« 日本近現代史のおさらい。その2 | トップページ | 夜の散歩 »

2005年7月23日 (土)

管制塔被告団に圧倒的カンパを

 78年3・26闘争被告団の支援のためのサイトが開設されました。   http://jioos.podzone.net/?itemid=14

 組織名日高です。活動された時期によっては五代、あるいは巽で覚えていただいているかも知れません。昨年除名されたばかりの人間がこのようなアピールをすることに怒る方があるかも知れませんが、どうしても黙って見過ごすことが出来ません。どうか中核派の現役、元を問わず私の訴えを聞いてください。

 私自身は当時は中学生であり、その後は中核派に決起したのが3・8分裂の翌年84年でしたので、直接当該の方達を支援した経験はありません。しかし、三里塚闘争を守るという一点において、今回の元被告への損害賠償請求と給与差し押さえは見過ごすことは出来ません。今この攻撃を見逃したら、用地内に今も住み、営農を続ける市東さんや萩原さんの生活を守ることが出来なくなるのではないでしょうか。
 中核派・共産同戦旗派・革労協は85年の10・20闘争で二期工事着工への怒りをたたきつけました。今後同様な情勢が訪れるかも知れません。その時今回の攻撃を座視して第二の10・20を闘うことが出来るでしょうか。権力の攻撃に対しては党派を超えて全人民の力を結集して闘うべきだと考えます。
 いくらでも結構です。管制塔被告団へのカンパを集中してください。
 管制塔被告連帯基金 郵便振替 00130-3-445762

 

|

« 日本近現代史のおさらい。その2 | トップページ | 夜の散歩 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 あおざかなさんようこそお越し下さいました。ご近所って、もしかして○○地方の在住の方なのでしょうか。だとしたら機会が有ればお会いしたいですね。

投稿: アッテンボロー | 2005年7月28日 (木) 17時54分

アッテンボローさま、こんにちは。
わざわざ私の過疎blogにコメントくださり、
ありがとうございます。
ご近所みたいなんでメールなんかくださったりすると、
もっとうれしかったりするかもしれません。

投稿: あおざかな | 2005年7月28日 (木) 00時00分

 主義者Yさん有り難うございます。そうなんですよね。元気なら色々出来るのにとの思いがあるから余計に思い詰めるのでしょうね。
 以前の記事でも、かなり初期のあまり政治的話題を書いていないときに、村上もとかという漫画家サンノファンだと書いたことが有るのですが、実はその人の書く剣道漫画の登場人物から取っています。もちろん「めぞん一刻」は好きで読んでいましたが。

投稿: アッテンボロー | 2005年7月25日 (月) 13時39分

アッテンボローさん、無理はなさらないでくださいね(^^) 草加さんもっ
自宅療養中のもどかしさはよくわかるつもりです。私も今は病院のベッドの上で暮らしている身分ですから。私もある種「追いつめられた」状態だから三里塚カンパなんて呼びかけたのかもしれません。たぶん自分のブログは職場の人間も見ているのですよ。本来ケツの穴の小さい私なんですが・・あれっ、これじゃ煽ってることになるぞ(笑)
非活動家の私が言うのも僭越ですが、充分にご自愛ください。「中核」という看板だけで人目を引きつけます。ネット活動なんて所詮限界はあるものですから、リアルの知人には個別に声をかけるなど工夫をされるとよろしいと思います。
・・というようにブレーキをかける役目ばっかりしているから三里塚行き損なったのかなあ(自爆)

五代って、もしかしたら「めぞん一刻」?

投稿: 主義者Y | 2005年7月25日 (月) 07時00分

 NKさん今晩は。3・26で溜飲を下げられたということは大先輩ですね。組織名はとある漫画の主人公から取りました。僕の組織名は大体そうです。
 しかしこの記事にコメントを下さる方皆さんが言って下さるので、大それたことをしてしまったと少し不安を感じます。協の午後に地区党の書記長まで尋ねてきました。内容は権力や右翼も見ているから付け入られない様に注意する様にとのことでしたが・・・・

投稿: アッテンボロー | 2005年7月24日 (日) 20時36分

勇気ある決意に敬服します。
このような卑劣な弾圧には、党派をこえて立ち向かうべきです。私も元中核派の活動家でしたが、管制塔占拠にはおおいに
溜飲を下げたものでした。これはひとつの歴史に残る闘いと言うべきものですから、その名誉を、それを担った人たちと共に
守らなければならないと思います。
余談ですが、組織名のひとつの「五代」は、日活映画「戦争と人間」の主人公からつけられたのでしょうか?
私は先日DVDを買いました。


投稿: NK | 2005年7月24日 (日) 18時07分

 草加さんまで褒めてくださらなくても良いですよ。僕の場合自宅療養中で現実世界での活動というか行動が制約されているので、色々方法を考えていたらこうなっただけなんです。

投稿: アッテンボロー | 2005年7月24日 (日) 10時51分

組織名を公表しての呼びかけ、大変に驚きました。
活動家経験のない方が想像されるよりはるかに大変な決意だと思います。ある意味では本名を公表するよりも勇気のいることですから。アッテンボローさんの決意のほどに感服しました。
とうてい私にはすぐにできることではありませんが、近いうちには是非とも続きたく思います。

投稿: 草加耕助 | 2005年7月24日 (日) 04時40分

 あたりつき沙綾さん、ようこそお越し下さいました。このブログをもし知り合いが見ていたら戸も思った物で、思いついたら書いていました。ついでにマル共連にまでコピペを投稿してしまいました。何というか無茶な事したなぁ等と思っています。統一戦線作り上げましょう。

投稿: アッテンボロー | 2005年7月24日 (日) 00時31分

うちのサイトにお越しくださりありがとうございます.
組織名を公表しての呼びかけ,なかなかできることではありません.アッテンボローさんの決意のほどに「感服」いたしました.
わたしも三里塚への決起は「3.8分裂」後で,主に成田用水決戦で現地に数度行動隊として派遣されました.
いつだったか辺田の田んぼで機動隊や工事業者との小競り合いで混戦となり,気づいたら周りがみんな中核派や解放派で一瞬冷や汗モノでしたが,「北原・熱田」関係なく機動隊の盾にぶつかっていたのが思い出されます.
ブルジョアジーたちが,その「太鼓持ち」たちが「野合」するなら,われわれは民衆の団結で対抗しよう!これが長年の自分の願いです.
今は地域や個別戦線でいろいろな党派の活動家の方とお会いしますが,熱い思いは皆同じですこしでも共有しあえたら小さな統一戦線になると思います.

投稿: あたりつき沙綾 | 2005年7月24日 (日) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/5119603

この記事へのトラックバック一覧です: 管制塔被告団に圧倒的カンパを:

« 日本近現代史のおさらい。その2 | トップページ | 夜の散歩 »