« 日本一のスーパー銭湯 | トップページ | 「イスクラ」を読んで »

2005年11月 5日 (土)

子供で左うちわ計画

 先日メル友と話していて子ども達の将来についてやり取りしました。以前にも次女が美少女であることは書いたと思うのですが、その次女を使って一攫千金を狙おうかなどと冗談を飛ばしてしまいました。どこかの芸能プロダクションに履歴書を送ってタレントにして、妻はりえママみたいなステージママさんになって仕事を辞めてしまおうかなんて言うことがあります。で、調子にのって私も息子をジャニーズ事務所に送り込んでしまおうかなどと思うことがあります。結構美少年だと思うのです。今は私と同じくスポーツ刈りにしているのですが、それ以前は色白なので良く女の子と間違われていました。結構活発に遊んでいるので私に似ず運動神経は良さそうです。

 親の欲目で色々としょうもないことを考えてしまうのですが、子供に期待することって分かって頂けるのではないかと思います。我が家の場合三人も子供がいるので、色々と将来を想像すると面白い物があります。長女と次女が小さな時はチャンバラを教えたりして集会やデモにも連れて行き、少しでも革命運動の雰囲気に慣れさせようとしていました。息子にも警察は悪党の手下なんだと今からせっせと思想教育をしています。三人の内の誰かは父親がなりきれなかった革命家になってくれないかなあ等と妄想することもしばしばです。

 子供に家庭教師を付けたり学習塾に通わせると言った事はしていないのですが、将来の問題を考えると自分が子ども達に何をしてやれるのかなあって考え込むことが多いです。今までは運動の関係と家庭の事情もあって習い事の類は一切させていないのですが、子供の同級生の話などを色々聞くとどの家庭でも教育には色々と投資しているようですね。普通に学校の勉強だけしてくれたら良いとも思うのですが、長女は不登校、次女は忘れ物が多すぎて注意欠陥・多動性障害でもあるのではないかと心配になってしまいます。皆さんはどの様に子供の教育をなさっているのでしょうかね。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 日本一のスーパー銭湯 | トップページ | 「イスクラ」を読んで »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 どの様な仕事に就けるかは分かりませんが、基本的に労働条件の良い職場には左翼の存在がありますので、実社会でそれを実感してみてください。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月11日 (金) 20時35分

まぁ、とりあえずどんな仕事に就くかもわかっていない年齢では、ネット上が限界なのですよ。
とりあえず今はこれだけ。
後葉何が起こるかわからないから、とりあえず就職先とかでどのようになるかはわかりません。

投稿: 眠名有 | 2005年11月11日 (金) 20時04分

 ネット上で右翼になるって俗に言う「ネットウヨ」ですか?現実世界と結びつく右翼活動ならそれなりの評価もしますが、ネット上だけでは世の中変わりませんよ。私の場合今は病気療養中でネット上に活動が制約されていますが、元気になって職場に復帰したら現実の攻防が待っていますからね。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月 9日 (水) 22時39分

いえ、右翼団体に入るのではなく、個人として、ネット上で右翼になろうかと。

投稿: 眠名有 | 2005年11月 9日 (水) 22時19分

 眠名有さん、あまり右翼はお勧めできませんね。殆どが暴力団の偽装団体であったりしますから。真面目な右翼というのはそれこそ砂浜で宝石を探すような努力をしないと見つからないと思いますよ。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月 8日 (火) 20時47分

日本の右翼って、外国で言う右翼と違いますからねぇ。
だから右翼で行きたいと思っているけど、「右翼」の意味そのものを誤解される。。

投稿: 眠名有 | 2005年11月 8日 (火) 18時59分

 NKさん今晩は。成るようにしかなりませんね。子供が成長した跡でその内実を見ないことにはどうとも言えませんね。
 眠名有さん、右翼には社会を良くしようと思わなくてもなれますよ。利権にしがみついている右翼が殆どですから。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月 7日 (月) 21時16分

右翼、左翼というのは、子ども自身が決めることでありますし、
どちらも本質的には日本を良くしようと思っているわけですから、
極右、極左にならなければよいと思いますよ。
後は図書館に通わせて、子供に判断を委ねるべきかと。
それと、自分の薦める本をさりげなく読ませるのもよいでしょう。

投稿: 眠名有 | 2005年11月 7日 (月) 21時08分

私の場合は、子供には本なら何でも買いましたが、習い事は金がないので、ほとんどやらせませんでした。スポーツもあまりいい影響を受けないのであえてやらせず、ゲームの類は禁止しました。(私はゲームソフトの類は子供の精神に破壊的な悪影響をおよぼすと考えています。)またディズニー物もあまりにも行過ぎたデフォルメとステレオタイプな価値観ゆえに子供から遠ざけるようにしました。
さてその結果ですが、全員成人しましたが、親とは関係なしに自由にやっているようです。
評価は私には下せません。

投稿: NK | 2005年11月 7日 (月) 19時00分

 仰るとおりですね。水のように空気のように、自然と悪逆なる権力者への敵愾心を持って貰うにはどうすればよいかというのが今日の課題ですね。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月 7日 (月) 00時32分

こんばんわ。私の場合は、父親がスパルタ的といいますか、右翼といいますか、そういうことに反発して、左翼になったといっていいかと思います。・・・アッテンさんが、あまりにも、圧力をかけると、反動になるかもしれませんね。

難しいところです。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年11月 6日 (日) 23時40分

 趣味者さん、眠銘有さん、労働者Lさん、反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合さん、今晩は。実際親の思い通りには行かない物で、基本的に私や妻の妄想の域を出ていません。でも何と言いますか、一人くらい左翼運動に関わって欲しいと思います。逆に親に反発して右翼になる可能性もありますが。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月 6日 (日) 20時58分

親が期待したことを、子供がやるとは限らないと思います。たぶん、運動側の闘士にという熱い思いは、砕かれるかもしれません。ひょっとしてってこともあるでしょうが。ただ、アッテンボローさんの辿った道を否定するようなことにならなければよいのではないでしょうか。そういう構えでいいかと思います。

ただアッテンボローさんの期待はわからないわけではありませんよ~。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年11月 6日 (日) 13時14分

 趣味者さん、眠名有さんに賛成です。子どもに「こうなってほしい」という期待はかけず、子どもを信頼して愛情をもって見守るのがいいとおもいます。
 必要があらば臆することなく自らの思想信条を子どもに率直に語るべきですが、押し付けにならないようにしたほうがいいと思います。わたしはフリースクールで子どもたちに接するときにそう心がけています。

投稿: 労働者L | 2005年11月 6日 (日) 12時35分

私の家には弟がいますが……
うちの母親がものすごく熱心で、将来は医者にさせると決めているようです。
私は反対なのですが。
子供の好きな夢を追いかけさせるのが一番良いと思います。
一度しかない人生ですから、スタンダードに生きる人生よりも、冒険をさせるべきだと思いますね。

投稿: 眠名有 | 2005年11月 6日 (日) 09時26分

子供には、金品の財産など一切ないから期待するな、親が死にかけたときにはお見舞いにこい、高校を卒業したら、家を出ろ、といってある。

 あっしには3人(中1、小4、小2)の子供がいて、実はさっきまで、一緒に映画「スイングガールズ」を一緒に大笑いをしながら愉しんでいた。

 意識しているのは、壁を作らないことかな。子供のために何かをしてあげるというのは、教師と生徒の悪しき関係になり、しかも、何かの見返りを期待することになる。自分が愉しいイベント(映画、パソコン、石垣カフェ、川遊び)には一緒に行って愉しむが、子供のため自分が我慢することはしない。子供が楽しみそうなエサはばら撒き、それにのったら実行するまで。活字や絵画は、家にごろごろ置いてある。子供が自分で塾に行きたい、ピアノをしたいというのなら、かなえられるだけはやらしてやる。経験することは悪いことでない。

 高校を卒業するまでは、小さなことでは先ほどの映画のように「感動」の場面を共有すること。ひとつの感動が、次の感動を求めてアクションになる。どんなことが心地よいか、が感じられる人間ならば、家をでてまた苦労はするが学ぶこともあるやろう。一生懸命に愉しく生きること、それを妨害するものに対しては断固として戦うこと、自然にそうなるだろう。運動は、スポーツとしての学生運動程度でよい。

投稿: 趣味者 | 2005年11月 6日 (日) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/6915627

この記事へのトラックバック一覧です: 子供で左うちわ計画:

« 日本一のスーパー銭湯 | トップページ | 「イスクラ」を読んで »