« お料理日記 | トップページ | ムシキングとセイザーX »

2005年12月17日 (土)

隣の芝生は青い

 週刊ポスト12月23日号に「日本の給料100社全比較」という記事が掲載されている。見ていて本当に羨ましいばかりの高額賃金を、上場企業の労働者は受け取っているのだなと思う。三割の世帯が年収300万と言われる今日であっても、この記事の一覧表に出てくる企業の労働者の平均年収は約40歳で一千万前後である。給与所得者の平均年収が約700万と言われているのでそれより五割も多いわけだ。ちなみに私の場合去年の源泉徴収票を見ると470万であるから、公務員の賃金が特別高いわけではなく平均程度ではないだろうか(郵便局の賃金は公務員の中で一番安い)。ところが民間人の多くは公務員の賃金を下げて労働条件も切り下げろと言うのだ。(ランキング1位のフジテレビで平均年齢39・8歳に対し、平均年収は1567万円。50位の平和不動産で平均年齢39・1歳に対し、平均年収は975万円である)

 殆どの人は知っているだろうが、日本の労働者の約六割は中小零細企業で働いている。上場企業というのはそれらの親会社だ。極端な例かも知れないが、上位ランキング4位のTBSなどは、従業員188人の平均年齢は43・5歳で平均年収は1443万円なのだが、この人数であれだけ膨大な番組が制作・放送されているわけではなく、番組制作の殆どを下請け・孫請けに出すことで会社の業務が回っている。耐震データ偽造問題で渦中の人である姉歯元建築士もその様な下請けの個人事業主である。中小零細企業で社長をしているより、上場企業の平社員の方が収入が上であることも珍しくない。

 そこで考えて欲しいのは、公務員の待遇を下げろと言って小泉政権の「改革」に賛成することが、この上場企業と中小零細企業の賃金を始めとする待遇の両極端化を更に激しくすると言うことだ。全く同じ仕事をしながら派遣やパート・アルバイトという待遇であるために低賃金で劣悪な労働条件に置かれている人を増大させることに繋がるのだ。ほんの一部の勝ち組と言われる人間が、圧倒的多数の「負け組」の人間に一切の犠牲を押し付けることで繁栄する社会こそ、小泉政権の目指す「改革」なのだ。今の私たち圧倒的多数の「負け組」に必用なことは、小泉政権を打倒することと、団結して労働条件を親会社と同等にせよと要求することなのだ。他人の不幸は蜜の味とばかりに公務員労働者の首切りを要求することではないのだ。労働者は団結して、労働条件を良い方に合わせなければならない。団結して闘う中で、親会社の不当なコスト削減要求や人を人とも思わない扱いに対抗し、全ての企業を社会全体で共有する共産主義社会を実現しなくてはならないのだ。分かり易く言おう。公務員が羨ましいのなら、労働者の全てが公務員になれる社会にこの日本を変革しなければならないのだ。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

 

|

« お料理日記 | トップページ | ムシキングとセイザーX »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 良くある現場での反発は、インテリが口先だけであることが多いことでしょうか。それと管理職などは当然大卒、それも一流大学出身者が多いですから、感覚的に高学歴の人間を嫌うんですよね。ですから、インテリであっても口先だけではないところを見せないと、現場の労働者の支持は中々得られませんね。自民党などの保守勢力は利益誘導という手段で票や表向きの支持を集めることは出来ますが、左翼の場合はお金がありませんからね。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月22日 (木) 23時34分

左翼の方々、例えば共産党幹部や活動家の皆さんは高学歴の方々ばかりで知性もあり本当に優秀な頭脳を持った方々ばかりなのでしょうが、高い学歴を持たずインテリでもない国民のかなりの割合を占める層から何故多くの支持を得られないのか。
皆さんが本当に真剣に考えられたら。今とはまったく別の結果が選挙等で得られるのではないのでしょうか。

投稿: 花蓮 | 2005年12月22日 (木) 23時29分

 花蓮さん忙しい合間を縫って詠んでいただいて有り難うございます。知識が多ければ良いというものではないと思いますから、気にしないで下さいね。良く「学者バカ」という表現があります。専門的な知識は沢山あっても常識や政治的な判断が出来ないことを批判した言葉です。知識と知恵とは違うと思いますので、卑下することはないと思いますよ。私も高卒ですから。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月22日 (木) 23時28分

>kamakazuさん
ご意見有難うございます、しかしながら

>大卒じゃなくて、大卒の免許を与える”自動車教習所”卒業なんじゃないの?

等々ちょっと理解できない部分が多くコメント不可能な部分が多くて・・・・・・・・・
私は高校を卒業してからすぐに就職したので大学生活を知らないのと過去あまりイデオロギー関係の本も読んだ事が無いもので、失礼。
しかしながら、貴方が馬鹿にするその種の若者達も一票を持っている訳ですから、そのような人達を含む一般大衆に働きかけない事には政治的影響力を獲得するのは不可能なのでは?
それとそのような方々を馬鹿扱いして見下しているだけでは大衆に対して影響力大な保守政党に次回選挙でも不戦敗なのでは。

>アッテンボローさん

半端な知識で書き込みをして申し訳ありません。それと貧乏暇無しで週末等にしか読ませていただくことが出来ずコメントをお返しするのが遅くなり過ぎます事をお詫び申し上げます。

投稿: 花蓮 | 2005年12月22日 (木) 23時16分

 確かに自分を知っているかどうかと言うのが愚か者かそうでないかの違いですね。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月21日 (水) 11時48分

> kamakazuさん、ずいぶん若者たちに厳しいですね。日大全共闘も闘争が始まるまでは雀荘にしかいないポン大生などと言われていましたが、一度闘争に立ち上がるや見直されていましたから、なんとか獲得することを考えませんか。

俺は、やさしいですよ(笑) 花蓮さんが書かれているようなバカに当ったら厳しいでしょうけど、話すとだいたい理解していただけます。 花蓮 さんの言うようなバカがいるのかがむしろ疑問です。2chのコピペみたいな印象操作っぽい文章だったのでちょっと反応してみました。

青森市内の大学(愛ちゃんのところ)の学生も、「俺はバカだから、青森大学だ!」って、自分を理解していますし、問題ないっすよ。むしろ、やばいのは、「俺は大学だからすごい」とか「俺は●●大なんで偉い」と思っているバカですね。俺の昔のエントリーの話で言えば、ボクの母校の先輩達は、「俺は頭が悪いし、家に金があるわけでもないから、地元国立大学に入って、先生になった」と言っているのに、同じ大学を卒業している別の高校の出身者は「私は努力してがんばったから国立大学に入って先生しているの」って、自慢してました。まずは、自らの不足を知れよ、このデブ!と思いました。

* すいません。罵倒用の言葉は、今後、「バカ」だけにしますので、お許しを・・・

投稿: kamakazu | 2005年12月21日 (水) 06時29分

 保険に入る人の好みや経済状態によっても違いますから、簡保が一番とは思いませんが、入院や死亡した場合の支払いが早くて簡単なのはお勧めですね。全労済も悪くはありませんよ。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月20日 (火) 17時13分

以前、保険について書かれていましたが、いま探せません。確か、庶民には簡保が一番という内容でしたっけ?
全労済はどうでしょうか?

投稿: Juventus | 2005年12月20日 (火) 15時05分

 花蓮さん、べつに気にしていただかなくて良いですよ。若者たちが右翼的思考を持っているという事実を書いていただいただけですから。できたらその若者たちが何故その様な考えになっているのかが分かれば、左翼の側の運動構築に役立つかと思います。
 しかし、本当に小泉に撮って最も収奪されている人々が小泉を支持するこの構図には滑稽さを通り越して哀れみすら感じますね。
  kamakazuさん、ずいぶん若者たちに厳しいですね。日大全共闘も闘争が始まるまでは雀荘にしかいないポン大生などと言われていましたが、一度闘争に立ち上がるや見直されていましたから、なんとか獲得することを考えませんか。
 反極右さん、労働者の中にも右翼的な連中が幅をきかせ始めています。残念ながら現実のことですね。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月19日 (月) 13時41分

>なんであんな最悪の売国奴連中に投票しなければならないんですか

ネタじゃなく実在するんだね.....

投稿: 反極右 | 2005年12月19日 (月) 11時21分

俺、激しく疑問なんだが、

>彼らは皆まあまあかなり良い大学を出ており、

ってあるけど、どこなの?俺の後輩達、超氷河期と言われた時代でも選ばなきゃ仕事はあったよ?厚生年金付きのね。最悪、公務員になったけど?これは1995年ぐらいの話なんで、そのあとは違ったのかな?

コイズミ政権の犠牲者って言うのなら、行かなくてもいい大学に行って(その理由は高卒求人が薄いから)、なおかつ就職がないのでは、詐欺に引っかかったみたいな話です。ですが、これも重要。就職がなくて進学した彼らは、頭が悪いことに、自分が大卒ですごいと思っている。別にすごくなくて、家にお金があっただけでしょう?頭が悪いってのは本当にどうしようもない。生徒が減る中で、なんとか学生数を確保しようと思っている大学に入ったのではないのか?

>仕事熱心で頭も良く

大学を出てなくったって、そんな高卒労働者はいっぱいいるわけです。意地もプライドもありますぜ。むしろ、そうした姿を推奨したいぐらいです。現在(昔からか?)は、金さえ払えれば、入れてくれる大学はたくさんありますから。

考察の中で出てくるこの層は最悪な層なのでしょうが、

>私が彼らへ『社民党や共産党へ投票しようとは思わなかったの?』と聞いたところ『そんな冗談は止めてくださいよ、なんであんな最悪の売国奴連中に投票しなければならないんですか、酔ってるんですか?』と言う様な状況で、

となるわけですが、いかに「なんにもない大学」を卒業して来たかよくわかります。”まあまあかなり良い大学”ってのは、そんなのなのでしょうなぁ。歴史も伝統も気概もない大学を卒業しているんでしょう。はっきり言いましょう。こいつらを、同じ大卒として扱って欲しくない!大卒を名乗る場合は、大学名を付記せよ(笑)これは、大卒じゃなくて、大卒の免許を与える”自動車教習所”卒業なんじゃないの?

このごろ、学生と戯れる機会も多いもんで、このように感じました。戯れてれる学生は、日本で一番(二番?)偏差値の低い国立大学の学生達です。

投稿: kamakazu | 2005年12月19日 (月) 05時14分

アッテンボローさんこんばんは。
実は私は某民間企業の現場下級管理職をしておるんですが、そこで見聞きした事を書かせていただきます。
先の選挙が終わった時期の事なのですが、繁忙期を終わり慰労の意味を込めて社員+派遣社員+長期バイトの集団で慰労会をやった時の話です。
宴が進んでいくにしたがって選挙の話になって盛り上がりました、我々少数派の社員が自民党に投票したのは想定内であったのでどう言う感想も特には無いのですが、意外だったのは多数派の長期バイト(いずれも20代前般男性)の皆さんが自民党に投票したと言う事実です。
彼らは皆まあまあかなり良い大学を出ており、仕事熱心で頭も良く経済状況さえまともであれば普通に企業に入社して安定した生活を送れたであろう人達ばかりなのですが、新卒就職の機会を逃しアルバイトに甘んじている小泉構造改革の犠牲者です。
私が彼らへ『社民党や共産党へ投票しようとは思わなかったの?』と聞いたところ『そんな冗談は止めてくださいよ、なんであんな最悪の売国奴連中に投票しなければならないんですか、酔ってるんですか?』と言う様な状況で、経済改革の犠牲者が加害者に投票しておる事になんら疑問を持たない様子でちょっとした衝撃を受けました。
彼らの中では自民党の中でも特に保守愛国系である中川氏や安倍氏が人気の様子で左派系政党や政治家に対する興味は皆無のような状況です。
今後左翼の皆さんが現実に国会で議席を伸ばし、政治的影響力を拡大するためには彼らのような層を対象に効果的な働きをすべきだと思うのですがなぜそれをやらないのでしょうか、何故なのでしょうか。

詰まらない話で申し訳ありません、もし削除が適当だと思われましたら管理人さんの判断にお任せします。

投稿: 花蓮 | 2005年12月19日 (月) 00時52分

 岩井さんの言われるように、公務員労働者が全ての労働者の利害を代表して最低賃金闘争を闘うきっかけになると良いですね。本当に階級性が問われますから、連合指導部を吹き飛ばすような闘いを巻き起こさないといけませんね。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月18日 (日) 21時54分

 コメントありがとうございます。 前原民主党は「現在は一定規模以上の規模の民間企業と公務員の賃金を比較しているが、零細企業こみの全労働者を対象にするべきだ。」(これはもちろん公務員労働者の賃金引下げを意図するもので、それのみに留まれば何も民間労働者の方へも余慶があるものではない。)
 それへの対策としても必要な情勢であろうと思います。 前原民主党は零細企業労働者を官公労抜きで自分の側へ引き寄せようと思ったわけです。 しかし、これは資本にとっては短期的にはともかく中期的には両刃の剣で、最低賃金アップが公務員労働者の直接の利害と一致することが白日の下にさらされれば、「分割統治」を危機に陥れることができます。

投稿: 岩井小桑 | 2005年12月18日 (日) 19時07分

 岩井小桑さん、初めまして。「さざなみ通信」への投稿記事、拝読しました。確かに官公労の労働者が民間企業の労働者の最低賃金引き上げを要求して闘っていれば、多少なりとも今の公務員叩きは和らいだかも知れませんね。その辺は階級的視点に立った労働運動が衰退していることの問題として自覚する必用があるかと存じます。一企業、一産別だけの利害に拘泥するのではなく、全労働者階級の立場からの運動を何としても再生させたい物です。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月18日 (日) 17時31分

 どうも、はじめまして。 最近私が「さざなみ通信」に投稿した一文についてよろしければごらんください。
http://www.linkclub.or.jp/~sazan-tu/readers/0512/r0512l.html

(本来、こちらの投稿へのレスとして書いたものですが)
http://www.linkclub.or.jp/~sazan-tu/readers/0511/r0511_t.html

投稿: 岩井小桑 | 2005年12月18日 (日) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/7668310

この記事へのトラックバック一覧です: 隣の芝生は青い:

» トラックバックセンター作ってみました。 [T.N.君の日記]
 昨日から玄耕庵さんと合宿決行しました。ブログ上で旧知の仲のような気分だったので、夕食もその後の酒宴も盛り上がり、いろいろな話題について話し過ぎたので、何を話したのかさっぱり覚えていない状態です。しかし、楽しかったです。  今朝から本格的にTBセンターのテンプレートの構築をはじめました。紆余曲折をへて、同じ太陽の下で誰もが幸せに暮らせるような世の中を夢みて、Under the Sunという名のトラックバックセンターにすることになりました。カテゴリーも、多くの方がトラックバック出来るようなカテゴ... [続きを読む]

受信: 2005年12月18日 (日) 19時02分

» フリースクールで不登校をごまかすな [奥田健次の教育改革ぶろぐろ部]
政策の失敗をごまかすための暴挙を止めよう。 先進諸国で不登校を放置したままなのは [続きを読む]

受信: 2005年12月24日 (土) 23時58分

« お料理日記 | トップページ | ムシキングとセイザーX »