« 訃報と退職の挨拶状 | トップページ | 民主党は労働者党ではない »

2006年4月 6日 (木)

老化の始まり?

 今日から娘達の新学期が始まった。息子は既に一日から年長組になっている。毎年のことなのだが、学年の始めには児童調査票を始めとする各種書類を提出する必用がある。私は字が汚く書類を書くのはあまり好きではないのだが、妻はそれ以上の悪筆なのでたいていの場合私が書くことになる。毎回毎回妻の職場の所在地を聞いたり、携帯電話のメモリーに入っている勤務先の電話番号を確認しながら記入する。結構面倒くさい。

 書類を書いている最中、とても恥ずかしいことに漢字が思い浮かばない常態になった。子供の通う学校の漢字が出てこない。そんなに難しい字ではない。慌てて古い書類を出して貰い、それを見ながら記入した。よくよく考えたら病気休暇に入ってから半年が経ち、休職処分になっているため書類を書かなくなって久しい。民間企業であればとうに解雇されているであろうが、首だけは繋がっている。何にせよ既に約10ヶ月自分で字を書くことが殆ど無い生活をしている。パソコンに向かっているので文書の作成はしているのだが、自分の手で書かないと忘れてしまう物らしい。

 文字だけではない。人名などの固有名詞も時々間違える。今日は或る掲示板に書き込むためにマルチン=ニーメラー牧師のことを検索しようとしたのだが、間違えてメーニラーと打ち込んでいた。後々気がついたのだが、幾ら検索しても出てこないので焦った。結局姓名ではなく名前だけを入力して調べ、それを元に書き込みをしたのだが、その際にも名前を間違えていた。元々私は歴史が得意で日本史も世界史もそれなりの成績を取っていた。俗に暗記科目と言われるように人名地名をどれだけ覚えるかが重要なのだが、それは全然苦にならなかった。それなのに思い浮かばない。間違える。どうやらこれは老化の始まりではないだろうかと心配になる。

 手書きでノートを取ることが脳に刺激を与えるのだろう。もちろんキーボードを叩くために手指を使うのも脳に刺激は与えるはずだが、使う部分が違うらしい。脳に限らず老化は個人差が激しい。80を超えても記憶力が抜群な人もいれば40代50代でも痴呆の兆候が現れる人もいる。私の場合、単に忘れただけと思いたいのだが、このまま療養生活を続けるにしても、何らかの形で鍛え直す必用があるのではないだろうか。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 訃報と退職の挨拶状 | トップページ | 民主党は労働者党ではない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 芸能関係スポーツに関しては興味が無いせいもあって本当に名前を覚えませんね。テレビ自体殆ど見ない者ですから。その分マンガは沢山読んでいますが。どの漫画家はどんな作品を書いている等となるとよく知っていますね。テレビのクイズ番組を見ると芸能スポーツ関連は全く答えることが出来ません。
 習慣の力は大きい物ですね。私も出来る限りHISAさんがされているようにノートを取ることを心がけるようにしようと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月 8日 (土) 02時04分

 いやぁ、僕は36歳ですが、俳優の名前や本・映画のタイトルなど、なかなか出てきません。両親もそうですし、妻もそうです。したがって、我が家の会話においては、土岐さんと同じく、「アレ」「ソレ」の応酬です。いきなり「アレ持ってきて?」何て言われても、サッパリわからず、「ちゃんと固有名詞を言おうじゃないか」と家族同士、気をつけています。
 文字の点では、なるべく書くことが大切なのでしょうね。詳細なノートまではとりませんが、いちおう机の真ん中に常にノートを開いた状態にしており、本を読んだり、ネット画面で気になった用語、思いついたフレーズなどを、ほんと落書き程度ですが、書くようにしています。それから、国語辞書、漢和辞典を身近において、なるべく引くことですね。中学生の頃、国語の先生に言われたことを再びやっているようなものです。
 ※法大不当逮捕事件のメール、いただきました。織田君の文章に、熱いものを感じました。引き続き、遠くから支援させていただきます。

投稿: HISA | 2006年4月 8日 (土) 01時11分

 久々に覗いた人さん、そうですね。子供がDSを持っていますからソフトだけ買えば出来ますので考えてみます。
 セクトNo7 さん、仰るとおりですね。確かに暗記だけではいけませんよね。歴史の流れを原因と結果として因果関係を通じて覚えないといけませんね。
 痴呆症の老人に関しては妻から愚痴をしょっちゅう聞かされていますのである程度は介護の大変さを知っているつもりですが、実際に経験したら更に大変でしょうね。
 出来るだけ時間を作って勉強することと外を出歩くようにします。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月 8日 (土) 00時25分

一言忠告です。社会は暗記科目ではありません。確かに人名地名は覚えなきゃなんないけれど、それをどう繋げるかが重要なんです。
たとえば産業革命とペリー来航はどちらが先かという問題では、産業革命が何年でペリーは?という問題の立て方は中間期末は乗り越えても、模試や入試問題では覚えきれるものじゃありません。
ペリーは黒船でやってきた。黒船は蒸気で走っていた。産業革命は蒸気を動力源としている。だったら蒸気機関ができて、すぐに蒸気船が作られるなんて「ありえない」と言う結論が出ます。想像力と論理的展開ですね。

こうやって繋げていくのが社会の勉強だと思います。が、今の学校社会はおもしろくないのが良く解ります。もっとも、今年のセンター試験で世界史は82点でしたから、たいしたことないのですが。ま、ブランクがあったにしては「まあまあ」と自慢しときます。

ボケ防止には趣味を持つことでしょうね。仕事一筋とか一つのことしかできないのは、少しでも動けなくなったときが、アウトの瞬間とでも言いますか?
少し動けるボケは大変ですよ。夜中に30分ごとに喚きだしてうろつきまわります。眠れたもんじゃありません。あんときは、肉親でも殺意を持つでしょうね。
経験済みです。

字は書かなきゃ忘れますよ。ただそんだけ。

ブログも良いけれど一番大切なことは、外の風にあたって自然を感じ人と触れ合うことですよ。法政大学の件は一段落ですから、病気を治すことを第一にしてください。
コンピュータからは一日おきくらいに離れることをしたほうがいいのかもよ。

投稿: セクトNo7 | 2006年4月 7日 (金) 22時02分

任天堂派の私からは「脳を鍛える大人のDSトレーニング」と、「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」をお勧めしますww
結構いいですよあれw

投稿: 久々に覗いた人 | 2006年4月 7日 (金) 21時05分

 土岐さん今晩は。体も脳も何事も鍛え続ける努力を怠ると直ぐダメになってしまいますね。思想的な問題でも私は病気をした前後から急速に腐敗した他と思っていますから。それらを取り戻すのは大変です。
 でも土岐さんは50代後半になってからパソコンを色々使われるようになっていますから、その意味では老化防止になるのではないでしょうか。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月 6日 (木) 21時18分

同様の生活を、アッテンボローさんより進行して送っています。
字は何とかなっているのですけれど、固有名詞、名詞が思い浮かびません。(泣)
「ほら、アレ、コレ。」の毎日です。
タ、ハハハ。(ーー;)

投稿: 土岐幸一 | 2006年4月 6日 (木) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/9461094

この記事へのトラックバック一覧です: 老化の始まり?:

« 訃報と退職の挨拶状 | トップページ | 民主党は労働者党ではない »