« 退院しましたo(^-^)o | トップページ | 郵便営業で表彰 »

2006年8月 1日 (火)

緊急!イスラエル大使館前ビジル

 黒目さんのブログより転載

緊急!イスラエル大使館前ビジル

8月1日(火) 午後7時開始
STOP!レバノン空爆
キャンドル・ライトを灯して、犠牲者への追悼とイスラエル政府への抗議を!

<呼びかけ団体>
アムネスティ・インターナショナル日本/(特活)アーユス仏教国際協力ネットワーク/(特活)パレスチナ子どものキャンペーン/日本キリスト教協議会(NCC)/ピースボート

■ 市民の犠牲に、私たちは沈黙しない。
イスラエルによる空爆の犠牲は増え続け、すでに死者は700人を超え、そのほとんどが民間人です。30日にはレバノン南部カナで、市民が避難していた建物をイスラエ
ル軍が空爆し、報道によると37人の子どもを含む少なくとも57人が死亡しました。
私たちは、武器を持たない市民を標的とした攻撃を強く非難します。
緊急の呼びかけではありますが、ぜひ8日1日(火)、イスラエル大使館前に集まってください。

■日時:8月1日 午後7時~8時
■場所:イスラエル大使館前
千代田区二番町3(最寄り駅:地下鉄麹町駅)
■内容:空爆による市民の犠牲者のためのビジル
*キャンドル・ライトなどによるサイレント抗議
呼びかけ団体からのアピールなど

<主催者からのお願い>
■ 直接、イスラエル大使館に午後7時までにお集まりください。
イスラエル大使館:千代田区二番町3
(最寄り駅:地下鉄・麹町駅)
■ペンライト、キャンドルなどをご用意ください。(主催者側でも少し用意します)
■平和的な抗議アクションです。
■デモ申請をしていない緊急行動です。ノボリ・ゼッケンなど掲示して歩行すると「示威行為」と警察から見なされ止められる可能性がありますので、避けてくださいますようお願いします。

 追記 イスラエルを経済的に支援している企業の一覧です。不買運動などで圧力を掛けましょう。

|

« 退院しましたo(^-^)o | トップページ | 郵便営業で表彰 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>殆どの左翼活動家というのは生真面目な人ですから中々笑いを交えつつ語るというのが苦手ですね。初心者にも分かり易く語るというのは重要な課題です。

 僕は活動家ではありませんが、この言葉にとても耳が痛い思いがします。左翼運動の復活のカギは意外とこういうところなのかもしれないと思っているだけになおさらです。

 「小異を残して大同につく」過程の中でそういうユニークかつ本質的な運動がもっと起こればいいのですがね。

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年8月 9日 (水) 01時38分

 JICに関してはそもそも臨界事故が起こるような危険な物質を扱っているのだと言うことが作業員に理解できるまで教育するのが資本の役目だと思います。
 かなり脱線してきていますのでイスラエルによる侵略行為への批判に戻してくださるように御願いします。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 8日 (火) 22時52分

>くるる氏

俺が言えることでもありませんが、荒らしはスルーが基本ですお
放っておいて痛い行動させたほうが、普通の人の左翼離れに繋がってくれる気もしますし。

投稿: 久々 | 2006年8月 8日 (火) 22時29分

>>All

それはともかくとして。脱線してすいません。

>>なんだかねえ 氏

おべっか、追従、ストレス解消以外でね。

イスラエル問題に大してコメントしてよ。

投稿: くるる | 2006年8月 8日 (火) 21時15分

実質労働(?)時間はあなたより多い自信がありますよ。

労働基準法に守られているあなたと違ってね、研究所というのは労基法の範囲外の世界なの。わかりますかね?

なんだかねぇ氏が日曜にケツ掻きながらビール飲んでナイター見ている最中も、自分は作業しているの「ああ今日は日曜だっけ?」とかいいながら。わかります?

>>へえ、君は都合の悪いやつを見つけりゃあそうやって上司やら人事に泣きついているわけだ(わら

当然!当たり前!常識じゃないですか!

すでに閉止しているバルブを何度も締め付けて捻じ切る馬鹿作業員や、スペックは大丈夫とか言いながら半分以下のスペックの機器納入して、文句言ったら技術者派遣料金がかかりますとか言う馬鹿営業とかね。

我々は国の金、つまり血税を大量に使っているのでね、真摯でも無く努力もせず、代金取って、単純ミスをひたすら繰り返すような業者はやめて欲しいんですよ。わかります?

出入りの院生のように真摯でやる気のある若者以上のスペックを持ってない無能な業者は排除されます。自分のような下っ端研究員も率先して区別する義務を負っているんです。わかります?

投稿: くるる | 2006年8月 8日 (火) 21時12分

へえ、君は都合の悪いやつを見つけりゃあそうやって上司やら人事に泣きついているわけだ(わら

一日中ネットで遊んでいるやつが切り捨て申請する職場っていったい日本中のどこにあるのかね?

投稿: なんだかねえ | 2006年8月 8日 (火) 20時17分

>>なんだかねえさん

ばかだねぇ。申請と書いているじゃないですか。申請は自由なんですよ。知らないんですか(当たり前か)?

実際は、担当の一番えらい先生に「あの馬鹿な作業員の上役に抗議してください」と連名で書類書いて泣きつくだけですよ(はぁと)

投稿: くるる | 2006年8月 7日 (月) 12時55分

>あなたみたいなのがプロジェクトの支援作業員だったら一番最初に切り捨て申請しますよ。


自称会社役員にしてもそうだが、ここの住人はどうも誇大妄想でどんどんお偉いさんになっちゃっているようだねえ。まあ、書くのは自由だが君らの主張には現実味が無いよ。

投稿: なんだかねえ | 2006年8月 7日 (月) 05時57分

ヒトラーの宣伝ですよ。
派手に、わかりやすく、スローガンのように何度も繰り返す。

それは、相手を批判する上でもかなり重要なこと。
そしてネット上ではさらに笑いが要求されます。

例えばこんな風にするのが効果的でしょうね。
ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/755749.html
ttp://s03.2log.net/home/hibi62/archives/blog20050826.html
ttp://www.h7.dion.ne.jp/~ruke/reading/diary/0607/09_scud_sawayaka.html
ttp://nandakorea.sakura.ne.jp/img/kita_puramo.jpg

この辺は見た瞬間大爆笑しましたww
左翼にはこういうのないしなぁwww

投稿: 久々 | 2006年8月 6日 (日) 22時54分

>>日本において共産主義革命が起きる情勢というのはアジア革命と一体の物ですから、その点で日本の工業製品をアジア諸国に提供してそのかわりに食料を輸入するという現在の構図には大きな違いはないと思いますよ。問題なのは帝国主義のためであるのか共産主義のためであるのかでしょうね。ですから、基本的に飢餓状態には陥らないと楽観視しています。

前提が甘すぎます。そのアジア革命ってなんですか。ネパールのマオリストが行うような革命がアジア全域に起きるとでも。

それに穀物輸入先と日本の資本や技術の投下先の比較検討をしたら、日本人1億人を養う食料なんて確保できませんよ。日本の海外資本のほとんどがアメ公向けです。それがストップしたら飢餓や栄養失調は必ずやってきますよ。

ちなみに商社マンたちも労働者としてカウントされているんですか?

最前線に立つ商社マンはプライド高いですからね、研究職や技術職以上に労働者とか言われるのを嫌うと思うんですけど。

投稿: くるる | 2006年8月 6日 (日) 22時15分

>>東海村の臨界事故に関しては住友資本が現場の作業員に対してまともな教育をしていなかったことが明らかにされています。その点は技術やさんとしてくるるさんはどの様に捉えるのでしょうか?

たとえば装置の扱い方でミスが起きたなら管理体制の不備にあたります。装置の使い方がわからない人間を装置に貼り付けたなら大問題です。

ただあれはプルトニウム(マスコミ報道では濃縮ウラン←でたらめ)の扱い方を勉強していなかったために起きた事故です。

材料が何かを知らないで作業をするのは、マニュアル以前の問題で本人たちの勉強不足です。しかも何かの秘密工場ではない。ちゃんと何の研究所かを明記してある。管理体制以前の問題で本人たちの勉強不足からくる怠慢が引き起こした事故です。

ほとんどの関係者なり専門としている人間ならこれが共通の結論です。あの作業内容は世界的にジョークの種を振りまいただけです。でも死んでしまったから日本人関係者らは表立って言わないだけですよ。

投稿: くるる | 2006年8月 6日 (日) 22時02分

 久々さんが言うように共産主義とは何かを知らない人々に対して本当の共産主義を分かり易く、時には笑いを交えて説明すること自体は大切ですね。唯、残念なことに私の性格や力量の点でそれが出来ていません。殆どの左翼活動家というのは生真面目な人ですから中々笑いを交えつつ語るというのが苦手ですね。初心者にも分かり易く語るというのは重要な課題です。
 くるるさんの言う共産主義がスターリン主義に転落しないための対策をキチンと語る事、これも重要だと思います。
 東海村の臨界事故に関しては住友資本が現場の作業員に対してまともな教育をしていなかったことが明らかにされています。その点は技術やさんとしてくるるさんはどの様に捉えるのでしょうか? 死んだ作業員に鞭打つことはしないと言っていますが、住友資本に対する弾劾はないのでしょうか。
 そこで問題になるのが良く共産主義革命を理解していない人の感想として「秩序の完全な崩壊」と革命とを一緒にする人々がいるわけですが、共産主義革命へと若生武装蜂起の過程で、全ての産業に働く労働者を組織することが求められているわけです。と言うかそうでなければ革命ではなくてある種のクーデターになるわけです。労働者は革命に向けて自らを階級的に組織していく中で社会を組織し運営する力を身につけていくというのが共産主義者の考え方です。だからこそ労働運動の組織化に力を入れているわけです。資本主義の発達によって経営者が企業に占める影響力というのは非常に低下しています。殆どの企業がマニュアルに従って運営できる状況にあるわけです。それこそ共産主義実現に接近している証拠であると思います。
 日本において共産主義革命が起きる情勢というのはアジア革命と一体の物ですから、その点で日本の工業製品をアジア諸国に提供してそのかわりに食料を輸入するという現在の構図には大きな違いはないと思いますよ。問題なのは帝国主義のためであるのか共産主義のためであるのかでしょうね。ですから、基本的に飢餓状態には陥らないと楽観視しています。
 後の部分は脱線だと思いますので返事は書きません。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 6日 (日) 21時23分

>>イタ公みたいなもんだろ。

昨年でしたか、次はイタリア抜きで。独逸人の研究者に言うとすごく喜んでくれました。冗談で英語でいったら、思いっきりハグされました。

通じたことが驚いたけど、20センチ以上高い上、腋臭がものすごかったww

投稿: くるる | 2006年8月 6日 (日) 19時47分


イタ公みたいなもんだろ。
敵より恐ろしい味方w
味方より頼もしい敵w


こうやって痛い発言を繰り返すことで左翼の立場が悪くなっていくんだなぁ。

投稿: 久々 | 2006年8月 6日 (日) 09時09分

↑は自分です

投稿: くるる | 2006年8月 5日 (土) 18時33分

>>なんだかねえ氏

あなたがリアルで情けない目あったからって久々さんや自分に当たらないで下さいね。

あなたみたいなのがプロジェクトの支援作業員だったら一番最初に切り捨て申請しますよ。

投稿: | 2006年8月 5日 (土) 18時29分

>>最後に

ちなみに革命と言われているのに掛かる人的犠牲は100万のオーダー(フランス革命が100万から500万、赤革命の悲惨さは論外)、ちなみに明治維新の犠牲者は3万前後(大半が武士階級)です。

投稿: くるる | 2006年8月 5日 (土) 17時04分

>>続き

あとアッテンボロー氏の想定だと食い物の確保ができないんですよ。

日本は先端技術なり経済的信用を売って、食い物を買うシステムです。実際に食料自給率が致命的に低い。自給率の低さについての危機を持っているのは、むしろ製造業の研究職、技術職や商社の人たちだと思います。自分達がしくじれば食い物が買えなくなるんですからね。

革命が起きるということは、経済の停止と同義です。日本の国際信用力が0になるということです。円が紙になる。金の備蓄はアメリカに一任している。

海外資本を回収するにしても、労働者大衆である以上国際通貨を理解できるような人材はいない。あれはそんな甘いものではなさそうです。商社の最前線に立っている人たちでも中々理解できない代物だそうです。。

結果食い物が買えなくなる。

食い物が買えなくなったら、ポルポトのようにアスファルト引っぺがして、すべて農業につぎ込むしかなくなる。

最低収穫まで3年。その間になにが起きるか想像にかたくない。間違いなく弱い子供から大量に栄養失調で死ぬでしょう。

革命が起きたらアッテンボロー氏の3人のお子さんは間違いなく栄養失調に陥る。アッテンボロー氏や自分もそうです。自分もアッテンボロー氏も戦後生まれです。飢えに対する免疫がない。そうなったら革命どころの騒ぎでない、革命の名を借りた食い物の争奪戦になる。

投稿: くるる | 2006年8月 5日 (土) 17時03分

話を戻します。

>>アッテンボロー氏

自分なら秩序の完全な崩壊より、ある程度の秩序を維持した混乱の方を選択したいだけです。

左の人たちで国際通貨や流通に関する専門家と関係している人はいるんでしょうか?

小泉政権下での自殺の多さも無視できない。ただ、革命を起こしたらそれ以上の犠牲がでる。それは間違いない。

日本の繁栄の元を簡単に言えば、日本の実質運営をミドルといわれる優秀な管理者、つまり軍隊で言う下士官、中小企業の社長レベル、研究所のプロジェクトリーダー、といった20人から60人程度の人間を束ねる能力を持った人間の存在です。

こう言ったミドル層の維持ができれば維持は可能でしょう。

投稿: くるる | 2006年8月 5日 (土) 16時59分

>>こういうのは原発の胡散臭さと同じですよ。
「事故はおきませーん」「原発は安全でーす」と言ってもなかなか信用されないのとおなじです。
「我々は事故が起きないよう、こういう対策を採っているんです」と主張していくほうが説得力があります。

ちょっと脱線しますね。

少し耳が痛い話ですけど。科学技術に何も知らない事務屋や政治が絡むとろくなことが無いの典型ですね。

だいたい現場関係者のほとんどが後者なんですよ。技術にゼロリスクを課すことがいかにナンセンスか身にしみているんで。

日本の原発やそれがらみの事故の多数が主に「へま」の部類に分類されます。死者の出た東海村の件はただの「馬鹿」に分類されます。あの事件から学ぶ専門的な問題はないんです(50年代レベルの事故です)。

あれがパートのおばさんなら同情の余地があるが、作業員が理系の大卒以上なら自分の持つ物体が何なのか自分で勉強しなかった結果です。すこしでも知識を齧っていたらあの作業はできない。でも死んでしまった。悪口はいえないですね。

投稿: くるる | 2006年8月 5日 (土) 16時22分

>久々さん、原発同様に胡散臭いと言われるとは心外ですが、少なくとも貴方はそう思っているわけだ。

いえ、俺はそうは思ってません。
原発で例えるなら、何回も見学した人って所でしょうか?
アッテンボロー氏が訴えるべき人間は、やはり、何も知らない一般市民に対してでしょう。
その人たちから見れば、左派の固い言葉や行動などよりも、反左のふざけやネタを詰め込み、柔らかく説明しているほうが入りやすいんですよ。
右翼が初心者に向けて発信しているのに対し、左翼は初心者向けの説明をかっ飛ばしてるように見えるんです。

投稿: 久々 | 2006年8月 5日 (土) 14時03分

 上からの改革が犠牲が少ないと果たして言えるのだろうか?くるるさん。小泉内閣になってからの自殺者は一体何万人ですか?私は十分大きな犠牲であると思いますよ。
 日本の革命勢力が甘えているというのだが、屋台骨が腐っていると貴方も言っている状態で土台から作り替える必用があるのではないだろうか。少なくとも革命は簡単な事業ではない数百万の労働者大衆が決起しなければ達成できない事業です。その過程で革命党と労働者階級は社会を自らの手で管理運営していく力を身につけるわけです。ですから実際に革命が起きる段階では貴方が言うほどの混乱にはならないでしょう。
 久々さん、原発同様に胡散臭いと言われるとは心外ですが、少なくとも貴方はそう思っているわけだ。その不安感を取り除くには実践を持ってするしかない。一つひとつの行動の積み重ねで答えるしかないでしょう。
 2ちゃんねるが雑多な人々が集う場所であると唱えているのは貴方ですから、中には連合に対して怒っている人も居るでしょう。それらの人々とは手を結べたらとは思いますよ。ですが2ちゃんねるの最もコアな部分というのはネット右翼と親和性が強いので手を結ぶことは出来ないでしょう。
 アラブの問題より日本の問題を優先させるという点では特に異論はないですが、私の場合は日本革命という課題を最優先にしますね。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 5日 (土) 12時43分

>アラブ人同士を殺しあいさせればいい、などと言っている人間にモラルなどあるわけがない。

俺 が い つ そ ん な こ と を 言 っ た ?

まぁ「今はアラブの前に日本をどうにかすべきだろ」的なことは言ったと思うけど。

投稿: 久々 | 2006年8月 5日 (土) 00時28分

いや、失敬、久々君のコメントと混同した。
どうも、二人が気持ち悪いくらいに共鳴しあっているようなので、俺にとって見れば同一人物みたいなもんなんだが。

投稿: なんだかねえ | 2006年8月 5日 (土) 00時24分

アラブ人同士を殺しあいさせればいい、などと言っている人間にモラルなどあるわけがない。今の日本人は君よりもモラルはあるよ。

くるる君にはモラルというか常識とか人間的な人情や思いやりが欠落していることは確かだと思うが。あまりに過剰な人間不信に陥ってサイコパスにならないでくれよ。

投稿: なんだかねえ | 2006年8月 5日 (土) 00時20分

>アッテンボロー氏

こういうのは原発の胡散臭さと同じですよ。
「事故はおきませーん」「原発は安全でーす」と言ってもなかなか信用されないのとおなじです。
「我々は事故が起きないよう、こういう対策を採っているんです」と主張していくほうが説得力があります。


>革命運動の勝利する過程においては人民の間には非常に高いモラルが見られます。

今の日本にそんなモラルがあるなんて思えません。
ぶっちゃけ、今の大人よりも2chにいるやつらの方がかなりモラルがあったりするかも。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/cat_2535.html

少なくとも人間の本能からして、集団で団結する一番多い原因は、"敵"を作ることです。
そして敵を見失うと、新たな"敵"を作る。
それが人間というものだと思います。
共産主義では、"敵"つまりは競争相手となる人物がいなくなる。
これがどういう事態になるかわかりますでしょうか?

>連合を始めとする労働組合は、パートやアルバイトを正規労働者に置き換えることで企業の「競争力」を強化することになんの反対もしません。寧ろそれに協力すらしています。

上記の、該当する記事を見る限り2chの考えもそうですね。
協力してはどうでしょうか?w

投稿: 久々 | 2006年8月 4日 (金) 23時19分

右の場合、外からの攻撃で子供が死ぬ。左の場合、自分達が子供を殺す。

結果は同じでもどっちが良いかという所でしょう。

投稿: くるる | 2006年8月 4日 (金) 21時56分

日本の場合、潰れる政権が次の政権に対して莫大な置き土産をするというのがあるわけです。

日本の革命集団というのは、その土台に甘えた上での変革を行っているわけです。

上からの革命というのは共産主義から言えば邪道でも、犠牲が少ないというメリットがある。これは大きいです。

江戸時代が近代化の土壌を作り、戦前の積み重ねが戦後の高度経済成長の土壌になったようにです。結果としてそれは否定できない。

今革命やられると、屋台骨が完全に腐っている今の日本だと収集がつかない混乱を生むだけで結局なにも生み出さないと思います。自分の子供たちが「餓死」するところを見るはめになりそうですよ。

マルクスのように自分の子供を餓死させても、思想を作るなり成し遂げる根性はないでしょう。自分は子供いないですけど、自分の子供を犠牲にだけはしたくないですね。

子供たちのためには革命より変革の方が良いと思っていますけどね。

投稿: くるる | 2006年8月 4日 (金) 21時53分

 久々さん、権力を取っていこうに腐敗し変質してしまった革命勢力が多数あることは認めます。中核派はそれらを乗り越えようとする運動をしているわけです。勿論100%それが成功しているわけではないのですが。
 革命運動の勝利する過程においては人民の間には非常に高いモラルが見られます。これは各種のルポルタージュや歴史書にも記されていることです。ではそれらが何故ソ連東欧のような、中国のようなスターリン主義になったのか。ここが問題でしょう。スターリン主義こそは共産主義運動の中に存在する日和見主義者が実権を握り、世界革命の困難さの前に一国社会主義の自己目的化を追求している姿です。
 例えろロシアで革命が勝利しても世界革命が達成されない異常労働者階級解放の目的が達成されたわけではないと言うことをレーニンは何度も主張しています。世界革命のために闘うことを党と人民に訴え続けました。それに対してスターリンが他国の労働者の解放などどうでも良いと言い出して作り上げたのがソ連スターリン主義の体制であり、コミンテルンの変質なのです。世界中の多くの革命党・革命運動がスターリンに反対する人々を虐殺してスターリン主義の党・運動として成立しました。
 中核派の主張は飽くまでも世界革命完遂なのです。
 富裕層、支配階級たちの財産を本来その作り手である人民の手に取り戻すことは当然のことだと思います。今日の「ニート」「フリーター」と言った失業者・半失業者たちのように、正社員と全く同じ労働を行っていながら半分以下や三分の一と言った賃金しか受け取ることの出来ない下層労働者の問題をどう思いますか? まともな左翼なら「同一労働同一賃金」と言うことで差別待遇に反対するのが当然です。
 連合を始めとする労働組合は、パートやアルバイトを正規労働者に置き換えることで企業の「競争力」を強化することになんの反対もしません。寧ろそれに協力すらしています。
 脱線してしまいましたね。元に戻します。
 平民・庶民・民衆・大衆、色々言い方はありますが被支配階級のために資本主義者・ブルジョア階級を支配し収奪するのが共産主義の党の任務ではあります。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 4日 (金) 21時17分

>歴史上多くの被支配階級人民の抵抗闘争は(略)略奪や虐殺などは起こらないのです。

>そう言ってきた人々が毎度毎度虐殺やってるんです。

クメール・ルージュなんて本当に下層の人々を助けようと理想を持っていたのが行き過ぎて悲惨な虐殺になりましたね。眼鏡かけてるだけで資産階級だか知識層扱いして殺したんでしたっけ?嘘か真か知らないけれども。
毛沢東もその当時ただ貧民からは取らずに地主等から効率よく略奪したと理解していますが。

「(虐殺、略奪等の一切無い)歴史上多くの被支配階級人民の抵抗闘争」とやらがよく見えてきません。そんなケースは聞いた事が無いので。

平民が無事なら他の人々が血を流そうが虐殺にはならない、裕福な人達から奪っても元々平民の物であるべきだから略奪にはならない、という事ですか?
血塗られていない共産運動など想像もできません。共産主義らしくないですよ。

投稿: | 2006年8月 4日 (金) 18時05分

>歴史上多くの被支配階級人民の抵抗闘争はその様に厳しい軍律が守られていました。何のために・誰のために闘うのかという根源的な問題において被支配階級・被抑圧民族を解放するための闘いでは、基本的に略奪や虐殺などは起こらないのです。


そう言ってきた人々が毎度毎度虐殺やってるんです。
信用できませんw

投稿: 久々 | 2006年8月 4日 (金) 09時48分

 なんだかねえさん正直ヒズボラの創生から現在までの闘いという物をキチンと学んだわけではないので細かいことは分からない点が多いのですが、実際問題として仰るとおりではないかと思います。イスラエルという国家その物が建国に至る過程の欺瞞も含めて帝国主義者の利害に徹頭徹尾貫かれている物ですし、尚かつ、国境という物を決めたことがないんですよね。パレスチナの地を全て征服・制圧することを目論んでいるとしか思えません。
 くるるさん、投稿のミスくらい気にしないで下さい、私なんかお酒が沢山入っているときのタイプミス・変換ミスの多いこと多いこと。ご愛敬と言うことで。
 本題ですが、帝国主義が帝国主義であるが故の矛盾がイスラエルによるパレスチナ・中東侵略戦争として現れているわけですから、帝国主義諸国による世界支配その物を転覆しない限り問題の解決はないと思います。
 私は基本的に弱者の立場・殺される側の立場に立って物事を考える様にしていますのでイスラエルとユダヤ人にには括弧付きの正義すらないと思います。
 朝鮮戦争に関しては、帝国主義とスターリン主義とが朝鮮半島の支配を巡って争った戦争であるという側面がありますから朝鮮人をしてお互いに殺し合いをさせた両者の責任を忘れてはならないと思います。勿論朝鮮人民が本当に民族解放の闘いに決起して勝利していく過程では買弁資本やスターリン主義者を血の海に沈めることが必用となるでしょう。ですがそのこと自体は日本やアメリカであっても帝国主義を打倒する過程では日本人同士・アメリカ人同士の間での内戦は不可避です。
 難民はそれらの戦乱から逃れようとする人々ですので嫌いによる海上封鎖は侵略行為として阻止するために闘うのが共産主義者の立場であると思います。
 久々さん、自衛隊その物は帝国主義軍隊として組織されその様に思想教育も行われていますので、過剰に信頼するのは間違いであると思います。日本国内で侵略戦争に対して反対する闘いが存在しないか存在しても極めて微弱であった場合、簡単に米軍同様の民間人虐殺を行うようになるでしょう。彼ら自衛官にとっては基本的に朝鮮を始めとする他国の手人々はどうでも良い、殺しても構わない存在として洗脳・マインドコントロールされているのです。
 軍人の「武徳」という物はある意味どれだけ人民大衆と近い存在であるかと言うことによって規定されるのです。例えば八路軍の時代の中国共産党は人民の持ち物は例え針一本であっても奪った兵士は極計でした。歴史上多くの被支配階級人民の抵抗闘争はその様に厳しい軍律が守られていました。何のために・誰のために闘うのかという根源的な問題において被支配階級・被抑圧民族を解放するための闘いでは、基本的に略奪や虐殺などは起こらないのです。
 

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 3日 (木) 18時30分

すいませーーん、なんだかねぇさん。友達100人いませーんww。

職場や家庭で相手されないからって自分に当たったってしょうがないでしょ?目が悪いのも自分のせいじゃないし。

あなたの学や能力、立場が無いのは自分のせいじゃないですよ。あなたの半分しか生きていない若いのに当たったってどうしょうもないじゃない。

今自分は実験トラブルに巻き込まれているけど、あなたのせいにしようとは自分は思わないですよ。当然でしょ?

投稿: くるる | 2006年8月 3日 (木) 18時03分

>そういう私も一ネット市民なわけだが、平民がのどかに平凡な書き込みを行なうにはどうすればいいかというもっとポジティブな思考回路をもてないのかね。君は性格が痛いんだよ。

投稿: 久々 | 2006年8月 3日 (木) 10時41分

>アッテンボローさんへ

 イスラエルとパレスチナの関係はその河合塾青木先生の講義を浪人生時代に受けていました。僕が知りたいのはそこでレバノンがどう関ってくるのか、ということでした。それも紹介されました本に出ているのでしょうか?

 またミクシーの件はメールをお送りしましたのでそちらで確認して下さい。

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年8月 3日 (木) 01時05分

>>くるる

君はそういうことを言っているからお友達がいないんだよ。思考がネガティブなんだよな。君がゴッドファザーならともかく、一兵卒・一平民がマキャべリストを気取ってパワーポリティクスを語ることくらい分相応ではない風景は無いわけだが、君にはその自覚があるかね?

そういう私も一平民なわけだが、平民がのどかに平和な生活を送るにはどうすればいいかというもっとポジティブな思考回路をもてないのかね。君は性格が暗いんだよ。

投稿: なんだかねえ | 2006年8月 3日 (木) 00時26分

戦争しなくても連中同士で殺し合いをさせる方を望みますけど。日本が手を下す価値のある場所ではない。

そうすれば100万単位で殺しあってくれますよ。前科はありますから。

日本は難民が出国できないような、機雷を活用した海上封鎖を行うことをやってもらいたいですね。

>>久々さんへ

戦争は無制限の暴力が行われる場所ですからね。自衛隊が守っても相手が守らなければ、泥沼に陥りそうですよ。

投稿: くるる | 2006年8月 2日 (水) 23時33分

>安部を私が危険視しているのは100万以上を殺戮する戦争をしようとしているからです。

少なくとも俺は自衛隊を信用してますから。
秩序の守れた戦争を出来ると思ってます。

米軍がどんな動きをするかまではわかりませんけど。

投稿: 久々 | 2006年8月 2日 (水) 23時24分

どうも申し訳ないです。ここのコメントは↓です。

>>私は帝国主義者などの極々少数の人間の犠牲で人類に平和をもたらすためには殺人も肯定しますが、無辜の民が死傷することには耐えられません。

イスラエルの連中も同じ事考えていますよ。ユダ公連中の基準でね。

左よりの思想から来る正義があれば、ユダ公の正義がある、そしてヒズボラの正義がある。そして自分のような中道右派の正義がある。

レバノンの市民数百人の犠牲をユダ公連中から見たら、ユダ公連中が言う人類に平和をもたらすための尊い「極小の」犠牲なんでしょうね。

死傷者の割合はイスラエルとレバノンで1対10。昔の対米戦での死傷者の割合と似ていてやり切れない。

殺されたくなければ、殺されないだけ経済でも軍事でも強くなれ、という冷徹な現実しか見えない。国力が逆転していたらレバノンがイスラエルを同様なことしていたでしょう。

本当に中東情勢の現実は冷徹ですね。テルアビブのように民間人虐殺するだけで済むような問題ではないですよ。

投稿: くるる | 2006年8月 2日 (水) 23時04分

レバノンにヒズボラがなけりゃイスラエルはもっとやりたい放題だろうな。

レバノンはついこの前までイスラエルに不法に占領されていたわけだし。今回が始まりじゃない。

そもそもなんであそこに白人のユダヤ人が住んでいるんだよ。アラブ人っぽい顔をした本物のユダヤ人は白人のユダヤ人に差別されているそうだ。

ニューヨークに入植地でも作って全員移住すべきだな。当然、アメリカの全責任でもって。

投稿: なんだかねえ | 2006年8月 2日 (水) 22時53分

 そうですね。ここで問題なのは94年当時の日本では有事立法の制定に向けた動きが強化され米軍と一体となって戦争をしようとしたことです。それは今現在も強化されつつ続いています。安部を私が危険視しているのは100万以上を殺戮する戦争をしようとしているからです。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 2日 (水) 20時55分

そりゃー、アメリカが攻め込んだ代表的なのって
北米原住民、ハワイ、日本、ベトナム……

前者二つはほぼ全滅。
後者二つも壊滅的被害ですからねぇ……

投稿: 久々 | 2006年8月 2日 (水) 20時48分

 護憲的コケシさん、弱者の抵抗手段であるゲリラパルチザン戦争に対して、それを「テロ」と呼んで報復の口実にする帝国主義者のやり口は許せません。イスラエル国内でも極々少数ですがレバノン侵略やパレスチナの人民虐殺に反対する運動があって、徴兵を拒否したり前線配置の命令を拒否する人々がいるそうです。その様な動きが大きく成長できるように私たちは国際世論を喚起する必用があると思います。
 パレスチナ問題に関しては実は私もあまり詳しくありません。幻冬舎から「知識ゼロからの現代史入門」という本が出ていて第二次世界性戦意語の現代史を分かり易く勉強できます。筆者は青木裕司という河合塾の世界史講師です。また宜しければミクシーに参加されてはどうでしょうか?イスラエルの侵略に反対するコミュニティーもあり、様々な行動提起が載っています。護憲的コケシさんでしたら私が紹介させて貰っても大丈夫かと思いますが。
 久々さん、イスラエルのやり口が嫌いなだけでも結構です。民間人を意図的に巻き込む無差別攻撃は確か国際法にも違反していた筈です。
 94年の朝鮮戦争危機の件に関しては「民間人の」という一語を入れておくべきでしたね。アメリカもまた民間人大量虐殺を前提にして戦争計画を立てていました。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 2日 (水) 20時20分

あら、間違えた。
とりあえず、避難所の爆撃とかどう見ても意図的。
絶対狙ってやってるように見えますしね。
間違えたのなら、この司令官及び搭乗員を左遷し、それを公開するぐらいはすべき。

けど、イスラエルの言い分もわからんでもない。
パレスチナの方にもかなり非がある。
こっちが兵の拉致とかしなけりゃ、火種はできなかった。

少なくとも俺は「戦争に多少なりの悲劇はつき物」と思ってますよ。
そりゃピンポイント爆撃でも、軍事施設を狙っても外れることはあるでしょう。
民間人の死者も出るでしょう。
戦争がどうなるかは、その戦争で「秩序」が守られていることだと思います。
少なくとも、この戦争では秩序は守られてないと思います。

投稿: 久々 | 2006年8月 2日 (水) 10時32分

>アッテンボロー氏
てか、別に俺はイスラエルのやり口が嫌いなだけ。

投稿: 久々 | 2006年8月 2日 (水) 09時47分

 レバノンとイスラエルの間で起こった戦争はなんとなく9・11の構図を思い出させますね。レバノンの武装勢力がイスラエルのこれまでの暴虐に対してゲリラ闘争を起こしたら、それを口実に国ごと侵略するところなんかまさにそうではありませんか!

 そして犠牲者はいつも女性、子ども、労働者といったその国々の「社会的弱者」…こうしたことを繰り返させないためにも、ゲリラ闘争の背景を理解し、「被抑圧民族」の現状に肉薄して、帝国主義戦争に反対する国際連帯が必要なのですよね。

 ところでレバノンとイスラエルの関係には、僕自身はとても疎いです…アッテンボローさんが知る限りのことがあれば教えていただけると幸いなのですが。

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年8月 2日 (水) 01時06分

 ノストラダムスの予言は私が小学生の時に流行りましたが、細かな内容は忘れましたね。
 実際人質の人数に対してイスラエルが殺傷したパレスチナ人の数は数百から千の単位に上っています。その上レバノンへの侵攻。イスラエルによる無差別殺戮を断じて許すことは出来ません。犠牲者の殆どが女性や子供なのです。
 久々さん、イスラエルの行為に疑問や怒りを覚えるのでしたら、想像してみてください。時期自民党総裁の最有力候補と言われる安部晋三が、朝鮮スターリン主義金正日体制に対して先制攻撃も辞さないと発言している事の内実を。94年の朝鮮戦争危機の際にはアメリカ政府首脳が100万単位の死傷者とそれを上回る難民が発生することを前提に戦争計画を実行に移そうとしたのです。金正日は打倒される対象ですが、朝鮮の人民たちは殺されて良いのでしょうか?今でさえ飢えに苦しむ人々を戦火の下に晒して良いのでしょうか?
 私は帝国主義者などの極々少数の人間の犠牲で人類に平和をもたらすためには殺人も肯定しますが、無辜の民が死傷することには耐えられません。第二次朝鮮戦争は絶対に起こさせてはならないのです。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 1日 (火) 22時29分

そーいや、ノストラダムスの予言に、イスラエルあたりで最終戦争があるとか無いとかあったような無いような……

てか、数人の人質のために何人殺せば……

投稿: 久々 | 2006年8月 1日 (火) 08時27分

 女子供を大量に虐殺しているシオニスト共は許せません。米帝の中東支配のための尖兵として暴虐の限りを尽くしている。なんだかねえさんの言うようにナチスと変わらないと思います。
 maoさん、本文に追記としてリンクを張らせて貰いました。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 1日 (火) 02時29分

イスラエルに打撃をあたえるためにも、下のHPが役に立たないだろうか。

http://palestine-heiwa.org/choice/list.html

投稿: mao | 2006年8月 1日 (火) 02時03分

今回のレバノンへの侵略はこれまでのシオニズムの残虐性の集大成ですよね。シオニストがガザやウェストバンク、今のレバノンでやっていることはナチと変わらないですよ。白人系ユダヤ人の人種偏見もたぶんにあるでしょうしね。

投稿: なんだかねえ | 2006年8月 1日 (火) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/11173499

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急!イスラエル大使館前ビジル :

« 退院しましたo(^-^)o | トップページ | 郵便営業で表彰 »