« 息子が入院(>_<) | トップページ | 勤務時間について »

2006年5月17日 (水)

嫌がらせかな?

 職場復帰にあたり復帰支援委員会決定で三つの条件を付けられていた。一つ目は医師の治療と指導を受け続けることで、何と言うことは無い、病気をキチンと治せと言うことだ。二つ目が軽減勤務と言って、復帰後暫くの期間は8時間労働では無く時間短縮の勤務である。郵便や集配の場合は補助が入るため、実際に負担が減るのだが、貯金保険の外務の場合、今は補助が入ることは無く、一人分の集金業務を短時間でこなすため反って仕事がキツクなる。そのため「軽減勤務」にしないでくれと希望していたが聞き入れて貰えなかった。
 三つ目の条件は今回初めてなのだが、勤務時間中と通勤の際の運転禁止である。田舎で交通機関が不便なので通勤時間が約五倍に増えた。局で使用している自転車で営業活動と集金をするのだが、時間指定のお客さんに対応するためには必死のパッチで走らなくてはならないし、坂を上ることが出来ずに押して歩く事もしばしばである。鈍った体には堪えて筋肉痛が治まらない。
 昼休みは休憩室の長椅子に横になって昼寝しないとしんどい。復帰早々の二日には寝過ごした。しっかり課長に見つかり注意された。今度したら問責の対象だとまで言われてしまう。
 今日は貯金保険課長は出張で不在なのだが、代わりに郵便課長と総務課の課長代理で労務担当の二人が休憩室を覗きに来て、気持ち良く寝ていたのを起こしてくれた。二人で来たのは、もし寝過ごしていた場合には現認して処分を出す為である。
 私も同じ失敗を繰り返すつもりは無いので、休憩に入る前に貯金保険の課長代理に時間を告げて、携帯のキッチンタイマー機能をセットしていた。当然休憩時間内しか寝ていなかった。二日に寝過ごしたのは、実は個人情報保護法の規制で携帯電話の持ち込み許可が降りていなかった為もあった。
 軽減勤務と言い運転禁止と言い、更に今日の現認体制と言い、退職に追い込む為の嫌がらせかと思ってしまう。
 雨の中暑中見舞い葉書のチラシを全戸配布するために休憩時間に20分も30分も遅れて局に戻ってきた集配職員に対しては、そのまま午後の勤務に着かせているのだからお笑いである。労基法が定めた所定の休憩時間すら与えず、私の勤務時間を気にするのだから。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 息子が入院(>_<) | トップページ | 勤務時間について »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 色々とご心配いただいているのにお返事が漏れていました。先ずは法大生への退学処分について何とか弾劾記事を書かなければと思っています。
 職場の状況というのは名無しさんが大変劣悪な状況で労働されていることは分かります。民間ではそれだけ労働者の権利が無視されていると言うことでしょうね。考えていただきたいのはその状況に甘んじるかどうかですね。勿論資本・取引先との力関係がありますから直ぐに労基法を守れと言える状況にないことは若手います。ただ、本来確保されるべき休憩を始めとする諸権利が存在していることについては知っておいていただきたいのです。法規を無視してでも利潤の追求をする、あるいはそもそもその様な労働者保護法制が存在することすら知ろうとしない経営者こそが、資本主義のホントう゛きすが他であって労働者が団結して闘う中でしか人間らしい生活が確保できないのだということを考えて下さい。
 郵便局の場合に顕著なのですが、労働組合が曲がりなりにも権利を主張していた時期には仕事が出来ても出世の道を拒否して現場の一労働者として組合役員を担っていた人々が、方針転換によって完全な労使協調になると次々役員を辞めて出世していきました。やはり団結して仲間と共に生きるという価値観が崩壊すると自分だけを守るために当局にすり寄るしか無くなってしまうのだと思います。しかしながらその様な管理職になりながらも、労働強化に付いていけず病気をしたり本人から希望して管理職を下りる人も沢山出てきています。労組が本来のあり方、労働者の権利・労働条件を守るために資本と闘う組織として再生しない限り、出世しても現場に残ってもますます状況は悪くなるばかりだと思います。
 アメリカの評価が色々出てきていますが、結果権力・資本家の中には確かに階級支配に長けた「賢い」連中が沢山存在しています。しかし、私は労働者の立場ですからアメリカの社会で呻吟している労働者との連帯を追及したいと思います。この事は単純に労組同士の交流をすればよいと言う物ではなくて、お互いの真正面の敵である自国帝国主義打倒の闘いを通じて連帯することだと思います。その意味で中核派が毎年秋の労働者集会で日米韓の闘う労組の交流と連帯を勝ち取っていることは重要だと思います。
 自国の資本家と闘わずしてなんの連帯でしょうか。動労千葉・関生・港合同はそれぞれが資本や国家権力との死闘を通じて連帯を海外へと広げています。闘う者の団結こそが重要です。

投稿: アッテンボロー | 2006年5月21日 (日) 10時27分

>元祖趣味者氏

簡単にすると「アメリカという国家は嫌いだけど、外交などの手腕が上手い人が結構多い」てことでしょう。
私も同じでアメリカのやり方は気に入りませんけど、水面下で上手く交渉を重ね、時には大胆に、時には慎重に物事を運ぶ外交手腕は評価します。

>くるる氏
まぁ半分当たりですかね。
政治に必要なものは政策だけではなく、国民の目を引くパフォーマンスが必要ですからね。
そしてそのパフォーマンスで集まった人を使って、その大きな目標を達成するわけですから。
私たちのようにマイナーなことにも手を出している人間はコツコツとやっていく人を見ていますけど、国民の殆どはそういう人間を見ていないのは現状ですし。

私としては、自分の保身ではなく、国民のことをしっかりと考えている人が好きですかね。

投稿: 久々 | 2006年5月20日 (土) 18時38分

またまた、相すみません。誤植すみません。

あっしの頭が悪いんで、「くるる」さんのはようわからんとです。

投稿: 元祖趣味者 | 2006年5月19日 (金) 22時44分

あのう、同じ短文の連鎖でも「なんだかねえ」さんが言いたいことは理解できるんですが、あっしの頭が悪いんで、「くるる」さんのはようわかんあんとです、あいすみません。

投稿: 元祖趣味者 | 2006年5月19日 (金) 22時41分

別にアメ公は基本嫌いですが、全てを否定する必要はないですよ。優秀ならそれはそれで評価するわけです。

特亜は最悪ですが、だからといって中華料理を否定するわけではないですね。いい物はいいわけです。

アメリカのような国益に傲慢な政治家がたくさんいれば、日本も他の国からなめられる必要がないと思っていますよ。

若いですからね。若いうちぐらいは舐められたら純粋に怒るぐらいのパワーを腹のそこにためておきたいものです。

「他人を見下す若者たち」に関する感想は紹介のエントリーに書き込んでおきましたよ。

投稿: くるる | 2006年5月19日 (金) 22時29分

「他人を見下す若者たち」という本をアッテンボローさんが紹介されていましたが、ある種の人たち、もしくは私自身の心理分析の参考のためにも読む必要があると思いますね。

投稿: なんだかねえ | 2006年5月19日 (金) 19時44分

「アメ公に舐められて無茶苦茶押し付けられるわけで、そこが悔しいといっているわけです」と言っていた人のお言葉とは思えませんが、頭が混乱していらっしゃるようです。

久々さんやくるるさんは大胆な人物評ができるほどよほど頭の優秀な方なんでしょうね。私にはいまいち実感できないですが。

投稿: なんだかねえ | 2006年5月19日 (金) 19時38分

>>久々さんへ

そうですね。大筋そんな感じだと思います。

日本もアメリカのように国益に傲慢な頭のよい政治家が出てきて欲しいものですね。

投稿: くるる | 2006年5月19日 (金) 18時39分

>くるる氏
いえ。流石に救い様のない馬鹿までとは思いませんが……
こんなかんじじゃないですか。

アメリカ
国民の大半が馬鹿。しかし政治家は頭いい。

日本
国民の半数くらい馬鹿、半分くらいは頭いい。政治家は殆ど馬鹿。


中韓
ほぼ全てが救い様の無い馬鹿

投稿: 久々 | 2006年5月18日 (木) 22時32分

私らはクライアントから代金を戴いてるのでその代金以上の満足をクライアントに能える為に働いてるのね。それはまあ結構大変で、欝で死にそうになる時がありますけど、そんな時には「今日はげんきだぁわははははははは」と、嘘でも元気なふりして乗り越えてます。
アッテンボローさんの苦労は理解できますし、同情します。でも、私がどんだけ「大変やねー」って言っても病気が治癒したり、仕事が軽減されるわけじゃないのね。アイデア出して、なんとか切りぬけていって欲しいです。

投稿: 名無し | 2006年5月18日 (木) 20時12分

病気持ち、妻子もちであるアッテンボローさんの状況には心底同情します。

うちも一応、親方が文部科学省ですが基本土曜なし。下手すると休日なしですし、拘束時間は一日13時間以上はあたりまえです。
病気持ち、薬飲みでも容赦ない。普通に実験で月単位で共同実験機関に送られます。

さらに容赦ないのがないのは、前のエントリーでも書きましたが経費削減で人員削減が行われたのです。しかし、就活の一番重要で忙しい3月から5月にかけて地方の共同実験機関とかに送られたりする連中もいました。

職がある分まだいいと思います。下を見てもっとひどい環境にいて、それが普通だと思っている人間もいるわけですから。

とにかくアッテンボローさんの早い回復をお祈りします

投稿: くるる | 2006年5月18日 (木) 19時45分

一部のアメリカ人は頭がいいです。敬意に値する存在です。

それ以外は救いようの無い馬鹿ですよ。

ただ自己実現のためにおこなうバイタリティのすごさは日本人には真似できませんが。

投稿: くるる | 2006年5月18日 (木) 18時10分

>元祖趣味者氏
「いやがらせ」という観点で関連を感じているかもしれないが、やはり話題違い。

とりあえず思うこと。
何処に行っても上下関係があり、ゴマすりをして行かなければいけない社会になった。
アメリカを追い、しかもアメリカの悪い所ばっかりを模倣していた結果でしょうこれは。

ちなみにアメリカでは、昔の日本を見習った社会へ向かって、少しずつ行動しているとか。
悔しいけど、やはりアメリカ人は頭がいい。

投稿: 久々 | 2006年5月18日 (木) 17時30分

名無しさん。アッテンボローさんは今は病気を抱えており、眠くなる薬を飲みながら仕事をしているんですよ。本来なら全快してから復帰すべきところを、家族を養うために病身の身を引きずりながら働いているのです。その辺、思いやりをもたれてはいかがですか?

アッテンボローさんの場合、復帰委員会が動いてくれたということもあり幸運なほうでしょう。

しかし、病気にかかると転落して家族ともども破滅しないといけないとか自殺に追い込まれるとかいう他の会社の現状を当たり前と思わないほうがいいですよ。

もうちょっと病気の労働者やサラリーマンの立場に立って発言されてはいかがですか?

投稿: なんだかねえ | 2006年5月18日 (木) 16時23分

いやー、1件◯万で、決まった休憩時間なんて無い仕事(死事ともいう)してると、何だか信じられないような感想。

投稿: 名無し | 2006年5月18日 (木) 11時25分

ウン十年前から同じようなことを見てそんなことをしてまで管理職に就きたいのかと冷笑していました。嫌がらせを主職務にして恥じることないのかと。
僅かばかりの他人より良い給与とために保身のために公然党員をいじめる人たち。
労組役員から僅かの出世をした現場たたき上げならまだ可愛げがあるものの有数の高学歴者の中にも同類がいました。
そこに組合嫌いの原点があります。組合幹部ほど自己保身優先で労働者をないがしろにする。
自分では恥ずかしながら職場に未練がなく転職を重ねました。

投稿: tatu99 | 2006年5月18日 (木) 08時32分

冤罪だった学生、逮捕監禁されても起訴さえされなかった学生がなぜに退学?

仮に、痴漢をしていない学生が痴漢の容疑で逮捕されたが、その後不起訴処分で釈放されたとしよう。その学生を教授たちが痴漢の容疑で退学処分にしても、道理が通っているといえるのだろうか?

こういう頭の悪いことをする教授ドモは全員辞表を書いて教師の職から退くべきである。

投稿: なんだかねえ | 2006年5月18日 (木) 04時21分

★休憩時間を守っているかどうかの現認、ですかぁ。それも、管理職が2人組みで(苦笑)。嫌がらせですね、これは。ほんと、郵政の職場、想像以上の厳しさのようですね。僕の会社の場合、一人当たりの業務負荷が多くて、労働強化を肌で感じますが、まだ、休憩時間のチェックなんてないですし、PCに向かっての仕事につかれたら、喫煙室へ行って、一服するくらいは、全然問題ありません。だいたい、管理職自身が多忙で、部下たちの細かい行動までチェックしていられません。
★↑元祖趣味さんのコメント、法政大学、たいへんなことになりましたね。大学側が、謝罪どころか、逆に学生のほうを退学にするなんて。僕も情報を集めてみます。

投稿: HISA | 2006年5月18日 (木) 01時45分

てえへんだ、てえへんだ。

(速報)法政大学の暴挙!!

2006年05月17日  文学部教授会が学生3人を退学処分に

 この日開かれた文学部教授会で、冤罪逮捕された文学部学生3人に対して退学処分を下しました。同じ日、処分を受けた学生らは無期限ハンストに突入。なお、文学部は、かかる逮捕を画策した学生部長が所属する部局である。

 もう一人の被逮捕者がいる法学部では、教授会が5月22日(月)に行われる予定。そこで処分を検討するが、退学処分になる可能性が高いという。注目、支援、抗議の声を呼びかけている。

投稿: 元祖趣味者 | 2006年5月17日 (水) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/10115244

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌がらせかな?:

« 息子が入院(>_<) | トップページ | 勤務時間について »