« 白ヘルに全逓ならどうだろう | トップページ | 映画「鋼の錬金術師」 »

2005年8月21日 (日)

郵便局の勤務形態

 非常に無知蒙昧な人からコメントを頂きました。基本的に売られた喧嘩は買う事にしているので、名無しの権辺さんのコメントを徹底批判してみたいと思います。

「テレビで放映されていた、
 勤務時間のはずなのに採決をテレビで見ている郵便局員!!
 こんなやつらのために俺らの税金が使われている。
 おかしいと想わない?
 郵便局なんて、既に必要がなくなってきているし。
 手紙なんかメールで良いし。
 局員の給料払うほどのサービスしてるか?
 税金使うほど社会の役に立ってるか?
 郵便局が必要な時代は既に終わったんだから。
 モーお前らは必要ない!!税金返せ!!
 この無駄飯ぐらいが!!」

 先ずこのコメントを書き込んだ人間は、郵政三事業が独立採算制の事業であって税金の投入を一切受けていない事を知りません。郵便貯金と簡易保険とが集めた大量の資金は原則的に政治家と官僚が使い道を決めています。現場の郵便局員は一切関与していません。ここに小泉一流のデマの根源が有ります。自分たち政治家が無駄遣いした事をあたかも郵便局員のせいであるかの様に嘘を言っている訳ですが、名無しの権辺さんは物の見事にそれに騙されています。

 次いで、郵便局の勤務形態を知らないために自分の狭い世界から勝手に郵便局の勤務形態を妄想して「勤務時間のはずなのに採決をテレビで見ている郵便局員」等と言っております。私が所属している集配普通局の場合、出勤時間が五つ有ります。午前7時に郵便内勤と集配の早出職員が出勤します。次いで集配の日勤職員が午前8時に出勤します。そして貯金保険の日勤職員が8時30分の出勤です。ATMが午後7時まで稼働しているために、保守担当の勤務に当たっている貯金保険の内務職員は10時半の出勤です。郵便と集配の夜勤担当者とは午後12時半に出勤して午後9時までの勤務です。当然これらの勤務時間の違いから休憩時間もバラバラに取られているのですが、はっきり言って常に誰かが休憩に入っています。貯金保険の内勤だけでも私の所属局は11時から、11時半から、12時半から、午後一時半から、午後二時半からと五つに分かれています。集配関係の職員の場合でも12時からと12時半からの二つ有りますし、郵便内勤は八種類の休憩時間が有ります。八種類ですよ。

 これが郵便局のなかでも500人とか千数百人が勤務する区分局になるとバラバラの休憩時間になります。ハッキリ言って常に数十人が休憩しています。休憩時間ですから当然の話としてテレビに注目している職員も沢山います。テレビで放送されるくらいですからたいていの場合大規模な郵便局ではないかと思います。もし小規模の特定郵便局であった場合ですが、96年の橋本内閣の当時からマスコミとの対応については上司の許可を得る様に指導がなされています。テレビカメラが入る様な場合には本社もしくは支社の許可が出ているはずですから、勤務時間であってもテレビを見る許可が下りているはずです。名無しの権辺さんのコメントはその変を全く考慮していないと言うか分かっていないと言うべきでしょう。

 で、郵便の役割がすでに終わったかの様な錯覚を覚えている様なのですが、実はインターネットの普及によって郵便物の量は増加しています。主にダイレクトメールの部門なのですが、ネットを通じて資料請求をした場合に、契約の申込書を郵送する企業が非常に増えています。ですから郵便局自体はインターネットの普及と郵便とは共存出来ると考えています。

 さて、おそらくこの名無しの権辺さんは、私のブログをろくに読みもせずにコメントを付けたのではないかと思いますが、世の中の仕組みを全く理解しておらず、無知蒙昧な自己をさらけ出しただけである事がハッキリしているかと思います。物事はちゃんと勉強して、熟考した上で発言しましょうね。恥さらしさん。

 もし宜しければクリックしてください。 人気ブログランキング

|

« 白ヘルに全逓ならどうだろう | トップページ | 映画「鋼の錬金術師」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 風太郎さんようこそお越し下さいました。実は記事の中では触れていなかったのですが、500人とか千数百人の職員がいる区分局では14~16時間の泊まり勤務も存在しています。時間は実働時間で実際の拘束時間は後数時間あるはずなのですが、実際に勤務した経験がないので詳しいことは知りません。
 ニュースで郵便局長がテレビ番組を見ていたのでしたら、おそらく郵政公社本社もしくは支社の取材許可が出ているはずですから、広報活動の一環なのでしょう。
 政治の動きについては庶民の人の良さにつけ込んでいるとしか言いようがないですね。当然政府の不正や誤った政治をただすことの出来ない野党を始めとする反政府勢力の力不足も反省すべきだと思います。

投稿: アッテンボロー | 2005年8月21日 (日) 22時03分

はじめまして。

郵便局の勤務形態、ぼくもよく知らなかったので、勉強になりました。
しかしこれが民営化されたとなると、タクシー労働者(あるいは分割・民営化後の国鉄)なみの変則超長時間労働にそのまま移行しそうで、気がかりです。

ところで、件のコメントにあったという「勤務時間中に採決をテレビで見ている云々」というのは、ぼくも見ましたが、もしおなじニュースでみたものなら、それは小規模の特定郵便局のようです。

局長さんらしき人が別室で国会中継を見ていて、否決されると、「よし」とつぶやいて、窓口業務に当たっている職員ひとりひとりに否決されたことを伝えている場面が映っていました。

にしてもこの国では、為政者の意のままにうごく人間が多くて、いやになります。

投稿: 風太郎 | 2005年8月21日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/5561730

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便局の勤務形態:

« 白ヘルに全逓ならどうだろう | トップページ | 映画「鋼の錬金術師」 »