« 帝国主義間争闘戦 | トップページ | BSE 驚くアメリカの実態 »

2006年2月 8日 (水)

女性は道具じゃないぞ !!

 今日の日記を書くためにブログを立ち上げたところ、けったいなトラックバックに気がついた。「けったいな」とは奇妙なとかおかしなとか言う意味の言葉なのだが、どう言い換えればこの言葉の持つ意味合いを正確に伝えることが出来るか分からないので、一先ずそのまま「けったいな」を使っておく。「右傾化する慶應生のブログ」なるところから「男系維持の本質とは何か」という記事が選りに選って昨日の「帝国主義間争闘戦」にトラックバックされていた。読んでみると昨日の報道で文仁の嫁さん紀子が三度目の妊娠をしたと言うことに触発されたらしく天皇制万歳というお気楽な記事である。だいたいの内容をかいつまんで書くと、側室制度をタブー視するのは止めるべきだと言うこと、敗戦によって皇統符から削除されていた連中(旧宮家のこと)を再び復活させることによって天皇制の維持が確固たる物になるとか言う物である。フーン、でそれが私の記事に一体何の関係があるというのだろうか? この人物の主張を信じて慶應大学の学生だとして、おそらくは入試の際に全ての能力を出し切って出し殻のようになった人なのだろうなと推測する。

 まあ実は昨日からポータルサイトなどで紀子が妊娠したことについては知っていたので、今日はこの事で記事を書くつもりだったから枕に使ってやろうと思った。本当は85年の10・20戦闘で権力の虜囚になっていたときに、取り調べと転向強要に当たった刑事の女性差別発言から始めるつもりだったのであるが。簡単に書いておくとその刑事は「おまえ達は生産手段の共有化なんてことを言っているが、女もみんなで共有するんだろ」と言ってのけ、女性を生産手段・道具扱いするという差別発言をしてのけたのである。共産主義者は生産手段を社会全体の共有物にすることを主張しているが、それは土地や機械といった物である。取り調べの刑事は自分自身の中にある女性は子供を産ませるための道具、性的欲求処理の道具としか思っていないことを白状したわけである。だいたいが警官というのはブルジョアイデオロギーによって思想的に最も腐敗している連中であるから、平然とこの様なことが言えたわけである。

 ここ数日の天皇制問題に関する記事で秀逸であり、なるほどと感心した記事が二つある。一つは「書評日記 パペッティア通信」「女系天皇反対派の迷走(1)八木秀次『本当に女系天皇を認めてもいいのか』洋泉社新書Y ほか」「女系天皇反対派の迷走(2)八木秀次『本当に女系天皇を認めてもいいのか』洋泉社新書Y ほか」であり、長屋のご隠居と八っあんとの問答を通して「皇統断絶反対」などと叫び立てる自称右翼の論調こそが実は天皇制の存続にとって危機的状況であることを自己暴露し、しかも天皇制の脆弱化した存立基盤を自ら堀崩す物であると喝破している。もう一つは「反米兼日戦線『狼』(美ハ乱調ニ在り)」「荒唐無稽『y染色体』八木秀次や蔵琢也の如き輩は、周囲大爆笑で終了(笑)」である。後者も同様に男系天皇維持を主張する輩として八木秀次を俎上に上げて、男系天皇維持を主張する根拠こそが天皇を貶めていることを嘲笑している。遺伝子がどうこうなどと言って「科学」の装いを纏おうとしたところで、清和源氏、桓武平氏に始まるように、天皇の一族でありながら地位の継承を諦めた連中の子孫が日本人の中には五万といて、実際にy染色体を受け継いでいる人間など何百万いるか分からない。「鰯の頭も信心から」という言葉があるように、天皇の存在価値を建前としての「神聖さ」以外に求めてはいけないのである。

 慶大生のウヨク君はおそらく、私のブログに対して「男系維持の可能性が出てきたぞ。左翼めざまあみろ」とでも言いたくてトラックバックを付けてきたのであろうが、正直左翼にとって男系天皇だろうが女系天皇だろうが、はたまた女性天皇だろうが、そんなことはどうでも良いのである。革命成就の暁には天皇制を廃止するのが共産主義者の為すべき事なのだから。せいぜい問題になるのは処刑すべき天皇一族の範囲をどこからどこまでにするかと言うだけの話である。男系維持であれば処刑する人数が少なくて手間が省けると言うだけのことだ。

 何にせよ文仁の妻紀子が妊娠したことでハッキリしたことは、宮内庁の前長官であるか元長官であるか湯浅利夫というのが03年12月に「(文仁夫婦には)三人目のご出産を強く希望したい」と言ったり、徳仁の妻雅子に対しても出産のために様々な重圧を与えて、単なる子供を産む道具扱いしていたことである。今までの人格などの一切を否定されて兎に角子供さえ産めたらいいんだという扱いをされたら、雅子も人格崩壊して鬱にもなるだろう。女性を道具扱いする腐敗したイデオロギーをまき散らす天皇制の廃絶に向けて、決意を新たにするのであった。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキングへ。

|

« 帝国主義間争闘戦 | トップページ | BSE 驚くアメリカの実態 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

  eric_breaさん、大変失礼しておりました。2月に書き込みしていただいたにも拘わらず、気づかずに既に二ヶ月経っています。本当にご無礼いたしました。書いていただいているように右翼の行動というのは非常に矛盾していると思います。
 補足さん、色々教えていただきどうも有り難うございます。後ほど教えていただいたサイトを見たいと思います。しかし何と言いますか、古い記事にコメントを戴いたお陰でご無礼を働いていたことに気づきました。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月20日 (木) 21時44分

『"gender free" は英語のサイトでも 検索例がたくさんあるようです。』

googleなどで "gender free" で検索すると、たくさんの検索例が出てくる様ですよ。

 例.

 http://a4esl.org/q/h/dt/genderfree.html
  Gender-Free Language  ( gender-free 言語について )

  policeman -> police officer or constable

  mailman -> letter carrier or postal worker

  spokesman -> spolesperson

  actress -> actor

  manpower -> workforce, personnel, workers, human resources

  housewife -> homemaker

  など

投稿: 補足 | 2006年4月20日 (木) 20時11分

追記

正月の一般参賀に何回も行っていますが、
天皇一家が出てきて、粛々とするのは一般人。
自称民族派の諸君は、
「君が代」を手を後ろで組んで、体を後ろに反らせて絶叫で歌います。
しかし、彼らにとって
「君が代」
は、神聖なものであるべきものだと思うのです。
自らの思想、精神の根本をなす天皇陛下に対して不敬ではないかと思わせるのです。
しかも、着てくる服は団体の名前の入った紺色のジャンパーではないですか。

もちろん、来ている民族派の中には、きちんと羽織袴、背広で着ている人達もかなりいます。
が前述のような民族派もいるのは間違いない事実なのです。

それが一般参賀での自称民族派の諸君の行動です。
もちろん、「万歳!」はいいのですよ。
しかし、彼ら絶叫民族派の行動は普通に天皇陛下の一般参賀に来た日本国の小市民達の中では異彩を放つ存在なのです。

私は、そういう彼ら自称民族派の見識に辟易するのであります。

一般参賀の絶叫型民族派よ、粛々と
「恥を知れ」
です。

投稿: eric_brea | 2006年2月19日 (日) 10時22分

はじめまして、TBさせていただきました。
天皇もジェンダー論議の議題にのる時代かもw

投稿: eric_brea | 2006年2月19日 (日) 10時02分

  project0さん、ご挨拶有り難うございます。確かに難しい問題ではありますが、私としては廃止してしまうのが一番楽かと思います。個人の家庭であれば誰が跡を継ぐことになろうと何の問題もないわけですが、それを国家が維持する天皇制の場合には色々とややこしい問題が出てきますから。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月14日 (火) 22時38分

TBして頂き有り難う御座居ます.

天皇家,皇族に関する問題は誠に複雑な面もありますが,それだけにSimpleに考えてみる事も重要でしょうね.其れは維持か,或いは一般人となってちょっと有名な方々に収まってもらうかと言う選択肢も含めてですね.

私は維持して行ってもらいたいなと言う考えが強いのですが,更に言うなれば「開かれた皇室」より「閉ざされた皇室」で良いとさえ思うのですが,此の皇室典範絡みの件を含め,色々な方の考えを観る事が出来て,私も成程なぁと思っています.

然し,矢張り此の問題は難しいですね.

投稿: project0 | 2006年2月14日 (火) 22時02分

 Kuantanさん、意味を勘違いしたようで失礼しました。皇太子については権力行使したかどうか、権力者なのかどうかは見解の相違と言うことでご了承下さい。さて、皇太子妃雅子の父小和田恒は日本窒素社長の息子ですね。水俣病が発生した当時は役員であったのか銀行員であったのか分かりませんが、発生後の保障問題で被害者を踏みにじった人だと記憶しています。
 天皇家の後継問題については、それが例えば華道なり茶道の家元騒動の次元であれば別に勝手にすればよいと思います。ところが憲法上も国家機構の一部になっているために、私としては先ず天皇制を廃止してから勝手にすればよいと思います。
 ジェンダーについては素直に学ばせてもらいます。実際何故カタカナ語が氾濫するのか、私としては出来るだけ分かりやすいし表現を心がけていますので「平等」「協働」などで置き換えることが出来ればそれでよいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月11日 (土) 19時01分

genderは普通、文法の性に使う言葉です。英語ではほとんど問題になりませんが、ほかのインドヨーロッパ系の言葉では性による変化が複雑です。

人間の男女の場合は、社会的であれ生物学的であれsexを使うのが普通だと思います。

むしろ、口語でふざけた言い方をするときに男女の性をgenderと言ったりするようです。

カタカナ語の魔術で、耳慣れない「ジェンダー」という言葉を聞いただけで、何か立派なことを言っているように錯覚し、納得してしまう人が多いようですが、日本人にありがちな愚かなことです。

後につく「フリー」はたいてい、「ない」という意味です。前につけば「無料」です。

男女の「性」は英語で言いたいならsexで良いと思います。「フリー」とか言わずに、「平等」とか「協働」とか、言いたいことがわかるようにいえばいいんだと思います。

投稿: Kuantan | 2006年2月11日 (土) 18時38分

それと、もう一つよく考えていただきたいことがあります。

どんな家にも、先祖霊の祭祀というものがあります。唯物論者はどうか知りませんが、誰にも祭祀の権利というものはあります。

祭祀の承継に関しては民法にも規定があります。祭祀の相続は、(遺留分とかは関係なく)被相続人の意思(つまり遺言です)がつらぬかれることになってます。

皇位継承というのは、皇室という非常に古い家の古代から続く天皇家の宗教的な祭祀の継承でもあるのです。

これを、他人である国民が勝手に変えて、誰に継承させなさいと強制していいものでしょうか。それはいわば人権侵害ではありませんか?他人の家の祭祀の相続に口を出し、宗教的な自由を侵害することになりませんか?

本当は皇室の意見を十分聞くべきなのですが、今の憲法ではそれもできません。

そうであるならば、長く続いた男系継承の伝統をいま国民(政治家)の意思だけで変えてしまうことには、ますます慎重になるべきだと思います。

よく読んで、私の言いたいことを理解していただければさいわいです。

投稿: Kuantan | 2006年2月11日 (土) 18時20分

皇太子は権力者だとは思わないですね。どこからそういう発想が出てくるのかわかりません。皇室に権力はないと思いますよ。

私が言ったのはそういうことじゃなくて、もっとわかりやすく言えば、小和田雅子さんのお父さんの小和田恒さんの権勢欲の結果なのではないかということです。
この人は元高級官僚で、水俣病を起こした窒素の役員だったですよね(正確でなければ訂正してください)。十分権力者です。
エリート階段を上り詰めた結果、今度は名声がほしくなったのではないかという、まあ下司の勘繰りです。こういう下品なことはあまり言いたくないので素早く察してほしかったですが。

なんでもかんでも女性が被害者であるかのように言うのは女性に対しても失礼だと思いますよ。

わたしは皇太子は立派な方だと思っています。

憲法改正を天皇制の問題も含めて議論すればいいと思います。

投稿: Kuantan | 2006年2月11日 (土) 18時05分

  Kuantanさん今日は。本当に権力者がストーカーだとどうにもなりませんよね。逃げても逃げても様々な圧力をかけて来て、結局は自分の一方的な重いだけで配偶者の位置を強制したわけですから。
 ジェンダーフリーが和製英語であるとは知りませんでした。色々な定義があるかと思いますが私としては社会的な役割としての性を言うときにジェンダーを使うのだと思っていたのですが。
 天皇制については廃止以外にないと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月11日 (土) 16時42分

「ジェンダーフリー」が話題になっているようですが、この言葉は和製英語ですね。
英語文献を見ていたら、日本のgender-freeを解説していて、まずその意味から説明していました。笑ってしまいましたが。
普通英語で、「何とかフリー」と言えば「何とかがない・免れている」という意味です。
ある国のゲストハウスの門のところに「ココはドラッグフリーゾーンである」と大きく書いてありましたが、もちろん、麻薬を持ち込むなという意味です。
また、普通ジェンダーというのは文法の性などで使う言葉で、男女の問題には「セックス」を使うべきだと思いますよ。
「セックスフリー」というと、「性がない」という意味だろうし、「フリーセックス」というのは「タダのセックス」という意味でしょう。

で、日本で一般に「ジェンダーフリー」と言われているのは「男女平等を求める」、という意味でしょうか。
そうだとすると、皇室の問題には関係ないと思います。
男女平等は、平等原理から導かれるものです。人間はみんな平等である、という考え方です。これを形式的であれ完全に実現している国はないと思いますが。(どの国にも、王侯貴族の特権や人種差別が(人種差別は事実上)制度化されていることが多いと思います。)
平等原理から考えるなら、まずもって、世襲の天皇制が存在することがおかしいと言わなければなりません。
天皇制を廃止せよ、というべきなのに、皇位継承問題などに絡んで男女平等問題(「ジェンダーフリー」)をもちだすのは順序が逆であり、健全な議論ではないと、私は考えます。

投稿: Kuantan | 2006年2月11日 (土) 01時10分

雅子妃は、結婚前は皇太子を毛嫌いし、逃げ回ってたんですよ。
皇太子のほうは相当入れ込んでたようですが。
環境がどれだけ変わるか、それが自分に向いているか、知的な彼女なら理解できたはず。
それでも皇室に入る決断をしたのは彼女の自由意志であり、責任です。
彼女は自身もキャリア官僚でもあり、親もエリートです。

彼女をどう見ても自分に向かない環境に飛び込むことを決心させた背後には、小和田恒氏とそれにつながる人脈があったとみられても仕方がないでしょう。
いったんでも女系に移行すると言うことは、天皇をさかのぼると小和田氏に行き着く皇統ができるということです。

若いうちは日々の欲望をみたせれば幸せですが、年をとると人間は権勢欲とか社会や歴史などより普遍的なものに対する支配欲がますます強くなるものです。
歴史に名を残したいとか歴史を自分のものにしたいということは、若いうちはピンと着ませんが、年を取り物質的な欲望をほぼ満たしてしまうと、本気で考えるようになるようです。

投稿: Kuantan | 2006年2月11日 (土) 00時57分

 護憲的コケシさん、確かに天皇制とどの様に対決するかが日本革命の展望を切り開く一つの重大な鍵だと思います。天皇制をどの様な形であれ容認することは、その背後にある白色テロルに屈服することに繋がると思います。「清水丈夫選集」9巻か10巻がてん90年天皇決戦関連の論文集になっていますので一読されることを進めます。
 「処刑」と言うのは極端な表現だったかも知れませんね。どの様な形で反革命に利用されないようにするかについては今後の課題でしょう。問題は、天皇・天皇制イデオロギーを完全に粉砕できれば生きていても問題はないわけです。
 星影里沙さん、丁寧なご返信を頂き有り難うございます。「言霊」ですか。確かに言葉が物質力を持つことがありますね。それならば尚のこと、反戦平和を願う人々は声を上げていく必用がありますね。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月10日 (金) 15時33分

はじめまして。コメントありがとうございます。

あまり数読んだ方ではないけれども、
読んでみて思い出した次第です。

歴史的事実の否定については
それ以外の主張もを含めて日本人の性質の一語につきそうな気がします。
井沢元彦氏の著書に繰り返される主張ですが、
あれ以上の納得の行く説明には
今のところ出くわしたことがありません。
他にあれば紹介いただければと思っています。

心理でもある話ですが、
悪いほうに考えると事態が悪くなる、
いいほうに考えると事態がよくなっていく。
あの傾向が日本人はとりわけ強いんです。
言葉に出してしまうと
「言霊」の力で、その言葉は本当になってしまう。

思い当たる節って
よく考えるとあると思います。
普段は無意識だから自覚してない方もおられると思いますが。

平和憲法の条文を削除するとどうなるか。
「平和憲法」の言葉が消えるから、
途端に「言霊」が力を失って日本が平和じゃなくなる
天皇が万世一系でないことを認めるとどうなるか。
「万世一系でない」と口にすると
途端に天皇の家系が格が下がったようになってしまう。
それだけは止めなければならない。

歴史の事実が存在するにもかかわらず
それを言葉に出して認めてしまうと
それが既成事実になってしまうから
事実としないためにも
口をふさごうふさごうとする動きが出てくると思います。
理性的ではなく、無意識的感情的に。

日本人も歴史の呪縛からは逃げられていないんですよ。

もっとその性分を
文化の方に思い切り生かして
政治などはもう少し理性的になってもらえると
いいんですが・・・。

投稿: 星影里沙 | 2006年2月10日 (金) 15時04分

 どうも、20代のコケシくんです。

 日本社会で「革命」ができるかどうかは最終的には天皇とどう対峙するかにかかっていると、僕も「日の丸・君が代」の強制問題などの関連するものを含めて見た上で思っています。

 さて、「女系天皇」の問題は、残念ながら「良心的」勢力の間でも「男女平等に沿うから女系天皇は認めてもいい」という意見がちらほら見られます。男系継続にしろ女系容認にしろとどのつまりが「天皇制の存続容認」であるならば、本質は同じです。

 僕は「天皇制の段階的打倒」がもっとも現実的ではないかと考えます。まず、国家権力と皇室の「蜜月関係」を断ち切って天皇を政治の世界から完全に切り離します。その後、皇室廃止の申し立てを天皇家に直接ぶつけて完全に廃止します。そして、アッテンボローさんが仰いますように「清のラストエンペラーのように市井の人として生涯を終え」てもらうのが良いと思います。とはいえ、「存在」している限り利用しようとする反動勢力の攻撃がかかり続けますので、その意味ではいきなり廃止要求を突きつけるほうが良いのかもしれませんね。一方で国家権力との「蜜月関係」を断ち切る時点で事実上の「廃止」になる可能性もあります。

 ただ、初めの記事にありましたように「処刑」するのは、いくら中核派にある程度同調している僕でもあまりいい方法ではないと思います。天皇も「人間」ですし、人間そのものは「敵」ではないと考えるからです。これは「階級を廃止することとは?」という問題であると考えます。なるべく「人」を殺さずして資本・国家権力の「性格」を打倒していくか…僕は常々こう考えていますが、ちょっと甘いでしょうか?

 今回はこれで以上です。それでは失礼します。

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年2月10日 (金) 14時23分

 八比さん初めまして。良い物はよいと言うことで幾つか評価していただいているのですね。どうも有り難うございます。
 警察というのは差別偏見の思想教育が徹底していますから、私を取り調べした刑事だけの問題ではないと思います。そして自分の官姓名を隠したがるのも警察の秘密主義ですね。公になると困るような後ろ暗いことが沢山あるようですから。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月10日 (金) 11時19分

 こんにちは。はじめまして。
 時々見せていただいております。
 私は左ではありませんが、右でも左でもいいものはいいというスタンスで気に入ったところは参考にさせてもらっています。

 さて、この「皮肉」についてですが。
 たとえ皮肉であれ冗句であれ、女性を物扱いするなど、人格を疑われても仕方ないくらいには悪趣味な発言であるのは間違いないでしょう。仮にも公権力を振りかざす者がしかも公務執行中に、あまつさえ納税者に向かって、言っていい事ではないと思います。

 もしその刑事氏が生放送のテレビカメラの前で、自分の実名を名乗った上で、同じ事を何度でも言える、というのなら私も考えを変えますが。

投稿: 八比 | 2006年2月10日 (金) 11時06分

  tin3さん今日は。どうも私は冗談が通じないタイプのようで、時々鬱陶しいと思われることがあります。くそ真面目と言えば良いんでしょうかねぇ、自分でもこんな性格が余裕を無くして鬱病になった下地になっていると分かってはいるのですが、中々治りません。もっと大らかになれたら良いのですけどね。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月10日 (金) 10時50分

皮肉を真に受けて筋違いな反論をすると頭が悪く見られるので気をつけましょう。
「馬鹿には皮肉も通じないのか」と軽く見られてしまいます。

アッテンボローさんの思想にはおおむね同調しているのですが、このように頭の悪い暴言や、処刑だのといった過激な発言を見ると、世間のいわゆる「左翼」といった人たちは穏健左派の私とは相容れない存在なのかなと考えさせられてしまいます。

投稿: tin3 | 2006年2月10日 (金) 03時13分

  朱 厚照さん初めまして。丁寧なご挨拶有り難うございます。お褒めにあずかり光栄です。
 天皇・天皇制って本当は何も整然とした根拠がないのだと思いますね。文字通りの白色テロルと信仰でしかないと思います。出来ればこれを機に存在意義を多くの人が考えてくれればと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月10日 (金) 00時31分

はじめまして。TBさせて頂きました.
こちらのブログは「アツイ」ですねー。これはもちろん賞賛の言葉です。

今回の一連の件で、
天ちゃん制度と、それにこだわる人々の「突込みどころ」がポロポロ表出してきた気がします。

投稿: 朱 厚照 | 2006年2月10日 (金) 00時15分

 怪星人カピア さん、私がこの記事を書いたのは、じつはカピアさんのように天皇・天皇制に対する批判意見を少しでも発して欲しかったからです。天皇制の最大の弱点は、それを信じない、敬わない人々が公然と批判した場合に、白色テロルで押さえつける以外の方法がない点にあると思います。ですから、カピアさんの書き込みは私への声援だと思います。孤立していないことを確信できますからね。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月 9日 (木) 22時42分

どうも、又々お邪魔します。
このテの話題を取り上げたブログを色々見ましたが、目を引いたのが、のじじさんの『ザ・のじじズム』(http://nojijizm.jp)の2月7日のエントリー、『「日本会議はキチ○イ集団」(伏字にしました)』で、まぁ、此方にきたミギ坊君の主張って、此処で取上げられた日本会議系議員のブログの其と同じ様なもの→ユダヤ陰謀論真っ青の超トンデモな代物でしたね。
>紀子「さま」とか言えませんか?無礼ですよ。
あのナマズ男の嫁の事?
>天皇制否定はマイノリティですから、いやなら日本を出て行かれるのが懸命かと思いますが。
へぇ~、世界的に見たら、こんな珍奇な体制の国の方がマイノリティだったと思ったけど、他にそんな国って…あっ、北朝鮮があったっけ。根拠も無く一個人や一族が祀り上げられている国って(いや、こんな事言っちゃいけませんね)。
でも日本の国権って、失政続きの時って、必ず皇室ネタを出してくるんですよね、60年安保の頃から。で以って、『日本人の在り方』ってやつを、民衆に押付けてくるんですな。
然し、今其を騒ぎ立ててる渡部昇一とかウヨ文化人の戯言読み聞きしてると、何だか日本もそろそろ末期に来たか、って感じですわ。
かのミギ坊やには、さだまさしの『案山子』でも聴かせて、寂しいリアル社会での現実を慰めてあげましょうか(あっ、さだもウヨだったっけ)。
下らんコメント、すみませんアッテンボローさん。本題からも外れてしまって。
でも、このテのミギ坊やの戯言見聞きすると、何かチャチ入れたくなってしまうんですよね。
御免なさい。

投稿: 怪星人カピア | 2006年2月 9日 (木) 21時16分

 megumiyazakiさん今晩は。取り調べの刑事はかなり長時間ねちねち言ってましたから、皮肉ではないですね。真剣にそう思っていたのかも知れませんが。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月 9日 (木) 19時36分

「けったいな」トラックバックありがとうございます^^

>「おまえたちは共産手段の共有化なんてことを言っているが、女もみんな共有するんだろ」と言ってのけ、女性を生産手段・道具扱いするという差別発言をしてのけたのである。

コレ、単に共産主義者に対する皮肉だと思いますが。

投稿: megumiyazaki | 2006年2月 9日 (木) 19時14分

 ROMラーさん初めまして。確かに時に礼儀も何も忘れてしまう場合があることは自覚しています。まだまだ大人げない点が多々あるなあと思います。戦士君の記事を紹介したくだりなど別の書きようがあったと思いますので以後出来るだけ気をつけるようにします。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月 9日 (木) 15時19分

アッテンボローさんの記事はいつも好きで拝見しているのですが、主張が対立するものを相手にすると途端に文章に品がなくなるのが気になります。
もっと冷静で丁寧な文章を心がけられてはいかがでしょうか?
相手の主張に関わらず、礼儀というのは重要だと思いますよ。
罵倒した方が勝ちというものではないですから。

余計なことだとは思いますが、以前から気になっておりましたので書かせていただきました。
こういう記事だけ急に人格が変わったようになってしまって、アッテンボローさんの主張にはおおむね同意でもあのような文章ではなんだか反発を覚えてしまいます。

投稿: ROMラー | 2006年2月 9日 (木) 14時45分

 草加さん「男系」だの「女系」だの、本当にどうでもいいことで良く論争出来るなあと呆れますね。共産党のように天皇制に屈服している勢力は別として左翼にとってはどんな形態の君主制にも反対だと思いますが。その辺も飛んでも右翼には分かっていないのでしょうね。
 支持する革命党というか、私の場合は中核派への「片思い」でしょうね。
 天皇一族への処遇については実際問題としては今は空論でしか有りませんが、清のラストエンペラーのように市井の人として生涯を終える可能性もありますね。
 バイトさん、初めまして。良く右翼の主張で「日本から出て行け」というのがありますね。実際「まつろわぬ民」に対する差別排外主義の思想的背景にあるのが天皇制だと思います。
 TAMO2さん、「幻想」確かにそうだと思います。血統書付きの犬やネコをありがたがるのと同じような物かなあって感じてしまいます。「錦の御旗」で何でもされては困りますから、「玉」その物を無くしてしまうのが一番いいと追います。
 最後の部分の冗談ですが、そんな事したら例えばy遺伝子を持つ数百万物人民大虐殺になるからしないと思いますよ。何のための反帝反スタなのか分からなくなりますから、しないと思いますよ。
 一葉さん今日は。女性に対する蔑視は未だにひどい物がありますね。私は専門的に女性誌を勉強したわけではありませんが、どうも明治以降の天皇制による家父長制度の押しつけが女性蔑視や差別を庶民の間にまで広げたのではないかと思っています。
  主義者Yさん、元々権力者達の間では女性を蔑視する思想がありましたが、江戸時代の庶民生活を描いた本などでは庶民の間ではそうでもない部分があるようですね。勿論宗教などで排除している物も沢山ありますが。
 ジェンダーフリーについては何故ああまで右翼が目の敵にするのか下らないと思いますが、やはり思想攻撃なんでしょうね。
 佐倉さん、色々な学習会があったのですね。私も勉強しないと行けないことが沢山あって、でも思うように出来ませんね。二十代に学んだことは覚えているのですが、最近既に老化を感じてしまいます。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月 9日 (木) 13時25分

「共産党宣言」に女性の共有化の話はでてきます。
当方、三里塚での高木徹氏の主催する学習会で「女性の共有化」とはどういうことですか、と尋ねたら、的確な答えがかえってきました。
また、「三里塚農民は小ブルですか(労働者を雇っていないので違うと考えていた)」と尋ねたら「生産手段をもっているので小ブルです」という返事が返ってきたので驚きました。
1985年頃のお話です。

投稿: 佐倉 | 2006年2月 9日 (木) 11時31分

女は穢れたもので神聖性から排除すべきである、という宗教が相変わらず支配層の一角を握っているということなんでしょうね。そこに科学の装いを凝らすのは、まるで「アーリア人種」の優越性を頭蓋骨の形状から立証しようとしたナチ科学のようなものです。
最近のジェンダーフリー・バッシングも、フェミニズム以前の粗野な論理からする政治的攻撃です。
天皇制のあり方という角度ではなくて、バカバカしいけれども、この程度の低い性差別思想をコトバのうえでも押し返す必要があるのかもしれません。

投稿: 主義者Y | 2006年2月 9日 (木) 09時45分

TB有難うございます。

蔑視激しいですよねぇ。
まだまだじいさまばあさまの時代で生きている人は
男子はもちろん女子までも
女は子供を生む道具と考えているでしょう。

その思想に疑問を感じていた人は少なからずいるはずなのにな。

投稿: 一葉 | 2006年2月 9日 (木) 09時39分

天皇制にはそれほど関心はないんですけど一言記念に書いておきます。

天皇制が幻想であるからこそ、父系にこだわるんじゃないでしょうかね。彼らは変に科学とか持ち出すこともないでしょうに。それに、天皇は「玉《ぎょく》」と言って、道具扱いしてきたのは明治時代からの常識ですしね。天皇の上にある、おぞましいものを覆い隠すのが天皇制なわけで。宮家自身が道具ですよ。


それから、どうでもいいけど、革命の暁には天皇を理由に小生を処刑しないでくださいね。y遺伝子は受け継いでないと思うけど、、まあ、そういうことです。

投稿: TAMO2 | 2006年2月 9日 (木) 08時23分

はじめまして。

戦士(慶應)さんのコメントを見てますと、
天皇制とは斯様に民族排外主義の道具にされるのだと納得できますね。

投稿: バイト | 2006年2月 9日 (木) 07時44分

私もこの話題を書こうかと思ってるんですが、その中でも保守派の主張する「男系・女系」って何なんですかね。ほとんど反論つーか、論評にすら値しませんね。
何やら「女系がはさまったら、将来、左翼が『正統な天皇じゃないから無効だ』とか言い出しかねない」なんて大爆笑な主張をしている奴までいて、ほんま、頭痛いです。まあ、こんなの「教祖様が数珠を右手で持つか左手で持つか」レベルの信仰告白にすぎませんから、信心したい奴は勝手にしとれやと。

まあ、私はアッテンボローさんと違って支持すべき革命党を持ちませんから、今や具体的な革命のイメージもありません。あの人らもただの一人の人間として見てしまいますから、処刑よりも同情のほうが先にたってしまいます。自称「ウヨク」の人らは絶対にあの人らを敬ってなんかいないね。単に自己の主張を貫徹するための道具にしか思ってない。

投稿: 草加耕助 | 2006年2月 9日 (木) 05時33分

  戦士(慶應)さん今晩は。別に敬称を付けなくても無礼だなんて思いませんよ。それこそ彼ら彼女らは税金で生活しているわけで、何ら生産的な活動をしていませんから。その辺は全く感覚が違いますね。
 それから現在は天皇制を否定する物が少数であってもいずれ多数派になると思いますから全然気になりませんし、天皇制のない日本で生活したいというのが革命勢力の考えです。日本から出ていく気はありません。
 通行人さん、今晩は。いつもの通行人さんでしょうか?

投稿: アッテンボロー | 2006年2月 9日 (木) 01時54分

慶應に入れなかったからって・・・・そうピリピリすんなって・・・。

投稿: 通行人 | 2006年2月 9日 (木) 01時05分

紀子「さま」とか言えませんか?
無礼ですよ。
天皇制否定はマイノリティなんですから、
いやなら日本を出て行かれるのが賢明かと思いますが。

投稿: 戦士(慶應) | 2006年2月 9日 (木) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/8569526

この記事へのトラックバック一覧です: 女性は道具じゃないぞ !!:

» 1億総小姑 [◆木偶の妄言◆]
紀子さんが妊娠したそうだ(記事)。 何にしろ、誰かに子どもが生まれるというのはおめでたい話なのだが、単純におめでとうといえない昨今の情勢。女系天皇に反対する人たちは、「まずは紀子さま第3子ご誕生まで待つべき」とか言うんだろうなぁ。 で、誕生を待ってみて「待望の」男の子が生まれれば良い。でも、女の子だったらどうするんだろう。「残念ながら女児でした」「待ち望んだ男児ではありませんでした」とか言う輩がいるのだろうなぁ。まるで、「世継ぎ」が欲しい大店の小姑のように。多くの人間に誕生の瞬間、「残念... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 04時07分

» 皇統は「家系」ではない [日付のある紙片]
皇室典範問題に関して、保守派といわれる論客のなかにも、皇統を「家系」であるとし、 [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 04時09分

» 皇室の終わり 日本の終わり [日付のある紙片]
少し前までは、私も、何とかうまく収拾がつけられていくのだろうと思っていた。 いま [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 04時11分

» 雅子さまを甘やかしすぎでは? [日付のある紙片]
雅子さまは歌会始にも欠席されたそうだ。 そもそもこの方、歌など詠めるのだろうか。 [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 04時13分

» 「南朝」問題と皇室典範問題 [日付のある紙片]
私は、いわゆる南北朝問題についてほとんど知識がないから、これから書くことはただの [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 04時20分

» コウノトリとナマズ [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
コウノトリほほ笑む、歌会始に夫婦で詠まれ1か月 と言っても、コウノトリが赤ちゃんを運んでくるというのは、日本の俗説じゃなくてヨーロッパの話。それから秋篠宮ご夫妻がご成婚前にデートされた都内のなまず料理店のナマズも実は外来種なんですね。... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 08時27分

» 紀子さまご懐妊 [彰の介の証言]
 皇室典範改正論議で男系女系とわいわいやっているさなか、紀子様ご懐妊の報が飛び込んでまいりました。失礼とは思いますが、秋 [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 08時32分

» おめでたいことではありますが、もう少し静かにしてさしあげたいところです [ぺぺの部屋]
Excite エキサイト : 社会ニュース まずは、おめでとうございます ですが・・・ 皇室典範の問題を早速持ちだすのはどうかと・・・ あたし個人は「お生まれになったお子様がお元気であれば、どちらでもおめでたいこと」って思います でも、これではもし生まれてきたお子様が 女の子だとわかったときにどう収拾するつもりですか? その女の子が大きくなって、「生まれる前に、こんな議論があった」と知ったらどんな気持ちがする?って想像してみてくださいよ それに自分が雅子さまの立場... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 08時48分

» 皇位継承 [ 反戦老年委員会]
 この問題は、もともと当委員会にとって「どうでもいい」という結論である。しかし秋 [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 09時06分

» そろそろ [ADULT]
秋篠宮妃紀子さま懐妊 第3子、秋ごろ出産予定 紀子様御懐妊の兆候 「ご懐妊」関連銘柄が急騰 東証、コンビやピジョン 私が天皇になったらいいんじゃないかと思っている一葉です。 4人目の孫ですか~ いや、めでたい。 紀子たんに似ますように・・・・;;;; た、たのむ・・・ しかしどうにかして男の子産ませたいという誰かののろいに してやられたんじゃないか と思わずにはいれない一葉です。 ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 09時36分

» 誰が産むんだろ? [寝言日記]
皇室典範改正に慎重論 閣僚からも意見相次ぐ 閣僚って言うけど、言いたい放題の麻生太郎じゃなぁ...男子皇族が生まれないかのような前提で話をしている。もう少し議論が必要だ議論してても、子どもは生まれないし。 麻生の姪が、皇太子か秋篠宮の嫁か側室になるというのはありえるかもしれないけど... 前にも書いたけど、三笠宮も麻生太郎も、机上の法律案に文句言うよりも、実力行使?にでて、男系男子を産んでくれと、自分の身内に強制してみたらいいんとちゃうかな. ---------------- まえは、内親... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 10時40分

» 紀子様ご懐妊 [パーソナルスペース]
秋篠宮紀子様ご懐妊、おまでとうございます。 ソース↓ http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060207/K2006020703130.html さっそく外野が皇位継承順位がどうだの、皇室典範変更反対派はあーだこうだ言ってますがまず何より無事に出産を祈ることが先なんじゃないでしょうか? 今回、ゼミの発表でジェンダーを扱いその中で私達はこの「皇位継承問題」も取り上げ�... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 10時56分

» 日々雑感−月〜水曜日 [世の中の想定外な事]
今週は、先週のライブドアグループの離散がどうなるか、というところが一つの注目であったり、フジの出方がどうなのか、とかが気になりましたが、報道ではあくまでも一部離散の方向性を打ち出し、交渉も開始したとか。 また昨日は、紀子さまご懐妊がトピックスになりました...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 14時02分

» 真実にも目を向ける [世の中の想定外な事]
虚実の判断というのは、そう安易に出来ることではないと思いますが、ライブドア事件を機に耳にするのは、「虚業」という言葉が、まるで無責任に使われているように思えてなりません。日本語の学者さんがこうした風潮をどのように感じられているのか是非ともお聴きしたいもの....... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 14時03分

» 紀子さんに三人目! 秋篠宮の乱か [読んだもん勝ちBLOG]
いやぁ、こういう展開になるとはねぇ!  紀子さんが三人目を妊娠しました。果たして [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 17時46分

» 何故皇室典範を変え急ぐ? [狸議長の寝入り]
先日召集された通常国会で皇室典範を女系天皇を容認するよう変更が加えられるらしいで [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 21時15分

» 最後の一番勝負に出ました<ごかいに~ん> [風信子石]
秋篠宮妃紀子さま懐妊 第3子、秋ごろ出産予定 Excite エキサイト : 社会ニュース 「ご懐妊」関連銘柄が急騰 東証、コンビやピジョン  Excite エキサイト : 経済ニュース 丁と出るか半と出るか 焦点はそこなのか?? そこにしか興味はないのか? 実はこの話にあまり興味が無い。 誰が天皇になるかは、家族会議ででも決められればよいのにと思う。 ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 21時59分

» おめでとうございます。 [ネットの片隅で...]
皇室典範改正が国会で審議されていますが、このニュースで延期になるのかな? Excite エキサイト : 社会ニュース 秋篠宮妃紀子さま懐妊 第3子、秋ごろ出産予定 皇室典範改正よりも、もっとやらなければならない改革があると思います。 ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 22時59分

» 【祝】紀子様御懐妊おめでとうございます。 [レブまで回して。]
このニュースにはビックリした(笑) もう生まれる事ないんやろなぁ〜と思ってたから(;´∀`) でもやる事はやってるのね・・・ 相方がニュースでの紀子様を見て一言。 和やかな顔してるし家族円満って感じだよなぁ〜と。 舅や姑とも上手くいっててダンナともラブラブ[:ラブ:]な(笑) そうでなきゃあんな笑顔は無いやろなぁ。 反面、雅子様はどう思ってらっしゃるんだろ。 相方と話してたんやけど 案外荷が下りてホッとしてるかもよ。と。 でもまだ男の子か女... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 23時35分

» 紀子さんに三人目! 秋篠宮の乱か [読んだもん勝ちBLOG]
いやぁ、こういう展開になるとはねぇ!  紀子さんが三人目を妊娠しました。果たして [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 23時51分

» 絶妙なタイミングのあの話。 [イマドコ?いまここ。]
( ´∀`)・ω・) ゜Д゜)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`) [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 00時09分

» 南北朝ではマズイのか [非国民のチャンネル]
皇室典範の改変は拙速に過ぎると言うさる国会議員によれば、「国民の多くは,女性天皇と女系天皇の違いも理解していない」のだそうだ。 さて、どうなのかな。 [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 01時06分

» 忘れていた事実。 [憧れの風]
今日のネタはコレ。 今国会の改正見送り=皇室典範で首相示唆 ねぇ。 秋篠宮妃紀子様、懐妊されましたな。 3人目。 その影でプレッシャーかける人アリ、 あわてる人アリ。 男の子を一方的に期待する発言は どうなんだろね。 あたしゃ感心しないけれども。 あれも笑ってはいる..... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 02時14分

» なんか微妙 [tsurezure-diary]
秋篠宮妃がご懐妊だそうだ。めでたい、といいたいとこだがなんか微妙。というのも、前にこんな記事書いちゃったからなんだが。(子ども産め産めマシーン) いやいやフツーの庶民の感覚から言いますとですね。上の2人の子どもがもう14歳と12歳ってことでかなり歳が離れているし、子育て卒業というかもうたくさんというかそんな感じでしょう。それをあえて・・・なんか人為的なにおいを感じるんですよ。あくまで個人的... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 14時42分

» 天皇制は我々のこころが支える優れた政治安定化装置 [珈琲ブレイク]
天皇制という国家的財産 女性天皇、女系天皇の是非をめぐる皇室典範改正問題が話題となっている。この問題は、現代における天皇制の意味を改めて問い直すものである。さまざまな立場から、すでに種々の議論が交わされているが、そのほとんどは、わが国の伝統として、文化としての天皇制を論じるものであり、直截的に政治上の機能について述べたものは少ないと思う。ここでは、わが国にとっての、「天皇制の政治的効用」を直截的に考えてみたい。 わが国で天皇制が実際に確立したのは、6世紀乃至7世紀ころだとされる。それ以... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 19時03分

» 秋篠宮紀子妃、懐妊 [虎哲徒然日記]
家族が一人増えるのだから、おめでたいことだ。男の子でも、女の子でも。 ということで片付かないタイミングになった。 年齢的に最も可能性の高い秋篠宮夫妻のおめでたで、一体喜ぶのは誰か? 時あたかも皇室典範改正をめぐる論議がやかましくなってきていただけに、すべ....... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 21時03分

» 国家権力の手足になるだけのマスメディア [とくらBlog]
 体調が悪いので、気になったことだけ。  米国CIAの対日工作については、以前、そぞろ日記さんのところで読みましたが、今日の天木直人さんのメディアを創るでは、「これは超弩級のニュースである。」と始まる『CIAに日本を売った読売新聞の正力松太郎』という記事が書かれていました。小泉、竹中は言うに及ばず、米国CIAの日本工作は我々国民の知らないところで驚くべき広さと、深さで進んでいることであろう。と、ジャパン・ハンドラーズと同じようなことが書いてありますが、これをこのまま、友達に伝えても、また、ネット上... [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 12時36分

» 紀子さんと雅子さんとジェンダー [Make Your Peace]
誰もが驚いた三人目の妊娠で、久し振りに紀子さんが脚光を浴びています。朝日は朝刊の一面に「笑顔やわらか」という言葉を添えて写真を載せていましたが、こうしないと読者のニーズに答えられないんでしょうかね・・・。 それにしても、久々にとっくりと見た紀子さんの表情が、美智子さんにそっくりになっていて驚きました。見事に皇室に適応しましたね。適応できず、そのまんまの適応障害になった雅子さんとは対照的です。 紀子さんは社会に一度も出ることなく、学生のまま結婚して皇室に入りました。男女雇用機会均等法一期生... [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 16時04分

» 皇位継承問題はどうなるのか [カナダ de 日本語]
「人々が笑みを湛えて見送りしこおふのとり今空に羽ばたく」 秋篠宮さま 「飛びたちて大空にまうこうのとり仰ぎてをれば笑み栄えくる」 紀子さま これは、秋篠宮ご夫妻がは今年1月の宮中行事「歌会始の儀」で、ともに国の特別天然記念物である「コウノトリ」を題材に詠まれた歌だが、すでにその時から、紀子さまのご懐妊が噂されていた。 紀子さまご懐妊、宮内庁が正式発表 第3子、9月末にasahi.com 男児が誕生すれば、秋篠宮さま以来41年ぶり。現在の皇室典範では、皇太子さま(45)、秋篠宮さま(40)... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 06時03分

» タイムス、BBCの紀子さま誹謗報道 [日付のある紙片]
他ブログより拝借 『皇室のペテンが再び』@タイムスhttp://blog.goo [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 08時47分

» 憲法上の天皇制を廃止するという選択  「青い目の皇配」を阻止せよ! [日付のある紙片]
私は以前次のような記事を書いたことがある。右からの反発があるかと思ったが、誰も読 [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 10時31分

» 人種の棲み分け [日付のある紙片]
私は、人種・民族は「棲み分け」ができたほうが良いと思っている。異なる人種・民族は [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 17時16分

» 白人はなぜ白人か [日付のある紙片]
進歩主義者や、市民主義者、「地球市民」主義者らは、「白人」というカテゴリーを用い [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 17時23分

» 紀子様御懐妊. [Project Zero]
 秋篠宮紀子様が御懐妊.  本当に御目出度う御座居ます.  此の処,何もかもが偽装だの不正だの,怒りを呼び起こす様な事しかなかった時に,本当に晴れやかなニュースですね.  さて,そうは言っても,此れも重要案件絡みな点も見逃せないのです.御存知,皇室典範改正問題です.  小泉総理が何故か早急に改正したがる此の皇室典範.従来の男系,男子のみを女系,女子も皇位に就ける事を認めようと言うモノなので,色々と議論が交わされていますが.  私は男系,男子に加え,女子の皇位継承も認めて... [続きを読む]

受信: 2006年2月14日 (火) 21時40分

» 皇室典範改正 [徒然なるままに]
これまでこの話題にはふれずにきたのですが、チョト驚く調査結果がありましたので言及させていただきます。 「朝日新聞のモニターだから」と仰る方も多いかと思いますが、個人的な驚きは以下の点です。 女性天皇に賛成ですか? 61% 女性も天皇になれるようにした方がよ�...... [続きを読む]

受信: 2006年2月16日 (木) 02時44分

» 皇室典範改正法案提出断念にみる小泉純一郎の皇室愚弄問題 [ジョージオーウェルよ!]
 巷間、小泉純一郎の皇室典範改正問題が取りざたされている。  自問党内部、民族派からは反対の意見も出てきていたのは当然であろう。  ただ、現在、秋篠宮妃紀子の懐妊の兆候を受けて皇室典範改正法案の提出をためらっているようである。  しかし、考えてもみたまえ。  明治維新以来、皇室という存在は国民の大多数においても、憲法においても、日本国民が作り出した「まつりごと」なのであり、フィクションそのものなのである。 そのフィクションを良いと思うか悪いと思うか、その二元論では語りつくせないということ... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 10時00分

» 女系天皇問題でなぜ側室制度が復活しないのか考えてみる [しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」]
どうもこんばんわ!。 白状しますと、私は天皇制に関しては「左寄り」の人間であります。 インターネットをやってる環境ではありますから、そういう「天皇擁護論」はいろいろ目を通しております。 みなさんの意見をふまえさせていただいてますがね。 この「左寄り」の立場... [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日) 11時51分

» 【石原視察委】当確・謹んでお慶び申し上げます。【皇室コラム】 [【くう特捜部】ログ]
くうたん:当確だぽ。 くう:アヒャヒャヒャヒャ。 くうたん:アイツ、ファイナンスなんて言葉知ってるんでつね。 くう:イヒャヒャヒャヒャ。 くうたん:300万票にとどかなかったのでふね。 くう:ウヒャヒャヒャヒャ。 くうたん:でっち上げると、300万票、としてお....... [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 05時09分

« 帝国主義間争闘戦 | トップページ | BSE 驚くアメリカの実態 »