« 「原発事故はなぜくりかえすのか」 | トップページ | 良い知恵はない物か? »

2005年10月 6日 (木)

水は低きに流れる

 小泉政権のデマに惑わされている人々は、郵政の民営化によってサービスが向上するのではないかま錯覚しているのだが、悪化の傾向を示しているサービス内容について具体的に自分の経験を書いてみようと思います。

 私は最初は保険外務員として勤務していました。その過程で例えば病気入院であったり、交通事故の入院、死亡の事例について保険金請求手続きを受けた場合にどの様に対応していたかを書いてみたい。簡易保険は国営の非営利事業であるために郵便局の職員は赤字にならなければ良いという意識がある。そしてお客さんにとってどうすれば早く簡単に保険金を受け取って貰えるかという観点から事務手続きをすることが殆どであった。私の場合豪雨の日に勤務地の隣町の病院までお客さんの息子さんの入院証明(診断書)をもらいに走ったり、あるいは交通事故の事故証明を貰うためにこれまた別の隣町にある交通安全協会まで走ったことがある。更には死亡の場合、一定期間を経過すると本籍地の市町村では死亡診断書の写しを交付して貰うことが出来なくなるので、法務局の所在地まで足を伸ばした。お客さんに行って貰えば良いような物なのだが、入院にせよ死亡にせよお客さんは困った状況にある、そんな時に例え一日でも早く保険金を受け取って貰うことで喜んでいただける。お年寄りのお客さんが車の運転が出来ないためにタクシーで数千円をかけて他所の街に行くことを思えば、私が40分から1時間半走れば済んでしまうのだから、お客さんからはとても喜ばれた。

 身内に荷物を送ろうと荷造りをすましているお客さんに出会うと、重たいだろうから預かりますよと言って、本来自分には直接関係ない小包を預かって局まで帰り、直ぐにとって返して領収書を渡して送料を頂戴することもあった。民間生保の外交員が商品内容の説明すらしないで義理と人情とプレゼント、略してGNP作戦で契約してほったらかしにしているお客さんに、証書を見ながらこの商品はこうですと一から説明することもあった。別に郵便局にとって一銭の利益にもならないことであっても、平気でお客さんの便宜を図っていた。

 ところが97年の橋本政権当時の行革によって決定された、郵政省から郵政事業庁への移行、そして日本郵政公社と経営形態が変更となり、企業性が言われるようになると殆どの職員は自分の営業成績だけを気にするようになった。お客さんのために便宜を図ろうとする私のような職員は成績が低下するようになる。リストラによる要員削減で一人あたりの業務量が激増し、担当区域の範囲も拡大していたからだ。99年であったか、貯金業務も取り扱う単独総合担務という制度が導入され、保険専門であった業務が貯金業務もするようになる。その分集金区の担当者を減らし募集専門の職員を配置する。今までより多くの集金を今までより広い範囲で、内容の違う貯金と保険の業務をこなしながら更にそれぞれの業務の新規契約を獲得しなければならない。自然に成績は低下していった。私の勤務する局では、単独総合担務導入以前と以後とで、貯金と保険の要員は7割に削減された。

 今までの経過で見てもお客さんにとってはサービスが低下している。はっきり言って対応しきれないし、対応しようとすると低実績者として管理職から「君、この仕事に向いてないんと違うか。職業選択の自由という物があるんやで」と暗に退職しろと言われる。お客さんの都合などお構いなしに兎に角新規契約を獲得している職員が優積者として表彰され、昇級のスピードが速くなる。これで民営化されたらより一層、営利主義の職場管理が進行するようになるだろう。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 「原発事故はなぜくりかえすのか」 | トップページ | 良い知恵はない物か? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/6282411

この記事へのトラックバック一覧です: 水は低きに流れる:

» [STOP THE KOIZUMI] 共感と違和感と [半共分子の独り言]
 thessalonike2さんの[世に倦む日々]から発信された[STOP THE KOIZUMI]連合が広がりつつあります。 [雑談日記]の記事で紹介されていた、さとうしゅういちさんの[政界再編]の座標分析は、私が感じたことをわかりやすい図で説明されています。          リベラル軸(「左」軸?)         ... [続きを読む]

受信: 2005年10月 7日 (金) 00時10分

« 「原発事故はなぜくりかえすのか」 | トップページ | 良い知恵はない物か? »