« じゃがいものコロコロサラダ | トップページ | セキュリティソフトで困ったもんだ »

2005年9月 6日 (火)

困ったもんだ

 日曜の新聞各紙には選挙情勢の分析結果として自民党が単独過半数の勢いであると報道されていた。衆院解散以降のマスコミによる世論操作が功を奏しているようで、小泉政権の過去四年半の実績など一切考慮せず、「刺客」だの小泉のヒトラーばりのデマ宣伝に踊らされたとしか言いようのない世論調査の結果であった。

 マスコミはっきり言わなければならない。小泉政権を支持すると明言したスポンサーであるトヨタ自動車を筆頭とする広告主達の意向で小泉を持ち上げて大企業のための社会を作る、戦前型の報道統制に移行しましたと。マスコミはもはや大本営発表を垂れ流すだけの存在になった。ジャーナリズムは死んでしまったのだ。これから私たち庶民は、労働者は、マスコミの報道を信用することは出来ない。報道統制と世論誘導の政府公報と化したマスコミに代わり、本当に事実の本質を見抜いて警鐘を乱打する社会の木鐸の座をブログを始めとするインターネットを駆使したミニコミに譲るべきだ。

 4日付のJIROの独断的日記ココログ版では、新聞各社の選挙情勢分析が如何にいい加減であるかを詳細に分析している。マスコミの様にスポンサーの意向を気にして本質を書く事が出来ない輩と比べ、ブログの様に「伊達や酔狂で」やっている人間の方が本質を見事に暴露しているではないか。JIRO氏は分析の中で、マスコミによる電話調査は「サラリーマン」の意見を、小泉「改革」によって最も被害をこうむる層の意見が反映されていないと断じている。9・11の総選挙当日には、マスコミの分析が如何に出鱈目で恣意的で権力者に阿諛追従する物であったかが明らかになる様、賢明なる諸兄は万難を排して投票に行き、小泉自民公明連立政権を権力の座から引きずり下ろそう。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« じゃがいものコロコロサラダ | トップページ | セキュリティソフトで困ったもんだ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 伊達さん今晩は。現場の記者の方々の中には良心的な記事を書いておられる方が多数存在していることは知っています。管理職の段階で握りつぶされたり、改稿を命じられて泣く泣く記事を差し替えていることも有るそうですね。
 もう十年以上前のことですがカンボジアへのPKO派遣について特集を組みアジアの人々の意見などを多く取り入れたムックを作った編集者が人事異動で飛ばされた出版社も知っています。広告を通じてマスコミが大企業に都合悪い記事が載せられない仕組みなども聞き及んでいます。どうかそのような現実の中でもジャーナリズムの精神を守り続けていただけたらと思います。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月 8日 (木) 01時18分

アッテンボロー様
そうですか、アッテンボローさんは以前ジャーナリストに憧れを抱かれたのですね。ただ今のマスコミの現実を見ると、そうならずに良かったかもしれませんね。
でもマスコミにも、人間としてもジャーナリストとしてもまっとうな方もいらっしゃいます。
例えば、私のブログの8月の「キューバとコスタ・リカの会」と題した駄文で紹介した、伊藤千尋さんなんかは、その知性、品性、人間的魅力に於いて、素晴らしい方です。
だから、私もなんとか会社を辞めずにいることができます。尤も、昨日私のブログの「日本脱出」で書いたように、あと数年で会社も辞め、日本も脱出するつもりですが。
いずれにせよ、現状を嘆いてばかりじゃ一向に日本社会は良くならないので、挫けずに個人として発言を続けていきましょう。
伊達マリオ

投稿: 伊達 | 2005年9月 8日 (木) 01時03分

 伊達マリオさん今晩は。マスコミの方にお越し頂くとは。それも長いコメントまで頂戴して赤面ものです。しかし今のマスコミのあり方は、かつてジャーナリストに憧れを持っていた人間としては非常に悲しい現実です。蟷螂の斧かも知れませんが言いたいことを言って少しでも世の中の有り様を変えられたらなんて思います。有る意味マスコミで書きたいことを書けずに呻吟している良心的なジャーナリストへの援護射撃になればと思います。宜しければ今後ともご覧頂けたら幸いです。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月 7日 (水) 00時23分

アッテンボロー様
「バツイチ父さんの子育て日記」なるブログを書く伊達マリオと申します。
私の「学長の憂慮」という文章宛に、TBをつけさせていただきました。
確かにおっしゃる通り、今の日本のメディアは異常ですね。ほとんど全て大本営発表のみ。これまでもテレビや雑誌は広告主や政府の言いなりでしたが、今や新聞も自民党のお先棒を担ぐ有様。マスコミの一端で碌を食む者として、慙愧に耐えません。嗚呼!!!
「リベラル」を標榜する某新聞社に於いても、「改革」の名の下に改悪が行われました。その結果、仕事もせずにお追従に走るアホばかりになってしまいました。不祥事が多発するはずです。
この政・官・財・マスコミの結託を打ち壊すには、我々個人の自由な発言のみです。これからも権力に負けずに、言いたいことを大いに発信していきたいですね。
伊達マリオ

投稿: 伊達 | 2005年9月 6日 (火) 23時49分

 スパイラルドラゴンさん初めまして。ライブドアの対応は酷いですね。選挙制度についての記事までホリえもんが選挙に出た事で掲載出来ないのでは何のためのブログなのでしょうか。庶民の声をある意味的確に反映しているのがブログだと思います。様々な問題について論議する中でこそ民主主義が機能すると思うのですが。
 JIROさんようこそお越し下さいました。深い考察とは無縁かもしれませんが、直感的におかしいと思ったり怒りを覚える事を書いております。JIROさんのように豊富な資料を元に的確な分析を出来る方が羨ましく思えます。今後とも拝見したいと存じます。
 hiroさんお早うございます。私は民主主義の為にはマスコミの報道は一色にならない事が大切だと思います。読売や産経が自民党等の保守勢力を支持する事は別に構いませんが、その対局には右翼勢力等の攻撃を受けながらも毅然として政権政党の犯罪や問題点を批判する報道が必要であると思います。大本営発表の様な今回の世論調査の現れには危機感を感じています。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月 6日 (火) 10時10分

アッテンボローさんこんにちは。面白いですね。右翼といわれている人も左翼といわれている人もマスコミはだめだという判断なんですね。スポンサー(大企業や某宗教グループなど)にも左翼勢力(中国、北朝鮮、平和団体など)にも何もいえないマスコミ。芸能記事が多くなるわけですね。

投稿: hiro | 2005年9月 6日 (火) 09時30分

TBとコメントをありがとうございました。
私のブログのコメントにもお返事を
書かせていただきましたが、
ご挨拶まで。
仰ることに、全く同感です。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: JIRO | 2005年9月 6日 (火) 07時55分

 私がライブドアのブログで「選挙運動でインターネットの利用を邪魔している張本人はだれだ!」という記事を昨日投稿した所、強制的に下書き処理されました。
 ただ、私は複数のプロバイダーでブログを開設しているので、別にライブドアがなくなっても困りませんが、この事実だけは日頃ブログを利用されている人々に伝えるべきだと思っています。

投稿: スパイラルドラゴン | 2005年9月 6日 (火) 06時39分

 簿記受験生参も夜遅くまで起きておられるのですね。まさか午前三時頃にコメントやトラックバックを頂戴するとは思ってもいませんでした。お仕事に差し支えはないのでしょうか。私は病気休暇中ですから夜更かしも平気なのですが。
 ブックマークしていただき光栄です。私もお気に入りには登録させていただいているのですが、ブログへの反映をどうすればよいかが分からないもので掲載できておりません。後日勉強したいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月 6日 (火) 05時06分

アッテンボローさん、いつも私のブログにコメントとTBありがとうございます。事後承諾で申し訳ないのですが、このブログをブックマークさせて頂きましたので、よろしくお願い申し上げます。今後ともごひいきに・・・。

投稿: 簿記受験生(PARDES) | 2005年9月 6日 (火) 02時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/5807718

この記事へのトラックバック一覧です: 困ったもんだ:

» トヨタ出陣で資本家 VS 労働者の構図 [PARDES]
ついに世界のトヨタが政治の世界に乗り出しました。民主党は、伝統的にトヨタ系労働組合の根強い支持を得ています。それで愛知県は「民主王国」と言われるわけです。ところがここに来て、世界のトヨタの経営陣が自民党支持を明確に打ち出しました。従来トヨタ自動車は、あまり政治には関与しない態度を取って来たのですが、世論調査で大新聞が軒並み、自民党単独過半数の結論を出しているというのに、わざわざ世界のトヨタの経営�... [続きを読む]

受信: 2005年9月 6日 (火) 02時26分

» 世論調査による、世論誘導。 過去の世論調査と実際の得票率。他 [JIROの独断的日記ココログ版]
◆コメント:全国紙が投票日1週間前に同時に世論調査結果を掲載、しかも、全て「自民 [続きを読む]

受信: 2005年9月 6日 (火) 07時45分

» チャーチルを捨てた英国人 [PARDES]
イギリス人の政治感覚の優秀性は、世界的に定評があります。清教徒革命、名誉革命と自らの手で議会制民主主義を育て、その制度が世界各国の模範になっていることからも伺えます。そのバランス感覚は、到底日本人やアメリカ人などの及ぶところではありません。そのイギリス人の政治性を語る最も象徴的なものに、大宰相ウィンストン・チャーチルに対する信じがたい態度に如実に現れています。 チャーチルが戦時内閣を組織したのが1... [続きを読む]

受信: 2005年9月 6日 (火) 15時30分

» 学長の憂慮 [バツイチ父さんの子育て日記]
今日、関東の某公立大学の学長氏と2時間ほど懇談した。仕事の話は1時間弱で終えると [続きを読む]

受信: 2005年9月 6日 (火) 23時39分

» 米国の対日要求を日本の内政課題に偽装する小泉政権――関岡英之さんからの投稿 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 以下、2005年森田実政治日誌[309]からの転載です。 2005.9.3(そ [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 01時52分

» エクソダス2005《脱米救国》国民運動を始動しよう! [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
コイズミウソツキドロボウ政権悪徳政治4年の総決算 �@小泉は「小さい政府」と言いながら増税・国民負担増・給付削減を押し付けてきた �A小泉は「改革」と言いながら既得権益を国民の目の届かない私企業に移してきた �B小泉はすでに10年前から米国政府・資本の郵政民営化要求を請け負ってきた �C小泉は景気回復には無策で,救済されたのは大資本�... [続きを読む]

受信: 2005年9月 8日 (木) 00時56分

» シングルイシューの行き着く廃墟(2)---わずか数十万人と呼ぶ豪儀な非情 [BigBang]
小泉首相を、公の席でヒトラー呼ばわりした亀井氏が嘲笑の的になっているが、勢力を固 [続きを読む]

受信: 2005年9月 8日 (木) 02時08分

» 小泉純一郎の真実〜「血脈の王朝」を読む [酔生夢死浪人日記]
 時代を俯瞰で捉える<巨視>は常に存在する。現在その高みに到達しているのは佐野眞一氏ではなかろうか。別項(1月13日)にも記したが、遠近法と構想力で他の追随を許さない。「巨怪伝」、「カリスマ」、「旅する巨人」の3作は、日本の近現代を理解するために必読の書だと思う。  今回は「小泉純一郎〜血脈の王朝」(04年11月)を紹介する。文藝春秋への寄稿をまとめたものだ。飯島勲秘書官、田中真紀子氏、姉の信子さんを切り口に、小泉像に迫っている。<飯島―純一郎―�... [続きを読む]

受信: 2005年9月 8日 (木) 10時54分

» 「剣を取らせるには、何よりその大儀が重要である。」 [狸議長の寝入り]
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-35「混沌の先に」から引っ [続きを読む]

受信: 2005年9月 8日 (木) 18時31分

» 小泉マジックとマスコミによる集団催眠か? [ORUTOの一言・主張]
眠い目をこすり、一呼吸置いて考えたい。総選挙も最終盤のいま、私はそんな思いです。 [続きを読む]

受信: 2005年9月 8日 (木) 23時06分

» 1票の責任 [◆木偶の妄言◆]
僕ら有権者は1票を投じる権利がある。 僕はそれと同時に、「1票を投じる責任」、そして「1票を投じた責任」があると思っている。 1票を投じる責任については、もう説明は要らないかもしれない。「たかが1票。自分が投票しても何も変わらない」と本当は重いはずの1票の価値を自ら軽くみる責任放棄者が積もり積もって、低い投票率を生み、政治を行う側の有権者への無関心を高めてしまった。 よく若者や都市生活者向けの政策がないがしろにされていると嘆く人がいる。でも、その理由は投票率の傾向をみれば、当然のこ... [続きを読む]

受信: 2005年9月10日 (土) 09時48分

« じゃがいものコロコロサラダ | トップページ | セキュリティソフトで困ったもんだ »