« 行ってきました領事館 | トップページ | 勝利するまで闘うぞ »

2006年8月 8日 (火)

米領事館抗議行動

 御堂筋にあるアメリカ大阪領事館の前に到着したのは午後6時10分頃であった。周囲には労組の参加者らしき人が十数人たむろしている。息子を伴っているので余裕を持って到着したのだ。警備の機動隊の車両が二台と警邏服の機動隊員が十名ほど。公安らしい私服が数人いる。素顔を晒しているので多分三課ではないのだと思う。暫くすると中之島公園に集合した人々が移動してきて申しいれ行動の参加者は数十名に増える。予定の30分に抗議行動が始まるとそれ以降も続々と参加してくる人々がいる。「しないさせない戦争協力関西ネットワーク」に参加する全港湾や連帯労組の関生支部などが沢山いた。もちろん私のように個人で参加した人も多い。

 息子にゲバルトスタイルをさせようとしたのだが、タオルが暑いと行って嫌がるので取り敢えず記念写真というかアリバイ用に写真を写す間だけ我慢して貰う。その後はピカチュウのヘルメットだけは被ってくれていた。「警察は悪い奴やから、鉄砲撃ってきて○○死んじゃったらどうしよう」と不安を口にする。「大丈夫だよ。お父さんもいるし、いくら何でも撃たへんよ」でも息子は色々と不安げである。人が多くなってきたので踏まれないように肩車をしてやる。ヘルメットと相まって目立つ。周囲の人々がかっこいいと言ってくれたりするので本人も少し照れていた。参加者の中で各団体の代表が発言していく。息子が一つひとつあれは何だこれは何だと聞いてくるので、苦心して説明する。以前オフ会でも何度か一緒したAさんがアメリカの紋章を指さして「ショッカーと同じやろ」と言ってくれた。息子は「アメリカってショッカーなんや」と納得したようである。ある参加者の方が息子のために飲み物を買ってくれたのだが、病気の為もあってお茶と水しか飲ませることが出来ないのでせっかくの好意であったがお断りしなければならなかった。最終的に参加者は120~130人くらいいたのではないだろうか。

 イスラエルによるガザ地区およびレバノンへの侵略と民間人虐殺を糾弾し、それに対する軍事援助・経済援助を続けるアメリカを弾劾し、そのアメリカに思いやり予算として財政的外向的にに支援している小泉内閣打倒を訴えた。夕方の御堂筋は仕事帰りの人が沢山通っている。それらの人々の注目も浴び、それなりの成果を上げたのではないだろうか。申しいれ行動終了後中之島公園に移動して今後の打ち合わせを行った。参加人数がどれくらいだろうかと色々話をしていると主な違憲は120~150の間と言うことになる。前回の行動の際には十人ほどだったそうなので十倍である。すると息子が「1300人」と言い出した。息子にとって沢山の概念は何でも1300である。黒目さんの「ですぺら」でも面白がって取り上げられてしまった。我がピカチュウ派は黒目さんとAさんにやたら懐いてまとわりついていたから色々と迷惑であっただろうが。次回の行動は18日である。靖国への抗議行動に参加する人もいるだろうからその報告も楽しみである。細かい情報は「その他 関西方面の有象無象の反戦行動のページ」に掲載されるので参照していただきたい。

 打ち合わせ終了後食事に行ったのだが、みんなの話が弾んで気がつくと10時半であった。田舎に住む身にとってこの時間は結構遅い。自宅へは終電で帰り着いた。息子はさすがに疲れたのであろう電車の中で眠っていた。

 宜しければクリックして下さい。  人気ブログランキング

|

« 行ってきました領事館 | トップページ | 勝利するまで闘うぞ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 ソラリさん、私をして真の革命運動から排除しているのは中核派その物ですが、どの様に思われるのでしょうか? 私自身は可能であれば日帝に対して最も打撃になる中核派系の運動に参加したいと思っています。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 9日 (水) 23時59分

2chでもありましたが、アッテンボローさんて本当に「共産趣味者」ですね。w
趣味的な軽い関わりの運動を楽しくされていて羨ましいと感じる活動かもいるかもしれないですね。

投稿: ソラリ | 2006年8月 9日 (水) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/11343097

この記事へのトラックバック一覧です: 米領事館抗議行動:

« 行ってきました領事館 | トップページ | 勝利するまで闘うぞ »