« 「社会主義と戦争」 | トップページ | 9条守ろう!ブロガーズ・リンクに賛同する »

2006年8月 3日 (木)

8.7アメリカ領事館抗議行動に参加するぞ!!

 来週月曜日18時30分に「しないさせない!戦争協力関西ネットワーク」が主催してアメリカ領事館に対する抗議行動が行われる。黒目さんの「ですぺら」に掲載されている呼びかけによると

8月7日の行動ですが、
「しないさせない!戦争協力関西ネットワーク」による取り組みとなりました。
http://sinaisasenai.net/
集合場所が現地・領事館前に変更となっています。
各方面への連絡などよろしくお願いします。
>>>>>>>>>>>

「イスラエルはレバノン攻撃を即時やめろ !
アメリカはイスラエル支援をやめ、武器・資金提供をやめろ」
         緊急・米国領事館抗議要請行動
 
    とき  8月 7日(月) 18時30分集合
    ところ 米国領事館前
   各団体、抗議文、ハンドマイク持参ください

  しないさせない!戦争協力関西ネットワーク

 連絡先  中北法律事務所  06-6364-0123
        全港湾大阪支部  06-6575ー3131
と言うことである。
 妻に月曜日に大阪で行われるイスラエルによるパレスチナ人民虐殺・レバノン人民虐殺に対する抗議行動に参加して良いかと尋ねたところ、当日の勤務から私が参加しても子ども達の夕食の支度は大丈夫であることが分かった。 すると息子が、「○○も悪い奴やっつけに行く」と言い出した。そうである。6歳の子供でも女性や子供を殺戮しているイスラエルとアメリカが悪であることは分かるのだ。ここで何の抗議行動も出来ないようでは親として人間として、子供に「悪いことはしたらアカンよ」と言えなくなる。この間の息子の看病疲れや猛暑の中での営業活動で少々夏バテしていて明日は休暇を取るのだが、三日間で体調を整え這ってでもこの行動に参加しようと思う。
 さて息子であるのだが、自分も一緒に行くと言って聞かない。今まで娘達は何度か集会や闘争に連れて行ったことがあるのだが、私の病気もあって息子は殆ど連れて行ったことがない。「ピカチュウヘルメット持って行こうな」と言って、ブログに掲載しているゲバルトスタイルで登場させようかと思っている。「武器はどうしよう」と息子が言うので「ライトセーバーも持って行こうな。それで悪い奴を切ってしまうんや」と私の方が乗り気である。だがそこで息子の胸中に不安が湧いたようだ。「悪い奴って鉄砲持ってるんちゃうん? ○○撃たれたらどうしよう。死んでしまうわ」「そやなあ、鉄砲持った奴はいるけど、撃たへんと思うで」「○○弱いもんどうしよう」「そんなこと無いで。○○は本当は強いんやで。小さい子守ったってるやんか」「ウン。小さい子や弱い子は守ったるねん」「そやろ。それが強い子なんやで」
 「でももしお父さんが悪い奴に殺されてしまったらどうしよう。○○悲しい」「大丈夫や。○○が応援してくれたらお父さんやられたりせえへん」「でもな、もしお父さんが殺されたら、○○が燃える炎の勇気の心で戦って、絶対仇取ったるねん。でもな、○○も怖いねん」と言う。「そんでええんやで。怖いこと分かってて、それでも頑張って立ち向かうのんが本当に強いことやねん。お父さんかって一杯怖いねんで。でもな、女の人や子供を殺してる奴ほっといたらアカンな。お父さんも勇気出して頑張るわな」「でもな、○○の勇気、戦うときに電池切れになんねん」「そやったら○○の電池作っていこうか」「ウン、ほなマジスティックソードも持って行く」・・・と言う会話が延々と交わされたのである。と言うことで月曜日は親子で抗議行動に参加する予定である。

 宜しければクリックして下さい。  人気ブログランキング

|

« 「社会主義と戦争」 | トップページ | 9条守ろう!ブロガーズ・リンクに賛同する »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 久々さん、デモを始めとする抗議行動にも色々な物があります。呼びかけを見る限りではデモはないようです。領事館に対して抗議文を突きつけ小一時間ワアワアやる大人しい物のようです。危険を伴う抗議行動であれば連れて行ったりはしません。抗議行動を見せるというのはイスラエルやアメリカの暴虐に反対する人が少く無いないのだとその眼で見せるためです。同時に参加しない娘達にも土産話をすることで反戦平和について真剣に考えて貰うためです。
 ましまさん今日は。先ずは抗議行動に参加するという決意表明です。ちゃんと参加して報告の記事を掲載したいと思います。関西におられたこともあるのですね。息子との会話は時々書いていますのでまたご覧になって下さい。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 5日 (土) 12時13分

TBありがとうございました。
ご苦労様です。私は戦時中就学前から小学生の時代を、阪神・武庫川で過ごしましたので、お子さんとの関西弁の会話、なつかしく楽しく読ませてもらいました。

投稿: ましま | 2006年8月 5日 (土) 07時18分

>人々が犯人に対する怒りを表明しているのに、アメリカ政府・イスラエル政府が行っている虐殺になると「政治」だからと黙ってしまうことがおかしいと思うのです。

それはいいんですよ。
そうじゃなくて、デモに連れて行くことです。
なんていうかな、家で「これって酷いね」というのとデモで大勢がウワーて言うのとでは意味合いが違いますし。

投稿: 久々 | 2006年8月 4日 (金) 21時16分

 トロツキストさん、確かに住んでいる地方によっては直接の抗議行動が出来ない場合が多いですよね。私自身東京のイスラエル大使館やアメリカ大使館に行くことは出来ませんから少々歯がゆく感じることもあります。でもこうやってネットを通じてであっても抗議の意思表示が出来ることは大切なことだともいます。
 久々さん、誰でしたか「子供は親の背中を見て育つ」という事をコメント欄にも書いてくれていましたね。少なくとも私は自分がどの様に考え、どの様に行動しているか子供に知って貰いたいと思います。
 女子供を虐殺することが良くないと教えることは一般常識の範囲だと思います。問題は例えば光市での母子殺人事件に対しては多くの人々が犯人に対する怒りを表明しているのに、アメリカ政府・イスラエル政府が行っている虐殺になると「政治」だからと黙ってしまうことがおかしいと思うのです。
 おこじょさんどうも有り難うございす。息子は入院もなんのその退院してから毎日遊び回っています。本当は激しい運動は病気に良くないので大人しくしていて欲しいのですが。抗議行動では肩車でもしてなるべく体に負担をかけないようにするつもりです。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 4日 (金) 20時15分

TBありがとうございます。
態度で示すって大事ですよねー。

お子さん退院されたとのことおめでとうございます。
家では元気そうでも、入院で体力落ちてると思いますので、どうぞ無理のない
ご参加でお願いします。
って老婆心ですよね。

投稿: おこじょ | 2006年8月 4日 (金) 17時57分

うちもガキ二人いるけど、今度石川でやる「大東亜聖戦祭」に連れて行こうとは思わんなぁw
歴史とか政治とかは中高生になってから、双方の意見を見て子供自身が自分で判断すべきだし、それまでに一般常識やモラルを教えておけば、間違った方向にすすむことは無いと私は思いますが。
まだ頭が真っ白な子供の頃からそんなのつれて行ったら、思想が極右か極左になるのなんて目に見えてるし。


と、言いつつも今時の幼稚園児が「ジ・O買ってー」とか言ってる家庭は異様か……

投稿: 久々 | 2006年8月 4日 (金) 09時47分

親子で抗議行動するって、なんか微笑ましい光景ですね。欧米とかでは、家族ぐるみで抗議活動に行くのは良くある事みたいですが、日本でも早く定着して欲しいですね。
 子供でも悪と分かるイスラエルの行動に、私も具体的なアクションを取りたいのですが、東京や大阪以外の地方都市では、なかなか参加が難しいのが現状です。
 インターネットが普及し抗議活動もできるようになりましたのは有難いです。私も早速サイバーアクションは取らせて頂きました。
 しかし、やはり大使館や領事館で抗議したいです。すごくもどかしい感じで一杯です。

投稿: トロツキスト | 2006年8月 4日 (金) 09時15分

 GOさん、8・6ヒロシマ頑張ってきて下さい。私は息子の入院費のこともあって遠出する余裕がないので、近くの行動で闘います。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 4日 (金) 00時31分

息子さんとの会話が、なんか楽しいですね。
とりあえず、8・6はヒロシマに行ってきますが
8・7はどうしてもはずせない出張もあります。
平日の闘争設定は、労働者にとってきびしいですね。
とはいえ、領事館は、日曜は休んでいるし…

投稿: GO | 2006年8月 3日 (木) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/11248084

この記事へのトラックバック一覧です: 8.7アメリカ領事館抗議行動に参加するぞ!!:

» この暴挙は何だ!?何故座視しているのだ?!イスラエルの背後を衝く方法はないのか? [ザ・のじじズム]
イスラエルが本格空爆再開 戦車部隊、南部に侵攻(共同通信)レバノン南部に大規模侵攻 3つの村を制圧(共同通信)1万人規模で侵攻継続 イスラエル、拠点掌握も(共同通信)他のイスラム諸国は何をしているのでしょう。侵略者イスラエルに友邦が蹂躙されるのをただ見....... [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 22時18分

» 『金正日体制は平和的に打倒すべきである』 by 高世 仁 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
以下に掲載する記事は気鋭のジャーナリスト高世仁氏が2004年にアリエス(講談社)誌上で発表された論文からの抄録である.全文は正言@アリエスでオンライン・アクセスできる(無料).横田めぐみさんらしき女性を北朝鮮で目撃したという元工作員安明進( アン・ミョンジン)氏の証言を最初(1997年)に取材し,公表したのは他ならぬ高世仁その人である. 氏はハナ・アーレントの『全体主義の起源』に依拠して北朝鮮の金正日体制を「極めて特異な国家類型としての全体主義」であると規定し,その特徴を「あらゆる合目的的な考... [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 09時40分

» レバノン・子供の遺体を運ぶ救助隊員と逃げられない人々 [ピリカラ納豆・甘納豆]
道路破壊、ガソリン不足 レバノン (朝日新聞) - goo ニュース [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 11時30分

» 東アジア平和大臣を任命し北朝鮮人権法に300億円の予算を付けて,きくちゆみさんの平和省を実現せよ! [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
金正日軍事独裁政権を打倒して南北朝鮮を平和的に統一し朝鮮半島を非核化する以外,東アジアに恒久的な平和を確立する方途はない.金正日体制を2008年までに転覆することができなければ,北朝鮮問題が中東におけるイスラエル問題(パレスチナ問題とも言う)とともに第三次世界大戦を誘発する過敏な発火剤(inducing agent)となることは避けられない.すでに時間はあまり残されていない.現在見込みのありそうな平和的解決策は,高世仁氏が提唱されている「住民の大量脱出を促進することで体制を崩壊へ導くという一種の民主... [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 15時53分

» こりないおじさん。 [tsurezure-diary]
こりないね、この人は。 NYTimesの記事Bush Ties Battle With Hezbollah to War on Terror で相変わらずの、○○の一つ覚えみたいな呪文を繰り返してる。マイアミの沿岸警備隊司令部での講演で、こーんなこといってんだよ。 “The current crisis is part of a larger struggle between the forces of freedom and the forces of terror in ... [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 17時52分

» 怨讐の彼方 [ 反戦老年委員会]
 レバノン情勢は日一日と混迷を深めている。国連はアメリカの反対で解決の道をふさが [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 07時23分

» 子どもに、こんな説明するの? [逍遥録 -衒学城奇譚-]
ヤフーのニュウスで、海外トピックスの中東問題のペェジに行くと、解説としてNHKの「週刊こどもニュース」が載っていました。今もあるのかな? ? 『中東の国イスラエルが、隣の国のレバノンを攻撃しています。  狙っているのはヒズボラというグループ。ヒズボラってど... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 00時25分

» 『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』 [喜八ログ]
世界一豊かな(はずの)アメリカはこんな国です。 3100万人の国民が飢えている。 4500万人が医療保険に入っていない(国民健康保険制度がない) 国民の8人に1人が貧困レベル以下(2人家族で年収140万円以下)の暮らし振り。 貧困児童数は先進国でもっとも多い1300万人。 乳児死亡数は1日...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 20時47分

» すでに食糧配給制が始まっているアメリカ:二千五百六十万人,全人口の10%近くが配給プログラムに依存 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
私が2005年11月17日付の「去年の名残の蝋燭を立てて,今宵早めのメリークリスマス!」と題するエントリで,「これから5年以内に主食の配給制の復活が必要になるだろう」と予言したことを記憶されている読者もおられるかもしれない. ←ご協力お願いします!そこにはこんな風に記されている.『私は5年以内に主食の配給制(の復活)が必要になるのではないかと見ているのですが,悲観的過ぎるとお思いですか?私の認識ではバブル崩壊とその後の不良債権処理は,第2次太平洋戦争の敗戦とその戦後処理ということになっています... [続きを読む]

受信: 2006年8月10日 (木) 08時10分

« 「社会主義と戦争」 | トップページ | 9条守ろう!ブロガーズ・リンクに賛同する »