« 腎生検 | トップページ | 何故「全逓大改革」か »

2006年5月27日 (土)

ブログ開設から一年

 このブログを開設して既に一年になる。去年の5月26日か27日のことだったと思う。一番最初の記事だけは削除したので残っていないが、現存する一番古い記事を確認したところ27日の物だ。当時は分量も少なく、ですます調で書いていた。いつの間にかだ・である調に変わったのは政治的な問題について書くことが増えたせいだろう。尤も残る最古の記事も「郵政民営化は国有財産の横領」と言う物だから、当初から政治的な課題を書いていた。だが、一番大きな転機は6月3日の「全学連との出会い」で中核派とかかわりがあったことを書いたことだろう。今では党派活動家時代の思い出も沢山書いたし、それに関連して革命的共産主義の立場からの時事問題考察や思想も書いている。もちろんそれらは私の思想の未熟さに規定され、何処まで革命的共産主義が貫かれているかは自分自身疑問である。ある人からは、「愛国心」を巡るコメントの応酬に対して私には「革命的祖国敗北主義」の立場がないとメールで批判されている始末である。いずれレーニンの「社会主義と戦争」についても勉強し直す必用があるだろう。

 職場に復帰したことで、当初のように郵便局の労働条件というか郵政労働者の日常について書くことも増えつつあるのだが、書き方が少々難しい。と言うのはこのブログを読んで下さっている人々は、書き込みやトラックバックから判断すると殆どの方が郵便局員ではないからだ。ついつい職場での業界用語・組合用語を使ってしまい、意味不明の文章になっているのではないかと心配してしまう。組合員向けのビラを書いていたときとは全く違う表現が必用だ。だが、この事は将来私が全逓労働運動を再生し、資本・国家権力と対決していく際に広く大衆的支持を訴えるときには必ず役に立つ経験となるだろう。様々な疑問に対して答えることで、郵便局員以外の人々がどの様に私たちを見ているのか、何を説明する必用があるのかを学ぶことが出来る。郵便局員・全逓組合員向けには無かった配慮を覚えることが出来ている。

 そして今私はもう一つのサイトを開設することを考えている。これは数ヶ月前からの考えなのだが、全逓内部でJPU本部打倒を訴え、「権利の全逓」再生を主張するサイトを作る必用があると思うのだ。もちろんそちらは対象が組合員であり、私も職場や氏名を公表しておく必用がある。今までの私の活動を知る人々に、再び闘いに起ちあがった事を知らせ、共に闘う事を呼びかけるためだ。左上に郵政関連の労働運動のサイトを上げているのだが、本部と真っ向から闘っているのは「郵政マル生粉砕!処分撤回!原職奪還!4・28連絡会」だけである。「伝送便」「郵政ユニオン」は全逓(現日本郵政公社労働組合 略称JPU)に見切りを付けて別組合の運動をしている人々のサイトであるので、基本的な立場が私とは違う。私の職場で直接関係があるのは全逓と全郵政と未組織であるので、それらの労働者を対象としたサイトを作る必要性を感じる。インターネットやサイトに関する知識が不足しているので色々と勉強する必用が有るのだが、出来ればこの夏の大会シーズンに併せて開設する事で闘う労働運動への結集を呼びかけたいと思っている。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 腎生検 | トップページ | 何故「全逓大改革」か »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 通りすがりさん、私は元中核派です。左翼においては共産党だけが「党」ではありませんでして、それぞれが自らを前衛党であるとして正当性を競っています。
 実際人間は生まれながらにして不平等ですから、それだけに機会の均等・結果の平等という二つの考え方のバランスをどう取るかが難しいでしょうね。親がリストラによって貧乏になったために高校を中退する人が増加していますし、その意味では生まれによって将来が左右される世の中というのは、共産主義革命によって帝国主義を打倒しなければいけないと思います。
 本物の共産主義に何処まで近づけるか、個人の努力だけでは結構難しい物がありますので、その点は割り引きつつ読んで下さい。
 

投稿: アッテンボロー | 2006年6月 1日 (木) 23時30分

「党活動」って日共だったんですか?あれはたちが悪いところだと思いますよ。左翼は大体そうでしょうが。

人間て、もともと不平等や特権が好きなところがあるんだと思います。
みんな生まれながらにして、顔も才能も性格も体質も、「異なってる」だけじゃなくて、明らかに「不平等」ですからね。
生まれながらに頭のいい人も居れば悪い人も居ます。
「人間性」とか「人格」は平等だとかいっても、結局、頭脳に宿るある種の性質でしょうから、平等である根拠はあまりないと思います。
この世の中は人間も動物も不平等で不条理なルールの中で生きているんだと私は思っています。

それを前提としてどう「じたばた」するか、はそれぞれの自由だと思いますが。

いまの「左」は、「地球市民」とか言ってごまかす既得権的反体制屋市民主義者ばかりだとと思っていましたが、いまだに本気で「共産主義」を掲げている方がいらっしゃるんですね。
ちょっと驚きですが、機会主義的な市民主義よりはわかりやすくて良いかもしれませんね。

投稿: 通りすがり | 2006年6月 1日 (木) 17時12分

 名無しさん助言どうも有り難うございます。ただどうしても本部方針を体現した労働貴族・ダラ官という者は存在しますので、ある程度個人批判を特定できる形ですることは致し方ないと思います。一般論の方はこのブログで出来るだけ展開したいと思っています。

投稿: アッテンボロー | 2006年5月29日 (月) 22時49分

一般的な労働運動の事を書いている分には問題ないと想いますが、あんーまし、身近な人の事を書くとトラブルの元ですので、御注意なされる事をお薦めします。
過日、私の取引先のバイトが客の事を「きんもー」とブログに書いたが為にドエライ騒ぎになりました。側から見てる分にはこれ程面白い見世物はないのですが、本人および会社は大変です。
私は、関連には自分の周囲の事をブログに描写しないように通達してあります。

投稿: 名無し | 2006年5月29日 (月) 22時34分

 なんだかねえさん、出来る限りこまめに更新していきます。新しいサイトは多分組合員向け専用にすると思いますので、開設しても宣伝自体を組合員に限定すると思います。ですからもし読んで下さるとしたら、丁寧にネットを検索していただいて見つけて貰うしかないと思います。多分個人情報曝しまくりになると思います。
 久々さん、実はそうなんです。このブログやっと一年経っただけなんです。元々インターネット自体党活動の情報漏洩が怖くて常時接続にしたのが除名された時期からです。その後色々なサイトに書き込んでいて自分のブログを持とうと思いました。決定的なのは草加さんの「旗旗」の影響でしょうか。
 おっくんさん初めまして。書き込み有り難うございます。これからもどうぞ宜しく御願いします。

投稿: アッテンボロー | 2006年5月29日 (月) 00時40分

 毎日、ブログ拝見させて頂いております。1周年おめでとうございます。

 これからも毎日更新楽しみにしています。

投稿: おっくん | 2006年5月28日 (日) 23時40分

あら、意外と新しいんですね。
この頃ちょっと忙しくて見る機会が減っていますが、応援してますよ。

投稿: 久々 | 2006年5月28日 (日) 22時34分

これからも毎日更新楽しみにしています。

新しいサイトについては個人情報漏えいにくれぐれもお気をつけください。

投稿: なんだかねえ | 2006年5月28日 (日) 13時24分

 総武線利用者さん今晩は。元郵便屋さんですか。どの様な事情で退職なさったか分かりませんが、今でも郵便局の労働問題に関心を持っておられるのですね。
 私の周囲には「伝送便」関係者が全く居ないので、局員向けのサイトを開設したら全国の状況を知ってもらうために色々と紹介をしないといけないでしょうね。JPUに対する批判も確かに盛り上がっていますが、私の場合どうしても中核派系の訴える「全逓大改革」路線が今でも頭から離れないので、多分その様な内容になると思います。周囲の局全部にビラ入れは出来ませんから、その代わりとしてローカル色の強いサイトになると思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年5月28日 (日) 00時44分

始めまして。いつも楽しく拝見しています。
キッカケは「成田闘争」だったと思います。
私も「郵便やさん」でした。

伝送便の人達はたしかに「全逓」に見切りを付けた人
人ですが大多数は現在も「JPU組合員」も多くいます。
たしかに今の社会では「闘う労働組合」は再生は必要と思います。組織が違っても連帯するのもいいと思います。伝送便の読者の投稿もいろんな組合や主義主張が載っています。なぜか?JPU批判が一番盛り上がっている気がしています。

個人的にセクト色の強い「郵政労働者」のブログに
出会えてとても嬉しいです。
これからも、そして新しいブログの開設に期待しています。

投稿: 総武線利用者。 | 2006年5月28日 (日) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/10268252

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ開設から一年:

» 嘘が通れば道理引っ込む〓いよいよ本性を現し始めた偽装国家アメリカ<共謀罪国会審議に露骨な干渉> [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
今日は少し遅刻してしまったのだが,午前10時少し前にはいつものように階下に降りて靴を履き道路に面した駐車場に出て,タバコに火を点けた.路上には2台ほど車が止まっていてその前にもう一台軽が止まり,中からおばさんのような方が出てきてこちらに向かってきた.私の会社に用があってでないことは直ぐに分かったが,おばさんは私の視線を鋭角に切断しながらまっすぐ隣の会社の玄関先に向かった.隣は10時営業なのでまだシャッターは揚がっていない.二階に登る階段口のドアのカギはかかっていなかったようだ. おばさんはそこに何... [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 01時24分

» 深南部の学校でタイ国歌拒否、イスラム旗掲揚 [日付のある紙片]
日本の学校で「君が代・日の丸」を拒否することは実に簡単なことで、いろいろな方面か [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 16時31分

« 腎生検 | トップページ | 何故「全逓大改革」か »