« 複雑 とくらさんの出馬 | トップページ | 内務と外務 »

2006年8月27日 (日)

不倫スクール

 息子はいまだに幾つかの言葉が不明瞭というか正確に言えないことがある。「電池」を「レンチ」と言うし、長女が通っている「フリースクール」を「不倫スクール」と言う。一体何を教わる学校やねんと突っ込みたくなる。この言い方をすると長女は非常に嫌がるので、最近ではワザと言っている。「△△いつから不倫スクール行くのん?」と言っては長女を怒らせている。子ども達が小さいときには色々と面白い言葉があった。長女も「タンポポ」のことを「タンポポン」と言っていたし、次女も「ぬいぐるみ」のことを「ねえぐるみ」と言っていた。娘達の場合は三四歳の時のことで、今では懐かしい思い出である。問題は息子だ。来年は小学校だというのに・・・

 今日は朝から散髪に行ったのだが、その前にスーパーに次女のために買い物に行った。先日息子にムシキングの飛び出す絵本を買わされたのだが、次女が不満を漏らしたのである。そこでスーパーに入っている文具店でマンガの書き方の本を買ってやる。本人は否定するのであるが、マンガをしこしこ描くあたりヲタクへの道をひた走っているように思えてならない。これでボーイズラブにでも関心を持った日には腐女子である。「腐女子」というのは「婦女子」と引っかけた女性のヲタクを表す言葉らしい。詳しいことはよく知らないが「革萌同」のサイトにあるセクト紹介を読むと、かつて「JUNE」などで書かれていた衆道・男同士の同性愛に萌える女性たちであるようだ。栗本薫の「翼ある者」などは読んだことがあるのだが、どうも性に合わなかった。周囲の栗本ファンの間でも男女で評価が分かれていたように思う。

 子ども達のことに話を戻すと、散髪に行っている最中息子が店にやってきたようである。「ガラストントンってしたのに」と息子は言うのだが、私は散髪屋においてあった「蒼天の拳」を読むのに夢中で気づかなかった。店の奥さんに教えられて知ったのである。そこで息子のことが話題になる。得な性格であるようで誰からも好かれるよい子である。「人徳やね」とご主人が言ってくれる。内心もっと褒めてと思いつつ聞いている。長女と次女についても良い子だと評価して貰えた。親はロクでもないのだがそれでも子供は素直に育ってくれている。非常に有り難いことである。息子は今日も新しい友達を作ったようで、ムシキングのカードを色々と分けて貰っている。本当に友達を作るのが上手で、我が子ながら羨ましい。

 夕食を済ませると、「虫バトルしよう」と言うので相手をさせられる。器械でする場合と違い自分でジャンケンをしてワザの名前を絶叫する。自宅で息子の相手をしているから良い物の、もし外でしていたらジロジロ見られたりするだろう。けっこうムキになっていたのである。本気でジャンケンをして圧勝した。息子は悔し涙を浮かべていたが手抜きの方が悪いだろう。時々は負けてやるので勝敗は半々である。今は次女と息子とでデュエルマスターズなるカードゲームをして遊んでいる。子供の相手をするにも色々と新しい遊びが出てくるので付いていくのが大変だ。

 宜しければクリックして下さい。 人気blogランキング

|

« 複雑 とくらさんの出馬 | トップページ | 内務と外務 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ガキには即刻鉄拳制裁でしょう。
そうしないと舐めてかかってどんどんアホなことやって……


って大人もDQNばっかだな今の時代orz
「給食費は国でまかなえ」とか「嫌いな奴がいるからクラス変えろ」とか……

投稿: 久々 | 2006年8月30日 (水) 21時24分

腐男子予備軍の僕としては影木栄貴&蔵王大志先生のボーイズラブコミックがお勧めです。

投稿: パルチノフ | 2006年8月30日 (水) 14時37分

>>アッテンボローさん

悪気や悪意があったわけではない。気分を害したのなら済まない。しかし、あなたは病み上がりだ、僕はよくわからないが、病気になった人間には同情はあれ、ついていこうという気にはならないのが人情だ。
労働運動は色々利害が絡む難しい問題だ。そうとうエネルギーを使うはずだ。はたして大丈夫なのか、という意味だ。

投稿: ロースクール1期生 | 2006年8月30日 (水) 10時41分

 久々さんムシキングにも複雑な思いがしますよ。私なんかが子供の時は本物を捕まえて実際に闘わせましたが、今の子供はそれが出来ないからゲームなんでしょうね。子供向け番組の中にも色々ありますが、私はアンパンマンなんかは好きですよ。長女や次女が小さいときはよく一緒になってみていました。息子は好みではないようで最近は見ませんが。
 護憲的コケシさんの言うしんちゃんの影響というのは、家庭で躾が出来ない親が多いからでしょうね。本来の子供は多かれ少なかれしんちゃんのような要素を持っていますが、それを直すべき親がほったらかしですからね。うちの場合息子は確かにしんちゃんの真似をよくしますが、外出したときにお店で走ったりした場合は直ぐに拳骨をくれて叱っています。もちろんお店でイタズラはしませんよ。
 躾というか子供を育てる地域社会に関して「イカのおすし」http://rounin40.cocolog-nifty.com/attenborow/2005/12/post_7ca5.html 「職住接近の労働条件を取り戻そう」http://rounin40.cocolog-nifty.com/attenborow/2005/12/post_c685.html と言う記事を書きました。良ければ読んで下さい。
 イレギュラーずさん、確かに個性として捉えれば良いですね。
 くるるさん、子供向け番組でも良質というか制作者がキチンと作った物は大人でも楽しめる場合がありますね。絵本なんかでも良い物は大人が読んでも楽しめますよ。実際には子供とのお付き合いが多いですけど、たまにそんな作品にであうこともあります。
 夜中のファミレスは確かに連れてくる親に問題が多いでしょうね。子供のために良くない。
 ロースクール1期生さんの指摘は確かに前半は当たっていますね。最近は労働運動のネタではあまり記事を書いていない。後半はどうかな?  

投稿: アッテンボロー | 2006年8月30日 (水) 00時58分

>>アッテンボローさん

あなたの本職であるはずの労働運動に関する内容が最近ほとんどないことがブログを見てわかった。もう同僚から支持を得られず煮詰まってしまったか。

投稿: ロースクール1期生 | 2006年8月29日 (火) 17時17分

自分の父親がドラえもんやポケモンみて喜んでいたらおかしいですよ。

ちっ、しょうがないなぁ。でもお前がかわいいから、しょうがないけどつきあってやるよ。

くらいのスタンスがいいと思いますけど・・・。


ファミレスで騒ぐ子供は夜中に来るのが多いと思うんですよ。夜中にファミレスに子供を連れてくるのもイカンと思うんですけど、親が親なら子も子というのでしょうか?あと子供の言動は容赦ないですよねぇ。

投稿: くるる | 2006年8月28日 (月) 18時59分

「発音が違う」のは個性&文化です。まもなく、9月1日。関東大震災のときは、「井戸に毒を投げ込んだ」などの流言飛語で多くの朝鮮人(植民地だった朝鮮出身者のことだが、当時は帝国臣民)が虐殺されたという。朝鮮語は、語頭に濁音がこないので、そうした音を含む単語を言わせて、発音がおかしいというものが犠牲になったという。

でも、sixをシックスと発音したら、違うのですよ。むしろ、セックスにちかい。だから、東北には「イ」と「エ」の中間音が「イ」であり「エ」である。

投稿: イレギュラーず | 2006年8月28日 (月) 18時39分

 アッテンボローさんも久々さんも子育てに苦しんでいるようですね。僕はまだ独身ですので、勤務店で会う子どもたちへの応対で少しばかり「練習」しています。

 そう言えばある中年女性のパートさんが「最近の子どもは悪魔だ」と言っていましたが、この意見どう思いますか?別な上司のお孫さんはおばあさんにあたるその人を「クレヨンしんちゃん」の影響か名前で呼び捨てにします。店に来る子どもたちはよく肉を盛り付けているトレイを覆っているピンピンに張ったラップを指で突っついて破ったりもします。

 そうしたのを見ていると、この言葉に説得力を感じるのですが、どうでしょう?

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年8月28日 (月) 00時43分

あー、ムシキングですかー。
俺は何かヤマトやらガンダムやらを見て育ったので、ドラえもんとかモロ子供向けなのは苦手でw
それのせいか、うちのガキがそういう子供向けのを見てると、何かイライラするのはダメなのかなぁw


ちなみにうちのガキどもは「six」をどう聞いても違うように言います。
マジで直してほしい……

投稿: 久々@クリックで救える命があります | 2006年8月27日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/11636539

この記事へのトラックバック一覧です: 不倫スクール:

» マッチョの泣きどころ [正直正太夫の時評]
杉浦由美子『オタク女子研究腐女子思想大系』(原書房)は、ネット上でかなり攻撃の的になっている。主に「アエラ」に記事を書くライターが著者であるので、内容の薄さも想像がつくだろう。笙野頼子が「ちくま」7月号や河出書房のサイトで告発しているのは、この本と著者である。そんな本でも私にとっては面白い情報が含まれていた。 その本によると、実在の政治家を使ったやおいまんががあるそうだ。ネットでちょと調べてみると、安倍X中川や小泉X飯島(ゲッ)などがあ... [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 (月) 06時23分

« 複雑 とくらさんの出馬 | トップページ | 内務と外務 »