« 今時エイジオブエンパイアⅡ | トップページ | 11・11管制塔カンパ勝利集会へ »

2005年10月28日 (金)

ジュゴンの海を守れ

 一昨日発表された、米軍普天間基地の移設案としての名護市辺野古海岸埋め立て案に対して反対の声が広がっている。従来の沖合への浮島建設案を譲歩したかのように見せかけてはいるが、滑走路の延長計画を始め今まで以上に基地機能を集約し、強化しようとする者だ。侵略戦争のための基地機能強化を許してはならない。名護市長は早速反対の意見を表明し、多くの地元住民の支持を集めている。税滅危惧種であるジュゴンの貴重な生息地としても有名である辺野古の海を守ろう。ヘリ基地移転に最後まで反対しよう。

 沖縄タイムスより引用

 

名護市長が拒否方針/辺野古沿岸移設
「住宅地飛び論外」/地元合意形成、困難に

 岸本建男名護市長は二十七日、米軍普天間飛行場の新たな移設先として日米が合意したキャンプ・シュワブ兵舎地区を中心とする沿岸案について、「住宅地上空を飛ぶ方角になっている。論外だと思う」と述べ、受け入れを拒否する考えを示した。合意案の説明に訪れた那覇防衛施設局の西正典局長との会談後、記者団に答えた。辺野古沖移設を容認してきた地元首長が見直し案を拒否する方針を示したことで、政府が目指す地元の合意形成は極めて厳しい状況となった。

 岸本市長は、西局長に対し、滑走路施設が当初の千五百メートルから千七百二十メートルに延長された背景や滑走路の方位、騒音問題などについて質問。いずれも明快な答えが得られなかったとし、「疑問に答えられない状況でヘリ基地を受け入れるわけにはいかない。住民を説得する自信は全くない」と明言した。

 滑走路の位置や方向についても疑問点を挙げ、「図面を示された時にショックだった。私の想定外」と陸側に寄りすぎているとの認識を示した。

 また、「(辺野古沖の現計画案は)地域住民や漁協、市議会に説明した後で決定した。今回はそういう説明を十分するのか」と述べ、地元の頭越しに合意した政府の姿勢に不満を示した。

 政府は日米安全保障協議委員会(2プラス2)で中間報告をまとめた後、岸本市長に再度説明する方針。同市長は政府が合意案を修正した場合の対応について「それまでは(結論を)待ちたいと思う」と含みを残した。

 西局長は東肇宜野座村長、宮城茂東村長とも面談し、普天間飛行場の移設について説明。西局長は会談後、「いくつか宿題をもらった。東京に伝えた上で、対応していきたい」と述べた。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 今時エイジオブエンパイアⅡ | トップページ | 11・11管制塔カンパ勝利集会へ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 眠名有 さん色々と見解の相違があるようですが、共産主義者の立場からすれば、反革命スターリン主義が米英仏と協調していたことは弾劾の対象です。アメリカによって行われた民間人大量虐殺も共産主義の立場からすれば断罪されなければなりません。
 私にとってはスターリン主義反革命によってねじ曲げられた本来の共産主義の復権が当面ずく最大の課題だと思っています。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月 4日 (金) 20時20分

まぁ、捕虜虐待がどうとか民間人がどうとかあるけど……

暗号解読していたくせに、自国の兵を見殺しにして被害者ぶり、
民間人を殺す目的で、わざわざ民家を作ってまでテストした焼夷弾をばら撒き、
「戦争を終わらせるため」という口実で、当時終戦工作をしている国に対して、
なぜか一発で十分なのに二発もの核爆弾を落として、死体等を採取した国よりも断然マシですが。

っと、まぁ現在はホロコースト見直しとかも出ていますからねぇ。
一概に戦争犯罪の例を持ってきても、捏造とか誤報とかという可能性もありえなくもない時代ですから。
もしも資料を探すときは慎重に。

投稿: 眠名有 | 2005年11月 4日 (金) 19時12分

 国民、人民、大衆、色々と表現する言葉はありますがプロレタリアートの政治的覚醒無しに共産主義は成立しませんので、眠名有さんの後半部分には賛成ですね。ナチスの犯罪についてはユダヤ人虐殺だけではなかったと記憶しているのですが、最近その辺の勉強から遠ざかっているので自信ないです。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月 3日 (木) 18時46分

……ナチスのユダヤ人虐殺は戦争犯罪でないし、当時でも違法行為ですよ?

まぁ、独裁者を求めるときって、大体社会が不安定な時なんですよね。
悪名高いヒトラーだって、ちゃんと選挙で選ばれて総督になったわけだし。
やっぱり、民間人がもっと政治に興味を持つようにしないとだめえdすね。

投稿: 眠名有 | 2005年11月 3日 (木) 08時30分

 当時合法的であったことでも、その後違法になって訴追される場合もありますね。ドイツにおけるナチス追求などはその良い例だと思います。今日の観点からかつての行為が正しかったか間違っていたかを検証し、二度と再び繰り返さないというのは大切なことではないかと思います。
 独裁について言いますと、眠名有さんが言っているのは「独裁者」の問題だと思います。しかし今日の社会はブルジョワ階級による独裁であるというのが共産主義者の考え方です。それに対してプロレタリアートによる独裁を対置するのが共産主義の考えなのです。その内実についてはまだまだ検証し、深める必用はありますが、少数者の階級であるブルジョワ独裁より多数者であるプロレタリアート独裁の方が良いと考えています。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月 2日 (水) 22時24分

別に、それが人道的かどうかと、法律違反かどうかとは話が別でしょ?
奴隷狩りをしたアメリカが裁かれた?
相手を散々殺した戦国武将が殺された?
どんなに酷いことをしても、法律ができる前だったら、法律で裁くことはできないのです。
酷いこと=法律で裁けるというのは違います。
まぁ、当時の人間がどのように考えていたかなど、その当時を生きていた人間しかわかりませんが。
だからこそ、国際法の最高権威である、国際司法裁判所に一任すべきだと思うのです。

一応言っておきますけど、
独裁は、独裁するやつが良いか悪いかで国の方針が決定する、ある意味バクチなので、ファシズムは嫌いです。
帝国主義も好きではありません。

昔は、任期を一年くらいにして、毎年皇帝を選挙で選ぶとか幼稚な考えを持ったりもしたもんだ。

投稿: 眠名有 | 2005年11月 2日 (水) 16時54分

 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合さん、全く仰るとおりですね。帝国主義を打倒するために共に頑張りましょう。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月 1日 (火) 23時55分

だから保守反動だといえるでしょう。
彼らは、昔がよかった論につきすすんでいくでしょう。昔の日本をとりもどせという、絶叫は
帝国主義の基本矛盾である、長期不況の裏返しの反動思潮でしょう。

こんなやつらは歴史の屑篭にいれて打ち倒しなくてはならない。アッテンボローさん、ともにがんばりましょう。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年11月 1日 (火) 23時47分

  反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合さん、眠名有さん、お二人とも帝国主義であることでは一致されていますよね。当時帝国主義が行う戦争に対して様々な形での反対の主張、行動があって今日では間違いであるとなっているわけです。当時正しかったから構わないんだというのは歴史修正主義者・新自由主義史観・新たな皇国史観の持ち主達の暴論だと思います。
 過去の歴史の教訓をふまえ一歩ずつ未来に向かって進みたいと思います。在日米軍基地が無くなる過程もその様な歩みの中で日本が中国・朝鮮・韓国などと平和で相互信頼のある関係を築けたときに実現できると思います。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月 1日 (火) 21時50分

確かに帝国主義でした。
が、それは当時違法だったのか?
確かに人道的に見るのと、法律的に見るのでは話が変わってきます。
まぁ、どっちが言ったとか言ってても、いろいろあってきりがありませんからね。
なんかこのごろは対馬も韓国のものだとか主張してたりしてますから。。
(ちなみに、竹島主張の地図を出す⇒日本海を明記し、朝鮮は中国の属国と明記。
 対馬主張の地図を出す⇒竹島が書かれていない。
 まぁ、韓国にはいろいろ笑わせてもらいました)

とにかく、二国間人間が言っても埒が明きませんから、やはり韓国側が国際司法裁判所に出席すれば、あとは第三国が決定してくれますからね。

っと話がずれました。
米軍基地の問題でしたね。
交渉で日本駐留中の米軍を全部どかすにはどれくらいの時間と資金がかかるでしょうかね?
たぶん退いてもらったあとは、自衛隊が使うんだろうけど。
少なくとも2100くらいには全部撤退してほしいな。

投稿: 眠名有 | 2005年11月 1日 (火) 17時53分

江華島事件以来の明治維新政府の帝国主義政策ですね。その延長として、日本はアメリカ・ソ連そして中国と戦争し、敗北した。
ポツダム宣言や東京裁判等では、日帝側は被告として裁かれていますね。

>ですからサンフランシスコ条約草案と本当の>条約とでは扱いが違うのではないでしょう
>か。

そのとりだと思います。

江戸時代の歴しからいって、戦後の歴史からいっても、竹島と魚釣島を「日本の領土」だと右翼が主張していることはナンセンスですが、
それが右翼というものの本性でしょう。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年11月 1日 (火) 13時06分

 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 さん、今晩は。御助勢かたじけない。
 眠名有さん、今晩は。日本が独島を日本領に編入したのは朝鮮の外交権を武力で剥奪して、強引に行った物です。ですからサンフランシスコ条約草案と本当の条約とでは扱いが違うのではないでしょうか。元々朝鮮・韓国の物なんだから書かなくても構わないと言うことで。で、対馬は歴史的に日朝双方に従属してきた歴史が長く存在しています。徳川幕府の時代では対馬藩の人間が朝鮮通信使の通訳を務めていたと聞きます。どう扱うかについてはややこしくなりますよ。
 国際司法裁判所の問題では、統一朝鮮、統一韓国として法廷での取り扱いに同意して貰える時代が来ることを期待しています。

投稿: アッテンボロー | 2005年10月31日 (月) 20時58分

けど、日本が竹島を領土にしたとき、何も文句がなかったけどね。。
ちなみに、サンフランシスコ平和条約の草案では、竹島は韓国の中に含まれていますが、本当の条約では何もなっていません。
これは予断になりますが、対馬も領土に入れてくれと言ったけど、断られたそうです。
まぁ、サンフランシスコ平和条約は、アメリカが強引にやっちゃいましたからね。

自衛隊の航空機が前後に並んで飛行するのは、専守防衛の建前上、攻撃されてからでしか反撃できないので、
前の機がやられてから、後ろの機が反撃できるようにそうなっています。

>反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合
ちなみ日本は竹島のことを国際司法裁判所に持ち込んでいますよ?
けど、あそこは両国の合意がないと開かれず、韓国が合意しないので、なんにもできないのです。

投稿: 眠名有 | 2005年10月31日 (月) 18時11分

魚釣島もそうですが、明治維新政府の侵略政策にそったものを支配階級や右翼らは、主張しているようですね。

で、右翼の言い分は、国際法上、日本が近代国家になった明治維新政府が「私たちの領土」だと国際的に宣言したからそれでよいということをいいだします。しかしそれが、自信があるのであれば、とうに国際司法裁判所に駆け込んでいるはず。つまりその自信はないのです。また、ポツダム受託の影響もあるといえます。国際的にいって、日本がそういうことを主張してきたということは、日本が民族主義的なものを主張してきたと警戒されるだけですね。しかも、日本国内では排外主義の煽動のために、あえて利用しているとさえいえるでしょう。韓国や台湾の民衆の動きは、日本の右傾化や軍事化に対抗しているものです。

歴史的にいえば、それはアッテンボローさんのいうとおりです。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年10月31日 (月) 14時15分

 独島(日本側は竹島と呼称)の問題ですと国際司法裁判所の判決は日本敗訴に終わると思いますよ。何故なら徳川幕府の古文書には竹島が利用価値など無いから朝鮮領として関わるなと島根藩に言い渡しているからです。
 スイスやスウェーデンを見習って永世中立国を宣言するのも良い考えでしょうね。世界革命への過渡としては。中国も朝鮮も日本にミサイルの照準を合わせているのは、反共軍事同盟としての日米安保があるからです。サンフランシスコ講和条約の際に一面講和でなく全面講和していれば避けられた問題だと思いますよ。
 自衛隊の編隊の組み方については昔、「丸」や「航空ファン」を定期購読していた頃に読んだような気がしますが、何せ昔のことなので忘れました。

投稿: アッテンボロー | 2005年10月30日 (日) 23時24分

確かに平和的解決が最優先であると思います。
だからこそ、日本は竹島の論争を国際司法裁判所に提出しましたよね?
私としては、別に侵略兵器(揚陸艦や空母など)を増やすのはためらいますが、イージス艦やパトリオットはもっと増やすべきであると思います。
中朝の状況は前にも言ったとおり、ミサイルを常に東京にロックオンし、揚陸艦なども作っています。
そんな中で、武力の増強をやめた場合を考えてみてください。
個人的な立場としては、めいっぱい軍事増強して、永世中立国になってくれれば良いと思っています。
理想だけで、実際できるわけありませんが。


ところで、自衛隊の戦闘機が編隊を組む時って、前後に並びますが、その理由を知っているでしょうか?

投稿: 眠名有 | 2005年10月30日 (日) 19時56分

 「兵は国の大事なり」とは孫子の一節です。軍事をもてあそんでは危険です。軍備の増強、軍拡競争はお互いの国家経済を疲弊させ、緊張を増大させます。日米安保を廃止し、自衛隊の国軍化ではなく、平和的外向的手段で全てを解決するべきだと思います。もし軍事紛争に発展した場合、私は共産主義者としてその責任を果たすでしょう。自国帝国主義の敗北を促進する革命的祖国敗北主義の立場です。朝鮮・韓国・中国の人民と殺し合いをすることを拒否する。殺し合いを命じる自国政府を打倒ずく。これが共産主義者の国際主義的任務です。

投稿: アッテンボロー | 2005年10月29日 (土) 21時28分

支那は常に日本にミサイルを向け、韓国は揚陸低など攻める気満々で、北はいうまでもないでしょう。
少なくとも、日本が大幅な軍事力の強化をしない限り、かなり危険です。
もしも日米安保がなかったら、何をやらかすかわかりません。
個人的には軍事力増強、日米安保解消と言う意見なのですが、
軍事力増強ができない場合は、日米安保を続けなければなりませんし、そのためには米軍に基地を提供せねばならないと思います。

竹島に関しては、アメリカしだいですね。
アメリカは日本の親分であり、韓国の親分であり……
日本の自衛隊基地ならばともかく、アメリカ軍を攻撃するほど、韓国軍もバカじゃないと思いますよ。

個人的な話ですが、日本は竹島駐在の韓国軍に対して、威嚇をやって、
効果が無ければ武力行使をするべきだと思います。
韓国は竹島で国際司法裁判所への出席を拒否していますし、
日本側の主張は竹島は日本の領土なので、これは主権の侵害だからです。
無論、韓国側が攻撃するのもよいと思います。
現に、部隊を駐留してますからね。
自分の国土を守れん者が、国と名乗る資格は無いと思います。

投稿: 眠名有 | 2005年10月29日 (土) 20時55分

 眠名有さん今晩は。米軍基地は本当に必用でしょうか。計画されているのは海兵隊という米軍の中でも侵略専門の部隊です。別名を殴り込み部隊とも言います。こんな部隊の基地が本当に必用なのか今一度真剣に考えていただきたいと思います。
 また、独島(日本側は竹島と呼称)に米軍基地なんか作ったらそれこそ紛争が武力衝突に発展してしまいます。くわばらくわばら。

投稿: アッテンボロー | 2005年10月29日 (土) 00時30分

ったく、日本の政治家は何をやってんだか。
米軍基地を作るのは必要だと思うが、わざわざ珊瑚礁を潰す神経がわからん……


いっそのこと、アメリカと協力して韓国を竹島から撤退させて、そこに基地を作るとか考えてしまった。

投稿: 眠名有 | 2005年10月29日 (土) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/6705595

この記事へのトラックバック一覧です: ジュゴンの海を守れ:

» 【米軍基地問題】 60年前の集団死事件と基地移転、小泉流サプライズの影に・・・ [Pagan(異教徒)の説話]
小泉首相は、内閣改造を31日に行うと表明した。 今週末から来週にかけて、様々なメディアは「小泉流」サプライズを競って取り上げることとなるだろう。 そして、拙ブログも・・・ しかし、小泉流サプライズに覆い隠されてしまう、普天間飛行場のキャンプシュワブ沿岸移転合意... [続きを読む]

受信: 2005年10月31日 (月) 13時16分

» 10.21国際反戦デー [日本国憲法擁護連合]
10.21国際反戦デーに、五千人が集結。 アジア太平洋民衆と共に、米軍基地再編強化と闘う。 「県内移設許さぬ」沖縄の怒り沸点    日米両政府の在日米軍再編協議の山場にぶつけて10月21日、「10・21国際反戦反基地集会」(主催はフォーラム平和・人権・環境など実行委員会)が東京・日比谷野外音楽堂に約5000人を集めて開かれ、参加者は集会後、銀座方面に向けてデモ行進を行なった。  社民党からあいさつに立った福島党首は「沖縄を前線に、神奈川を司令部にして、世界中で行なわれるアメリカの軍事行動に日本... [続きを読む]

受信: 2005年11月 2日 (水) 00時40分

» 沖縄/普天間飛行場移設 [ブログ界の正論]
「日米軍事同盟」を背負う沖縄 基地問題とは、突き詰めれば、「基地の必要性」を考えることであるが、基地の必要性を規定するポイントは、戦後60年にわたり、日本の外交政策の機軸をになってきた「日米同盟」に他ならない。沖縄県民は、日米同盟という国家の運命を、本土の...... [続きを読む]

受信: 2005年11月 2日 (水) 17時39分

« 今時エイジオブエンパイアⅡ | トップページ | 11・11管制塔カンパ勝利集会へ »