« 女性は道具じゃないぞ !! | トップページ | 浪費癖 »

2006年2月 9日 (木)

BSE 驚くアメリカの実態

 

食用禁止の歩行困難牛29頭が食用に…米内部監査(読売新聞)

 【ワシントン=広瀬英治】BSE(牛海綿状脳症)感染予防のため米国内で食用が禁じられている歩行困難な牛が、2004年6月中旬から05年4月中旬までの10か月間に、29頭も食用に処理されていたことが、8日までに、米農務省の内部監査報告書で明らかになった。

 このうち20頭は歩行困難になった原因も特定されておらず、米BSE検査体制のずさんさを改めて裏付ける内容となっている。

 報告書によると、同省監察官事務所が立ち入り検査した12の食肉処理施設のうち2施設で、この違反が見つかった。BSE感染牛は神経症状から歩行困難を示すことがあるため、農務省は04年1月から、原因にかかわらず歩行困難な牛を食用に回すことを禁じている。

 この2施設では監査に対し、「農務省の検査官が、明らかにBSEによるものではないと判断した歩行困難牛を食用に回した」と説明しているが、20頭は歩行困難の原因も記録されていなかった。[読売新聞社:2006年02月09日 11時16分]

 恐るべき杜撰さであると言うしかない。2月5日付の「きっこのブログ」「アメリカの言い分」という記事にアメリカ国民はBSEの危険性について全く知らされていないばかりか、それを告発・報道した元畜産関係者やテレビの司会者が全米肉牛生産者協会から「食料誹謗罪」と言う罪で訴訟を起こされ、マスコミが沈黙してしまったと言うことが書いてあった。それも10年前のことだそうで、それ以後一体どれほどの汚染牛肉が人々の口に入っていたのだろうか。もしかすると禁輸以前に日本に入っていたアメリカ産牛肉によって日本国内でもクロイツフェルト=ヤコブ病が大量に発生するのではないかと危惧してしまう。既にアメリカでは症状がよく似ていて分かりにくいとされるアルツハイマー症の患者が激増しているという。

 都政を革新する会のホームページに、畜産企業で働く労働者の告発が掲載されていたが、現場の労働者が闘いに立ち上がることの重要性を実感する。何よりも実態を一番よく知っているのが現場の労働者なのだから。不買運動というのは大切なことかも知れませんね。吉野家やすかいらーくグループのような企業には是非とも経営危機に陥ってもらい反省して欲しいと思うのです。試食の猿芝居をさせるのもいいかもしれませんが、経営責任者は絶対にしないでしょうね。ブッシュ大統領は自ら牛肉は食べないようにしていると公言しているそうです。結局一番危険なのは、外食産業などで料理の試作品を作ったりその味見をして評価を担当する労働者だと思います。個人では米国産牛肉を避けたとしても日々の労働で大量に食べることを強制されますから。企業防衛主義に取り込まれていては、自分自身の安全も多くの労働者の命も守れなくなるのが現代資本主義の実態と言えるだろう。

 宜しければクリックして下さい。  人気ブログランキング

 追記 トラックバックを頂いた「エヌのブログ」を拝見したところ、毎日新聞では朝刊の一面で報道されていた。サイト上では今日午前一時台にこの記事が掲載されていた。また朝日新聞のサイトでは午後七時台の更新記事として掲載されており、産経新聞では主要記事一覧には存在しなかった。この件に関してはどうやら毎日の特ダネで産経の特落ちのようである。さすがスクープに定評のある毎日新聞と言うところだろうか。

 追記2 2月11日に元々コメントへの返信で書いていたことを都政を革新する会以降の段落に挿入しました。現場の労働者の実態というか危機への心配があるため、記事本体の内容を補強する物と考えています。

|

« 女性は道具じゃないぞ !! | トップページ | 浪費癖 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 イレギュラーずさん、北海道の件は新聞社のサイトで見出しだけは見ましたが記事は読んでいません。でも確か国内で数年前に発生した事例の検証を科学的に行った結果の報道だったと思いますが。
 物の本によると肉牛を成長させるために使用されている飼料をそのままアフリカなどの援助に回すだけで数億の人命が助かるそうですね。安全のため、そして人命救助のために牛肉は贅沢品として我慢するのがよいのかも知れませんね。
 HISAさん、件のブッシュの発言はここのところ有名な「きっこの日記」に書かれていたと思います。耐震偽造問題・BSE問題・ライブドア問題において報道機関よりも核心に迫り、次々新事実を暴露しているサイトですから信憑性はあると思います。
 後半の部分、私に対しては褒めすぎですね。昨日の記事でも一度敵対者だと思った相手に対しては言葉遣いからして下品になっていると指摘を受けています。それと共産党支持者の小川さんの「三四郎日記」との間ではもう一つ建設的に進んでいませんので。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月 9日 (木) 22時36分

 ブッシュは自国の牛肉食べていないのですか?ますます許せなくなってきました。うーん、この問題、しつこく追及していきます。

 立位置が微妙に異なる者同士でも、建設的な意見交換を通じて、反戦平和の輪を広げていきたいです。その点でアッテンボローさん、草加さん、kamakazuさん他皆さんの意見はとても参考になります。

投稿: HISA | 2006年2月 9日 (木) 21時18分

どこぞの牛肉などであっても、食わなくてもいい。ところで、北海道でもBSEが発生しましたが、肉骨粉飼料だったようですね。

まあ、エンゲルスは、「サルが人間になるにあたっての労働の役割」で、肉を食うことは…のようなことをいってましたが、それはやはり牧歌的だったんでしょうね。菜食よりは肉食のほうが効率的に栄養を取れると…でも、その前提が崩れるというか、そこまで、資本主義がエゲツなかった…

どうしても、抗しきれないなら、輸入はしても、すぐ廃棄すればいい。非常に象徴的な出来事になるのではないでしょうか。もっとも、私は「もったいない」の末席にいますが。

投稿: イレギュラーず | 2006年2月 9日 (木) 21時05分

  HISAさん今晩は。不買運動というのは大切なことかも知れませんね。吉野家やすかいらーくグループのような企業には是非とも経営危機に陥ってもらい反省して欲しいと思うのです。試食の猿芝居をさせるのもいいかもしれませんが、経営責任者は絶対にしないでしょうね。ブッシュ大統領は自ら牛肉は食べないようにしていると公言しているそうです。
 結局一番危険なのは、外食産業などで料理の試作品を作ったりその味見をして評価を担当する労働者だと思います。個人では米国産牛肉を避けたとしても日々の労働で大量に食べることを強制されますから。
 「米帝・日帝」届いたのですね。かなりの分量がありますから読むのに時間がかかるかも知れません。
 過去に実際の活動歴があるなしに拘わらず今は少しでも反戦平和を訴えることが重要だと思います。勉強して発言して、そして行動に繋げられたら良いことだと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年2月 9日 (木) 19時53分

■米国産牛肉の件、ひどいものです。
 僕は、「全頭検査を経たものでない限り、米国産牛肉を購入するのは止めましょう」と不買運動の一種のような呼びかけをメールやブログで細々と(笑)実行しております。
 
 先日は、「米国産牛肉全面的早期輸入再開を求める会」という、「どうしても米国産牛肉を輸入販売したい」病に罹っている国内企業の集合組織に対して、「自ら米国各地へ出かけて、米牛ステーキを美味しそうに食べるパフォーマンスを見せてくれたら、消費者の安心感・支持がえられるのではありませんか」とアホなメールを送っておきました。何の返事もありませんが(笑)

■『米帝の戦争政策と日帝の軍事大国化』、届きました。外面が多少日焼けしている程度で、中身は書き込みや線引きなどがなく、比較的きれいなブツが手に入りました。

 1985年の出版なのですね。僕が思想的に一番過激だったピークです。なにしろ、その少し前、1981か1982年、中学入学時の自己紹介で、「世界平和を脅かす中曽根とレーガンを処刑するのが夢です」なんて発言していました。恥ずかしい~!
 その後は、現実に妥協し過ぎて、動揺分子→改良主義者→事なかれ主義サラリーマンに成り下がりました(笑)。

 特定の団体に所属しての「活動」歴はありませんが、気持ち的にはずっと左翼です。
 大学生の時、「活動」のお誘いを幾つか受けたことはあります。
 最初は民青でした。体験入会?していた時に、革マル派からよくちょっかいを受けて、喧嘩ばかりしているのを見て、離れました。その後、その革マル派から、「こっちへ来い」と勧誘されました。丁重に断りましたが、しばらくつきまとわれ、苛められました。kamakazuさん風に言えば「あぅあぅ」でした(笑)。中核派はいなかったですねぇ。

 その後は、一般市民、企業戦士として生活しながら、独学で、左翼方面の勉強を続け、今日にいたります。

 とりあえず、読んでみますね。

 

投稿: HISA | 2006年2月 9日 (木) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/8580216

この記事へのトラックバック一覧です: BSE 驚くアメリカの実態:

» 歩行困難牛が米国産牛肉に混入!! [エヌのブログ]
今朝の毎日新聞を見て唖然とした。米国内の食肉処理施設がBSE感染の兆候とされる歩行困難牛(へたり牛)20頭を原因不明のまま食肉処理していたのだ。 さらに、昨年禁止の指示を出したというが、この目視検査も5〜10%の抽出検査で済ませていた処理施設が33もあったというのだから、米国の検査体制がいかにいい加減なものかということである。 いい加減なチェック体制下にある米国産牛肉の輸入に関して、... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 19時19分

» ■米、へたり牛を原因不明のまま食肉処理 [コレバナ〜裏ヨミ! ニュース・ダイジェスト〜]
米国内の食肉処理施設が歩行困難牛(へたり牛)20頭を、原因不明のまま食肉処理していたことが明らかになった。計29頭の歩行困難牛が食肉処理され、けがなどが原因と確認された以外の20頭は原因が明らかにされていなかった。例の日本人には何とも不可解な「目視検査」....... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 23時35分

» 「へたり牛」20頭が食肉処理、いい加減な米国・・・ [だんなの屋根裏部屋]
米国農務省のBSE対策監査で、歩行困難牛(へたり牛)20頭が食肉処理された事実が・・・。 原因不明の歩行困難牛、いわゆるへたり牛は牛海綿状脳症(BSE)感染の可能性があり、 米国でもBSE感染牛が見つかった直後の2003年12月以降、食用を全面禁止されています。 この20頭は二つの食肉処理場で2004年6月から2005年4月までの期間に処理されたもので、 施設の記録に歩行困難であることの原因が記されていなかったのです。 しかも、牛が歩行可能か判断する目視検査においては、33施設が抜き取り方... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 07時57分

» へたり牛 [かめこブログ]
米国産牛肉 [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 19時00分

» アメリカ牛問題 [瀬戸智子の枕草子]
歩行困難な牛20頭、米で食用に 日本の輸入再開前と言うニュース。 モウ、なんでも [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 20時22分

» 米国産牛肉問題 検査・監査の不手際を政争の具とするな [晴耕雨読]
BSE問題に関して農業情報研究所の記事を紹介します。 こちらの記事もご覧下さい。 米農務省BSE対策監査報告 米国のサーベイランスによるBSE発生率推計は信頼できない 以下 米国産牛肉問題 検査・監査の不手際を政争の具とするな 真の問題は食肉産業の構造改変 より転載  中川農相が1月30日の衆院予算委員会で、昨年12月の米国産牛肉輸入再開に際して閣議決定した米国と畜・食肉処理工場の事前査察を行っていなかったと発言、国会が大揺れに揺れている。民主党は、この問題を、耐震強度偽装、ライブドア事件、防衛施... [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 00時18分

» 要は全頭検査すりゃ済む話よね? [狸議長の寝入り]
アメリカ産牛肉が再び輸入禁止になって久しくなります。歩行困難な牛が食用にされてい [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 22時38分

» 米国BSE牛、ヨーロッパでならパニック?! [晴耕雨読]
米国で今回確認されたBSE感染牛には、見かけ以上に重大な問題が隠されている。 それは、擬似患畜(感染牛と同居し感染の疑われる牛、範囲はここを参照)が全く管理されず、すでに市場に出回ってしまっていたことだ。  擬似患畜にBSEが発見される可能性は、健康な牛の10倍程度かそれ以上だ。2004年、ドイツは検査された1311頭の擬似患畜に2頭、ポルトガルでも1217頭に2頭の陽性牛が発見されている。米国の1牛群に1頭以上の感染牛が発見されるのは「高度に異例」とは保証できない。  しかも、今回のケースは... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 22時05分

« 女性は道具じゃないぞ !! | トップページ | 浪費癖 »