« 「帝国主義論」その4 | トップページ | うちはだいこ氏への絶縁状 »

2006年2月20日 (月)

反基地世論の成果か?

 沖縄県の下地島空港の利用を米軍が通知していた件で様々な反対の行動が行われていた。琉球新報のサイトによると昨日の時点で米軍は空中給油で燃料補給を行い、実際に下地島空港を利用することなくフィリピンへと去ったという。残念ながら琉球新報の今朝の最新記事はコピペが上手くできなかったので掲載できないが、沖縄タイムスの昨日朝刊の記事を張っておきます。

下地島使用を再通知/きょう午後、米空軍3機
地元「嫌がらせ」

 米空軍嘉手納基地は十八日、事前に通知していた下地島空港への同日の飛来を取りやめ、十九日正午から午後一時までの間の使用を県に再通知した。

 県基地対策課は使用の自粛を口頭で要請。宮古島でも同空港の軍事利用に反対する声が高まり、伊志嶺亮市長は「こちらの反応をうかがうようなやり方で、嫌がらせのように感じる」と強い不快感を表明した。

 同空港をめぐっては、軍事利用の可能性を指摘した航空自衛隊那覇基地司令の発言があったばかり。

 同空港には十八日昼前から抗議のため市民団体や宮古地区労など労組のメンバー十数人が急きょ集まった。十九日には規模を拡大して抗議行動を展開する予定で、司令発言と併せて六団体による抗議声明も発表する。

 県空港課によると、いずれも嘉手納基地所属のHH60二機とMC130特殊作戦機一機。前日通知の空中給油機は含まれていないが、理由は明らかにしていない。

 嘉手納基地からフィリピンのクラーク基地へ行く途中で「天候不良など空中給油のできない場合にのみ空港を使用して給油を行いたい」(同基地)としている。

 十八日昼前に抗議に訪れた下地島空港で宮古地区労の小禄雅夫事務局長は「昨年の旧伊良部町民大会であれだけ大きな反対行動があったのに、住民を無視した軍事利用には強く抗議したい」と語った。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

 追記。2月20日付沖縄タイムス朝刊を転載します。

下地島空港誰のもの? 「軍」わが物顔
通知二転三転結局使用せず

 米空軍嘉手納基地は十九日、事前通知していた下地島空港の使用を取りやめた。同日午前、フィリピンのクラーク基地に向けて同基地を飛び立った米軍機三機が空中で給油を行ったため。結局、下地島空港への着陸はなかった。だが、天候不良などを想定した「予備的通知」の側面が浮上したことに市民、労組団体は警戒感を強めている。三度にわたる使用通知、自衛隊幹部の軍事使用を望む発言など同空港の軍事利用を探る動きが活発化。地元は「住民の意思を無視した米軍、自衛隊の軍事利用は許さない」と反発している。

 この日、米軍が指定したヘリ二機と空中給油機一機の使用時間は正午から午後一時の間。「天候不良など空中給油できない場合にのみ」としており、使用の可能性は低いとの見方もあった。だが、前日に続き予定時間前には宮古本島を含め約二十人が抗議のため集まった。

 正午すぎに同空港事務所に「使用しない」との連絡があった。その後、空港で待機していた市民団体のメンバーらは反対集会を開いた。

 「軍事利用に反対する伊良部住民委員会」の福島正晴委員長は「米軍機が飛来しなかったことはいいことだが、下地島空港は常に米軍、自衛隊に狙われている」と継続的な反対運動の必要性を訴えた。連合沖縄宮古地区協議会の根間修副議長は「政府があきらめるまで粘り強く反対運動を続けたい」と語気を強めた。

 同空港は国と県が交わした「民間以外は利用は認められない」との「屋良確認書」がある。だが、市民団体などは同空港と残地の平和利用が具体的に提示されるまで、軍事利用の不安は払拭できないと懸念している。

 抗議集会で宮古島市の亀浜玲子市議は「平和利用を実現するため議会と行政が一緒に取り組むべきだ」と、平和利用策の早期実現を訴えた。

|

« 「帝国主義論」その4 | トップページ | うちはだいこ氏への絶縁状 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 怪星人カピアさん、本当に困った連中ですね。沖縄の反基地運動の根底に、他国の人を殺すことに協力するのも自分たちが殺されるのも拒否するという立場が存在することを理解出来ないし、しようともしない。そして殆どの場合本土で自分は基地被害に遭わない生活をしている。「自分だけが良けりゃ他人様の命なんかどうでも良い、この身勝手さ」まさに仰るとおり天に唾していますね。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月20日 (月) 20時10分

↑のウヨ君の台詞、何とかの一つ覚え(いえ、此れ差別的言語であるのは知ってますが、敢えて使わせて頂きます)って言うんでしょうね。
米軍の蛮行や自国権勢の棄民的政策に三猿的態度を取る事を、愛国主義と妄想する類が、中国(や北朝鮮等の他国専制)を例にして、悪罵を投げるなど、天に唾するに等しい愚言。
此処で述べられている、フィリピンに関して言えば、同国政府の思惑とは別に、米軍はもう軍事顧問の様な形でしか、介入出来ないらしいです。
反戦の動きは、常に南から来ますね。

投稿: 怪星人カピア | 2006年2月20日 (月) 19時59分

 また愚かなネット右翼が落書きしている。内容も理解できずに脊髄反射で書き込んでいるんだろうな。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月20日 (月) 19時46分

人民解放軍の基地だったら、
文句はないんだろうが、

文句も何も支那で
そんな事言ったら命はないか。

自分だけが良けりゃ他人様の命なんかどうでも良い、
この身勝手さ、
凄いねぇ。

投稿: 佐衛門 | 2006年2月20日 (月) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/8750882

この記事へのトラックバック一覧です: 反基地世論の成果か?:

« 「帝国主義論」その4 | トップページ | うちはだいこ氏への絶縁状 »