« 「民営化」に負けて堪るか | トップページ | 「共産主義における『左翼』小児病」 »

2005年9月14日 (水)

「噛むなぁ~っ」

 台所の換気扇の下でタバコを吸っていると息子がやってきた。何かと思ってそちらを向いたら抱きついてきた。ちょうど妻が仕事でいないので、甘えたくて寄ってきたのかなと思っていたら、イキナリ股間に噛みついてきた。ジーパンの上からだが大事なものをガブリとやられると痛い痛い。思わず叫び声を上げて股間を押さえる「何すんの~ 痛いやろ」と叱るのだが面白がって再び三度噛みつこうとしてくる。両手で肩を掴んで近寄れないように話した状態で「噛むな~」というのだが、それでもぐいぐいと前進するのを止めない。何度か押し返している内にフッと力の方向が変わる。息子はイキなり方向転換をすると、今度は私の背後に回りお尻に噛みついてきた。少し知恵が付いてきたからフェイントをかけられてしまったのだ。まったく、こんな事で使い物にならなくなって母ちゃんに捨てられたらどうしてくれる。それでなくても病気で働いていないから最近風当たりが強いというのに。 一体どこで覚えてくるのだろう。困ったもんだ。

 覚えると言えば最近「エンタの神様」という番組を妻子が見るようになった。帰省したときに従姉妹のお姉ちゃん達が面白がってみていた影響のようだが、何とか言う芸人の真似をして「武勇伝武勇伝、ぶゆうデンデンデデンデン」とか言い出す。どこが面白いのか私には分からないが息子は気に入って真似をしている。その他には昨日の犬の散歩の時に壁に張り付いたゴキブリを見つけたときに「ウギャー、怪獣だー」と大騒ぎする。「おいら怖いよー」という。これはネットで見ているがんばれロボコンの影響だ。ロボコンはゴキブリが苦手なのだ。「怖いよー、パパさん助けてー」と真似をする。

 そのあと何故か娘達が怖い話と言いだしてなにやら話している。次女が「なぁパパ、怖いこと教えたろか。男らしい○○」と言うと長女が笑い出す。「あんなぁ、もっと怖いモン有るで」と言うので尋ねると、言うに事欠いて「ちゃんと仕事するパパ」と言われてしまった。どうせここ数年病気のせいでまともに働いていませんよーだ。昨日は子供達にさんざんな目に遭わされたような気がする。

 よろしければクリックしてください。 人気ブログランキング

|

« 「民営化」に負けて堪るか | トップページ | 「共産主義における『左翼』小児病」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 (た) さんようこそお越し下さいました。もう20年近く前に友人の薦めで「銀英伝」を読んで以来の田中芳樹ファンです。仰るとおり田中さんの様々な小説のテーマにあるのは「民主主義とは何か」だと思います。最近のように戦争を賛美したり権力者に阿諛追従したりするような「作家」が多い中で田中さんの作品を読むとホッとします。
 (た)さんのブログは早速お気に入りに登録させていただきました。宜しければこれからもお越し下さい。

投稿: アッテンボロー | 2005年9月14日 (水) 13時34分

コメントありがとうございます。ヤン・ウェンリーの言葉に反応してくださってうれしいです。
ダスティ・アッテンボロー、良いですよね。一番好きかもしれません。あの作品は壮大な「民主主義」に関する作品ですから今こそもっと読まれるべきだと思います…。
私のブログは私と二回り以上年上の人の二人で細々とやっています。
アッテンボローさんのような素晴らしいブログがたくさんあるので、日々勉強させていただいております。
これからも鋭い意見を拝読させていただけたらと思います。

投稿: (た) | 2005年9月14日 (水) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/5937376

この記事へのトラックバック一覧です: 「噛むなぁ~っ」:

» ご用とお急ぎでないかたはゆっくりと見ておいで。 [瀬戸智子の枕草子]
さぁ、ご用とお急ぎでないかたはゆっくりと見ておいで。 だが、しかしお立合、族議員 [続きを読む]

受信: 2005年9月14日 (水) 15時13分

» なんにたとえよ 小泉さん [瀬戸智子の枕草子]
「小泉さん なんにたとえよ 時代の子」 「時代の子 小選挙区とともに 突っ走る」 [続きを読む]

受信: 2005年9月14日 (水) 15時14分

« 「民営化」に負けて堪るか | トップページ | 「共産主義における『左翼』小児病」 »