« 活動家の貧乏生活 | トップページ | 共産党・民主経営の悪辣さ »

2005年8月11日 (木)

今夜の酒のあて

 夕方からビールを飲み始めた。結構な身分である。同僚達が汗を流して外野活動を走り回り、大体今日の集計が終わるくらいの時間であった。時計は午後五時少し前。缶ビール二本を落花生の塩ゆでで飲んだ。九州以外の人は多分知らないだろうが、取り立ての生の落花生を鍋で塩ゆでにすると塩味の訊いた美味しいつまみになる。普段見かける落花生は乾燥させてあるので茹でて食べることは出来ない。

 そのまま置くと日持ちしないのでまとめて茹でたら、大きめのボウルに一杯あった。茹でてしまうとやはり二三日しか持たないので夕食前に娘二人と一緒に殆ど食べた。お陰で夕飯の時にお腹がもたれて大変だった。ちなみに夕飯のおかずはニガウリの炒め物とほうれん草のごま和え。これは長女に作らせてみた。初めてにしては結構上手に出来た。ニガウリはゴーヤーと言った方が分かり易い人も多いかも知れない。ビタミンCが豊富に含まれているので健康にはとても良い食べ物だ。残念ながら娘達は苦手のようで、あまり食べてくれない。我が家では出来る限り野菜を食べさせるようにしているのだが、まだまだ足りないような気がする。

 病気で自宅療養しているとどうしても話題が狭くなる。今日の記事などはその典型かも知れない。本当なら自宅療養の期間を利用して学習に励めばよいのだが、暑さのせいもあってだらけてしまうことが多い。無駄に過ごした一日であった。

|

« 活動家の貧乏生活 | トップページ | 共産党・民主経営の悪辣さ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 kamakazuさんも知っていたのですか。なんか酒のあてで盛り上がってしまいましたね。地方ごとに様々なあてがあるでしょうし、それについて語るのも良いかもしれませんね。

投稿: アッテンボロー | 2005年8月13日 (土) 20時25分

落花生のゆでたヤツ。あれは、うまい。2回しか食べたことがないのですが、2回とも三里塚絡みで食べました(^^)

投稿: kamakazu | 2005年8月13日 (土) 19時32分

 そうなんですか。三里塚でも塩ゆでを食べたりするんですか。援農や現闘の経験がない物で知りませんでした。あたりつき沙綾さんはご存じだったんですね。すると落花生の塩ゆでを食べる地方は結構あるのかも知れませんね。

投稿: アッテンボロー | 2005年8月13日 (土) 16時29分

あれ~?たしか三里塚でも採れたての落花生を塩茹でにしてたべましたよ.あと,落花味噌とか.酒のアテに最高ですよね.

投稿: あたりつき沙綾 | 2005年8月13日 (土) 15時30分

 あおざかなさんも落花生の塩ゆでをご存じですか。食べ出すと癖になりますね。あと妻の母が毎年梅干しを漬けています。こちらも塩としそだけの本物です。

投稿: アッテンボロー | 2005年8月13日 (土) 12時37分

落花生の湯がいたの、本当においしいですよね。
職場の人が(鹿児島の人ですけど)、
家庭菜園で収穫したのを材料にして、
業務が終わった後に仕事場でさっと作ってくれたのを食べたことがあります。

少しぜいたくな(というか、まっとうな)アテで酒を飲める、
という生活こそが
(トロツキーのいった)「美しい人生」の一要素かなあとも思ったり。

とか書いてる私の今の酒のアテは、
仕事場の人にもらったちゃんと塩とシソだけでつけた梅干しです
(去年の残り)。

投稿: あおざかな | 2005年8月12日 (金) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/5419713

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜の酒のあて:

« 活動家の貧乏生活 | トップページ | 共産党・民主経営の悪辣さ »