« ヤマト運輸労組と共闘しよう | トップページ | 共産党との大きな溝 »

2005年9月19日 (月)

「痛いの痛いの、ぶっ飛んでいけー」

 昨日は殆ど寝て過ごしていたのだが、息子にせがまれて昼前に一時間ほど公園に行ってきた。おもちゃの刀を沢山持って出かけた。息子の友達のゆう君を誘い、公園でチャンバラをした。私が悪役で二人が組んで襲いかかってきた。遊具に隠れたりしながら逃げ回る子供達をちょこちょこ攻撃する。笑いながら遊んでいたのだが、ゆう君は加減せず刀を振り回すので当たったところがとても痛い。「加減してね」「優しくしてね」と諭してもまったく分かってくれない。お陰であちこちが痛かった。

 息子も少しこけて痛がっている。「おうちに帰ったらお薬つけたるわな」と言うと、「痛いの痛いのトンデケして」と言う。そこで「痛いの痛いのトンデケー、お山の向こうに飛んでいけ」としてやると少し元気になる。「痛いの痛いの、父ちゃんの頭にトンデケ」と息子が言う。息子に合わせて頭を抑えて「いてててて」とすると次々に「父ちゃんの耳にトンデケ」「父ちゃんの首にトンデケ」というのでそれに合わせる。お返しに「○○のお尻に飛んでいけー」と言ってやると息子は両手でお尻を押さえて「あいてててー」と、ちょこちょこと左右にジグザグに走る。

 その後何故だか知らないが急に息子は仮面ライダーになる。「変身。ライダーになったデ。ほんでな、あんな、悪い警官をしばいたんねん。」ピョンピョン跳びはねながらキックやパンチを繰り出す。さっと地面に両手をつく「トカゲのライダーやで」と仮面ライダーアマゾンの真似をする。お友達には分からないような、古いライダーの真似だ。そして「父ちゃん、このライダーのベルトすごいねん。ハンバーガーが出てくるねん。あーんしてや」というので食べる真似をしてやる。調子に乗った息子は次々にベルトから食べ物を出す真似をする(ドラえもんのポケットか)「なー、ビールは出ぇへんの」とリクエスト。しっかり応えてくれる。しまいには「飛ぶバイクも出てくんで」とモトクロスバイクまで出してくれる。子供の頭の中って一体どうなっているのだろう? 自由な発想に感心した。

 宜しければクリックしてください。 人気ブログランキング

|

« ヤマト運輸労組と共闘しよう | トップページ | 共産党との大きな溝 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 そうですね。親と遊んでくれるのは今の内ですね。出来るだけ沢山遊んでやるようにします。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月19日 (月) 17時26分

子どもが遊んでくれているうちは、大いに遊べ、トコトン遊べ。

子どもが・・・相手にしてくれなくなって久しい・・・サビシイおじさんより。

投稿: 鍋山 | 2005年9月19日 (月) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/6009925

この記事へのトラックバック一覧です: 「痛いの痛いの、ぶっ飛んでいけー」:

« ヤマト運輸労組と共闘しよう | トップページ | 共産党との大きな溝 »