« 国立戦没者追悼施設について | トップページ | 悪貨は良貨を駆逐する »

2005年11月23日 (水)

マジレンジャーショー

 日曜日、妻が帰宅して広告を見ているとマジレンジャーショーが近くのショッピングセンターであるという。ついそれを口にしたばかりに息子はイキなり「今度のお休み、母ちゃんとデートしたるわ」と言い出した。勿論ショーに連れて行けと言うことだ。昨夜などは楽しみに興奮して12時近くまで寝ようとしない。そのくせ今朝は7時にきちんと起きてくる。

 下着、肌着、靴下、トレーナー、靴とマジレンジャーのキャラクター商品で身を固める。ズボンとジャンパーはマジレッドの普段着のレプリカである。そして手には変身アイテムのマージフォンという完全武装で気合いが入りまくっている。私は体調が悪いので留守番して寝ていることにしたのだが、11時からのショーだというのに8時頃から早く早くとせかすので、妻が切れて怒鳴りだした。妻は短気であるために直ぐ怒る。そのせいか血圧も高い。他のことで娘たちも叱られる。「三人とも叱られたな」と私が言うと、「四人目になりたい?」と返ってくる。くわばらくわばら。

 帰宅した息子はとてもご機嫌である。聞いた話では一番大きな声で声援を送っていたらしい。それもそうだろうなと思った。妻の話によるとあちこちにマジレンジャーのキャラクター商品を身につけた子供がいたそうなのだが、殆どの子供が幼いにもかかわらずおデブさんで、いわゆるオタクっぽかったそうだ。で、息子が一番似合っていたと仰る。「親バカ」丸出しやなあ。まあ、以前も書いたが息子はジャニーズ事務所に応募させようかと思うような容姿なので、結構似合っていることは事実なのだが。私も「親バカ」ですね。何にしても息子はとても楽しい一日であったようだ。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 国立戦没者追悼施設について | トップページ | 悪貨は良貨を駆逐する »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/7287009

この記事へのトラックバック一覧です: マジレンジャーショー:

« 国立戦没者追悼施設について | トップページ | 悪貨は良貨を駆逐する »