« 毎日新聞世論調査に異議あり | トップページ | このまま大人にならないで »

2006年3月 6日 (月)

ヘリ基地反対に3万5千

 沖縄タイムス朝刊より

沿岸移設「反対」/普天間代替で県民大会
「頭越し」3万5千人抗議

 日米両政府が合意した米軍普天間飛行場の新たな移設先、名護市キャンプ・シュワブ沿岸部への移設案に反対する「普天間基地の頭越し・沿岸案に反対する県民総決起大会」(主催・同実行委員会)が五日午後、約三万五千人(主催者発表)の県民らが参加して、宜野湾市の海浜公園多目的広場で開かれた。地元の頭越しで決められた移設案を厳しく批判し、沿岸案に反対する県民の意思を真摯に受け止めるよう日本政府に求める決議を採択した。実行委は今月中旬にも上京し、政府に直接、訴える予定。

 主催する実行委は県政野党や労働組合、市民団体などで構成。県政与党は組織的な参加を見合わせ、稲嶺恵一知事は超党派の主催ではないとして、参加しなかった。

 実行委の比嘉幹郎共同代表(元副知事)は「沿岸案反対は県民の総意といってもいい。政策決定のプロセスとして関係市民の声を聞くというのも民主主義の重要な原理。今回の日米両政府の合意形成の際、このような理念が無視または軽視された」と両政府を批判。

 その上で「県民の意思を無視して政策を押し付けるのではなく、話し合ってほしい。県民を無視した日米合意には強く反対する。長期的、大局的視点に立って、沖縄を守るために頑張ろう」と呼び掛けた。

 山内徳信共同代表(元出納長)も「沿岸案を県民は拒否する。今大会をもって、沖縄のマグマが大きく動き始めたことを知るべきだ」と訴えた。

 伊波洋一宜野湾市長は「北部東海岸地域の住民に多くの危険と被害を与える新たな基地を造らせてはならない。海外への普天間飛行場の移設により危険を除去するよう強く求めていきたい」と同飛行場の海外移設の必要性を主張した。

 そのほか大田昌秀、糸数慶子、喜納昌吉の三参院議員、照屋寛徳、赤嶺政賢の二衆院議員があいさつ。移設予定地の名護市瀬嵩在住の住民らが沿岸案反対を訴えた。

 その後、政府で検討がとりざたされている公有水面の使用権限を知事から国に移す特別措置法について地方自治を否定するものとして反対し、日本政府に対して沿岸案反対の県民の意思・総意を真摯に受け止め、米国政府との交渉に臨むよう強く求める大会決議を採択。

 (1)普天間基地の頭越し・沿岸案反対(2)普天間基地の即時閉鎖・早期返還実現(3)在沖米軍基地の北部への集中強化反対(4)日米地位協定の抜本見直し実現(5)県知事の許認可権限を奪う特別措置法制定反対―などの大会スローガンも採択した。

 今回の大会は復帰後、県内で基地問題に関する集会の中で、約八万五千人(主催者発表)が集まった一九九五年十月二十一日の米兵による暴行事件への抗議集会以来の規模となった。また、在日米軍再編の中間報告後、全国各地で開かれている抗議集会で、最大規模。

|

« 毎日新聞世論調査に異議あり | トップページ | このまま大人にならないで »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

  kamakazuさん、そうでしたね。つがるでも新しい軍事施設の計画があるのでしたね。反対運動頑張ってください。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月 8日 (水) 07時28分

沖縄、盛り上がっていて、すばらしい!

当地でも、つがる市(旧車力村)配備予定のXバンドレーダーをなんとかしなければなりません。地元に事後承諾を求めるようなやり方は断じて許せません。

投稿: kamakazu | 2006年3月 8日 (水) 01時02分

 かめ子さん今晩は初めまして。ようこそお越し下さいました。こうやってブログをしていますとかつての知り合いが偶然見つけてくれることもあるようです。かめ子さんが仰るように面識のある方かも分かりませんね。
 諸事情で活動できない方というのは沢山おられるかと思います。私自身病気療養中ということもあり、現実の運動には殆ど参加できていません。ですが心だけは現役で活動している人を応援していきたいと思っています。ですからかめ子さんが今現在具体的行動をなさっておられなくともお気になさらず、来るべき時に備えて学習なさる事で良いのではないでしょうか。
 私はパソコンにあまり詳しくないのでブログしかできないでいますが、サイトを開いておられたのでしたらそれはそれで素晴らしいと思います。再開なさったら教えていただけると幸いです。そしてどうぞ今後とも私のブログを読んでいただけると有り難いと存じます。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月 7日 (火) 00時36分

 怪星人カピアさん今晩は。日米両政府が沖縄の人々に対して新たな基地負担を押し付けようとしていることに怒りを禁じ得ません。出来ることなら私も現地に駆けつけて抗議の声を上げたいのですが、病気療養中と言うこともあり叶いません。でもお互い沖縄の現状に注目し、周囲の人にそれを伝えるだけでもささやかな連帯になるかと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年3月 7日 (火) 00時28分

はじめまして。かめ子と申します。

以前より、某ブログへのコメントを拝読しておりまして、もしかしてかつておめもじしたかたではないかしら?などと感じておりました。

今は無職で就職戦線の過酷さを痛切に味わいつつ、ぼちぼちと地域労組活動をしております。だいぶ昔にサイトを作っておりましたが生活上の理由で放置、最近ようやく再構築しようと動き出しました。

諸般の事情で各方面での行動・活動に参加できずにいるのですが、こちらのブログで情報収集させていただきつつ、自身の思想と行動を深めていこうと考えています。

よろしければ、今後もお伺いさせていただくことをお許しください。

投稿: かめ子 | 2006年3月 7日 (火) 00時27分

どうも、こんばんわ。
5日のasahi.comでも、嘉手納基地の米空軍と自衛隊共同使用に、宮城篤実嘉手納町長が難色を示すコメントを出していました。
米政府と日本国権は、兎に角沖縄を永久不沈空母化したいと目論み、一歩も譲ろうとしません。
こうした無法に対して異を行動で示した人達が八万五千人が結集するとは、正に「沖縄のマグマ」が大きく動いているとしか表現出来ません。
『本土』に居て、生活に追われる今の自分がもどかしいですが、出来る事は、こんな政策を取る国権と世界を蹂躙する米政府を拒否し、社会に訴え続ける事しかありません。

投稿: 怪星人カピア | 2006年3月 6日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/8971478

この記事へのトラックバック一覧です: ヘリ基地反対に3万5千:

« 毎日新聞世論調査に異議あり | トップページ | このまま大人にならないで »