« 共産党との大きな溝 | トップページ | 前進社の出版物 »

2005年9月22日 (木)

9・18集会、行きたかったなぁ

 昨日は私の鬱病についての最も良き理解者である人と絶交状態になると言う出来事があり、大変落ち込んでいたために新着記事を書くことが出来ませんでした。大体毎日記事を書いているのですが、ごくたまにこんな事があります。

 表題の9・18集会なのですが、様々なブログに報告の記事が掲載されているのを見ていると、何とかして参加することは出来なかっただろうかと残念な気持ちになります。病気の状態で東京まで行くのは無理な状況ではあったのですが、主催者の予想以上の盛り上がりがあったようですので、その会場の空気に触れることが出来ていたら自分の精神を奮い立たせることが出来たのではないかと思ってしまいます。

 ここ暫く統一戦線の問題を論じてきたですが、管制塔被告連帯基金運動の高揚を見ていると、統一戦線の一つのモデルケースになりうるのではないかと思います。元々はまっぺんさんの「四トロ同窓会二次会」や草加さんの「旗旗」での呼びかけに応えた人々が勝手連的にわいわいやり始めたことが、知らぬ間に大きく広がって、9・18当日の集会に参加できなかった人々も含めて非常に広範な支援陣形が形成されています。その中身は非常に雑多な人々であって、統一された一つの党派が主導している物ではありません。しかし共通の課題を共に闘おうという決意を持った人々が集まれば大きな力になることを示してあまりある物があります。

 私のように、当該の人々とは敵対関係にあった人間であっても、元被告団に対してかけられた攻撃の理不尽さに怒り、ついつい暴走してして組織名を明かしてカンパを訴えるお調子者までいるわけですから。でもこのような闘いの積み重ねが、将来の統一戦線の一つのあり方を指し示しているのではないでしょうか。自民党が国会において圧倒的な議席を占めている今現在、危機感を覚える多くの人々が統一戦線のあり方を模索し始めました。この声を何らかの形で集約する運動体を作ることが急務なのではないでしょうか。

 宜しければクリックしてください。 人気ブログランキング

|

« 共産党との大きな溝 | トップページ | 前進社の出版物 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/6060927

この記事へのトラックバック一覧です: 9・18集会、行きたかったなぁ:

» ハリケーンとブッシュ二世の苦悩 [PARDES]
北アメリカ大陸南部に、カトリーナとリタという巨大なハリケーンが上陸するに及び、ブッシュ二世政権の支持率が完全にどん尻になっている。管理人の住まう愛知県は、伊勢湾台風の被害地である。そして名古屋港に近い南部であるため、台風でなくとも、豪雨が降れば、洪水になり、街は一晩で海水浴場と化す。管理人も名古屋に住んで、二度洪水を経験している。若い頃アルバイトをしていた時に、自転車で会社に行ったのであるが、腰のところまで水に浸かり、あ... [続きを読む]

受信: 2005年9月22日 (木) 11時56分

» 9.18集会が会場満杯で開催! [旗旗]
開催決定当初は、主催者でさえ「このような集会に、もし100人でも集まれば大成功だろう」という、非常に悲観的、消極的な意見が大半でした。会場の選定も、当初のこの見通しを前提に進められたようです。しかし、ふたを開けてみれば、主催者の予想を倍する200人の結集で、用意された会場の席は満杯となりました。... [続きを読む]

受信: 2005年9月22日 (木) 13時21分

» 「三里塚管制塔占拠闘争元被告への損害賠償請求執行に抗議する」集会 [++つぶやき手帳++]
(写真:あいさつに立つ中山千夏さん) 長い地下鉄の階段を杖をつきつき足を引きずるように昇っていくと、会場の文京区民センターはすぐ目の前にありました。なんとなく周囲の風景に記憶があるのは、村岡到さんのグループに関わっていたときに、たしか同センターで「フェミニズム」の勉強会に参加したことがあるからです。10数人くらいのこじんまりとした学習会でした。なぜか宇野経済学派の降旗節雄さんが私の隣に座っていたことを記憶してます。 イラク反戦がらみの催しを除けば、左派系の集会に出るのはおそらく数年ぶりで... [続きを読む]

受信: 2005年9月22日 (木) 17時14分

» ★ <統一戦線>の美麗字句 左派で湧きおこる「社共共闘」に笑う [書評日記  パペッティア通信]
統一戦線、人民戦線…左翼を結集して、小泉政権にも、民主党にもかわる第三勢力を。最近、こうした声がよく目立ちます。もともと、社・共両党の主張は、「護憲」「平和」「再分配」と極めて似ている。となると、誰ともなしに、統一戦線だの、人民戦線だの、といいはじめる...... [続きを読む]

受信: 2005年9月22日 (木) 19時10分

« 共産党との大きな溝 | トップページ | 前進社の出版物 »