« マジシャインという名のカエル | トップページ | 東京都議会議員選挙 »

2005年8月 1日 (月)

仮面ライダーを熱く語る

「仮面ライダーSPIRITS」とは

  弱者のために、無償で、自らの危険をかえりみず戦う心

  数を恃まず、独りでも戦う心(志を同じくする者を仲間とする)

  自分一個の復讐心のためではなく、みんなの(幸福・平和の)ため戦う心

 というアレクセイさんの「LIBRA」と言うサイトでの定義付けを紹介してもらった。もともとは 「仮面ライダーと決断」にKamakazuさんがつけてくれたトラックバックへのコメントで盛り上がってしまい。仮面ライダーについてあれこれ話し合っている内に主義者Yさんが教えてくれた。いいなあこの定義。元の文章もとても素晴しかった。時間のある方は是非読んでみて欲しい。

|

« マジシャインという名のカエル | トップページ | 東京都議会議員選挙 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

Rough Toneさん初めまして。一号ライダーの本郷猛なんかは最初緑川博士の娘から父の仇だと誤解されましたが、濡れ衣を晴らして闘いましたものね。
 昔のライダーは良かったですね。

投稿: アッテンボロー | 2005年8月 2日 (火) 09時04分

こんにちは
遅れ馳せながら、語らせてください。
私も仮面ライダーが一番好きなヒーローでした。
若い頃バイクに乗ったのもその影響かもしれません。
いまでも憧れますね。

仮面ライダーの素晴らしいところ

★人知れず戦う。
→ウルトラマンのように衆人環視のもとでは戦わない。人を傷つけないところで戦う。なにかの造成地などがベスト(笑)。

★人に誤解を受けながらも、負けずに戦う
→危険なやつだと思われ、一部の人に嫌われても、皆のためと信じあえて戦う。

「俺たちは、人類のためにいちばんの働きができる立場を選んだんだから、その重荷のために挫折することはない。それはみんなのための犠牲に過ぎないんだ。そのときおれたちが享受するのは、ちっちゃな、自分たちだけの喜びじゃない。俺たちのしあわせはみんなのものだし、おれたちのやってきたことは静かに、しかし永遠に生きつづけるんだ」
----仮面ライダー1号 本郷猛--------
              ・
              ・
              ・
              ・
              ・
 うそです。じつはこれ、若き日のマルクスの言葉。

投稿: Rough Tone | 2005年8月 2日 (火) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/5271031

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーを熱く語る:

» Young Karl Marx [Passing Strangers]
 今日は、マルクスについて書く。ある種の人びとには鼻で笑われそうだが、ちょうど瀬 [続きを読む]

受信: 2005年8月 2日 (火) 00時25分

« マジシャインという名のカエル | トップページ | 東京都議会議員選挙 »