« 飛騨高山 | トップページ | レバノン停戦に思う »

2006年8月13日 (日)

チャラリーン 鼻から牛乳

 先ほど家族旅行から帰ってきた。昨夜は深夜に目が覚めてしまいそのあと二時間ほど眠れなかった。結局ねたのは朝三時半頃であった。妻子たちは早起きして旅館の近くを散策したようである。市街の中心から外れていて静かであったので熟睡できたようだ。地理的条件のために飛騨高山の名物である朝市に行くことは出来なかったようだ。朝食後今日の予定を色々検討し、旅館のフロントでも高山の観光地を尋ねた。祭りの森と言うところに行くことにしパンフレットを貰う。昆虫館が併設されていて息子はカブト虫やクワガタに夢中である。外国産のクワガタがつがいで売っていたが、値段を見ると2500円もするので諦めさせた。先日もカブト虫を三匹飼って貰ったのだが、世話が出来ずに死なせてしまっている。ウサギやリスが放し飼いにされているので抱いたりしていた、娘達も息子も大喜びであった。

 高山の祭りに使われている山車が展示されている地下展示場があり、そちらも見に行く。開場の売店で姪御を含めて四人兄弟ですかと尋ねられる。旅館でも同様のことがあった。やはり従姉妹同士であるのでよく似ているのであろう。昨日今日と一緒に旅行した姪の姉など妻の子供時分にそっくりであったから、親子で十分通用する。山車に備えられたからくり人形の操演等を見て午前中は時間を潰し、昨日は結局行くことが出来なかったお目当ての白川郷には午後から足を運んだ。民家を前に記念撮影したり民家の写真を撮ったりはんにち歩き回ると暑さの性もあって全身が汗みずくになる。職場の同僚への土産を買ったり色々買い物をしていて、「猿ぼぼ」さんという飛騨の民芸人形が気に入ってしまい幾つも買い求めた。夕方まで散策し、秋の紅葉の時期か冬の積雪の時期にまた来たいねと話し合う。

 帰りに寄ったサービスエリアで何気なくCDを見ていたら懐かしい事に嘉門達夫のベストコレクションと佐々木功と水木一郎との懐かしのアニメソングを見つけたので購入する。嘉門達夫の曲は、妻と付き合いだした頃からその影響で聴くようになったのだが、長女が「マーフィーの法則」を怖がるので聴かなくなっていた。十数年ぶりに聴いてみると息子に大受けである。一曲目の「ハンバーガーショップ」から「こちらでお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか」「どっちもいらん」という科白を繰り返し繰り返し真似をして笑っている。さらに「鼻から牛乳」では何度も曲の中で「チャラリーン、鼻から牛乳」と出てくる度に「また鼻から牛乳って言った。またや。何遍言うンかな」とケタケタ笑う。長女が「○○の笑いのツボは分からへん」と言う。だが息子は大変気に入ったようで、今もこの記事を書きながら再生して聴かせている。そう言えば「瀬戸智子の枕草子」の瀬戸さんは嘉門達夫がお好きであったことを思い出した。「鼻から牛乳」の替え歌で「♪チャラリ〜口から出まかせ」と小泉政権を皮肉っていた記事があったように思う。

 宜しければクリックして下さい。  人気ブログランキング

|

« 飛騨高山 | トップページ | レバノン停戦に思う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 kaetzchenさん、本当に嘉門達夫のテンションは高いですね。世に出る人はそれなりに元気というか精力溢れる人でないといけないのでしょうね。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月16日 (水) 22時11分

嘉門達夫の元気って,一体どこから出るんでしょうねぇ……。とても同い年には思えんわ。(^^;)

投稿: kaetzchen | 2006年8月16日 (水) 17時38分

 なんだかねかさん、瀬戸さん色々コメント有り難うございます。息子には色々と呆れるやら頼もしいやらびっくりすることの連続です。親バカなんでしょうね。でも将来が楽しみです。このまま素直に優しく感受性豊かに成長して欲しい物です。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月14日 (月) 23時12分

こんにちは。
楽しい記事、拝見して思わずこちらまでホカホカと温かくなりました。
遅くなりましたが、坊ちゃんの退院。
本当におめでとうございます。
良かった!!!
私も皆さん共々大喜びしています。
本来ならもっと早くコメント差し上げなければならなかったのですが、我が家のパソコンが接続の不具合で、しばらく4分9円生活をしていたので、ゴメンなさい。

さて、まだまだ暑い日が続きます。
お子さんたちの健康、どうぞ留意下さいね。
あなたや奥様もお疲れが出ませんように。
では、
もう一度。
○○君。
退院おめでとう(^.^)

投稿: せとともこ | 2006年8月14日 (月) 11時38分

それそれ私も小学校のころやりましたよ!

ちゃりら~ん、鼻から牛乳~

それを給食の牛乳でやりまくっていたら、次の日ひどいインフルエンザにかかりました。

他にも鼻からスパゲッティーを入れるとか、今考えると恐ろしいことをたくさんしていました。

投稿: なんだかねえ | 2006年8月14日 (月) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/11422534

この記事へのトラックバック一覧です: チャラリーン 鼻から牛乳:

« 飛騨高山 | トップページ | レバノン停戦に思う »