« クロカンの死 | トップページ | チャラリーン 鼻から牛乳 »

2006年8月13日 (日)

飛騨高山

 今夜は家族に姪を加えて飛騨高山の飛騨亭花扇と言う旅館に泊まっている。滋賀の草津で姪と合流して、最初は世界遺産の白川郷の合掌造りを見に行こうとの話であった。妻と姪の休みが揃ったのが今月の始めの事で、息子の入院もあり何の予約もしていなかった。温泉だけ入って車中泊のつもりでいたのだが、途中、それも夕方に道の駅にある温泉に入ろうと立ち寄った処、置いてあった観光案内のチラシを見て高山市の観光課に電話したら、案内センターを介して宿を取ることが出来たのだ。私の様な人間にはもったいないくらいに立派な旅館で親切丁寧な応対をしてくれる。料理も豪華で美味しかった。宿代は大人一人が二万円なので安すぎないかと話し合う程だ。多分稼働率の関係で負けてくれているのでは無いかと思うのだが、みんな大満足だ。

 姪はこの春就職して職場の寮で一人暮らしだ。子供達は去年帰省して以来の再会になる。私は四年前に中学三年の時に会って以来だ。今年は息子の入院もあり帰省を諦めていたので、子供達は従姉妹と会うのを楽しみにしていた。特に息子は木曜から荷造りする程であった。興奮状態が続いていたのだが、姪が呆れ返る程テンションが高い。妻の実家には長兄と三兄との家族が同居しているのだが、息子一人でそれを上回る賑やかさである。はしゃぎ疲れたようで夕食の途中で寝てしまった。そうそう、この飛騨亭花扇では女性は好みの柄の浴衣を選ぶことが出来る。息子が一人で妻にはこれ、姪にはこれと仕切っていたのだが、長女だけは浴衣を着るのを嫌がる。結局長女を除く三人は浴衣に着替えたので記念に撮影をした。息子も浴衣姿で仲間に入る。どうも長女はお洒落すること自体が嫌いで、地味な格好ばかりしている。たまには浴衣くらい着れば良いのにと思った。

 宜しければクリックして下さい。  人気ブログランキング

|

« クロカンの死 | トップページ | チャラリーン 鼻から牛乳 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2ちゃんねるからふらふらここにたどり着きました。私飛騨高山在住なんですが、花扇はいかがでしたか。
ちょくちょくのぞかしていただきます。
ところでアッテンボローさんはどうして中核派を除名になったのですか。差し支えなければ教えてください。

投稿: 虎児 | 2006年8月21日 (月) 16時36分

 宿の名前を書いたのは軽率だったでしょうかね? 私も普段は貧乏旅行しかしませんので豪華な料理に驚きました。ハッキリ言って価値が分からない面がありますね。組合の動員や大会の傍聴で泊まる場合は少々予算が付きますが、それ以外ではセクトNo7さんの言うように四五千円程度の宿が殆どです。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月16日 (水) 22時10分

泊まった宿まで書くと個人名を特定されるよ。ま、だいたいは知られているようだから、いまさらなのかもしれないけれど。

>宿代は大人一人が二万円なので安すぎないかと話し合う程だ。

なんとも個人の経済観の違いなのだろうけれど、いまだに一万円以上の宿には泊まったことが無い貧乏人には「大ブルジョワジー」の言葉に思えてくる。(藁
この前の関東オフ会での東京の宿は朝食つきで4500円しなかったもんな。(そんなところしか探さないし、払えない。)
貧乏人の恥さらしだったかな?

高山には行ったこと無いけれど、たまには家族団らんも良きことかな。

投稿: セクトNo7 | 2006年8月16日 (水) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/11408706

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨高山:

« クロカンの死 | トップページ | チャラリーン 鼻から牛乳 »