« 絶対可憐チルドレン | トップページ | 2チャンネル糾弾闘争 »

2006年4月21日 (金)

冬のソナタ

 「いらっしゃいませ、いらっしゃいませ、いらっしゃいませ、本日もようこそ、ようこそ、当プラザへお越し下さいました。ジャンジャンバリバリ、ジャンジャンバリバリ、本日も、出ます、出します、勝たせます。・・・・・」 19~20の時に毎日のようにパチンコ屋で聞いていたのでいまだに覚えている呼び込みの声である。浪人時代、予備校の学費を稼ぐためにパチンコ屋でバイトをしていた。と言うわけで今日はパチンコの話題である。

 私は店員として働いていた関係で、パチンコで負ける人の姿を沢山見てきたから、自分ではあまりする気にならない。ごく稀に、年に一度か二度程度、付き合いか時間つぶしでするくらいである。実は妻がパチンコが好きなのである。以前コメント欄でパチンコについては良く思っていないことを書いたのは、自分の体験と妻のパチンコ好きにもよるだろう。何でも今流行っている台は「冬のソナタ」であるらしい。2週間ほどまえにパチンコ屋に行って、人気があるので打ってきたそうだが、中年女性が殆どだったそうだ。で、驚いたのはその小母さんたちは勝ち負けなど全然気にしていなくて、ただひたすらぺ=ヨンジュンの映像が流れるのを楽しんでいたという。そんなことならDVDでも借りてみればいいのにと思うのだが、何万円もつぎ込んでいながら喜々として遊んでいる人たちばかりだったようである。恐るべし「冬のソナタ」とでも言うしかない。

 妻もたまたま空いていたのが「冬ソナ」の台だったので遊んできたのだが、しっかり嵌ってしまった。攻略雑誌を買って来て研究している。今までにもこんな事があったのだが、目的がまるで違う。上記の小母さんたちと同じで、勝つことが目的と言うよりペ=ヨンジュンの映像を最後まで見るのが目的である。そうまでして何故映像が見たいのかと思う。雑誌をパラパラめくってみたが、元々ドラマの画面をはめ込んでいるだけにしか見えない。それなら先ほども書いたが、DVDを借りればいいと思う。そうしたらしっかり借りてきた。今も私がパソコンに向かうのと背中合わせで見入っている。「冬ソナ」だけではなくて「愛の群像」とやらも借りてきて、今更ながら韓流に魅入られてしまった。別にお隣の国の理解に繋がるだろうから、ドラマを見ること自体は構わないのだが、パチンコだけは程々にして欲しい。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 絶対可憐チルドレン | トップページ | 2チャンネル糾弾闘争 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 土岐さん、久々さん、それがですね、私のたまにする付き合いでのパチンコというのが妻と一緒に行くときなんですが大概負けてかえってきます。それが問題です。もちろん妻もいつもではありませんが負けてきます。無駄遣いしないために財布とキャッシュカードなどは自宅に置いていきますが。
 何でもパチンコの機会の点滅を見ているとアルファー波でしたか言う脳波が沢山出て、一種の脳内麻薬が発生するようなことを聞いたことがあります。パチンコにはまる人というのはそれに依存しているのだと思います。
 「冬ソナ」のドラマは私にも分かりません。

投稿: アッテンボロー | 2006年4月21日 (金) 22時35分

ちゃんと財政と財布の具合を考えてるなら別にパチンコとかやっても問題ないかとー
「ゲーセンやパチンコ自体は悪くない。そこに来ている人間が悪いんだ」
って私の親がいってましたっけ。

悪いけど男で、しかもドラマは推理とかサスペンスくらいしか見なの私には冬ソナの良さがわからないww

投稿: 久々 | 2006年4月21日 (金) 21時23分

結構なお二人で、うらやましい限りです。(笑)

投稿: 土岐幸一 | 2006年4月21日 (金) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/9698240

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のソナタ:

» ペ・ヨンジュン [芸能人・マスメディア名鑑]
1972年8月29日生まれ。韓国人俳優。ソウル出身。日本での愛称は“ヨン様”。身長は180cm、体重は78kg、血液型はO。日本では、テレビドラマ「冬のソナタ」のヒットによりブレイク、「ヨン様」「微笑みの貴公子」のニックネームが生まれ、主に30代以降の世代の女性に親しまれている。... [続きを読む]

受信: 2006年4月24日 (月) 00時27分

« 絶対可憐チルドレン | トップページ | 2チャンネル糾弾闘争 »