悪さでした。  石原都知事が、北京オリンピックボイコット発言をしましたが、日本人として純粋に見れば、あの国に行くのは安全なのか疑ってしまいます。  ボイコットは極論だとしても、何らかの善後策を... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 21時07分

» アジアの軍事バランスを崩す可能性は日本に?事実認定してますか? [元自衛官の憂い]
 私は防衛庁の関係者ではありませんが、政府・防衛庁の怠慢なのでしょうか、自衛隊が縮小傾向にあることをご理解いただいてないようなので、簡単にご説明します。  軍事力は、?質より量?なのか?量より質?なのかは、個人の見解によって様々でしょうが・・・私が中国の軍事力増強に懸念を抱いた旨を書きましたところ、「質の面で自衛隊の増強の方が凄いのでは・・・」とのご指摘もありました。  かつて朝鮮戦争に「義勇軍」として参加した人民解放軍とのアメリカ戦車部隊との戦闘の逸話として、戦車部隊は突撃してくる「中国軍」に... [続きを読む]

受信: 2005年6月25日 (土) 15時15分

» 中国の軍事力はどこに向かうのか [BLOG 爺の裏長屋]
白々しい事この上ない発言だなあ、とは思いますが、少なくとも中華人民共和国が位置す [続きを読む]

受信: 2005年6月25日 (土) 16時48分

» みんなでシャドウボクシング@教科書問題 [娑婆に出る]
栃木県大田原市教育委員会が、「新しい歴史教科書をつくる会」メンバーらの執筆した扶桑社の教科書を採択したことを受け、同会の八木秀次会長らは13日、都内で記者会見し、「歴史教育を正道にもどす動きが軌道に乗り始めたことを示す歴史的な第一歩」と採択を評価した... [続きを読む]

受信: 2005年7月14日 (木) 11時53分

« 「旗旗」ブログの参考にしてます。 | トップページ | 誤解と勉強不足の郵政民営化論議。 »