« 法律うらない・左翼党派うらない | トップページ | 生え替わり »

2006年1月 1日 (日)

謹賀新年

 新年明けましておめでとうございます。旧年中は色々とお世話になりました。三が日は実家で過ごすために二日の更新はお休みします。三日は帰宅する時間次第だと思います。それでは今年もどうぞよろしく御願いします。

|

« 法律うらない・左翼党派うらない | トップページ | 生え替わり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 とくらさん、怪星人カピア さん、日本国憲法擁護連合さん。新年明けましておめでとうございます。
 とくらさんトラックバックの件了解しました。怪星人カピア さん基本的にコメントを戴くこと自体は有り難いと思っていますから、遠慮なさらないでくださいね。
 日本国憲法擁護連合さん、本当に今年は大きな激動・激闘の年になりそうですね。自民党小泉政権は衆議院での圧倒的多数の議席を利用して様々な悪法を国会に上程し、その通過を狙ってくるでしょう。私たち反戦平和を願う物にとって闘いの正念場の年となるでしょうね。一刻も早く病気を治し、ブログの上だけでなく現実世界での闘いにも少しでも多く参加できるようにしたいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年1月 4日 (水) 21時45分

あけましておめでとうございます。

今年は、歴史的大転換の年になりそうです。
そこで私たち民衆の側からは、新たな歴史を自ら切り開いていく、
そんな一年にしたいものです。

まず、今年は、改憲・教育基本法改悪・増税・社会保障のいっそうの解体が激しく、小泉政権からたたきつけられると思われます。
とりわけ、改憲と教育基本法改悪は、そもそも自民党の悲願でもあり、自民党の歴史的大勝の今しかないとして、改憲勢力は圧力をかけてくるだろうと思われます。あらゆる力関係を駆使して、マスコミ動員はもとより、
改憲への急速な地ならしがおこなわれると思われます。

しかし、同時に、それは、戦後民主主義の危機的な情勢ですらあり、
増税・社会保障解体などの民衆への圧迫をともないながら、行われるものなのだということでもあります。

だからこそ、マスコミの似非キャンペーンに惑わされない、民衆の闘いは、地道にしぶとく闘われており、改憲と悪政を進める、自民党政治とマスコミなどの悪辣な癒着などをぶった斬りながら、民衆の側から新たな歴史を切り開いていけるのだと私は、思っているわけなのです。

自民党の悪政に、ノーをつきつける人々の共感がアッテンボローさんのブログで共有されることを、私はみなさんがたに、呼びかけるとともに、ともに考えていきたいと思っています。

自民党政権を打倒しよう。これが、私の新年の挨拶としたいと思います。

どうか本年もよろしくお願いします。

投稿: 日本国憲法擁護連合 | 2006年1月 4日 (水) 20時10分

明けましておめでとう御座います。
ご迷惑にならない程度のコメントを、又送りたいと思いますので、今年も宜しく御願いします。
そして、今年こそ、社会情勢の好転と、アッテンボローさんのご病気の回復が有りますように。
面白い物、見つけました。
『ラレコ先生livedoorネットアニメ ネトアニシアター』(http://anime.livedoor.com/theater/2.html)
暇な時に見て良いかも、てな代物です。

投稿: 怪星人カピア | 2006年1月 2日 (月) 16時16分

あけましておめでとうございます。
新年早々、申し訳ありませんが、不具合で3つもTBしてしまいました。ご実家からもどられましたら削除願います。すみません。
今年もよろしくお願いします。

投稿: とくら | 2006年1月 2日 (月) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/7936725

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

» 謹賀新年 [時評親爺]
旧年中は、格別のご愛顧と沢山のTB・コメントを賜り誠に有難うございました。 本年も倍旧のお引き立てのほど、何卒宜しくお願い申し上げます。 皆様にとって良き1年となりますよう祈念致します。 平成18年 元旦 店長・時評親爺 ※今月のテーマ画像は、最近高級腕時計やら何やらのセレブな広告ポスターで見かけるシンディ・クロフォードさん。スーパーモデル出身の彼女は、リチャード・ギアと結婚したが4年ほどで離婚。現在、実業家?と再婚し子持ちである。... [続きを読む]

受信: 2006年1月 1日 (日) 11時00分

» 経済を成長させる 年金改革第三の道 [晴耕雨読]
年金問題は、負担の増加、給付の減少という自民党の「改革」、消費税により国民負担の増加をもたらす民主党の改革案が出されているが、いずれも経済には負の影響をもたらし、しかも雇用形態の変化や少子化などを考慮すればとうてい問題の解決には繋がらない一時しのぎです。 ここでは、マクロ経済の観点から年金積立金197兆円を担保に国債を日銀引き受けし年金給付に当てるといういわば「セーニアリッジ政策」を取ることでデフレ政策を兼ねて年金問題を解決する提案を紹介します。 経済コラムマガジン 05/5/30(391号) 0... [続きを読む]

受信: 2006年1月 1日 (日) 18時17分

» 謹賀新年 [闘うリベラルのチャンネル]
夕日を反射す大海を高台から眺める図。2006年元旦。 今年も生抜き(息抜き)ます。 |【TB】 |[あけましておめでとうございます]:http://blog.livedoor.jp/gegenga/archives/50272934.html |[あけましておめでとうござ... [続きを読む]

受信: 2006年1月 1日 (日) 18時43分

» あけましておめでとうございます。 [とくらBlog]
 毎年のことですが、昨日も紅白歌合戦を観ながら まだ、ばたばたとしていました。年内にどうにかいただいたTBやコメントにお返事したいし、訪れていただいたすべての人に感謝とお礼の気持ちを伝えたいし、とあせって、どうにか下の記事を書きましたが、時間とのたたかいで、TBを送っているとPCがかたまってしまい、今年中にTBできな~い、とあせりまくり、テレビのカウントダウンを聞きながら、STOP THE KOIZUMI にTBしたら、Tracked from とくらBlog at 2006-01-01 00:00... [続きを読む]

受信: 2006年1月 2日 (月) 15時51分

» あけましておめでとうございます [瀬戸智子の枕草子]
あけまして おめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 ==かくて明け [続きを読む]

受信: 2006年1月 4日 (水) 14時57分

» 新しい年に [++つぶやき手帳++]
(ラリー・バローズ:ホーチミン市戦争証跡博物館) きょうベトナムより帰国しました。 沖縄に続いてハードなスケジュールになりましたが、大切な人、人々に出会うことができました。 波立ち騒ぐ胸のうちを形あるものにするために、少し時間がかかります。 置き忘れた情熱、封印した夢を、少しずつ取り戻すのです。 声を聞いた者は、声を発さねばならない。 光を見つめた者は、光を照らさねばならない。 一歩前へ レクイエム―ヴェトナム・カンボジア・ラオスの戦場に散った報道カメラマン遺... [続きを読む]

受信: 2006年1月 5日 (木) 09時26分

» ■人口減少時代は消費税引き上げ?庶民の生活に配慮なし?読売路線の変更なし? [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
1月1日付・読売社説(前半)  「人口減少時代へ国家的対応を 市場原理主義への歯止めも必要だ(前半)」   (抜粋)現行の社会保障制度は、「ピラミッド型」の人口構成を前提として設計された。人口構成はすでに「提灯(ちょうちん)型」へと変化し、今後、「すり鉢型」へと変わっていく。現行制度のままだと、いずれ制度そのものが破綻(はたん)する。社会保障システムを国家戦略的視野で、全体的に組み直ししなくてはならないのは明らかだ。  にもかかわらず、これまでの社会保障改革は、年金、医療、介護、生活保護などを、個別... [続きを読む]

受信: 2006年1月 7日 (土) 21時17分

» ■世界平和、一般庶民の願いでは厄除け 新年も平和・自由・民主主義を語ってみよう。 [平和・自由・民主主義とインターネット]
2006年1月  年末年始、日頃の無精がたたり、あれこれと(重要な?)雑事に追われ更新ができませんでした。  まずは、昨年ご縁があり、お世話になった皆様に謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 「インターネットで平和・自由・民主主義を語ってみよう。」のテーマで書いてきました。TBコメント頂いた皆さんのエントリーも興味深く読みました。  また昨年のブロガーが連携して書いていこうとの呼�... [続きを読む]

受信: 2006年1月 7日 (土) 21時18分

« 法律うらない・左翼党派うらない | トップページ | 生え替わり »