« スターリン主義について | トップページ | 仮面ライダーを熱く語る »

2005年7月31日 (日)

マジシャインという名のカエル

 息子のお気に入りのテレビ番組「魔法戦隊マジレンジャー」に新しいキャラクターが登場した。天空聖者の一人マジシャインである。最初は呪いか何かのためにカエルの姿をして登場したのだが、マジブルーのキスで人間の姿になり、マジレンジャー達の先生として魔法の習熟のために力となる。とまあここまでは前置きである。

 ミーハーの息子は自宅の片隅に雨蛙を見つけると早速それを捕まえて、マジシャインと名付けてしまった。水槽に入れて「マジシャインがなぁ、マジシャインがなぁ」とうるさい。「○○姉ちゃんにチューしてもらったら変身すんねん」と一所懸命次女にカエルにキスしろとせがむ。お前ナァ・・・唯のカエルが変身するかッ。でもいっかな諦めない。

 一週間ほど「マジシャイン」に付きっ切りで世話をする。「何時になったら人間の姿になるのかなぁ」そればっかりだ。「食べ物が無いと死んじゃうよ」と言うと「カエルは何を食べるの」と尋ねてくる。「虫を食べるんだよ」と教えると、一所懸命チョウチョやハエを捕まえては水槽に入れる。色々と世話をしてとうとう諦めたのか、昨日は逃がしてやる事になった。「今度はちゃんと変身してや」

 で、諦めたかなぁと思うと、昨日はトンボ、今日はセミを捕まえてきた。トンボは何だったか忘れたが、セミはバルタン星人に成ると信じている。でも「セミは木の汁を吸わないと死んじゃうんだよ」と諭すと逃がしてあげた。勿論トンボも昨日の内に逃がしている。セミの前には懸命にバッタを追いかけていた。仮面ライダーに改造するつもりだったのだろうか。昆虫採集に精出す息子であった。

|

« スターリン主義について | トップページ | 仮面ライダーを熱く語る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/5249340

この記事へのトラックバック一覧です: マジシャインという名のカエル:

« スターリン主義について | トップページ | 仮面ライダーを熱く語る »