« 野島三郎氏らの不当逮捕を弾劾する | トップページ | 辺野古に軍港まで押し付ける気か »

2005年11月12日 (土)

特撮オタク一直線?

 どうも私は、息子に様々な特撮番組を見せて、せっせとオタクへの道を掃き清めている様です。息子が近所の子供と遊ぶときにふる~い戦隊ヒーローの真似をするのですが、友達は全然分からない。それでも息子は平気で「忍者レッド佐助」などと言って変身したつもりになっています。「忍者戦隊カクレンジャー」なんて一体何年前のことか。長女が一歳くらいの時に放送していた、今から十一二年前の番組を五歳や四歳の友達が知ってるわけ無いのに、息子は取りためたビデオを見て知っています・・・・・・ちなみにこの番組は、さとう珠緒が有名になった「超力戦隊オーレンジャー」の一つ前の番組です。

 かと思うとイキナリ「スカイゼルー、インダースカイゼル」なんて言い出す。それって三十数年前の番組やないか。「宇宙鉄人キョーダイン」なんか、ワシが小学生の時の番組やぞ。「ビーファイターカブト」になったり、仮面ライダーギャレンになったり忙しいことで。それに出てくる武器やら技やらの名前が次々口から出てくるは、変身などの仕草をするは。「なんぼ程しっとんのじゃ」こんな筈ではなかったのに・・・・ 息子はどうやらこのまま行くと立派なオタクに成りそうです。

 唯一の救いは、友達に「警察はな、悪者の仲間やねん。悪いことばかりすんねんで」と言って譲らない処くらいでしょうかね。少なくとも国家権力の手先になって労働者人民を弾圧するようにだけは成らないだろうと胸をなで下ろしています。そんな息子の夢は大人になったら「救急戦隊ゴーゴーファイブ」の様にレスキューになって人助けをすることです。

 よろしければくりっくしてください。 人気ブログランキング

|

« 野島三郎氏らの不当逮捕を弾劾する | トップページ | 辺野古に軍港まで押し付ける気か »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 怪星人カピアさん、趣味者さん、眠名有さん、今晩は。でもこのまま成長したらと思うとなんかオタクになりそうな気がします。まあ、皆さんのたとえを聞いていたらオタクの道も奥が深いなあって思えますが。人に迷惑をかけない範囲でなら何しても良いんですけどね。出来れば国家権力には沢山迷惑をかけて欲しいのですが、それは欲張りすぎと言うことでしょうね。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月13日 (日) 21時05分

そんなこと言ったら、幼稚園児のくせにガンダムのMSとか言える弟は……
まぁ、私の影響ですけどw


まぁ、まだまだオタクではないので安心してください。
つぎ込んだ金で家が建つようなオタクの人々もいらっしゃいますし。

投稿: 眠名有 | 2005年11月13日 (日) 18時21分

うちは、未来少年コナン、ホルス、初代ルパン、カリオストロの城、エバンゲリオン、侍ジャイアンツ、オーマイキー、モンティパイソン、スターウオーズ、ガンダム、ひょうきん族、パンダコパンダ、ロードオブザリング、のSF、アニメ系の刷り込みに成功。友達との面白さをめぐる会話に、ちょっと断絶があって、一呼吸あるらしい。
 一方、プロレス、ゴダール、F1、怒りをうたえなどのスポーツは駄目ですね。
 好みがあるので、エサの食いつきは、趣味によるだろう。他方、勝手に、自分でパソコンからいろんな情報(ゲームや、干拓の歴史)なんかを引き出してくる。情報とのかかわり方が、一方的でなく自律的なので、安心しています。教えなくても、小2、4年でローマ字入力で、戯れているので楽だ。勿論、連れ合いや俺が横でそっと見て、タリウムを買わないように注意している。

投稿: 趣味者 | 2005年11月13日 (日) 02時01分

東映の番組を観ている段階では、まだオタクではなく、健全な子供です。
其処から更に、円谷系番組(ウルトラシリーズだけに非ず)、東宝系特撮映画(ゴジラだけに留まらず)、ピープロダクション製作の番組(マグマ大使やスペクトルマン、快傑ライオン丸等)に興味を示し、更には国内だけに飽き足らず、米20世紀FOX(StarWars)から始まり、ユニバーサル社のクラッシックなモンスター映画(ドラキュラやフランケンシュタイン等)にハマり、よりマイナーな英国ホラーや旧ソ連のモスフィルムのSF映画を鑑賞し、終には国内でも観づらい新東宝の怪奇映画や米のAIP社の作品を夢想する様になれば、完璧なオタクです。お子さんがそうなったら、親子同士の対話をより密にする事を勧めます(其処迄行着いた自分が言うんですから)。
もしアッテンボローさんの手元に、自由に使えるお金が6千円程あったら、東宝の「大怪獣バラン」という映画のDVDをお勧めします。
東北の寒村で土俗信仰の対象となっていた古代怪獣と自衛隊の一進一退の攻防戦が主題ですが、此処での防衛隊(何故か自衛隊とは言いません)の長官らしき人の「我々には帝都防衛の任務があります」という台詞が凄いです(帝都ですって。天皇裕仁も人間宣言したってのに)。
他にも、初代ウルトラマンの23話「故郷は地球」とか、ウルトラセブン42話「ノンマルトの使者」等を、お子さんに見せてあげれば良いかと思います。
長々下らんコメント、御免なさい。

投稿: 怪星人カピア | 2005年11月13日 (日) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/7066023

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮オタク一直線?:

« 野島三郎氏らの不当逮捕を弾劾する | トップページ | 辺野古に軍港まで押し付ける気か »