« 2チャンネル糾弾闘争 | トップページ | 味覚障害と2チャンネル »

2006年4月23日 (日)

怒りにまかせて

 昨日「2チャンネル糾弾闘争」を掲載した後、幾人かの方から諌言を頂いた。五つの段落で構成されているのだが、1~3の段落については特に問題がないと思う。だが第四段落と結論である第五段落については調査不足から少々乱暴な論立てになっているようである。「喜八ログ」さんが炎上しているという事実に怒ったあまり、調べが終わっていない段階で記事にしたためである。

 第四段落始めの「2チャンネルとは何か。結論を先に行ってしまえばインターネットの匿名性を利用して莫大な収益を上げる犯罪組織であり、新たな形を持って登場した反革命右翼の運動体である。」という部分は、反2チャンネル運動をしている人々の記事を参照にしながら書いたのであるが、仮説の域を出ていない。2チャンネルが差別排外主義を煽るネット右翼の拠点として機能していることは事実であろうが、管理人西村博之が頭目であるのかどうかについては調査が不足している。そもそもの始まりが差別排外主義を宣伝するために作られたのか、匿名を良いことに差別排外主義者が定着してしまったのかを十分調べることが出来ていない。

 「大量の『プロ固定』と呼ばれるサクラを使い」という部分は存在が疑われているという程度であるかも知れない。反2チャンネル活動家によって、元「プロ固定」の証言などを色々と提示されてはいるのだが、客観的に検証する術を私が持っていない。すると結論に当たる「2チャンネルに対する糾弾闘争とは2チャンネルその物を徹底的に叩き閉鎖に追い込むことである。2チャンネルの管理人である西村博之を表に引きずり出し徹底した弾劾を行うことである。」という部分のどうしても説得力が弱いだろう。

 第四第五の段落については、色々と指摘いただいている事実を参照にしつつより一層の詳しい検証が必用であると思われる。先日来ある人々に対して先入観に基づいて不確定な部分について発言するのは良くないことを主張していたのだが、自分自身が同じ愚行をしている可能性もなきにしもあらずである。一夜明けて省みるに少々そそっかしい部分もあったと思う。2チャンネルが持つ危険性を指摘すること自体は間違っていないと思うが、今後も詳しく調べる必用があるだろう。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

 

|

« 2チャンネル糾弾闘争 | トップページ | 味覚障害と2チャンネル »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ビープさん、確かに左翼の側はネットを軽視しているか力量不足で放置してきたかのどちらかだと思います。本当に左翼的な物を発信していく必用があると思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月27日 (木) 07時21分

それにしても、衰退ぶりがひどすぎませんか?
「組織」「連帯」「団結」というのは左翼の専売特許だったと思うんですが。
だいたい、ネットにきちんと対応していない団体がほとんどなんじゃないですか。

投稿: ビープ | 2006年4月25日 (火) 23時53分

 55年体制の崩壊以来左翼勢力の衰退は目を覆う物がありますね。せめて当時程度の力関係まで持って行くことが出来ればと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月25日 (火) 09時50分

>右も左もあるものか、僕らが見るのは常に上。
>なんて読み人知らずのいい言葉がありますよ。

「上翼」「下翼」とか言っている人のことなら知人でいますよ。しばらく会ってないですが。

ただ、今は左翼がかなり衰退していますからね。
左翼の問題点を指摘しても、あまり意味がなくなってきていますね。
今という時代は間違いなく右翼のものです。

投稿: ビープ | 2006年4月25日 (火) 03時03分

 Crimson さん初めまして今晩は。確かに私の物の見方は左からの物です。ただ考えていただきたいのは右も左も知った人間が左からの味方を選んだのと、どちらか一方しか知らない人間が語っているのとでは全く意味が違うと思います。私自身「イスクラ」でも書いたのですが、中曽根康弘・小沢一郎・小泉純一郎・不破哲三などの著作を読んでいます。色々知った上で自分なりの阪大基準を持った人間でなければ2チャンネルは危険な存在だと思います。
 くるるさんの仰ることは極一部の年少者にしか当てはまらないと思います。偏り無く様々な本物の主張を知らない人間が偏食をするのが2ちゃんだと思うのです。詳しくは最新の私の記事「味覚障害と2チャンネル」をお読み下さい。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月24日 (月) 21時51分

アッテンボローさま
年齢制限には反対です。思想の制限という憲法違反になると思います。

最近思うのですが小中学生レベルでも、前のブログで書かせていただいた、メディアリテラシーなるものを実は持っているのではないか?と考えさせられることがあります。

もしそうであれば、主義主張や思想信条ではなく、自分の正しいと考えたことを自分で判断するという存在になります。

よく就活面接で圧迫面接というのがありますが、これはだいたいが我々学生側の準備不足が原因ということがほとんどです。

これと同じようなことが2chの荒らしやブログの炎上でもあるような感じがするのです。

投稿: くるる | 2006年4月24日 (月) 21時28分

はじめまして、こんばんは。
アッテンボローさんは左側から見てるから右翼の方が傍若無人で危険だと見えるんじゃないでしょうか。端から見てるとどちらもかわらないと思います。
そういえば左翼思想は感情論で主張してもあまり違和感がありませんけど、右翼思想はそれやるとすごく幼稚に見えますよね?
もしかしたらその辺も影響してるのではないでしょうか。

2chの年齢制限は実際問題として不可能ではないでしょうか?
私にはネット自体を完全管理する以外に案が浮かびません。アッテンボローさんはどのような手段を考えているんですか?

投稿: Crimson | 2006年4月24日 (月) 21時14分

 なんだかねえさんのご意見は傾聴に値すると思います。少なくとも、久々さんが言う右も左もと言う見解に対して圧倒的に右の方からの書き込みの方が無礼で傍若無人であると思います。
 ビープさんの書き込みで自らが犯罪者になった場合について書かれていますが、本当に右の方が危ない連中が沢山いると思います。その上でくるるさんの言うように2チャンネルはR指定どころかもっと年齢制限を厳しくすべきだと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月24日 (月) 20時51分

2chで

右も左もあるものか、僕らが見るのは常に上。

なんて読み人知らずのいい言葉がありますよ。

でもあえて右、左と分けるなら中道右派と呼ばれる存在が一番頼りになる存在だと思います。

明治維新も戦後の復興もその存在がなくしては成り立たなかったと思います。そして製造業におけるエンジニアと呼ばれる集団たちの大部分が中道右派に属するでしょう。

人間バランスが大事です。2chもバランス感覚を持った人間が見ればなかなかの情報媒体です。

投稿: くるる | 2006年4月24日 (月) 20時26分

確かに、理論的には「右翼=荒らし」ではないですね。
ただ、今回の件でも言えるように一般に犯罪者には右翼のメンタリティーを持つ者が多いのでどうしてもそういう見方になるのでしょう。

>教育だとか道徳だとか言うわりには、
>他人の掲示板とかブログにずかずかと上がりこんできて
>挨拶もせずに罵詈雑言を書き並べるところです

今回も自らの犯罪性を全く自覚できていないようですね。
「もし、自分が被害者だったら…」などと論じているのですが、とんだお笑いです。
彼らが心配すべきは自分が被告になった場合のことでしょうに。

投稿: ビープ | 2006年4月24日 (月) 20時22分


右翼もピンキリ。
左翼もそうでしょ?

それともウヨクと右翼を分けてる?
だったらサヨクも色々と活躍してるみたいだけど?w


まぁお互いに分かり合える点もあるかと。

アッテンボロー氏は「ゴーマニズム宣言」とか「わしズム」とか読んでいないと思いますけど、対中韓の記事は置いておいて、このごろ増えてきた対米の記事は結構読み応えありますから読んでみてはどうでしょう?
違う人同士で全部が全部一致するわけなんて無いんですし、こういう賛同できる部分だけ読んでみるのも良いと思いますよ。

投稿: 久々 | 2006年4月24日 (月) 18時08分

ウヨクの特徴は教育だとか道徳だとか言うわりには、
他人の掲示板とかブログにずかずかと上がりこんでき
て挨拶もせずに罵詈雑言を書き並べるところです。

ウヨクは道徳や礼儀作法を破壊する不届き者ですね。

投稿: なんだかねえ | 2006年4月24日 (月) 17時34分

 ビープさん、2チャンネルの規模が巨大になりすぎたために管理人自身にも制御不可能になっているかも知れませんね。「喜八ログ」での件は全く同意見です。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月24日 (月) 07時17分

ところで、当該の喜八ログ記事ですが、よく読むと結構笑えます。
荒らしが押し寄せる前のやり取りで、こういうのがありました。

>犯罪的傾向の強い者に限って重い刑罰を要求しているのではないか?との疑念とお見受けいたしました。
>確かに、ネットの書き込みを読んでみると、重い刑罰を要求する側の方に強い攻撃性や他罰性を感じます。
>いわゆる「荒らし」と呼ばれるネットでのマナーすら守れない人たちのこの件での態度がわかればよりはっきりするでしょう。

荒らし諸君は、ご苦労なことにこの説を身をもって実証してしまったわけです。

投稿: ビープ | 2006年4月24日 (月) 02時46分

新たに記事を書かれているとは知らず、失礼いたしました。
私が思うに、2ちゃんねるの管理人たちも書き込みをしているのではないかと。
特に、設立当時はちゃんと管理人と名乗って書き込みをしていたのではないかと容易に想像できます。
ですから、それらの内容を見れば、管理人たちの傾向がわかるように思いますよ。

投稿: ビープ | 2006年4月24日 (月) 02時38分

 なんだかねえさん、正直海外情勢については疎いので階級的な分析が出来る自信がありません。「前進」や「共産主義者」「コミューン」と言った中核派の機関紙も今は定期購読していませんから判断材料にも事欠きます。更に一般紙もロクに読めていませんから、ちょっと荷が重いですね。期待はしないで下さい。
 mireさん、了解です。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月23日 (日) 22時24分

上で私が使った「すべく」の表現は炎上した方が良いという意味ではなく炎上する要素を十分に持ったエントリーであった、という意味です。誤解を招いた感がありますので一応。

こちらの意味でも感覚がずれるとなるとしても特に議論の価値は無いのですが。

投稿: mire | 2006年4月23日 (日) 20時13分

2chよりもアッテンボローさんのネパールについての
コメントを読みたいとリクエストしておきます。
お願いします。

投稿: なんだかねえ | 2006年4月23日 (日) 20時10分

 kuuさん、どうも有り難うございます。
 久々さん、2ちゃんは巨大すぎて全てを把握することが難しいのは分かりました。
 秀さん色々ご教示有り難うございます。簡単にお返事できませんが、もう少し調べて学んだ方がよいと追いました。
 なんだかねえさん、他にも色々あるのですね。
 mireさん、「喜八ログ」が「炎上」すべくしてと言うのは私の感覚とは少しずれます。
 「2チャンネルから子供たちを守ろう」の衝撃が大きかったというのもあるのでしょうね。批判ありきになってはいました。ただ件のサイトなどは巨大メディアに成長した2ちゃんの危険性を知らせる天では他のメディアに対する批判同様存在しても良いと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月23日 (日) 19時50分

冒頭にある「喜八ブログ」ちょっと覗いてみました。炎上すべくして炎上したというのが私の感想ですね。弁護士個人を擁護せずに死刑廃止というあの弁護士の理念のみを擁護すれば十分なのに・・。ここまで燃やすつもりは無いのでこの話題にはもう触れませんが。

>2チャンネルとは何か。結論を先に行ってしまえば(略)

仮説であれ主張を初めに明確にするのは読者に対して主張が明確になるという効果的なレトリックですが、その手法はあくまで文の書き方であって、
証拠を集める前から立ち位置を決めているなんて場合は証拠を集めてもただの「後合理化」を行っていると見られかねません。後の文を見るに気付いているとは思いますが一応ご注意下さい。

2ちゃんねるについて、あそこは教授クラスの知識を持つ人と素人が同じ発言権を持っている場所ですからねぇ。不特定多数の落書き帳みたいなものですから、そこまで頑張る必要があるのか?とは思いますが。

投稿: mire | 2006年4月23日 (日) 19時02分

15chというものもありますよ。
管理人の方は東京の国立大学(電気大)の学生さん
だったと思いますがロフトプラスワンにもたまに
出演されていると思います。
15chは左翼にわりと近いほうへ持っていけるのでは
ないでしょうか。15chは経済板が有名です。

投稿: なんだかねえ | 2006年4月23日 (日) 18時59分

2チャンネルについては、その対象があまりにも膨大で多様であるためにひとくくりにすることが難しいのではないかと思います。

いわゆるネット右翼と呼ばれるものたちの行動を考えてみたことがありますが、これは思想的には右翼とは余り関係がないようです。むしろ、学校などにおけるいじめの現象によく似ているように感じました。

板倉聖宣さんは、いじめは正義感から生まれると語っていましたが、相手にダメージを与えるような書き込みをしている者たちも、すべてが愉快犯的なものでもなく、また悪意に固まった者たちだけでもなさそうです。もちろん、そのような者もいますが、多くはもっと単純な正義感で行動しているような感じがします。

社会学者の内藤朝雄さんは、中間集団全体主義というものがいじめのメカニズムに大きく働いているという仮説を提唱していました。ブログを荒らしてくる集団を観察していると、このような中間集団全体主義を感じるところがあります。

全体主義的な集団は、そこで通用する価値規範を共有しているので、容易に同じ行動を取ることが見られます。だから、その価値に反する言説などを見たら、それを否定する行動こそが正しいという信念の基に行動するのではないかと感じます。

2チャンネルは、対象としての集団があまりにも大きいので、「ネット右翼」として、ブログを荒らしてくるように見える中間集団を分析することの方が実態を正確に把握出来るのではないかと思います。

ご紹介していたブログも読みに行きましたが、あそこでは感情に流されるような言説が数多く見られました。冷静に考えて議論をするよりも、ベタに感情を表出しているような言説がブログを荒らしているように感じました。この感情に流されるという特徴も、「ネット右翼」として語られている中間集団の特徴ではないかと思います。

投稿: | 2006年4月23日 (日) 16時13分

とりあえず一番バカ(と言っても悪いことではありませんよ?)やってるこの辺でも見てみたらどうでしょう。
ただの雑談しているだけですよ。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/
http://news4vip.livedoor.biz/
http://www.nyasoku.com/
vip板とかは、こういうまとめのサイトが多々ありますから、調べるときはそういうサイトを探すことをお勧めします。
人が多すぎて専用ブラウザを使わなければならない場合もありますし、第一全てを見ることなんて不可能ですから。

2chの板は沢山ありますから、全部が全部悪とか善とかではありません。
糾弾するならばどこの板か、それのどのスレでどのような発言があったか、具体的に示したほうが良いと思います。

投稿: 久々 | 2006年4月23日 (日) 15時10分

自身の過ちを認め、反省する姿勢に好感が持てます。今後もご活躍を。

投稿: kuu | 2006年4月23日 (日) 14時44分

自身の過ちを認め、反省する姿勢に好感が持てます。今後もご活躍を。

投稿: kuu | 2006年4月23日 (日) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/9719170

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りにまかせて:

» 極めて危険なクリル列島 [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
カムチャッカ地震でけが人、学校など崩壊 (朝日新聞) - goo ニュースについて。  21日午前8時25分ごろカムチャツカ半島の北東付近(コリヤーク自治区イリプイルスキーの北東205キロの地点)を震源とする,震源の深さが43km,M 7.7 の地震が起こりました。カムチャツカ州について詳しくは このページ が分かりやすいと思います。  ただ,この紹介ページに出ていないのが,カムチャツカ... [続きを読む]

受信: 2006年4月23日 (日) 07時50分

« 2チャンネル糾弾闘争 | トップページ | 味覚障害と2チャンネル »