« 24日の賛同人の皆さん | トップページ | 25日の賛同人の皆さん »

2006年3月24日 (金)

非常勤労働者の権利

「非常勤公務員の再任拒否

は無効」東京地裁が初判断

2006年03月24日20時01分(asahi.com)

 任期付きで国立研究施設に採用され、13回の更新を繰り返した非常勤職員(39)が14回目に一方的に再任を拒否されたのは不当だとして、国(現在は民間法人)を相手に職員としての地位確認と未払い賃金支払いを求めた訴訟で、東京地裁の山口均裁判官は24日、職員側の主張を全面的に認める判決を言い渡した。

 労働問題に取り組む弁護士グループによると再任拒否された任期付き公務員の地位確認が裁判で認められたのは初めて。原告代理人の弁護士は「非常勤公務員の立場に理解を示した画期的な判決」と話した。

 原告は89年に国立情報学研究所(現情報・システム研究機構)に任期1年で採用され、更新を繰り返した女性。04年の民営化を前に03年3月、再任拒否された。

 民間では「次も更新できる」という期待がある場合の一方的解雇は「権利乱用や信義則違反にあたる」とのルールが確立しているが、公務員では任用側の裁量が民間より大きいとして認められてこなかった。

 判決は「更新を重ねるたびに増す愛着を職場に生かす重要さは同じ」と述べ、特段の事情がある場合は更新を拒絶できないと判断した。

 ボーッとネットサーフィンしていたら、非常勤公務員の雇い止め解雇を無効とする判決が出たことを知った。民間企業に於いては雇い止め解雇が解雇権の乱用であることは度々判例などによって示されてきたのだが、公務員職場の場合幾つかの解雇撤回闘争、例えば品川臨職闘争などがあるのだが勝利した物がなかった。

 大量の非常勤労働者を抱える郵政の場合にも、雇い止め解雇を巡る争議は幾つか存在している。最新の情報がないので何処の闘いがどの様な展開をしているのかはさっぱり分からないのだが、京都市内の集配局では管理職と懇意にしている人間を採用するために、わざわざベテランの非常勤を解雇した連がある。これはおかしいではないかと解雇撤回闘争を支援した本務者に対しては強制配転が行われた。この件を聞いたのが全逓大津大会であったから既に十年近く前のことだったと思う。私の勤務局の隣の局でも不当解雇があった。

 郵政の場合には短期非常勤と長期非常勤とがあるのだが、長期非常勤についてはわざわざ年度末の一日だけは雇用しないという抜け穴を使って継続任用でないという言い訳をしている。今回のような非常勤公務員の再任用拒否=雇い止め解雇にたいする制限を言い渡した判決が、郵政の現場においても数十万非常勤労働者の権利確保のために活用されることを切に希望する。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 24日の賛同人の皆さん | トップページ | 25日の賛同人の皆さん »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 あおざかなさん、ついにこじ開けた勝利の地平とでも言うのでしょうか。これを機に非常勤公務員の権利が少しでも拡大する方向に向かって欲しいですね。
 怪星人カピアさん、本当に吉報が続きますね。反転攻勢の契機にしたい物ですね。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月24日 (金) 23時35分

こんばんわ。
何だか今日(3月24日)は、中々どうして(金沢の原発運転差止め訴訟での住民勝訴に続いて)良いニュースが続くんですね。
勿論、この間の岩国での事もあるから、次に何が起るか判らないし、油断出来ないですけど、兎に角、負けてばっかりじゃいられないですよね。

投稿: 怪星人カピア | 2006年3月24日 (金) 22時57分

これは画期的な判決ですね。
「画期的」という陳腐なことばを使いたくないくらいすばらしいです。
ついに風穴をあけたという感じです。

投稿: あおざかな | 2006年3月24日 (金) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/9241309

この記事へのトラックバック一覧です: 非常勤労働者の権利:

» アジアの国別農業事情 [晴耕雨読]
 少し前の資料です。アジアの農業は新大陸やEUに比べ一人当たりの耕作面積が少なく、農業人口の多いことが特徴です。IFAPの話題からアジアの農業が抱える問題を見てゆきます。 平成13 年9 月東京でWTO 関係と食料安 全保障の問題について、アジア各国の農業団体幹部等と情報の共有や意見交換を図ることを目的にIFAP アジア委員会が開催されました。  この会議の中で開かれたパネルディスカッションでのパネリストの主張を紹介します。  「WTO 農業交渉に関するアジア農業者の展望」と題した、 韓国、... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 18時01分

« 24日の賛同人の皆さん | トップページ | 25日の賛同人の皆さん »