« 病気休暇が延びてしまった。 | トップページ | 米帝の戦争政策と日帝の軍事大国化路線 »

2005年6月15日 (水)

加古川郵便局で小包委託業者がストライキ

関西合同労組に加盟する関西トランスポート分会の労働者が、6月11日、ストライキに決起した。関西トランスポートはゆうパックの配送を請け負う委託業者で、その労働条件は最低賃金を下回る劣悪な物だった。そこで関西合同労組関西トランスポート分会を結成して労使交渉を始めた矢先、組合破壊のための全員解雇攻撃が行われた。これに対する反撃これに対する反撃としてストライキが貫徹され、当日の加古川郵便局の小包配送は全面ストップした。尚ストライキには全逓加古川分会の支援連帯も有った模様。
 全逓加古川分会は分会の中心メンバーが全国労組交流センター全逓労働者部会に結集し、関西唯一の拠点。http://kansaigodo.no-ip.org/main/kantorastrike.html

|

« 病気休暇が延びてしまった。 | トップページ | 米帝の戦争政策と日帝の軍事大国化路線 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/4572324

この記事へのトラックバック一覧です: 加古川郵便局で小包委託業者がストライキ:

« 病気休暇が延びてしまった。 | トップページ | 米帝の戦争政策と日帝の軍事大国化路線 »