« 息子とチャンバラ | トップページ | 成田九二八七号 »

2005年9月 1日 (木)

ペリカンロードⅡ

 昔週刊少年キングで連載されていた五十嵐浩一の「ペリカンロード」の続編で、オリジナルが連載されていた時のカルーチャと抗争していたFHH(フェルトヘルンハレ)を継ぐ者たちの話になっている。オリジナルから続いて登場しているのはFHH幹部のマキだけだ。

 主人公藤枝冬馬の伯父が抗争の果てに事故死した事でFHHは解散していたのだが、その抗争相手とは分派にあたるヴィルデ・ザウという凶悪なグループだった。時がたち冬馬が高校二年になるとザウが復活して、害虫駆除と称して手当たり次第に他のチームを潰して回っていた。Fを継ぐ物を探し、伯父の死の真相を知ろうとした冬馬は次第にザウとFHH残党との抗争に巻き込まれていく。

 オリジナルの時もそうだったけれど主人公は普通の少年でいつの間にか暴走族に巻き込まれていくというあたりが似ているのかな。僕的には同じ作者の作品でも明治大学のアイスホッケー部?に所属する主人公がハチャメチャな活躍をする「スクラッチタイム」や同じく乗馬部に所属する主人公の日常を描いた「めいわく荘の人々」のようなコミカルな作品が好きだが、これはこれで味があるかもしれない。検索していたらファンのサイトも見つけた。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 息子とチャンバラ | トップページ | 成田九二八七号 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

 神奈川ケニー・ロバーツさん今晩は。やはりあの交機の白バイ警官はしげるだと思いますか。僕もそう思ったのですが名前が出てこなかったので確証が持てずにいました。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月 7日 (水) 00時18分

シゲルも白バイ警官として登場してますよ♪

投稿: 神奈川ケニー・ロバーツ | 2005年9月 6日 (火) 23時15分

 NKさんは守備範囲が広いですね。今花にに載っておられるのか知りませんが、GT380に乗っていたのならおそらく大型免許もお持ちなのでしょうね。こんな話題をしていると本当に大型が欲しくなってしまいます。現役活動家時代は大型を取る許可が地区党からでなかったのですが、今なら許可入らないから・・・。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月 5日 (月) 21時07分

バイクといえば昔GT380で法政のまわりのパトロールをやったことを思い出しますね。
このバイクで首都高でベンツに振り切られて悔しい思いをしたこともあります。
今乗ってるバイクなら、ベンツに負けることもないでしょうが、人間が大丈夫なものかどうか?
なにはともあれ、これだけは現役です。

投稿: NK | 2005年9月 5日 (月) 19時38分

Rough Toneさんもバイクに乗っていたのですか。僕は最初ホンダのMTX125に乗って、次にXLR250BAJAに乗っていました。今ではスクーターで通勤したりしていますが。こんな話をするとまたバイクが欲しくなりますね。思い切って大型免許を取ってしまおうか。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月 1日 (木) 23時49分

こんにちは

きのうクルマの中からバイク乗りを見ていて、ちょうど「ペリカンロード」を思い出したところでした。
バイク乗りだった学生時代、よく読んでました。コミックスをいまだ全巻もっています。

 あのころバイク乗り憧れの職業だった「プレスライダー」って、ネット時代には完全に死に絶えてしまったようですね。
 あの漫画は、主人公たちの乗るバイクが、原付はともかく、GPZ250R(バッタ)とか、MVX250F(欠陥車?)
CBR400Rハリケーン(タマゴみたいなフルカウル)
とか、当時としてもややハズれた選択だったのがなんだかおかしかったですね。

私は学生時代VT250FとRZ250を購入しました。
あとMVXも先輩から譲ってもらったなぁ

続編、機会をみて読んでみます。

投稿: Rough Tone | 2005年9月 1日 (木) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/5740490

この記事へのトラックバック一覧です: ペリカンロードⅡ:

« 息子とチャンバラ | トップページ | 成田九二八七号 »