« 86年の二重対峙対カクマル戦 | トップページ | 隣の芝生は青い »

2005年12月16日 (金)

お料理日記

 今久しぶりに日本酒を飲みながらこのブログの記事を書いています。と言うのは「あおざかなの買物日記」で、先日「『宝寿』上撰本醸造」なる記事を読んでいたら、本醸造だけでなく純米酒を購入して飲んでいるという記述があったからだ。久しく日本酒を飲んでいない私としては、贅沢にも純米酒が飲みたくなった。そこで「純米吟醸五神」の小瓶を買ってきた。実は以前「発泡酒が飲めない」と題してまがい物の酒を飲むと体が拒絶反応を示すことを書いたのだが、その記事の中で日本酒は純米酒以外飲まないことを告白している。で、妻のボーナスが入った直後なので、贅沢をして買ってきた。以前、仕事に行っているときは賃金支払日と一時金支給日とに、その都度「天狗舞」などの純米酒を買っては密かにちびちびと飲んでいた。その他にも今日は色々買い物をしたのだが、それをそのままブログに書いても他人様の二番煎じに過ぎないので、今夜の献立で私が作った料理について書いてみようと思う。実は私は料理が大好きなのだ。

 主菜は塩鮭の焼き物である。妻が高血圧なのと子供が食べやすいように甘塩を選びグリルで焼いた。副菜は蓮根の土佐煮である。レシピは普段買い物に行くサティの試食兼提案のスペースで配っている物を見ながら作った。レシピでは蓮根300㌘、だし汁3カップ、削り節10㌘、酢適量、砂糖大さじ2,醤油大さじ2~3。蓮根の皮をむき厚さ一㌢の半月切りにして酢水に5分つける。鍋にだし汁3カップと砂糖、醤油を入れ、蓮根を中火で10分煮る。砂糖を加え中火で更に10分。醤油を加え10分。削り節の半分を加え、水気が少なくなったら残り半分を加えて火を止める。実際には蓮根自体がレシピの分量ではないので、調味料は目分量で適当に加えた。

 三品目はシメジと榎茸と厚揚げの煮物。シメジ一パック、厚揚げ一枚、榎茸一袋、だし汁1・5カップ、みりん大さじ1、醤油大さじ1・5。厚揚げは沸騰した湯にさっと潜らせ油抜きする。半分に切り、それを約1㌢に切る。鍋に調味料などを入れ、材料を入れたら中火で煮立て、その後弱火にして約5分煮る。実際には調味料などは目分量で適当である。

 大根の千切りと大根葉の味噌汁。味噌は妻の実家から送ってもらった坪水醸造株式会社製の物である。醤油も実はこの会社の製品で、大手メーカーの物と違い本物の醤油に近い。二品目には濃い口、三品目には薄口を使用した。この会社の醤油はキッコーマンなどの大手が大豆カスから合成している物と違い、まだ本物に近いため、これを料理に使うと子ども達がよく食べるようになった。そして買ってきた胡瓜のぬか漬けを刻んで食卓に出した。子ども達評判は上々であり、健啖家の長女は言うまでもないが、キノコ類が苦手な次女も食の細い息子も残さず食べてくれた。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 86年の二重対峙対カクマル戦 | トップページ | 隣の芝生は青い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 uventusさん、ご心配有り難うございます。一応禁止はされていないので、時々飲んでいます。飲み過ぎないようにとの注意はありますが。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月18日 (日) 21時52分

読んで心配になったのですが、酒を飲んでもいいのですか?
私の友人は抗うつ剤を飲んでいますが、その関係で酒は禁止されています。(料理に入っている程度ならOKとのことです。)
アッテンボローさんは違う種類の薬なのでしょうね。

投稿: Juventus | 2005年12月18日 (日) 18時55分

 サラダさん今晩は。独身時代に自炊していた関係で料理が好きになりました。お陰で共稼ぎの現在は非常に役に立っていますよ。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月17日 (土) 22時39分

ご主人がお料理好きというのはいいですね。奥さんが羨ましいですわ。

投稿: サラダ | 2005年12月17日 (土) 21時31分

 あおざかなさんお早うございます。一人だと凝った物を作るのは面倒なときがありますね。私も独身時代は自炊でしたがたいした物は作りませんでした。今は子ども達が好き嫌い無く何でも食べて健康に育って貰うために色々とあの手この手で料理の工夫をしています。
 近くなら差し入れに何か持って行けるのですが。

投稿: アッテンボロー | 2005年12月17日 (土) 10時43分

いつもTBありがとうございます。
訂正させていただくと飲んでるのは本醸造の方。
「特別純米酒生一本」は、土曜日にある某所の忘年会に差し入れ予定です。
でも私の舌には安い本醸造で充分なのです。「夏子の酒」によれば最低限の醸造用アルコールは許されるみたいだし、、。まあ何せ「宝寿」はコストパフォーマンスに優れてます。それはそうと蓮根の料理がうまそうですね。当方は独り身ですので、凝ったものを作る元気がなく、鶏の胸肉を砂糖・醤油(「有機丸大豆」とうたってはいるが安物)・酒(こっちは紙パックの「純米酒」)で煮たものがアテです。

投稿: あおざかな | 2005年12月17日 (土) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/7655122

この記事へのトラックバック一覧です: お料理日記:

« 86年の二重対峙対カクマル戦 | トップページ | 隣の芝生は青い »