« 北国tvに抗議する | トップページ | ときどき暴走 »

2005年12月22日 (木)

憲法改悪を阻止しよう

 国民投票法案に関するトラックバックを頂戴したので、ここで憲法問題についての私なりの意見をハッキリ表明しておいた方が良いだろうと思う。結論から先に言うと私は自民党・公明党・民主党による改憲論には全面反対である。詳しく改憲草案を引いて批判する余力は今現在無いのだが、これらの勢力は全て日本を再び侵略戦争に持っていくために憲法改悪案を出そうとしているからだ。一番の焦点である九条問題を巡っては、戦力不保持の第二項削除と「自衛軍」創設が狙われている。今日、朝鮮半島を巡る情勢、あるいは中国との外交関係悪化という形できな臭いものが漂っているわけだが、自公民の三党は明確に、内政における失敗を差別排外主義を煽り対外侵略戦争に国民を動員することで覆い隠そうとしている。

 アメリカによるアフガニスタン侵略、イラク侵略に協力することで「権益」を軍事力に頼って確保しようとするのが日帝支配階級の階級意志である。イラク侵略戦争を巡ってはドイツ帝・フランス帝・ロシアの持つ「権益」を、アメリカ帝国主義が強引な難癖を付けて侵略戦争に踏み切り、軍事力でその石油利権を強奪した。日帝はその協力者として振る舞うことでおこぼれに預かろうというのだ。その為に憲法全体が貫いている平和主義と国民主権の体型が邪魔になっている。様々な条項で規定している国民の権利条項を、「公益」と称する支配階級の利権のために制限することを狙って憲法体系の全面改悪を目論むものが自民党改憲草案であり、それにあたかも「対案」で有るかのように装いながら出されている民主党の改憲論議である。

 現行憲法は二度と侵略戦争による惨禍が日本国民にもアジア諸国民にも及ばないようにするために様々な天で国家権力の独走に制限を加えている。解釈改憲や最高裁の反動化によって国民生活に十分生かされなくなったとは言え、現憲法があることで受けられている様々な国民保護の条項は何としてでも守らなければならない。国民の中に大きく存在する護憲の想いを大切にして、憲法改悪阻止のために、行動出来る限りのことを行いたい。まず最初は国民投票法案に反対することから始めよう。この法律は政府が改憲を発議した場合一切の反対論を禁止することを盛り込んでいる。この法案の成立に反対する国民的行動が必用だと思う。病気療養中の身であっても出来ることは何でもしたいと思う。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 北国tvに抗議する | トップページ | ときどき暴走 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 IB さん、初めまして。憲法を大切に守りたいと思います。それこそ現行憲法について勉強すらしないで改憲論に同調している人が沢山いるように思います。改めて憲法を見直すことで、その中にある高い理想と今日なお先進的な内容を確認できればと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年1月13日 (金) 08時54分

私は、憲法の改正にも国民投票法成立にも賛成する立場です。どちらも、国民が政治をするために必要なことだと思っています。政治とは、自分だけでない広い世の中に興味を持つことから始めるものだと思います。現在の日本国民はまだまだ世界に対する興味が弱いです。

投稿: IB | 2006年1月13日 (金) 02時45分

 わわわゴシップさん初めまして。丁寧なご挨拶有り難うございます。様々な人が憲法を守ろうという意見を発信することで改憲阻止の力となりたい物ですね。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月28日 (水) 12時12分

初めまして。わわわゴシップと申します。TBありがとうございました。
憲法を守り活かす視点で、私も発信しつづけていきたいと思います。よろしくお願いします。

投稿: わわわゴシップ | 2005年12月28日 (水) 10時41分

 軍産複合体の場合、様々な平気を無駄遣いさせると、その補充の需要が見込まれます。多額の税金が投入されて軍需産業の懐が潤うわけです。更に戦争自体がアメリカの兵器の宣伝の場になっていますので、様々な国々に最新兵器を売り込む機会でもあるわけです。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月26日 (月) 08時56分

10年に一回を起こす?
アメリカ大統領は8年ごとに交代しているのですから政策の変更次第で戦争を起こすかもしれませんね。
ただし軍産複合体というのは疑問ですね。
いくら兵器会社でも戦争で戦車や戦闘機を全損状態になってうれしいでしょうか?
彼らは多額の開発費をかけて新兵器を製造しています。
壊れたからもっとスゴイものを作れと言われる可能性のほうが高いでしょうね。
普通に考えて安定供給できる兵器にメンテナンス用の部品を売ったほうが儲かると思いますよ。軍需産業といっても社員の給料はださないといけないでしょうから戦争は起こってほしくないと思います。
戦争で浪費する行為と抑止として兵器を保有する行為 どっちが商売になるんでしょうね?
私は後者と思ってますがね

投稿: しゃも(鶏) | 2005年12月25日 (日) 10時38分

 しゃも(鶏)さん初めまして。「9条改正しても戦争するわけないと思いますがね。戦争は浪費行動ですしね。」と仰るわけですが、アメリカの場合軍産複合体の為に十年に一回程度は戦争をしないといけない構造になっています。これは日本における無駄な公共投資と同じ意味合いがあるのです。ですから私としては日本もアメリカ型の経済体制への転換を考えているのではないかという危惧を持っています。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月25日 (日) 00時00分

こんばんわ。
TBさせていただいてありがとうございます。

私は憲法改正賛成派です。

基本的に安全保障というものは武力がモノを言います。
日米安保も日韓基本条約も日中友好条約もすべて安全保障が目的です。
現状の自衛隊の武力によって安全保障は守られてる状態にあります。

安全保障!
どの国もそのために血道をあげようとしていますよね?

日本は平和憲法の存在のおかげで外交にも政策にも弱気一本です。

そのために憲法という縛りを外すのは時代の必然かと思われます。

ていうかですね。
9条改正しても戦争するわけないと思いますがね。

戦争は浪費行動ですしね。
改正してもそう大きな変化はないと思いますよ

投稿: しゃも(鶏) | 2005年12月24日 (土) 20時49分

 レッツらさん、今は憲法改悪を阻止することが優先ですので、「小異」には拘らないようにお互いともに進みましょう。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月23日 (金) 22時42分

ご無沙汰しております。小泉内閣の支持率が一桁台になるまでです。

>この法案の成立に反対する国民的行動が必要だと思う。

私も平和を愛する一人として馳せ参じさせて頂きました。

私は自民党支持者として、他の自民党支持者に訴えていくことで、憲法改悪を阻止しようと思っています。若干、お気にさわるような表現(たとえば自衛隊は合憲など)があるかとは存じますが、お許しいただければと勝手ながら思っています。そして、同じ改悪阻止を考えるものとしてTBさせていただきました。

投稿: レッツら | 2005年12月23日 (金) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/7779289

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改悪を阻止しよう:

» 筑紫哲也さんの憲法9条に対する思い [世相春秋]
「憲法9条」をどう捉えるか? ニュースキャスターの筑紫哲也さんの9条に対する思いを転載したいと思います。自民党が10月28日に発表した「新憲法草案」を読んで、がっかりしてまた少し安心した。 現行憲法の「前文」と草案の「前文」を読み比べてほしい。草案前文は、官僚の悪文の好例であり、はっきり言ってつまらない。人の気持ちを打つもの、琴線に触れるものが何もない。このようなものが国民から広く支持されるとは思えないのだ。 これは、憲法はそもそもどういうものとしてつくられるべきなのか、という根幹にか... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 21時17分

» 憲法9条は人類史的意義もつ [とほほブログ]
武装抵抗しない、と言う選択肢もありえます。現実問題として武装抵抗そのものが国民の財産生命を守るものではない、と言う事も事実です。守るものではないどころか積極的に国民を攻撃する事実があるもの確かです。結果的には武装抵抗により守られたことなど歴史的にはありません。現代アメリカ・イギリスも同様である事はニュースをご覧の通りです。... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 21時20分

» 私たちの平和憲法を知っていますか? [ 風に吹かれて]
  いま日本は、ふたたび戦時体制へと進もうとしています。反戦ビラを配った人が逮捕されたり、強制はしないと言っていた、「君が代」を歌わなかった教師が処罰されるといった状況は、もはや先の大戦と同じ政治状況になってきていると思います。ただ救いは、まだこのようなブログで、反対意見を書けることです。それは、まだ今の憲法に守られているからです、昨日書いた、記事に対してのトラックバックに創価学会公明党の圧力、... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 22時45分

» 憲法の平和主義--憲法について(1) [とりあえず]
民主党の代表が代わって、憲法改正、とくに9条の平和主義を残しつつ2項を改正し、自衛権を明記、一定の軍備を持つことができるようにするという議論がいよいよ現実化してきた。前原代表の意見が、自民党と全く同じなのか、違うのか、そこはあまりよくわからないので、まだなんともいえないが、いずれにせよ、9条改正で再軍備宣言の方向にいま進もうとしているのは事実だろう。しかし、実はこの見解そのものが矛盾しているように思われる。 それは、9条の平和主義を残して、軍備を持つ、という点である。 9条の平和主義とい... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 22時49分

» 前原氏は民主党をブッ壊す気なのか?  ~このままでは、民主党はアブナイ(3)~ [日本がアブナイ!]
私が何とか最後のチャンスをと考え、民主党の再生について考えている時に、前原 代表がまた余計な発言をしてくれたらしい。^^;  ここは2の続きをアップする前に、前原氏&その仲間たちについて書いておきたい と思う。 「民主党の前原誠司代表は18日午後、京都府精華町で記者会見し、集団的自衛権の 行使に関連し「(民主党は)結論を出せない繰り返しを今までやってきたわけで、 決める時には民主主義だからそういった(多数決の)考え方も取らざるを得ないのでは ないか」と述べ、党内意見の集約を図るた... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 23時23分

» 自民党新憲法案への懸念 [晴耕雨読]
 新憲法草案から中曽根氏起案の前文が起草委員会事務局の手で削除になった騒ぎなどが伝えられています。  識者?や宮沢元総理などは、予想よりもずいぶん大人しい案であるかのコメントを流していました。  猜疑心がこみ上げて来まして、眺めてみると、なんとさりげなく96条の憲法改正要件が変えられようとしているではありませんか。  現在は、両院でそれぞれ2/3以上の賛成で改正を発議でき、その後の国民投票で過半数が賛成することで成立することになっております。  ところが新憲法草案では、  両院でそれぞれ1/2以上の... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 23時39分

» 国民投票法案と中国脅威論 [小泉内閣の支持率が一桁台になるまで]
憲法改正への第一段階、憲法改正の手続を定めた国民投票法案を来年1月20日からの通常国会にかけるというニュースが流れました。そして、ときを同じくして麻生外相の「中国かなり脅威」というニュースが流れました。 中国の軍事力「かなり脅威」 麻生外相... [続きを読む]

受信: 2005年12月23日 (金) 22時22分

» 再生の道は「草案9条に反対」しかない!or解党すべし ~民主党がアブナイ(6)~ [日本がアブナイ!]
~☆~☆~☆~ MERRY CHRISTMAS ! ~☆~☆~☆~ 長々とアレコレ書いてしまったが・・・。これらの日本の政治&将来のために、私なりに真剣 に民主党のことを考えてみた。「割れろ」というのは簡単なのだが、やはり自民党に迫りプレッ シャーを与えられる大きな野党、そして政権交代の可能性を持つ政党は必要だと思うのだ。 そして、私が考えた民主党の目指すべき方向性を、ズバリ(細木風?!)提言してみたい。 「民主党は07年の参院選で、憲法改正問題を最大の争点にして、特に9条に... [続きを読む]

受信: 2005年12月25日 (日) 06時36分

» アメリカからの「押しつけ憲法」が嫌だった自民党が出した新憲法草案は結局・・・ [わわわゴシップ]
昨日は職場の若い仲間を3人連れて、「憲法を守り、いのちとくらしを支える福祉を 公 [続きを読む]

受信: 2005年12月28日 (水) 10時42分

» keep9!!憲法9条を守ることに賛同しませんか? [アズキのつぶやき]
日本国憲法9条を守る「9条守ろう! ブロガーズ・リンク」賛同します! 憲法9条は、日本が世界に誇る「戦争放棄」を表明する条文であると考えます。 ブロガーで賛同してくれる方はこちらを参照してください。 戦争の無い世界を!! [続きを読む]

受信: 2006年1月13日 (金) 00時11分

« 北国tvに抗議する | トップページ | ときどき暴走 »