« 付き添い生活 | トップページ | 愚かな息子(-.-;) »

2006年6月22日 (木)

八つ当たり

 ここ数日コメントに返事を書く余力が無い。疲れが貯まり出している。今朝は病院から帰宅して寝てしまい、時間ギリギリに妻にたたき起こされた。
 雨の中集金と勧誘で走り回ったが、思わしい成果は挙がらなかった。唯一明後日の非番買い上げの際に訪問する先が出来たくらいだ。
 夕方集金の計算をしているとき、遅く帰局した同僚が計算に使う補助式紙が無くなっていることについて怒り始めた。私もその式紙がなかったので別の同僚に分けてもらったのだが、その際課長代理に式紙が無くなった事を報告しておいた。だがくだんの同僚は自分が帰局した際になかったのが気に入らないらしく、怒鳴り続ける。矛先が私に向かい、自分だけ書類が有れば良いと言うものでは無い、チームワークを考えろと言う。私が報告した件を話すと、「そんな事知る訳無い」と開き直る。事情も知らずに人を怒鳴り付けるのは止めて欲しい物だ。
 同僚は集金区の削減の影響をまともに受けて、かなりしんどい目をしているのだが、本来怒りは合理化を押し付けてくる局に向かなくてはならない。だが現在の分会長は以前にも書いたがマル生分子であるから、絶対その様な怒りを当局に向けて組織することは無い。自然と不満は弱い立場に有る物に向けられる。病み上がりの私は今現在非常に弱い立場にある。仲間内のいさかい等している場合出はないのだが。まともな労働運動が無ければこの様な仲間割れが起きる。労働者の団結を固めるのが本来の労働組合だ。夏の役員改選では何としても分会長を交代させなければならない。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 付き添い生活 | トップページ | 愚かな息子(-.-;) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 kaetzchenさん、筆坂問題については良く分からない点も沢山あるのですが、共産党の排他性というか独善性を改めて実感しました。尤も革共同・中核派についてもその悪しき傾向はあるようですので他山の石として欲しいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年6月25日 (日) 09時13分

日共の筆坂事件もその典型でしょうね。日教組に代表される労働運動が機能していないために,共産党内部で筆坂バッシングが起こるという。共産党の外から見たらどう見えるか,ということを考えていないのかなと,人ごとながら哀れになります。(^^;)

投稿: kaetzchen | 2006年6月24日 (土) 17時20分

 アントニオさん、確かに日本の殆どの職場で弱者に矛盾のしわ寄せが起きていますの。だからこそ闘う労働運動を何としても再建したいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年6月24日 (土) 08時25分

>不満は弱い立場に有る物に向けられる
>まともな労働運動が無ければこの様な仲間割れが起きる

日本のほとんどの職場の現実ですね。状況を変えていきたいものです。

投稿: アントニオ | 2006年6月22日 (木) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/10635792

この記事へのトラックバック一覧です: 八つ当たり:

» 日本はどうして「独島」が欲しいのか? (再掲載) [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
竹島問題で盧大統領、「日本の挑発に備えた防衛能力を」 (朝日新聞) - goo ニュースについて。  一年半ほど前に書いた記事ですけど,頃合が良いので再掲することにします(手抜きだ)。韓国の独島を「日本の領土」だと言う dementia praecox の重症患者 は排除します。こういうのは早急に隔離しないと,日本が危ない(笑) 病識がないし,どうせラテン語で書いたら読めないでしょうけど。(^^;) # ちなみに,自動... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 17時24分

« 付き添い生活 | トップページ | 愚かな息子(-.-;) »