« 鬱病について | トップページ | 日本近現代史のおさらいその5 »

2005年9月 9日 (金)

「野党第一党に投票せよ」

 かつて歴史学者の羽仁五郎氏は、選挙の際に「野党第一党に投票せよ」と言ったそうだ。ネットを見ていたら出ていたので、それがどこからの出典なのかまでは書いていなかったが、さもありなんと言ったところだろう。政権政党の暴虐を阻止できる可能性が一番高いのはやはり野党第一党が勢力を伸ばし、政権党に対して掣肘を加える状況というものが必用だと考える。羽仁氏が健在であった当時の政党事情は今日とは大きく違っていて政権党としての自民に対して中道勢力の民社・公明、革新勢力としての社会・共産の体制であった。新自由クラブや社民連が羽仁氏存命中に存在していたかどうかは調べていないので分からない。

 今日の状況で言うと政権党は小泉の私党としての純化を為そうとする自民党にこれまたファシスト的純化を遂げつつある公明党である。対する野党は帝国主義社民に変質した民主党を最大勢力として護憲勢力の社民党、スターリン主義のセクト主義者共産党、泡沫団体国民新党・新党日本・新党大地と続く。この中でどの様な選択があるのだろうか。正直言って労働者の階級的利害を守る立場の政党が何一つ存在しない中で積極的に支持できる勢力はいないと言うしかない。

 ではどの様な選挙結果になることが労働者にとって望ましいのだろうか。愚考してみる。まず自民公明の与党勢力が勝利した場合、「郵政民営化」選挙とペテンを労しているがそれは公務員労働運動を解体し、教育基本法改悪、憲法改悪、大衆増税、消費税増税、年金制度改悪法人税の税率引き下げ等々に対してまでも承認が得られたとして一気呵成に戦争国家体制作りに突進するであろう。あたかもナチスドイツでヒットラーが「全権委任法」成立以降国会の承認を得ることなくして好き勝手な軍費増強から第二次世界大戦へと突き進んだのと同様のことが起きるだろう。

 翻って野党勢力を見たときに民主党は帝国主義の危機を救済するために腐敗転向したノスケやケレンスキーの様な社会排外主義者・帝国主義社民の党である郵政民営化問題においても本質的には首の切り方を巡って自民と対立し、民営化で生じる利権の取り合いを演じている存在だ。改憲勢力でもある。では護憲を唱える社民・共産はどうか。はっきり言って共産党はそのセクト的利害から野党統一戦線を結成することが出来ず、多くの選挙区で死に票を作るだけの存在である。社民は村山内閣当時の裏切りについて自己批判していない点で、本当に「護憲」なのかという点からして疑わしい。泡沫勢力は論外である。

 以上各政党の内実などを見たときに、どの政党にも勝たせてはいけないという結論に到達した。具体的な投票行動としては自公政権勢力の議席減少民主党の議席増、しかしどちらの側も過半数を制することが出来ず、社共及び泡沫勢力をどの様に連立に引きずりこむかという点で政権が成立する非常に権力基盤が弱い者が望ましい。

 勝者のいない結果となって国政が混乱している隙に革命勢力がありとあらゆる水路から闘って勢力を伸ばし、真の労働者党が登場するまでの時間稼ぎを出来ること。これが私にとって最良の選挙結果となるだろう。その様な状態にすべく選挙権を行使しよう。

 よろしければクリックしてください。 人気ブログランキング

|

« 鬱病について | トップページ | 日本近現代史のおさらいその5 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 楼主さんいらっしゃい。内のブログを読んでいただくのは締め手でしょうか?私は日本共産党及び中国共産党、朝鮮労働党はスターリン主義反革命であり打倒の対象であるという考えの持ち主ですので、あくまでも日本において反帝国主義・反スターリン主義世界革命を目指す勢力を支持します。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月11日 (日) 20時01分

>自民党も民主党も敵

中国にでも移民した方が幸せになれるかもしれん。

投稿: 楼主 | 2005年9月11日 (日) 19時09分

 真魚さん初めまして。私には自民党も民主党も敵だという感覚がありますから、どちらにも勝って欲しくないのです。共倒れが一番良い結果だと思います。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月11日 (日) 00時20分

TBありがとうございました。
>>勝者のいない結果となって国政が混乱している隙に革命勢力がありとあらゆる水路から闘って勢力を伸ばし、真の労働者党が登場するまでの時間稼ぎを出来ること。<<
という記述を読んで、なるほど「1968年」の視点から見ればそう見えるのかもしれないと思いました。小泉批判とスターリン批判は重なるところがあるかもしれませんね。

投稿: 真魚 | 2005年9月10日 (土) 23時51分

 NKさんのおっしゃることもよく分かります。こんな時に革命勢力の候補がいればと、心から思います。そしてその様な勢力を作れなかった自分の力不足も実感してしまいます。
 orutoさんようこそ。白紙委任はしたくありませんので私は一票を行使しに行きます。
 

投稿: アッテンボロー | 2005年9月 9日 (金) 21時21分

TBありがとうございました。
確かに、究極の選択かもしれませんね・・・
しかし、私は、棄権は為政者への白紙委任のような気がするのでしたことがありません。

投稿: oruto | 2005年9月 9日 (金) 20時48分

おじゃまします。
投票しないことも、ひとつの意思表示の現われだとは思います。この間の選挙の投票率の低さは、自民-民主およびそれに付随する政党による、翼賛政治に対する大衆の忌諱の表れのような気がします。
しかし、今回の選挙でもし投票率が高くなるとすれば、大衆の鬱積した不満は、ペテン的な現状打破を掲げる小泉への支持となって現れるような気がします。やはり小泉は階級的な使命を自覚した政治家であってその手腕をあなどるわけにはいかないと思います。1例として、ルイボナパルトにとっての軍隊は小泉とマスコミの関係に再現されていると言えないでしょうか。いずれにしても、今回の一連の過程は、さしあたって小泉政権を本格的なボナパルティズム政権へと押し上げるでしょう。
こう言う予測をしつつも、小泉が一敗地にまみれることを期待します。

投稿: NK | 2005年9月 9日 (金) 20時30分

 あおざかなさんご教示有り難うございます。
 kamakazuさん、お互い入れたい候補者がいないのは悩みの種ですね。昔の中選挙区ならまだ何とか選ぶことが出来たけれど。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月 9日 (金) 14時48分

トラックバックありがとうございます。

私の頭の中では、政権取って欲しくない順が、
小泉一派>民主党>昔ながらの自民党
となっています(^^;比例は好きに入れさせてもらうとして、小選挙区は、どの候補者に入れるのがもっとも効果があるか、考えています。小選挙区、やめてもらいたいです(笑)

投稿: kamakazu | 2005年9月 9日 (金) 13時58分

羽仁五郎さんの発言の出典は「君の心が戦争を起こす」という新書(カッパブックス)だと思います。

投稿: あおざかな | 2005年9月 9日 (金) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/5855635

この記事へのトラックバック一覧です: 「野党第一党に投票せよ」:

» やはり似ているのか・・・? [三四郎日記]
やはり似ているのだろうか・・・・。 われわれ、ドイツをやってる人間にとっては悪夢のようだ。 ※自民党のポスターには加工を加えていないことに注意!! ------------------------------ に、似てる・・・と思ったらクリック!⇒ [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 12時48分

» 合同演説会に行ってきた [別に気にしなくてもいいんだが]
何回か前の知事選挙あたりから、公開討論会が行われるようになりました。法令の制限があり、アメリカの大統領選挙みたいな激しいものではないのですが、何もないよりはいいし、こうした取り組みは支持したいと考え... [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 13時58分

» 参院造反者に意向確認、反対なら離党促す…特別国会前←ファシズムだ!! [JIROの独断的日記ココログ版]
◆記事:参院造反者に意向確認、反対なら離党促す…特別国会前   自民党参院執行部 [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 21時09分

» 祖国よ、何処へ・・・05総選挙議席数最終予測 [八田修一・奇跡の占いブログ]
いよいよ総選挙まであと2日となった。各党の舌戦が全国で繰り広げられているが、選挙後の政界はどうなるのか。星の動きを精細に調べた結果、ここに八田の総選挙最終予測を挙げる。 [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 23時01分

» ★ マスメディアに騙され踊らされるな!! 総選挙の争点は… [書評日記  パペッティア通信]
大メディアによる自民優勢、小泉圧勝の大合唱の中で、大詰めをむかえた、2005年、総選挙。一言でいえば、この選挙の争点とは、「政権交替、YESか?NOか?」しかありません。後のすべての判断軸は、イカサマ、虚構といって構いません。●1 政策に騙されるな!!...... [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 23時41分

» ニューオーリンズは日本の未来?〜選択の基準は何か [酔生夢死浪人日記]
 自公が300議席に迫る勢いという。暗澹たる気分にならざるをえない。以前の項と重複する部分もあるが、自分なりに争点を整理してみたい。  争点その①=<アメリカ的対日本的>  ニューオーリンズの惨状に感じたのは、<官>に捨てられた人々がいかに多いかということ。<小泉―竹中改革>もその方向で、非正規雇用とリストラで大企業は立ち直ったが、庶民の生活は苦しくなる一方だ。この4年間、貧富の差は拡大し、国民�... [続きを読む]

受信: 2005年9月10日 (土) 03時53分

» 忘れっぽい国民性を憂う [窪川商亊社長日記]
総選挙のことで一つ気になることがあります。 各種世論調査では自民党の圧勝とのこと。 郵政民営化一色です。でも、ついこの間まで、小泉首相は実績不足という意見の人、多かったですよね。それがすっかり忘れ去られているようです。 日本人が過去を水に流すことは良いこ....... [続きを読む]

受信: 2005年9月11日 (日) 15時17分

» 羽仁五郎の本 [半共分子の独り言]
アッテンボローさんの言われてた、「野党第一党に投票せよ」は、これ(添付画像)ですね。いまの前原民主党は、与党急進派みたいなものですから、もう、だめかなぁ。 羽仁五郎「都市の論理」1968-12.25羽仁五郎「君の心が戦争を起こす」1982-12.15興味のある方は、古本屋で探してみてください。 以下、表紙と該当ページ(少し重いかも)        ... [続きを読む]

受信: 2005年10月 4日 (火) 22時40分

« 鬱病について | トップページ | 日本近現代史のおさらいその5 »