« 活動家の恋愛 | トップページ | ヤマト運輸労組と共闘しよう »

2005年9月17日 (土)

統一戦線形成のために。

 衆議院選挙における共産党の泡沫候補擁立戦術の是非を巡り様々なブログで意見の交換をしています。その中で統一戦線形成のためにいくつか乗り越えなければならないと感じたことを少しだけ書いてみます。

 一つには新左翼は共産党をスターリン主義反革命と規定しているところが多く、共産党の側は新左翼をニセ左翼とお互いにレッテルを貼っています。実際の党派闘争の経験によってお互いに感情的な問題も含めて乗り越えるべき問題はあるのかも知れません。特にこの間共産党系の人が開設しているブログに思い切ってコメントを書いたりトラックバックを送ったりしてみたところ、紳士的な対応で受け入れてくれた方達がありました。「三四郎の日記」「カッシーニでの昼食」などです。ではこちらも今までのわだかまりを捨てられる限り捨てて(人間なのでどうしても少し残ってしまいますが)意見の交換を建設的な方向に持って行かなければならないと思います。

 「労働者Lの言いたい放題」で労働者Lさんが、社民党に甘く共産党に厳しく当たる新左翼の風潮について疑問を呈しておられます。歴史的な経過があることをふまえた上で、それは止めませんかという提起も真剣に受け止めるべきなのだと思います。少なくとも対話の出来る共産党系の人とけんか腰で対応することは止めようと思います。

 その上で共産党系の人々に選挙戦術を再検討して欲しいわけです。と言うのも長野県でしょうか、共産党が小選挙区で候補擁立を見送ったところ比例区の票がかえって伸びたと書いているサイトがありました。その点を科学的に検討して欲しいわけです。共産党の考え方は小選挙区で候補を立てることで比例区での票に結びつけることなんですが、本当にそれが大衆の投票行動に結びついているのかどうかと言うことです。私たちはそれこそ党利党略であるとして批判していますから、共産党の評判が悪くなるだけではないのだろうかと思うのです。

 共産党に広範な大衆と結びつく能力が欠けていることは事実だと思います。それを乗り越える努力をどうされるか、これから見つめていきたいと思います。

 宜しければクリックしてください。 人気ブログランキング

|

« 活動家の恋愛 | トップページ | ヤマト運輸労組と共闘しよう »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 共産党と言っても新左翼を知った上でとうに参加している人は殆どいない時代になりました。70年代くらいの激しい党派闘争とは違い、穏やかに路線論議できる環境なのかも知れません。その中で労働者Lさんの言うような変化があるとしたらそれはそれで歓迎する動きだと思います。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月18日 (日) 17時30分

 こんにちは。一番上のコメントの、まず地方から共闘を積み上げていくべき、という意見に賛成です。わたしが住む自治体では前回の首長選で、革新系無党派の候補を共産党が推薦しました。伝統的に共産党が強いこの地で以前なら考えられなかったことです。結果は出せませんでしたが、共産党のこういう変化を大事にしたいと思います。

投稿: 労働者L | 2005年9月18日 (日) 10時59分

 ともえさんいらっしゃい。一つ誤解があります。僕は元中核派なんです。今でも支持しているんですが。私も小川さんの「三四郎の日記」で共産党への蔑称は使わないで下さいと言われてから改めました。お互いこれからわだかまりを少しでも減らしていきましょう。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月18日 (日) 01時10分

こんにちは、三四郎さんのコメントをよんで急いで謝りにあがりました、すいません。
言い訳になりますが、アッテンボローさんを指して「偽左翼」といったわけではないこと(他のコメントでのことです。)私がもっているニセサヨクのイメージはあたかも共産党のように装って、「でも共産党って・・・」と共産支持者を取り込んでいく・・・そういうイメージなんです。その点でアッテンボローさんは中核派を自称してますし、私のいうところの「ニセサヨク」とは違うんです。アッテンボローさんを指して、そう言ったわけではないことだけはご理解ください。

それでもコメントを書く前にこの記事を読んでいたんで、無神経すぎる書き込みでした。反省します・・・。

投稿: ともえ | 2005年9月18日 (日) 00時22分

 お名前がありませんが、ようこそ。そうですね地方自治体では与党になっていることが多い社民党は、その辺からきちんと野党統一戦線を作っていく努力が必用ですね。
 社民党は新左翼に対して割と好意的というか懐の広さを見せてくれいるから、出来れば共産党に対してもそうあって欲しいですね。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月17日 (土) 22時08分

社民党は地方自治体で、自民党などと一緒に与党になっていることが多い。
国政からではなく、まず地方自治体での選挙で共闘を結んでいけば、仲間意識も生まれ、将来の統一戦線につながっていくのではないかと思います。

投稿: | 2005年9月17日 (土) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/5986789

この記事へのトラックバック一覧です: 統一戦線形成のために。:

» ★ 「菅直人神話」の崩壊と再生 [書評日記  パペッティア通信]
前原誠司・新代表の誕生劇。まずは、おめでたいことでしょう。この2名、「護憲派 VS 改憲派」「ベテラン VS 若手」とされたけど、それはどうだろうか。昨年2004年1月。産経新聞に以下の記事が踊った。 民主党は13日午後、都内のホテルで16年度定期大会の本...... [続きを読む]

受信: 2005年9月18日 (日) 02時45分

» 小泉純一郎 VS 中曽根康弘? [PARDES]
小泉大政翼賛会の衆院造反議員に対する除名勧告がやけに遅い気がする。野田聖子などさっさと切ってしまえば良いと思うのだが。下馬評では、郵政民営化法案成立後などと言っているが、最近なぞが解けてきた様に思える。郵政民営化造反組にあの大勲位、中曽根康弘の御曹司が含まれているからである。思えば小泉が総理になれたのは、田中真紀子と中曽根大勲位のおかげ。言わば産みの父母なのである。そして小泉内閣の改革路線を一貫して�... [続きを読む]

受信: 2005年9月18日 (日) 13時02分

» 主要打撃・人民戦線 [despera]
選挙総括問題、各方面で議論されている。 http://black.ap.teacup.com/despera/74.html 俺が「主要打撃論と人民戦線論」などという異様に古い枠組みを持ち出したのにはわけがある。 「そういう話」としてした方が、サヨク業界の人々に対して通りがいいからだ。 古いタイプの「革新」の人の反応は概ねこうである。 「お前はあの民主党の中に、なにか肯定的な要素を見いだしているのか? 奴らは自民党となんのかわりもないではないか?」 民主党というものを見れば、それは「自民党とかわりが... [続きを読む]

受信: 2005年9月18日 (日) 19時59分

« 活動家の恋愛 | トップページ | ヤマト運輸労組と共闘しよう »