« 巨大なブタブタ | トップページ | 新左翼の理論と運動を知らない人のために。 »

2005年6月30日 (木)

「ハリー・ポッター」原書に挑む。

 中学一年になる長女は非常に本が好きです。特にファンタジーの系統が好きで、「ハリー・ポッター」や「デルトラ・クエスト」「ダレン・シャン」などと言うシリーズを、新刊が出るのを待ちかねて読んでいる。中学一年というと早い子供は思春期に差し掛かっていて、父親との断絶などが社会的にも問題になったりしている。私も本が好きなので娘との共通の話題を作るために娘の勧める「ダレン・シャン」に挑戦したことがあるのだが、性に合わなかったので半分ほど読んだところで投げ出してしまった。

 「ハリー・ポッター」の場合映画が面白かったので、二作目の「秘密の部屋」、三作目の「アズカバンの囚人」は家族で映画館に見に行った。これなら読めるかも知れない。どうせなら親の見栄で子供が読めない英語で読んで手本を見せたら、長女が英語に興味を持つかも知れない。等と考えたのが約一年前の出来事になる。近所の書店で原書のペーパーバックを購入して、さて、と意気込んだものの、実は私は英語が苦手であった。

 大学入試の際私立文系を受験したにも関わらず、英語の偏差値が50に届いたことがない。国語と世界史とはどちらも60以上有ったので、英語さえどうにかすれば、第一志望は難しくとも滑り止めに受けた某大学なら大丈夫だろうと言われていたが、結局英語が伸びず、受験は失敗に終わった。

 で、結局挑戦を始めたは良いが約30ページほど読んだところで中断している。そうこうするうちに長女はこの春中学に入学し、初めて習う英語に関心を抱いたのか原書を「読んでみようかな」と言い始めた。もしここで娘に先を越されたら父親の面目が丸つぶれになってしまう。どうにかして読破せねばと内心焦りが生じている。へたに格好付けるのでは無かったかも知れない。世間のお父さんはどうやって子供の前で親の体面を守っているのだろうか。

|

« 巨大なブタブタ | トップページ | 新左翼の理論と運動を知らない人のために。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 YOSHI-ha!ha!さん、ようこそお越し下さいました。既に過去ログの範疇に入っているこの記事まで丁寧にご覧いただき有り難うございます。
 元々が政治活動をしていた者で、ついついそのような話題が多くなっていますが、身辺雑記、特に子供たちの成長もございますので、宜しければ時々遊びにお越し下さい。
 ちなみに私のコメントが早かったのはたまたまココログの新着情報を見ていたからです。

投稿: アッテンボロー | 2005年7月16日 (土) 23時05分

初めまして、記事アップ直後のす早いコメントありがとうございました。お礼かたがた、遊びに来てみて内容の濃さにびっくりしました。いい勉強になります。
「ハリポタ」の原著へのチャレンジは4作目「炎のゴブレット」でしました。日本語版の発売が待ちきれずにトライしたのですが、11ページで断念。私が受けた8年間の英語教育の成果は???のようです(笑)。

投稿: YOSHI-ha!ha! | 2005年7月16日 (土) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/4777039

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハリー・ポッター」原書に挑む。:

« 巨大なブタブタ | トップページ | 新左翼の理論と運動を知らない人のために。 »