« 3・14 | トップページ | 無菌室の中の運動 »

2006年3月15日 (水)

法政市ヶ谷弾圧弾劾と支援を訴える

 昨日3月14日に法政大学において、全学連の織田委員長を始めとする29名の学生が逮捕されるという弾圧がありました。法政大学では今年に入って大学当局が学内における学生の立て看板設置やビラ撒きを許可制にすると言いだし、それに抗議するために一昨日、昨日と連続して抗議行動が行われていました。それに対して大学は学生たちに対して「建造物侵入」と「威力業務妨害」と言いがかりを付けて警察に弾圧を要請し、200名もの警官を大学内に導入して不当逮捕を行ったのです。私はこの弾圧が、この間起こっている立川テント村ビラ撒き弾圧・東京都議選における共産党員が政治論議していたところを建造物侵入で逮捕した事件・同じく共産党員が休日に赤旗を配布しているところを公務員による政治活動として逮捕した弾圧等と同じく、言論・表現・思想・良心の自由に対する不当な弾圧であると考えます。

 逮捕の状況を報道しているYahoo!の映像ニュースでは、現在は削除されたらしく見ることが出来ませんが、大学の周囲をデモして戻ってきた学生に対して大学当局が言いがかりを付け、同時に殺到した警察が襲いかかっています。処がデモの先頭には誘導と交通整理のための制服警官がいるのです。デモの経験のない方のために説明しますと、公道をデモする場合には各都道府県の公安委員会に対して事前に申請して許可を取る必用があり、その際にデモの出発地点と解散地点、デモコースを届け出るのです。つまり学生たちは事前に届けてある解散地点である法大キャンパスに入っただけなのです。これが「建造物侵入」の事実です。更に「威力業務妨害」ですが、当初は14日に学内から立て看板を撤去する予定であった大学当局は、抗議行動の前に延期を発表しており、何の作業も行っていませんでした。一体全体何の「業務」が妨害されたというのでしょうか。学生はごく普通に抗議行動をしていただけです。警視庁公安部は学生たちを即時釈放すべきです。大学当局は告発を取り下げるべきです。何の正当性もない弾圧なのです。

 逮捕された学生たちは完全黙秘で闘っているとのことです。彼らの救援のために協力して下さい。マルクス主義学生同盟中核派に結集している学生のみでなく、ごく普通に大学の自治の問題として抗議行動に参加していた法大のノンセクト学生も多数含まれています。全学連への支援に抵抗感のある方は救援連絡センターを通じてノンセクト学生への支援で結構です。支持党派を超えて一人でも多くの方が支援行動に立ち上がって下さることを呼びかけます。マル学同の学生からは既に昨日深夜に弾劾の声明が出されていますので「イスクラ」を参照下さい。激励のメールとカンパを集中して下さい。

振込先: みずほ銀行 飯田橋支店(店番号061)
     口座番号(普)2241872 口座名義 「全日本学生自治会総連合」

メールアドレス mail@zengakuren.jp

救援連絡センター 電話番号 03-3591-1301

郵便振替口座00100-3-105440「救援連絡センター」 3・14法大弾圧カンパとお書き下さい。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 3・14 | トップページ | 無菌室の中の運動 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 あめ男さんトラックバックの件了解しました。記事のナチス親衛隊員の残虐行為について、彼我を分けるだけだったというのが印象に残っています。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月25日 (土) 00時29分

はじめまして。
いつも拝見させていただいております。
ココログの管理画面からはTB送信できていなかったのですが、こちらを確認したら全て送信されていたようです。
お手数ですが、余分なTBの削除をお願いします。

投稿: あめ男 | 2006年3月25日 (土) 00時01分

 丁寧なご意見有り難うございます。色々と考え方の違いを尊重した上で、手を取り合えることでは協調できればよいと思っております。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月22日 (水) 13時30分

 M.Yさんご協力有り難うございます。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月20日 (月) 02時57分

中核派は腹の底から大嫌いですが、今度の件に関しては、法政大学に抗議の意をを表明しました。以上。

投稿: M.Y | 2006年3月20日 (月) 02時52分

 トチローさん早速のカンパ強力有り難うございます。私も金曜に送ったところです。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月19日 (日) 09時48分

 コワルスキーさん初めまして。ようこそお越し下さいました。この弾圧に限らず本当に戦後民主主義が破壊されてしまうかも知れません。共に声を上げていきましょう。
 護憲的コケシさん、マスコミ報道のあり方その物が民主主義に敵対し、権力者に都合の良いプロパガンダになっていると思います。今の有り様を何とかして覆したいと思います。
 動労水戸のストライキ断固支持します。スト破壊弾劾!

投稿: アッテンボロー | 2006年3月19日 (日) 09時42分

 映像見ました。「実は許可をとっていた」ことと、「これまでデモなどに参加したことのない人もいる」ことを考えると、今回の件がますます見せしめ的なものであることは明らかですね。

 フジの報道のし方も頭にきました。シュプレヒコールを「奇声」を呼び、断片的な報道で学生に非があるかのような印象を与えさせる…これが昨年現自民党幹事長の安倍晋三が望む「公正な報道」だとするならば、その正体も暴露されたことになります。それに卒業論文で元「つくる会」会長の八木秀次の『国民の思想』を参考文献の一つとしましたが、巻末に彼がフジの「番組審査役」をやっているとのプロフィールがありました。今もやっているとすれば八木が主張する「左翼勢力の一掃」がこうして実行されていることになります。

 ところで動労千葉の兄弟労組の動労水戸も17日にストライキをしていましたが、当事者2名に対し、スト当日に配転通知を出すという不当労働行為かつ争議権剥奪行為がありました。片方は今回が初めてのスト決行者でした。

 相次ぐ「見せしめ」的な行為を許してはならないとますます思います。

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年3月19日 (日) 01時26分

はじめまして。
パルチノフの友人でコワルスキーと申します。
アッテンボローさんのお話は時々耳にしています。
今回の事件ですが、本当に警察に対して憤りを感じます。
常々、警察が守ろうとしているのは市民の安全な生活ではなく、国家体制であり、奴等は国家体制の保持のためなら市民の安全も犠牲にする。と、考えていますが、立川官舎のビラ撒き弾圧、靖国抗議デモ、そして今回の件でその事を改めて再認識させられました。
全くもってけしからん。
今回の件で、ただ悲しみに浸り、怒るだけではなく、不当に拘束された29人の為に、自分も出来る限りの事をしたいです。

投稿: コワルスキー | 2006年3月18日 (土) 21時55分

  にゃにゃにゃにゃにゃ さんの言われる通り。
 僕自身も、早大事件のとき、変な話だなあという程度の認識だったので、お恥ずかしい限りです。

 昨年、8・15で靖国解体企画のデモから逮捕者が出て、報道では「過激派」と書かれていましたが、実際には、デモなんかしたの初めて~♪という全くのノンセクト氏も逮捕されています。右翼ともめていたわけでもなく、なーんにもしてなかった「ダンボール看板」のそぞろ歩きで逮捕です。

 正直に言って、かつて、中核さんには、かなりの反感がありましたが、そんなことを言っている場合ではない。
 中核派全学連と救援会に、それぞれカンパ送りました。合わせて僕の一カ月の食費分だと言ったら信じるか。まったく次から次へと、たまらんぜ。

 ポムゴレさん、感謝です。
 ニュース映像はこちら↓
http://www.geocities.jp/kamiyo2004/2006..3.14.HoseiDanatu.wmv

 

投稿: トチロー | 2006年3月18日 (土) 10時35分

 にゃにゃにゃにゃにゃさん、全く仰るとおりです。私自身今まで他党派への弾圧に大して沈黙してきたことを反省しています。今後は左翼の大同団結のために自分の出来る限りの努力を傾けたいと思っています。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月17日 (金) 23時05分

 すべては、99年明治大学での解放派現代社派の弾圧事件からはじまっているように、思えてなりません。あの時、学内での情宣に対して「住居不法侵入」で全員が逮捕されて、ああいう形での弾圧が既成事実化された結果として、その後の「立川テント村」事件、共産党への一連の弾圧、そして今回の法政大学弾圧があるように、私は思っています。

 今回の法政大学弾圧では、「現役」「シンパ」「元」を問わず、中核派になんらかの「こだわり」をもつ人達からの「抗議」が表明され、それはもちろん正当なものですが、では99年明治大学弾圧の時はどうだったのかというと、当時の解放派のゲバルト的分裂という状況があったためか、「見てみぬふりをする人達」が多かったように思います。

 海外の左翼と異なった日本の左翼の大きな特徴は「大同団結ができない」こと、そこを公権力に突かれ、99年解放派のゲバルト的分裂に乗じる形で歴史を画する弾圧に踏みこむと、バラバラの左翼を「各個撃破」的に弾圧でつぶそうとしてきている。

 だから私はイスクラで「今は『中核派だ』『解放派だ』『第四インターだ』『日本共産党だ』と言っていられるような、そんな状況ではない」と書いたわけです。

 この時期になっても、「さざなみ通信」に「第四インターは反革命と規定すべき時期だ」とか書くような人間は、左翼の世界から消えてほしい。

 「中核派は嫌いだから、共闘したくない」ということそれ自体は、私は何も言いません。しかし、「共闘したくない」のであっても、公権力の今回の弾圧に対してだけは抗議の声を出してほしい。 

投稿: にゃにゃにゃにゃにゃ | 2006年3月17日 (金) 22時23分

 にゃにゃにゃにゃにゃさん、情報有り難うございます。早速賛同署名を送りました。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月17日 (金) 14時19分

以下、転載大歓迎。

救援会よりの情報です。(AMLより)*******************


キリスト教事業所連帯合同労組です。
救援会が起ち上がり、釈放の賛同署名を集めています。皆さん、ご協力宜しくお願いします。どんどん転載してください。お願いします。
また、これのPDFファイルもありますので、必要なかたは、メールをくだされば送ります。
29名は拘束された時、衣服やめがねまでも奪い取られ、丸裸にされました。官の服を支給されてからも、めがねなどは返してもらっておらず、不当な勾留が続いています。
また、私服刑事は、全員が法政大学の腕章を着けていました。学生の自治を無視した大学当局にも抗議の声を上げてください。

29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会

呼びかけ人
吉川 経夫(法政大学名誉教授 刑法学者)
葉山 岳夫(第二東京弁護士会)
大口 昭彦(第二東京弁護士会)
一瀬敬一郎(第二東京弁護士会)
伊藤えりか(法政大学第一法学部自治会元委員長学生会館学生連盟元理事長)


すべてのみなさん! 3月14日昼、法政大学市ヶ谷キャンパスにおいて、大学当局に抗議してデモを行った学生29人が逮捕されるという信じられない弾圧が起きました。29人の学生の即 時釈放を実現するためにあらゆる力を寄せていただけますよう、心から訴えます。

■学当局に抗議してデモを行った学生たちに、公安刑事200人が襲いかかった
3月14日正午から、法政大学の学生と、その呼びかけにこたえた他大学の学生が、法政大学当局による強権的な立て看板撤去を弾劾して、キャンパス周辺を一周するデモ行進を行いまし た。デモが終わると、「立て看板を規制するな」「ビラまきの自由を守れ」「憲法改悪反対」などと訴えながら 正門からキャンパスに入り、大学当局が立て看板を撤去しようとするのを目の当たりにして、抗議のシュプレヒコールをあげました。その瞬間です。正門から200人もの私服の公安刑事がキャンパスに突入して、学生1人につ き3~4人で殴る・蹴るの暴行をはたらき、羽交い締めや2人がかりでかつぎ上げて機動隊バスで連行していったのです。建造物侵入罪と威力業務妨害罪による逮捕でした。
大学キャンパスに自由に看板を出すこともできなくなり、まわりの学生に自由にビラを配ることができなくなる-こんな不当な大学当局の言論弾圧に対して学生が抗議の声をあげることは、あまりに当然のことではありませんか。
それに対して大学当局が警察を招きいれて、学生を逮捕させて反対の声を一切封じ込めていくなど、どう考えても許されない暴挙です。

■法政大学当局が学生のビラまきや立て看板を規制-これこそ憲法改悪攻撃の実態
ことの始まりは、法政大学当局が2月27日に突如、学生のビラまきや立て看板設置を規制すると打ち出したということです。立て看板の設置とポスターの掲示をすべて許可制にする。 看板の設置場所と大きさは当局が指定する。1団体1枚のみ。教室内のビラまきは禁止モなど事細かに定めた文書 を学生に一方的に提示し、この規制に違反する看板は春休み中で学生がほとんどいない3月14日に撤去すると発表しました。自主的なサークル活動から反戦運動まで、すべてを大学当局の管理と規制のもとにおこうとするものです。
法政大学はこれまで、学生が自由にビラをまき、自由に看板を出すことのできる大学でした。だから法大生は活発にサークル活動を行ってきたし、政治にも目を向けて反戦運動などに取り 組んできました。世の中全体で自由な意見表明が抑圧され、9条改憲まで目の前に迫っている今この時代におい て、このような大学はとても貴重でかけがえのないものです。学生たちは大学で看板設置やビラまきの自由が 奪われたら、戦時中と同じ言論弾圧が社会全体に広がってしまうと危機感を持って、「立て看板を撤去する な」と訴えてデモを行ったのです。

■存在しない「建造物侵入罪」と「威力業務妨害罪」-弾圧は仕組まれていた
29人の学生の逮捕容疑「建造物侵入罪」「威力業務妨害罪」は、まったくの捏造です。
今回の逮捕について共同通信は、警察発表をもとに、「大学側が立て看板の撤去作業をしていた際、活動家らが抵抗したためトラブルになったらしい。大学側が110番した」と報じまし た。しかし事実は、撤去作業の開始に備えてシュプレヒコールで抗議の声をあげていたところに、突如公安刑事 が襲いかか
ったということです。トラブルがあったので110番通報したため、警察がきたなどと描くのは、まったくの事実の捏造です。
さらに重大なことがあります。当日午後5時のフジテレビのニュース番組は、デモ終了時から警察に連行されるところまで一部始終の映像を放映しました。
なぜこの日、フジテレビが正門前に取材に来ていたのでしょうか? 警察から事前連絡があったからです。大学当局と警察が事前に「14日にデモに参加する学生を全員逮捕する」と示し合わせて引き起こされた、まさに仕組まれた弾圧です。
しかもフジテレビのニュースでは、大学当局が制止することもないまま、学生たちが穏やかに学内に入っていく様子が映し出されました。この事態のいったいどこが「建造物侵入罪」に該当するのでしょうか。自分の大学の構内に入ったら逮捕、友人・知人の大学に行ったら逮捕??これほどの暗黒の 弾圧があるでしょうか。

■治安維持法なみの政治弾圧をうち破るため、力を合わせましょう
29人の学生の逮捕は、まさに戦時中の治安維持法弾圧を思い起こさせる、恐るべき政治弾圧です。自由に意見を表明できる大学であってほしいと求める学生たちを、まったくありもしない「容疑」を捏造して警察に逮捕させるなどという暴挙は、どうしても許せません。
私たちは、学生たちを警察に売り渡した法政大学当局に強く抗議します。法政大学当局は今から60年前、戦時体制下で大学からすべての自治と自由が奪われていった歴史を忘れたのですか。まさに大学当局が自らの首を絞める行為ではありませんか。
小泉政権が今国会で成立させようとしている国民投票法案は、公務員や教育者、報道などに対して、改憲反対運動はもちろんのこと、改憲に批判的な主張をすることもいっさい禁じるもの です。また共謀罪の制定も狙われています。今回の弾圧は、昨年12月の立川テント村自衛隊官舎ビラまき弾圧に対する東京高裁の逆転有罪判決と同様の重大な政治弾圧であり、共謀罪や国民投票法制定?9状改憲の先取りです。
「29人の学生を一刻も早く釈放しろ!」-この一点で力を合わせましょう。ぜひとも賛同署名をお寄せください。
法政大学当局と麹町警察署、警視庁公安一課に「29人の学生を一刻も釈放しろ」という声を集中してください。一人ひとりバラバラの警察署に留置されて取り調べを受けている学生たちに、激励の声をお寄せください。
そして救援カンパを寄せてくださいますよう、心からお願いします。
2006年3月15日

◎賛同署名をお寄せください
連絡先 29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会
住所 東京都港区新橋2-8-16石田ビル4階(救援連絡センター気付)
電話 090-4812-7003 FAX 03-3591-3583
E-mail:houdaikyuuenkai@yahoo.co.jp
【3.14法大弾圧救援会の呼びかけに賛同し、29人の学生をただちに釈放することを求めます。】
お名前(フリガナ)

所属団体、職業など

住所

電話

メールアドレス

一言メッセージ

公表 可・不可

◎カンパをお寄せください
振込先 三菱東京UFJ銀行 錦糸町駅前支店
普通 3520695 法大弾圧救援会
◎学生を警察に売り渡した法政大学・平林 千牧総長に抗議電話を集中してください
法政大学総務部 03-3264-9200
法政大学学生部 03-3264-9471
◎警察に抗議電話を
麹町警察署 03-3234-0110
警視庁公安一課 03-3581-4321(代)

投稿: にゃにゃにゃにゃにゃ | 2006年3月17日 (金) 12時25分

 ポムゴレさん私のメールアドレスは、プロフィールをクリックして下さい。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月17日 (金) 02時06分

 ポムゴレさん、どうもありがとうございます。
 ここ、メアドはでないんですね。
 リンク先でOKです。トップページの一番下にメールアイコンがあります。
 どうぞよろしくお願いします。

投稿: トチロー | 2006年3月17日 (金) 01時55分

動画のことはあとでメールでお伝えします。トチローさんのアドレスはリンク先のものでよろしいのでしょうか?

投稿: ポムゴレ | 2006年3月17日 (金) 01時43分

ポムゴレ さん、動画ちょうだいm(__)m

投稿: トチロー | 2006年3月17日 (金) 01時30分

 護憲的コケシさん19日は是非とも救援活動の話題を広げてください。
 希流さん、確かにここで救援運動が盛り上がらなかったら中核派の運動の質が問われますね。
 ポムゴレさん、お名前のタイプミス失礼しました。
 物言えぬ世の中にすることを狙う動きに何があっても抵抗していかねばなりませんね。権力が必死ならこちらはそれ以上の必死さで立ち向かいましょう。
 動画、もし頂けるのでしたら幸いです。唯、ブログへの貼り付けなどの仕方が分からないので掲載できるかどうかは分かりませんが。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月17日 (金) 01時30分

改憲情勢の中で共謀罪新設やら国民投票法案上程やらが狙われている中で、これら悪法を先取りした弾圧だと思います。フジテレビの報道をネットで見たときはもう腹が立って・・・(そもそも何でマスコミがあの場にいたんだ!)。警官が学生に襲い掛かっていく場面などじっとしていられませんでした。
29人逮捕というのは最近では例がないのではないでしょうか。僕はここに権力側の「絶対に改憲してやる、刃向かうものは逮捕だ!」という並々ならぬ「決意」を感じますね。とんでもない時代になったものです。警察は29人をただちに釈放しろ!
「過激派のことなど関係ない」と思うのはあるいは「普通」かもしれません。しかしそういう人には、やはりここでこそニーメラー牧師の言葉を思い出してほしいものです。改憲の日程は刻一刻と迫ってきているのです。

件の動画ですが、僕は保存していますので差し上げましょうか? それとアッテンボローさん、僕のハンドルは「ボ」ムゴレではなくて「ポ」ムゴレなのでよろしくお願いします(細かいことですみません)。

投稿: ポムゴレ | 2006年3月17日 (金) 01時15分

別んとこでも書いたんですが。結局、こういう事態になっても法政の学生がただ横目で黙って眺めている、むしろ、騒がしい連中がいなくなって良かった、程度にしか捉えていないのであれば、そもそも中核派の諸君っていったいどんな学内活動を行ってきたのか?という疑問を抱いてしまいます。法政大学といえば、長らく中核派の拠点校として知られてきたはず。その拠点校で、かくのごとき有様では、運動の質が問われてしかるべし、というところではないでしょうか。いった、どんなオルグを、啓蒙活動をやってきたのか。ただ、自己満足に浸るだけの運動ではなかったのか、そこが問われているのではないか、と思います。どちらかといえば、抗議を、という姿勢の方が、少なくとも周りには多いように感じました。それは当然であるとは思うのですが、同時にこのような状況を作り出してしまったことは、運動そのものの主体的な問題であることも忘れてはならないことではないか、と思うのです。

投稿: 希流 | 2006年3月17日 (金) 01時02分

 トラックバックを確認しました。ありがとうございます。

 激励メールだけでも送ってこの闘争を支持しなければなりませんね。19日は「百万人署名運動」主催の大集会がありますが、この集会でもこのことが問題になると思います。今こそ連帯の時ですね!

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年3月17日 (金) 00時59分

 トチローさん有り難うございます。私も明日にはカンパを送金できそうです。
 護憲的コケシさん。新しい記事が出来ましたらトラックバックし直します。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月16日 (木) 22時16分

 早速のトラックバックありがとうございました。しかし、今回の事件を直接扱った記事をまだ書いていませんので、その記事がアップされたらそちらにトラックバックし直して下さい。

 お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年3月16日 (木) 21時31分

 どうもです。
 もちろん、不当逮捕は不当逮捕です。中核派の行いが云々という話は、今回の問題とは全く別です。妙な書き方となったことをお詫びします。
 中核派が過激派と呼ばれ忌み嫌われていることが、当局と公安をして、不当逮捕を引き起こした。これは、体制側の脈絡です。
 そして、ある一定層の少なからぬ人々が、「中核派ならしようがない」と考えるのもまた事実。これが最も間違った考え方であるのは言うまでもない。始末におえない「良識派」のクズ人間です。生きていないほうが世の中のためになる人たちです。
 実際には、中核派以外の人間がいたと思われるし、中核派は、立て看板ビラ規制に対して、実に正当な行動をしていたのである。逮捕容疑は弾圧以外の何物でもない。

 あの映像は衝撃的でした。デスクトップに保存したのですが、タイトルを付け忘れて、うっかり消してしまいました。
 全ての市民運動は、こうして逮捕しますと言われているようなものです。激怒ものです。
 僕は、こう言わなければなりません。
 この問題に派生する中核派のすべての闘争を断固支持します。


 

投稿: トチロー | 2006年3月16日 (木) 21時10分

 護憲的コケシさん引用大歓迎です。トラックバックもしておきますね。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月16日 (木) 21時08分

 僕のブログでもこの記事を引用させていただけないでしょうか?ブログを通して支援を呼びかけたいので。

 もしくはトラックバックの方法がわかりませんので、それがわかればトラックバックでお願いします。

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年3月16日 (木) 21時04分

 田中大也さん、本当に今の日本は「民主主義」の仮面を次々と脱ぎ捨てていますね。今回のような弾圧が連続していたようで、私自身ニーメラー牧師のでしたか、共産主義者から社民主義者・自由主義者・教会へと広がっていった思想弾圧についての言葉を思い出します。
 トチローさん、私自身は現役時代知りませんでしたが中核派の拠点大学でのノンセクトや他党派にたいする恐怖支配があったようですが、それとこれとは別だと思います。
 大学が学問の自由を守るためには学内での自治を守ることが重要であると思っています。断固抗議していきたいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月16日 (木) 20時17分

 中核派が他派やノンセク相手に襲撃をやっていたとしても、それは、個別に逮捕すれば良いだけのこと。その線からみれば完全な別件逮捕。ほとんど中核罪。
 大学当局は、学内管理で高圧的な姿勢を示したかったこと、暴力問題を起こすメンバーを一掃したかったこと、そして、何か急ぐ理由があったということ。
 つまり、大学当局の側で、別件逮捕に協力する理由が何かあったはず。(これは、革命戦線では暴力は正当化されるという論理と同じことだ、と考えれば納得しやすい) 
 しかし、別件逮捕としての「大学への不法侵入」は、著しくやりすぎ。最悪の蛮行。

 この問題と、立て看板ビラ規制の問題は、違う。もし、本当に、立て看板ビラ規制が目的なら、それは大学当局による学生の恐怖統治である。これも最悪。
 なぜ、わざわざ許可制にする必要があったのか。そこには、ただ「綺麗にしたい」という発想だけがある。ここに重大な規準の問題がある。

 また、「内容は規制外」としても、「掲示方法と期間」の問題は、実は「内容」と同等の「表現の規制」であると考える。
 一般社会と大学内とでは、僕の尺度は少し異なってくる。大学内は、より一層、放任でなければならない。反政府活動人を大学当局がほいほいと差し出したらどうなるか。

 もちろん、自主規制が必要にはなる。学生にその能力がないとしたら、これを育てるのは、最終教育機関としての大学の役割である。あるいは、セクトの役割である。

投稿: トチロー | 2006年3月16日 (木) 18時42分

ご無沙汰しております。法政大学で、前代未聞の弾圧事件があったことを先ほど知りました。

全くもってひどい話です。この国の、「民主主義」の衣は、既に剥がれつくしたのかも知れません。

投稿: 田中大也 | 2006年3月16日 (木) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/9104363

この記事へのトラックバック一覧です: 法政市ヶ谷弾圧弾劾と支援を訴える:

» 緊急!! 市ヶ谷デモに参加した学生たちが全員、弾圧される!! [クリエーター支援&思想・表現・オタク趣味の自由を守護するページ]
緊急連絡!! 三月十四日、全国から集まった学生が市ヶ谷キャンバスから戻ってきたところで、百人単位の警察に包囲され、デモに参加した学生全員(29人)が逮捕されるという事件が起こりました。この、大弾圧は、「威力業務妨害」と、「建造物侵入」の名目で行われましたが、彼... [続きを読む]

受信: 2006年3月16日 (木) 18時00分

» 我々と奴ら [あめ男のブログ]
共産党は法政大学での権力の横暴は無視し続けるのだろうか。中核派活動家29人を逮捕 [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 01時38分

» 国民の政治に対する発言は自粛すべき? [小泉内閣の支持率が一桁台になるまで]
今回の記事は長いです。3つの記事(法政大学生不当逮捕事件、政治的発言、被爆者は自粛を、NHK番組改変・説明「出向いたことに」 担当者が証言)を引用して、国民の政治に対する発言を考えてみたいと思います。 アッテンボローさんの記事「法政市ヶ谷弾... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 13時05分

» 法政大学事件(三四郎の日記)【中核派学生逮捕事件は、学生の自主的な活動に対する不当な弾圧】 [新自由主義をウォッチする]
法政大学事件(三四郎の日記)【中核派学生逮捕事件は、学生の自主的な活動に対する不当な弾圧】 http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/552.html 投稿者 gataro 日時 2006 年 3 月 21 日 19:28:08: KbIx4LOvH6Ccw 法政大学事件 http://blog.goo.ne.jp/yojiro5/e/6abe18... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 23時35分

» 警察のやりすぎ [kb.comのどうでもいいこと]
.comです。  不当逮捕多すぎる。  時間がないので、ソースの紹介だけ・・・。  アッテンボローさんとこの記事。法政市ヶ谷弾圧弾劾と支援を訴える  流し読みだが、ホントにひどい。なんでもデモ終着地に入ったとたん参加者が逮捕されたんだと。  ちょっ....... [続きを読む]

受信: 2006年3月26日 (日) 15時31分

» ファシズムの最初の犠牲者は「表現の自由」 [そぞろ日記]
PSE法問題では大勢の国民が騒いだことで、その問題点がより多数の人に告知され、そ [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 (月) 02時02分

« 3・14 | トップページ | 無菌室の中の運動 »