« 十月の挑戦 | トップページ | 特撮オタク一直線? »

2005年11月11日 (金)

野島三郎氏らの不当逮捕を弾劾する

 昨日11月10日、警視庁公安部は革命的共産主義者同盟政治局員である野島三郎(本名木下尊晤)氏を始めとする三名の活動家を全く不当にも電磁的公正証書原本不実記載、同供用の容疑で逮捕した。これは分かり易く言えば三里塚闘争支援のために単身赴任していた活動家達を住民票所在地に住んでいないという理由をこじつけて弾圧のための弾圧として逮捕したと言うことだ。以前「ペーパータイガー」「86年春の闘い」でも書いたのだが、住民票の所在地に実際に住んでいない国会議員がその事で逮捕されているか。単身赴任の労働者は、下宿生活している学生は、住民票の所在地に住んでいない人間は山ほど存在している。その中で野島政治局員らが単に革共同の活動家であるからと言う理由で逮捕している、これは思想弾圧なのだ。警視庁公安部は即刻野島氏ら三名を釈放せよ。

住民票違法登録:中核派最高幹部ら3人逮捕 警視庁

 虚偽の住民登録をしたとして、警視庁公安部などは10日、過激派「中核派」非公然活動家、木下尊晤(68)▽同派活動家、米山実則(60)▽同、漆崎英一(58)の3容疑者(いずれも住所不詳)を、電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で逮捕した。同部によると、木下容疑者は同派最高幹部クラスの政治局員だったが、1969年から非公然活動家となって36年間、潜伏していた。

 調べでは、木下容疑者らは01年4月3日、東京都江戸川区役所で、実際には住んでいない同派拠点「前進社」(東京都江戸川区松江1)を居住先として届けるなどして住民票に記録させた疑い。

 同部によると、木下容疑者は同派の新東京国際空港(成田空港)建設反対運動の拠点である有限会社「三芝物産」(千葉県栗源町沢)で寝泊りしていたという。

毎日新聞 2005年11月10日 12時34分

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 十月の挑戦 | トップページ | 特撮オタク一直線? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

  NKさん今晩は。確かに合法主義の蔓延は私自身の経験からしても有ると思います。六原則を今現在きちんと守っている活動家がどれだけいる事でしょうか。私もここ数年していませんでした。
 この時代にこそ非公然非合法の党建設が必要なのだと思います。それを労働運動を始めとする大衆運動の強化発展とどのように結びつけるのか。難しい問題ですね。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月17日 (木) 22時29分

私も希流氏のいわれるとおりだとは思います。支援基金それ自身は当該の人たちにとってはやむをえない方策だったとしても、またその限りでは、とやかく言うことでもないと思うのですが、その成功をもって野島氏等に対する弾圧につなげることはいただけないと思います。
実際そういうことはどうでもいいことですが、問題にすべきは中核派全体に合法主義が蔓延していることです。このことは、こうした弾圧が定期的に繰り返されていることでも明らかでしょう。また弾圧に対する非難も「なぜこんなことで逮捕されるのだ」とういう風な小ブルジョア的基調であり、こうした攻撃がアジア侵略に向けた反対派一掃の攻撃であり、共産主義の思想と運動を絶滅する為に行われているということを理解していないのではないかと思われます。権力の弾圧はその強さを見せ付ける為に行われるわけではなく、逆に反対派の一掃をもって、突破を図る以外に侵略に向けた城内平和を作り出すことができない、ということが理解されていないと言うことです。中核派の合法主義は、根底において「階級的視点」の欠如がもたらしたものではないかと言うのが私の考えです。

投稿: NK | 2005年11月17日 (木) 22時13分

 希流さん、ようこそ。マル共連での書き込みはいつもは意見しています。「取り戻し策動」云々は、基本的にこのブログのコメントの中でのことですので憶測や願望が入っていても構わないのではと思います。少なくとも私はその事で記事を書いたり、あるいは他所様のブログやサイトで根拠のないことを吹聴したわけではありませんので、ここでの話の弾み程度に思ってご了承下さい。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月17日 (木) 20時08分

事実を語る、というのであれば、今回の逮捕の裏には…、というような憶測はどうかな、と。前々より感じるのですが、実際に権力がそう表現しているのであればいざ知らず、根拠も何もなく「管制塔支援連帯基金の成功に対する取り戻し策動だ」とか、そういう表現には違和感を感じることもあります。なんだか、自分たちの運動に対し権力が脅威感じてほしい、というような願望がこめられているような印象を受けました。

投稿: 希流 | 2005年11月17日 (木) 18時57分

 当分アメリカにノーと言うことはないと思いますよ。そしてアメリカの二枚舌外交も変わらないと思います。日本もアメリカもそれが外交政策の柱になっていますから。
 しかしイラクでは自衛隊はサドル派の民兵などからは侵略軍として攻撃対象になっていますね。早急に帰還させないとその内死者が出ることになるでしょう。今日の日米首脳会談で延長を約束したそうですから、犠牲が出るのは覚悟する必用があると思います。一日も早く小泉政権を打倒しないといけませんね。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月16日 (水) 22時35分

私は自称右翼でも、イラク派遣は一部賛成、一部反対。

自衛隊の救援物資の輸送などは、イラク人に結構喜ばれたりしてましたからね。
まぁ、救済に関しては自衛隊が他よりも一番上手なのではないでしょうか。

けど、インド洋での補給物資は反対。
つーか、フセインに大量破壊兵器を持つなと言うのはおかしい話。
敵対しているイスラエルは核すら持っているのに……
まぁ、アメリカは石油の利益がほしいですからね。

日本は何時アメリカにNOと言える国になれるのだろうか……

投稿: 眠名有 | 2005年11月16日 (水) 22時02分

 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合さんの仰るとおり、確かに今までの右翼とは違う形態で反戦平和運動への敵対行為をしてきていますから、警戒する必要があるでしょうね。それだけに若年層をどの様にして反戦平和運をとに獲得していくかと言うことが重要かと思います。私たちがしっかと踏ん張って左翼的主張や論理を訴えていく中でそれを成し遂げましょう。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月15日 (火) 22時57分

右翼はイラク戦争反対運動で、相当の若年層がデモに参加したことを、警戒しているとおもわれます。

アッテンボローさん、ネット右翼も極右勢力の一部だということは、「杉並」の事例で明らかです。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年11月15日 (火) 22時37分

 眠名有さん、「つくる会」教科書は今年の採択で10%を目標にしていたのですが、現実には0・5%を下回りました。噂では扶桑社は教科書作成から撤退するという話も出ているようですね。これは左翼の側、あるいは草の根の運動の成果であると思いますよ。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月15日 (火) 21時36分

>あなたが右翼だから、そう思っているだけだども、小林は、一つの間違いがあったとしたら、それをきっかけにして、全部が間違いであるかのような揚げ足とりをしていくようなものだけど、その間違いってのも小林のいいがいりなんだけどな。

間違いがあった=全てが間違い
そんなこと言ったっけ……?
まぁ、右翼にも左翼にもそういう奴らはいますから。
吉見教授の本でも例外のようなことに対してなんかいちゃもんつけてたし。
そういうのは割り切ってみています。


で実際は、小林は論破されなかったということではない。

>実際朝ナマとかで慰安婦のほうが完敗して
>たし……

>そう思ったから、あなたは右翼なんだろう?
ただ、それはあなたの立場からみて、そう思っているだけ。

実際視聴者のFAXが上回ったわけだが……

>まぁ、都合の良い資料をもってくるのはどこも>同じです。

>戦前の資料は、防衛庁はだそうとしないからね。あと、戦前の資料はアメリカ軍んが統治する直前に償却したものもあるといわれている。
で小林の言う資料云々は、「全貌」なんかが主張していたものと同一。
はっきりいって、右翼は都合が悪いと、揚げ足取りか、すり替え論法で回避しようとするし、資料も証拠も信用できないとがたがたいうだけ。

……連合国の資料も提示しましょうか?

>ネットでは限界があるね。意思疎通が完全ではない。

ではどのような場所で議論すべきだと?
意思相通などよりも、歴史感覚においては、資料を提示することが重要であると思うのですが……

>決着はついていると思うが、歴史修正主義をつきだして、大衆を獲得していこうという新しい右翼の運動がでているだけ。
>しかし話題は、極右団体が主張していたことの受け売りそのもの。それ以外にない。
小林らは、その右翼の主張を再生産しているだけ。

それは貴方方の感覚でしょう。
第一、決着がついている割にはつくる会の教科書が少しずつ採用されたりしているけど。
極右とかだと「左翼は売国奴だ」とかいう奴らもいます。
とりあえず敵は憎く見えるものです。

投稿: 眠名有 | 2005年11月15日 (火) 21時09分

 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合さん詳しい論証有り難うございます。確かに商業ベースで右翼の主張を展開した小林の影響力という物は大きいと思います。しかし、その木を見て森を見ない手法、反戦平和運動側の些細な間違いを針小棒大に描き出す卑劣なやり方について左翼側は負けていないと思います。
 眠名有さんの場合小林が「負けていない」様に思うのは一つには内容の如何を問わず彼が売れているからです。商業マスコミという物は売れている限りその人間を使い回します。それに対して左翼側あるいは今年の夏の選挙でもそうなのですが、経営判断によって売れない、あるいはスポンサーの受けが悪い人物はどれだけ理路整然とした主張を展開していても登場させないのが現実なのです。そしてマスコミに登場する「左翼」の殆どは現実的な運をとの点では「転向者」扱いされているような二流三流の人間しか登場していません。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月15日 (火) 21時03分

>とりあえず、小林よしのりの本の影響はすご>かった。


やつは、テレビで売れっ子の漫画家だったからね。で、主張は「全貌」の主張そのまんま。

>けど、あれを論破したというのを聞いたことが>ない……

あなたが右翼だから、そう思っているだけだども、小林は、一つの間違いがあったとしたら、それをきっかけにして、全部が間違いであるかのような揚げ足とりをしていくようなものだけど、その間違いってのも小林のいいがいりなんだけどな。

で実際は、小林は論破されなかったということではない。

>実際朝ナマとかで慰安婦のほうが完敗して
>たし……

そう思ったから、あなたは右翼なんだろう?
ただ、それはあなたの立場からみて、そう思っているだけ。

>まぁ、都合の良い資料をもってくるのはどこも>同じです。

戦前の資料は、防衛庁はだそうとしないからね。あと、戦前の資料はアメリカ軍んが統治する直前に償却したものもあるといわれている。
で小林の言う資料云々は、「全貌」なんかが主張していたものと同一。
はっきりいって、右翼は都合が悪いと、揚げ足取りか、すり替え論法で回避しようとするし、資料も証拠も信用できないとがたがたいうだけ。

>やっぱり議論して、大衆が自分で選ぶべき
>でしょうね。
>やっぱりネット上が一番話し合うのには適し
>ているのではないでしょうか。

ネットでは限界があるね。意思疎通が完全ではない。

>マスコミは利益を追求してますし、かといって>実際に会って話すというのも困難。
>まさか本を出版するというわけにも行かない
>となるとネット上が一番議論しやすい場所で>はないのでしょうか。

決着はついていると思うが、歴史修正主義をつきだして、大衆を獲得していこうという新しい右翼の運動がでているだけ。
しかし話題は、極右団体が主張していたことの受け売りそのもの。それ以外にない。
小林らは、その右翼の主張を再生産しているだけ。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年11月15日 (火) 20時45分

とりあえず、小林よしのりの本の影響はすごかった。
けど、あれを論破したというのを聞いたことがない……
実際朝ナマとかで慰安婦のほうが完敗してたし……

まぁ、都合の良い資料をもってくるのはどこも同じです。
やっぱり議論して、大衆が自分で選ぶべきでしょうね。
やっぱりネット上が一番話し合うのには適しているのではないでしょうか。
マスコミは利益を追求してますし、かといって実際に会って話すというのも困難。
まさか本を出版するというわけにも行かない
となるとネット上が一番議論しやすい場所ではないのでしょうか。

投稿: 眠名有 | 2005年11月15日 (火) 19時00分

やっぱり、野島さんの話題はつきませんなあ。
・・・野島さんは先制的内戦戦略の理論家だったといわれるので、いろいろと書き手はいるでしょう・・。

ところで、ネット右翼に関して、私はいくつか指摘しておきます。

わたしも、ネット右翼とは、かなり昔、じかに論争したことがあるが、小林よしのりの受け売りなんだね。ネット右翼世代は、小林よしのりと、「サピオ」世代なんだよね。

井沢元彦だとか、小林よしのりらのブームってのが、七年ほど前にあって、定着しているといえるわけだけども、小林の意見は極右団体の意見を漫画化して、ブームにさせたのが影響していると思うね。

しかも、「サピオ」とタイアップして、そうとう浸透させたわけで・・・。

「サピオ」には落合信彦だとか日高だとかの暑苦しいアメリカナイズの文筆家もいるけど、
やはり、日本経済が不況のあおりをうけていたときの、排外ナショナリズムってものに、引き込まれていくものが少なくないということだろうね。

そのうえ、2チャンネルなんかで、組織的に右翼が書き散らかして、例の嫌韓本なんがが出版されたけれども、あの流れは、統一協会・原理の現在の韓国政権への批判が背景にあって彼らがバックにいるんだよね。

もともと原理や勝共ってのは右翼の総本山であり、自民党の傭兵そのものなんだけども、こうしたものと、右翼が一体化しているということだと思うね。

戦後右翼の背後に勝共・統一協会がいるの有名なんだけれども、ネット右翼の基盤ってのは、もろ彼らだといえるね。

TAMO2さんなんかが理想とする、右翼は、、そんなのでは飯の種にもならないし権力を共有できえないので、死亡宣告受けていると思うね。反米愛国って右翼は、実はかなり少ないわけだから。

ほとんど右翼=任侠
ネット右翼=小林受け売り
などだから、正統派右翼つてのはかなり少ないんじゃないかな。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年11月15日 (火) 01時33分

 ぬぬぬとやら、良く読んでから落書きするように。右翼的な人間であってもまともに対話が出来る人間とはちゃんと話しているぞ。茶々を入れるしか脳がないくせに、己はどこがまともな人間なんだ。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月14日 (月) 22時53分

自分に賛成すれば、高尚な人間。反対すればネットウヨ。ずいぶんチンケな分類学ですね。

投稿: ぬぬぬ | 2005年11月14日 (月) 22時15分

 TAMO2さんの言わんとすることは何となく分かります。ネット右翼と既成の右翼とではかなり思考方法も行動様式も違うようですね。唯彼らネット右翼の存在が為政者にとって、権力者にとって使い勝手の良い便利な存在であることは確かなようです。
 Juventus さん、本当に批判精神がないのだと思いますね。学力の低下という問題もありますが、80年代のバブル期でしたか、哲学や経済学の本質を学ぶよりも即金儲けに繋がる実利的な知識を重視するようになったのが今になって思考能力のない人間を大量生産しているのだと思います。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月14日 (月) 21時57分

ネットウヨの蔓延は、やはり学力低下による批判精神の喪失が原因ではないでしょうか。彼らの感性は、本物の右翼とはまったく違いますし。

投稿: Juventus | 2005年11月14日 (月) 21時38分

あ、ちょっと混乱しますね。訂正:

誤:「彼らは民衆の自律性という感覚」
正:「ネット・ウヨと言われる方々の多くは民衆の自律性という感覚」

投稿: TAMO2 | 2005年11月14日 (月) 21時09分

小生は極右的感性の持ち主ですw。でまあ、そういう次第で(どういう次第だ?)右翼の方ともネットを通じて交流しているわけですが、彼らは今のネット・ウヨと言われる一連の方々の多くに対して、批判的です。というのは、彼らは民衆の自律性という感覚が欠如していて、それと対立する権力側の意図などについて余りにもナイーブだからです。そういう連中は、他人に使われるという意味では便利だが、それだけの人間で、何ら右翼運動の力にはなり得ない、と。っつーか、迷惑?


そう言えば、ネットを始めた頃に鉄扇会に誘われたこともありますww。

投稿: TAMO2 | 2005年11月14日 (月) 21時08分

 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合さん、本当にコメントが沢山付いてきましたね。特にネット右翼的な書き込みがチラホラありますが、そんな連中に出来ることは嫌がらせだけです。あくまで労働者人民の立場に立って主張を続けていきたいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月14日 (月) 01時16分

ここのコメントもすごく長くなりそうですが、
権力志向の人も当然書き込んでくるだろうと思いますが、結局直接民主主義を否定したがる治安維持の立場なのか、民衆の立場なのかの違いなんだけれども、あえてここがどんな人たちが集っているのか承知してぶつけていると思いますね。

眠名有さんは、私のブログにもコメントを寄せていて、率直に、論議をしていきたい人だなあと思っています。立場は違うげれども、姿勢は悪くはない人だとは思います。

他方、火付け強盗は極刑にするというような、封建制度の法律を主張するような事柄を書き込んでくる人は、なんだかなあという気がします。しかも、悪罵をなげつけているという・・・。

アッテンボローさん、まだまだここは長いコメントになりそうですね。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年11月14日 (月) 00時24分

 あおざかなさん今晩は。本当に想像力という物がない人間は困った物ですね。国家権力にとって都合が良い人間か悪い人間かを決めるのは警察が勝手に判断することですから、例えばマンションの建築規制を求める人が警察の監視対象になったりしていることすら分からないのでしょうね。
 消費社運をとなどでもそうですが、資本家にとって少しでも儲けの邪魔になる行為をしただけで弾圧対象になるのがこの国の資本主義の正体だというのに。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月13日 (日) 22時11分

>天然記念物さま

はい、「捕まるような心当たり」があるから「過剰反応」しています。

少し上のコメントでも言及しましたが、「便利な法律の柔軟な運用」は、
野宿を余儀なくされた人に住所を提供した支援者にまで及んでますし。

是非チリング・エフェクトということばをググっていただきたく思います。

投稿: あおざかな | 2005年11月13日 (日) 22時02分

 天然記念物とやら、良くブログの記事を読んでから落書きをするように。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月13日 (日) 22時02分

放火魔を捕まえるための便利な法律の柔軟な運用に過ぎません。一人暮らしの大学生が捕まるようになるとか言ってるけど、そんなの捕まえたって、何の意味もありません。捕まる人間はそれ相応の後ろ暗い人生歩んでるから、捕まっただけです。こういうのに過剰反応する人って捕まるような心当たりがあるからじゃないですかねえ?

投稿: 天然記念物 | 2005年11月13日 (日) 21時47分

 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合さん、丁寧なコメントを戴き有り難うございます。確かに野党全体で見れば得票率も得票総数も多かったわけですから、単純に小泉に取り込まれている訳ではありませんね。筵レダ家マスコミを総動員しておきながらあの程度の得票しか撮れなかった小泉の敗北と言えるでしょう。
 幸い私のブログにはネット右翼の書き込みが少ないですし、目に余るような場合には直ぐにアクセス禁止の処置をしていますので荒れることはないと思います。眠名有さんは右翼志向ですが真面目に対話が出来ると思っていますのでその中で変わって貰えたらと思います。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月13日 (日) 21時39分

典型的な、右翼のネットワーカーの書きこみがちらほらありますね。予想通りだといえるでしょうが、わたしが高校生の時代を含めて、若者が「政治」に関心をもたなくなって久しいといわれてきました・・・。原因は、ずばり、マスコミによるキャンペーンのためだといえます・・。

で、最近、「政治」的な関心が増加しているといわれているのは、ネット界隈のいわゆるネット右翼の「流行」でしょうが、それは一部の現象だといっていいでしょう。

自民党への支持といっても、得票総数で言えば野党のほうが多い。私は、自民党へ支持がいくようにマスコミが、総動員されたものだとみております。

政治的な関心うんぬんよりも、
連日自民党に投票したくなるように、キャンペーンされたものだといえるでしょうが、それでも得票総数は野党のほうが大きいということが事実であるが、小選挙区制度という制度によって、これだけの大差がついているだけでしかない。

「若者」が政治にかんしんがない、保守化しているといわれだしたのは、ここ三十年だと思います。しかし、結果的に野党は存在し、連立政権で自民党は瓦解寸前にまでおいこまれたことだってあります。今回の現象をみて、永久的にあれこれ語るのは、非常に奇妙だといえるでしょう。

そもそも、左翼に対する否定的感情は、私もそうでしたが、資本主義体制ですからそういう空気が最初からすりこまされているわけです。
マスコミ・権力・・・そして社会的に。

そんななかで、小林よしのりブームがあって、今の右翼ネットワーカーあたりは、小林世代が中心だといっていいわけで、小林の受け売りをしているだけです。ネット右翼の歴史認識は、小林本そのままであることが多く、はっきりいえば、それしかない。

しかし、イラク反戦では、そうとうの高校生や大学生がデモに加わりました。このことを、もっとも警戒していたのは、政治弾圧をする人間たちでした。

いろいろなイラク戦争反対の運動がありました。
ほとんどが平和的なものでありましたが、なかでも、サウンド・デモなんかは、とても印象深いものでした。
サウンド・デモがもっとも、警備の圧力があったようであり、あえてものものしい警戒をあえてつくりだし、サウンド・デモの横には、機動隊が張り付いて、参加を拒むようにしていたり、サウンド・デモが異様であるように必死でイメージ作りをしていた方々がいたようですが、それでも、そういう「鉄壁」をかきわけて、道路いっぱいに膨れ上がる、デモは爽快でした。それらに地団駄ふんでいたのは、ネット右翼や政治弾圧をする人間たちでしょうか。


イラク戦争反対をきっかけに、社会を考える機会が実は増えたという人もかなりいます。もっとも新右翼も反戦集会にはきていたが、彼らに獲得されたものは少数でしょう。

このような「激動」のなかで、イラク反戦には北朝鮮をぶつけてきたのが、支配階級や権力側や右翼だといえますが、実際、イラク戦争反対のそうとうの広がりは、排外主義煽動をキャンペーンしている右翼らに対峙できているものだと思います。

>なぜ若者達の多くは左翼思想やそれに類す>るものを嫌い唾棄して保守派的政党&政治
>家を支持し現実に投票や献金をするのでしょ>うか?

>歴史的に見ても中年以上の層からだけでは>なく若者一般からも嫌われる政治集団の末
>路ほど惨めなものは無いと思います。

などということは、いかに事実と違うのかはあきらかだといえます。こうした意見が通用しているのは、ネット右翼界隈だということや小林ブームにのせられた世代のひとりよがりであることがいえるでしょう。だけれども、わたしたちは、こういう極右をしっかりとみすえなくてはならないといえるでしょう。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年11月13日 (日) 21時23分

 田中大也さん初めまして。先ほどトラックバックを拝見しました。「救援」戦線の人々にも頑張って欲しい物です。何らかの支援が出来ればよいのですが。
 眠名有さん、感覚は常に研ぎ澄ますための努力をしないと直ぐにさび付いてしまいます。「これくらい」と思っていたら次々思想による弾圧が広がってしまうでしょう。共謀罪などはその良い例です。右であれ左であれ、思想で弾圧することは民主主義の死を招きます。
 TAMO2さん、 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合さん、本当ですね。ウッドギアなる愚か者は具体的な犯罪をしていなくても「テロリスト」と恣意的に決めつければ弾圧して良いという考えの持ち主のようですね。対話の対象には成りませんね。
 花蓮さん、初めまして。この記事は思想のみで具体的な犯罪事実もないのに別件逮捕という違法な捜査方法をしている国家権力の犯罪性を問題にしているわけです。本質をご理解の上で書き込みをしてください。その上で左翼運をとが中々広がらないことについては厳しい意見として伺っておきます。
 
 

投稿: アッテンボロー | 2005年11月13日 (日) 21時23分

なんというか・・・極左さん達の行動全てが根本から間違っているとしか言わざるを得ませんな。

なぜあなた方は一般の日本国民全般から欠片ほどの【支持】でさえも得ることが出来ないのでしょうか?

なぜ若者達の多くは左翼思想やそれに類するものを嫌い唾棄して保守派的政党&政治家を支持し現実に投票や献金をするのでしょうか?

歴史的に見ても中年以上の層からだけではなく若者一般からも嫌われる政治集団の末路ほど惨めなものは無いと思います。
この辺で根本から自分達にどのような問題があってどこが悪いのかを真剣に考え、反省してやっていかないと10年経ったら・・・・・・

まぁ頑張って下さいね。

投稿: 花蓮 | 2005年11月13日 (日) 14時16分

私もTAMO2さんと同感です。
思想信条の自由、結社の自由、これが日本国憲法の規定です。

いかなる政治思想でも、それを理由に弾圧していいというものではありません。

だから、「彼らは」別件逮捕や・破防法・etc・・・を対置させているのです。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年11月13日 (日) 12時28分

法治国家の意味を知らない人が書き込んでいるようです。

投稿: TAMO2 | 2005年11月13日 (日) 10時44分

テロリストなら捕まって当然だろ。
中核派だし。

投稿: ウッドギア | 2005年11月13日 (日) 09時16分

うーん、隣の国の言論弾圧とかを見ているから、感覚が麻痺しているのだろうか……

投稿: 眠名有 | 2005年11月13日 (日) 08時10分

はじめまして。田中と申します。活動家三氏弾圧の記事、拝読致しました。昨今の警察の非民主的な行動(今に始まったことではないでしょうが)には、改めて恐怖と憤りを感じます。そして、警察発表をそのまま垂れ流したとしか思えない報道姿勢にも同様のものを感じます。

「救援ノート」の書評に含める形で記事を書かせて頂きました。TBをお送りいたします。今後とも、よろしくお願い致します。

投稿: 田中大也 | 2005年11月13日 (日) 03時31分

 あおざかなさん丁寧なコメント有り難うございます。このブログは文章の長い書き込みを嫌ったりしていませんので、思うところはいくら書いていただいても大丈夫です。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月12日 (土) 21時58分

TBありがとうございます。
眠名有さん、なるほど活動家なら泣き言いうなというわけでしょうか?
しかし、アッテンボローさんも活動家としての立場のみからエントリーを書いてらっしゃいません。
住民票登録を理由にした逮捕は80年代中核派活動家を逮捕する口実に使われるようになり、オウム真理教のときに多くの人々がこれを使って逮捕されました。
いうまでもなくそれは「住んでるところと登録住所をあわせるべきだ」というルールを徹底させるための「一罰百戒」的な逮捕ではありません(それであっても許されないんですけど)。放っておけば爆弾を使いかねない、サリンをばらまきかねない、それからでは遅いから、という予防拘禁的な意味合いをももつ攻撃でした。
しかし道筋さえできてしまえば人を逮捕したいと思ったときにこれがいとも簡単に使われるようになります。
代表的には大阪の野宿者支援者が、野宿者が年金を受給するために自分の住所を野宿者に登録住所として提供したという理由で逮捕されました。「別件逮捕」の別件が爆弾やサリンから野宿者支援にまでひろがってきたのです。
その一方、では「住んでるところに登録住所を」という点ではどうでしょう。大阪で公園にテントを立てて生活している人が当該公園に住民登録しようという申請がはねつけられて裁判になっています。
悩ましいのは、必ずしも中核派に(あるいはオウム真理教に)賛成ではない(いやむしろその活動や教義に懐疑的ですらある)という場合に、このような問題が起こったときどのようにすればいいのかということでしょう。
まして今回の野島さんの逮捕には思うところがいっぱいあったりします。
それらを全てふまえた上でこんな形で「逮捕」されることを許してはいけない、立川ビラ弾圧、公務員の選挙活動を理由にした逮捕など続いている、いとも簡単に人を逮捕できてしまうという流れに、どこかで有効な反撃をしていかなければいけない(しその動きははじまりつつある)と思っています。
長文失礼いたしました。

投稿: あおざかな | 2005年11月12日 (土) 21時22分

 眠名有さん、先ず事実を知ることから始めて下さい。普通は罰金刑程度にしかならない軽微な「犯罪」で、家宅捜査を行って家中を荒らし回る。その上数ヶ月にわたって拘留が続くのです。その間に行われるのは逮捕された被疑事実とは全く関係のない転向強要と組織活動の自供を求めるのです。単純に「一回くらいなら、仕方ないか。世の中そういうもんじゃないか」等と言える生やさしい物ではないのです。
 数百万人が違法行為をしている事で何故活動家だけを逮捕拘留するのか。思想を取り締まるために存在している法律なのです。眠名有さんは右翼になりたいと言っていますね。もし「左翼を殺せ」と公言したら逮捕された。そんな社会が有って良いと思いますか。軽く考えないで下さい。
 まつきさん助言有り難うございます。
 

投稿: アッテンボロー | 2005年11月12日 (土) 20時11分

いえ、そうではなくて……

活動家というのは、大概の人がこういうようなことをされているから、
「一回くらいなら、仕方ないか。世の中そういうもんじゃないか」
とあっさり思うほうがよいと思うのですね。
それで(ちょっと言い方が悪いですが)わめくと相手の思う壺のような気がして……

投稿: 眠名有 | 2005年11月12日 (土) 19時54分

要するに、眠名有さんのおっしゃりたいのは、「こんなことで逮捕しても裁判所が認めるわけないし、それでいいんじゃないの」ってことでしょうか?ただ、逮捕する側にとっては、起訴、裁判で有罪に持ち込めなくても、捜査に名をかりた家宅捜査などができます。他の案件が出てくるかもしれませんし、なによりも内部情報を入手できます。そうしたことが目的の逮捕ということは、理解して下さい。

投稿: まつき | 2005年11月12日 (土) 19時26分

ちょっとMLDとかで言い合っていて、イライラしていたので、言葉足らずになってしまいました。
すみません。

私が言いたいことは、まずは裁判所が判決を見てから抗議すべきでは?
とりあえずこんなぱっと見、免許書忘れとか高速での速度違反のように、うっかりやってしまいそうなことですから、
そんなにいきり立たなくても……

といいたかったのです。
とりあえずこういうことは、右翼、左翼かかわらずに、運動家の人々にとっては、珍しくないことではないでしょうか?
出る杭は打たれるものですから……
人権用語法などのように、抽象的なものではなく、具体的に内容も決まっていますし、決定的に悪い法律とは思えませんが……
まぁ初犯なんだし、少しの罰金刑で済むと思います。
これで懲役刑とか出たら、本当に国家の思想弾圧だと思いますが。

私はこの法律が悪いとは思っていません。
(まぁ、一回目くらいは警告のみにするべきだと思うけど)
また、警察が彼らのみを取り締まるのもどうかと思いますが、これは内部の人間が持っている感情に左右されますので、無くすことはほぼ不可能だと思っています。
だからこそ、裁判所の判決には期待してます。

投稿: 眠名有 | 2005年11月12日 (土) 10時42分

 TAMO2さんの書き込み手すれ違いになりましたね。皆さんの言うように、一つには管制塔支援連帯基金の成功に対する取り戻し策動だと思います。それと野島さんが超長期間の非公然生活を送ってきた指導部であることから、何とかして情報収集、組織解明のための弾圧、と言ったところでしょうか。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月12日 (土) 10時23分

 怪星人カピアさん、NKさん、KAZUさん、お早うございます。今回のような不当な弾圧を放置しておいては、本当に日本の政治に異議申し立てをするだけで逮捕される警察国家になってしまうと思います。マスコミは思想弾圧としての本質に触れることなくあたかも何か特別な犯罪を犯したかのような報道を行っていることに対しても黙っていることが出来ず、声を上げてしまいました。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月12日 (土) 10時16分

裁判所なんか飾りですよ、偉い人にはそれがわからんのです。

とまあ、何か流行のテンプレを書いてみたりして。

権力側の意図はどこにあるんでしょうね?

投稿: TAMO2 | 2005年11月12日 (土) 10時15分

こんにちは。A改めKAZUです。

やっぱりこれは三里塚闘争へのネガティブキャンペーンでしょうか・・・
それとも、11・6集会への牽制でしょうか・・・・・・

いずれにせよ、権力の暴挙は許せません。
今の世の中って、住民票と違うところで寝泊りしたり、革命運動をしていることを言わずにマンションを借りたり、路上でビラを撒いたりするだけで逮捕されるんですね。恐ろしい世の中です。

投稿: KAZU | 2005年11月12日 (土) 00時19分

野島氏の名前を聞いて、ずいぶん懐かしいと思うのは、私がなにも知らないせいでしょうが、三里塚に居られたのですね。どうりで「週間三里塚」が(前進に比べて)まともな論調が多いわけです。しかしあの「先制的内戦戦略」理論はちょっといただけない。
いずれにしても、こうした弾圧は、一網打尽的な大弾圧の前触れ、予行演習と言えるものでしょう。思想と組織の再武装が火急の課題であることを明白に示している、と思われます。

投稿: NK | 2005年11月11日 (金) 21時43分

野島氏というと、元反戦自衛官で今は社会批評社の小西誠氏の著作「新左翼運動 その再生の道」で「失脚させられた」と書かれていたあの野島氏の事ですか?
自分は中核派の政治指導者の人というと、故本多延嘉氏と北小路敏氏、清水丈夫氏の三氏しか知りませんし、今時折ネット上で話になるのは清水氏だけなので、他の指導者はどういう人で、どんな事をしているのか…。
そんな自分の下らぬ疑問は捨ててもいいですが、ともあれ「ころび」や「カッターナイフでの銃刀法違反と並ぶ、狙い撃ち的微罪逮捕(然も指導者クラスである事と、三里塚闘争関連)というのは、
先鋭的な運動を担う部分を潰していこうという意図がありますね。
米国の戦争加担から、隣国への宣戦布告的な靖国参拝、自衛隊を国軍化させようとする等、戦争体制への移行を強行する中で、国権側は“やるべき事”をやってきたんですね。

投稿: 怪星人カピア | 2005年11月11日 (金) 21時41分

 眠名有さん、普段私は意見の違う人に対しても出来るだけ丁寧にお返事を書いていますが、今回少し貴方の書き込みに不快感を持っています。今現在貴方は高校生で親元に住んでいますが、進学・就職で親元を離れた際に住民票を移し忘れたとしましょう。その事で犯罪になると言うのが今回の弾圧であるわけです。それも国家権力にとって都合の悪い思想の持ち主を弾圧するためにだけ存在しているこの様な法律、この問題について国家権力機構の一組織である裁判所は十数年間警察の良いなりに逮捕状を発行し拘留を認める決定を乱発してきているのです。現実も知らずに子供が知ったかぶりをするのはいい加減にしなさい。
 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合さん仰るとおりネガティブキャンペーンの一環でしょうね。

投稿: アッテンボロー | 2005年11月11日 (金) 20時34分

キャンペーンにつかうのでしょうが、今の時期に何故かという省察してもいいでしょう。

たぶん、熱田派の管制塔占拠事件の元被告に対する損害賠償請求の時期とにていることが関係していると思います。

たぶん、熱田派の賠償がうまくいかなかったら、どっさっと北原派と熱田派を一緒にキャンペーンしたかったのでは?

しかし、カンパは成功したため、分が悪い、
そこで、北原派(私はこういう言い方は不本意だが分かりやすくいうための方便)のネガティブキャンペーンとしてぶつけたんだと思います。

今日、損害賠償金を一括して届けられることは、あちらはしっていたわけですからね。

新聞やテレビがカンパのことを報道するでしょうから分が悪い、そこで、北原派がとばっちりをうけたものだと思います。

投稿: 反戦・反ファシズム・日本国憲法擁護連合 | 2005年11月11日 (金) 20時22分

ま、裁判所に任せるべきだと思いますよ。
私も貴方も法律の専門家などではないですし、明らかな罪ではなく微妙なものですから。

投稿: 眠名有 | 2005年11月11日 (金) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/7042426

この記事へのトラックバック一覧です: 野島三郎氏らの不当逮捕を弾劾する:

» 救援ノート 救援連絡センター刊 [田中大也の書評&クリエーター支援のページ]
権力は自分の都合に合わないものを弾圧します。これは、その国の思想のパッケージとは全く関係ありません。資本主義国家であれ、共産主義国家であれ、反体制者に対する抑圧はついてまわるのです。違いは、国によって許容範囲の広さに差があるというだけのことです。 わざわざ太... [続きを読む]

受信: 2005年11月13日 (日) 03時33分

« 十月の挑戦 | トップページ | 特撮オタク一直線? »