« 郵便営業で表彰 | トップページ | 8.7アメリカ領事館抗議行動に参加するぞ!! »

2006年8月 2日 (水)

「社会主義と戦争」

 私は度々「革命的祖国敗北主義が欠如している」と言う批判を受けている。確かに戦争に際しては自国帝国主義の敗北を促進する事でそれを革命情勢に転化するという、共産主義者にとって最も重要な義務について語ることが殆ど無かった。そこでレーニンの著作である「社会主義と戦争」を改めて学習することで、自分の中に改めて革命的祖国敗北主義を確立したいと思う。テキストには大月書店より刊行されている国民文庫版を使用する。90年頃の革共同の月刊誌「武装」(「コミューン」と改題)に連載されていた「社会主義と戦争」の学習のための手引きが現在手元にないために中核派式の理解に独力でどれだけ近づけるかは分からない。本当は「前進」を定期的に読むことで現実の運動と格闘しながら学ぶのが一番であるのだが、正直ウェブ上に掲載されている論文を読むことさえも満足に出来ていない。まだまだ病状の回復がそこまで至っていないのか、それとも前進を読むことが出来ないくらい思想的腐敗が進んでしまっているのか。多分おそらく両方ではないかと思う。

 二月から三月にかけて「帝国主義論」に関する記事を連続して書いており、現代の日本が帝国主義であることについては私の見解はハッキリしている。そして日本が帝国主義であり労働者による社会主義革命・共産主義革命によって打倒すべき対象であることを述べた。「あらゆる国の政府とブルジョア政党が数十年にわたって準備してきたヨーロッパ戦争が勃発した。先進諸国の資本主義発展の最新の帝国主義段階における軍備の増大、市場獲得競争の極度の激化、最もおくれた東ヨーロッパの諸君主国の王朝的利害、これらは、不可避的にこの戦争へ導かずにはおかなかったし、また実際に導いたのである。他国の土地を奪い、他国を征服し、競争国を破滅させ、その富を強奪し、ロシア、ドイツ、イギリスその他の国の国内の政治的危機から勤労大衆の注意をそらせ、労働者を分裂させること、彼らを民族主義であざむき、プロレタリアートの革命運動をよわらせるために労働者階級の前衛をみな殺しにすること、--これこそが、今日の戦争のただひとつ現実的な内容であり、意義であり、意味である。」「社会民主党は、なによりも、戦争のこの本当の意義を明らかにし、支配階級、すなわち地主とブルジョアジーが、戦争を擁護するために流布させているうそ、詭弁、『愛国主義的』言辞を、容赦なく暴露する義務を負わされている。」

 レーニンは第一次大戦の勃発に際して1914年11月1日の新聞「ソツィアル・デモクラート」にロシア社会民主労働党中央委員会の声明を掲載した。冒頭から上記の引用にあるように第一次世界大戦が帝国主義同士の強盗戦争であり、協商国側にとっても同盟国側にとっても不正義の侵略戦争であることを真っ向から主張した。どちらの側も自分たちこそが「祖国と自由と文化」を守るために防衛のための戦争を行っているのだと主張し、敵対国こそが「野蛮で諸民族を抑圧し、反動的である」と罵っている。

 「略奪、残虐行為、戦争の果てしない残酷性の点では、交戦国の両グループはたがいにひけをとらないのに、各国のプルジョアジーはプロレタリアートをだまし、ただひとつほんとうの解放戦争、すなわち、『自』国のブルジョアジーにたいしても、『他』国のブルジョアジーにたいしてもおこなわれる市民戦争から、プロレタリアートの注意をそらすために、この崇高な目的のために、愛国主義についての空々しい文句で『自』国の戦争の意義をほめたたえようとつとめており、自分たちが敵に勝とうとする意図は、土地を奪い略取するためではなく、自国の人民以外に、他のあらゆる国の人民をも『解放』するためであると断言しようとつとめている。」 実際、ドイツはセルビアを征服し、フランスとベルギーを占領して略奪を行った。ロシアはウクライナとポーランドを征服し圧殺した。フランスもイギリスもロシアを支持し援助した。今日米帝がイラクを侵略していることについて「フセインの圧政からイラクの人々を救い出すのだ」と言い張っているが、実際にはファルージャにおける虐殺のように多くの一般市民、その多くは女性や子供を虐殺している。傀儡政権を樹立することで石油利権を我が物にしようとしている。朝鮮や中国に対しても民族抑圧や圧政を批判しているが、その真の目的は帝国主義的利害に基づいて韓国で高まっている労働運動・反基地運動を圧殺し、南北朝鮮を米帝の傀儡政権の下に統一支配しようとする物であるし、中国市場を日米欧のそれぞれの帝国主義が奪い合っている物である。

 労働者階級とその前衛党たる共産主義者の党は自国帝国主義が参戦している戦争に対してどの様な態度を取るべきかをレーニンは明確にしている。自国が行う戦争にトコトン反対し、軍需物資の生産・調達をボイコットし、戦場ではドイツ兵との交歓を組織して闘いをお互いに辞めて自国の権力者に対してこそ銃を向けようと話し合いを組織した。そして実際に、レーニンとボルシェビキはそれを行ったのだ。日露戦争の際には「日本のスパイ」と罵られながらモスクワ蜂起を行い、旅順では映画「二百三高地」に見られるように日本兵と一緒に酒を酌み交わした。モスクワ蜂起の経験は1917年の2月革命に生かされ、帝政ロシアは打倒された。だがその後を乗っ取ったエスエルやメンシェビキなどの連立政権は戦争を継続した。それに対してレーニンは10月革命を指導したのだ。この時は「ドイツのスパイ」と罵られている。ネット右翼に限らず、中核派を始め日本の軍備増強に反対し、アジア諸国との友好・連帯を主張する人々に対して「北朝鮮の手先」「中国の手先」とレッテルを貼ろうとするのは、日帝ブルジョアジーにとって都合の悪いことを言う人々を沈黙させるための常套手段である。日本が戦争に突き進むことを真剣に阻止しようとするのならば、全ての人々は「模範非国民」にならなければならない。戦争に協力する一切の行為に反対し、日本政府の敗北を促進することで帝国主義としての日本を滅ぼさなければならないのだ。私は貯金保険の労働者として軍備調達を拒否できる労働運動を構築しなければならない。同僚に呼びかけて軍事郵便取り扱いのボイコットを組織しなければならない。「テロ対策」と称して行われている郵便物の検査自体拒否すべき行為なのだ。全逓労働運動を戦争に反対できる階級的質を持つ物として再生すること。これが私の任務である。

 宜しければクリックして下さい。  人気ブログランキング

 

 

|

« 郵便営業で表彰 | トップページ | 8.7アメリカ領事館抗議行動に参加するぞ!! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

文化というより、床に痰唾を吐くってのはなぁw
あと郷に入れば郷に従えって言うか・・・

で、その伸び率を持っていても、半島は終戦までずっと赤字で、日本が補助金を出してた状態のままだったわけですが……
日本は朝鮮から採取しようとなどハナから考えてません。
とりあえずロシアに攻め込まれなきゃそれでよかったわけで。
だから朝鮮を独立させた。
けど、まーったく朝鮮は文明開化みたいなことをしない。
半島にロシアが攻め込んだらどうなるか……
想像に硬くはありませんね。

大体採取するためだったら、朝鮮人をとっとと戦争につぎ込んでると思うのですが。
朝鮮で徴兵が適用されたのが1944と内地より5年も遅いですし。

それと現在の価値観で見るのではなく、当時の価値観で見るべきかと。
当時併合は合法且つ有効な手段でしたし、日本は武力行使せずに併合した、一番合法的な併合。
米、英、蘭、仏などの植民地と比べてみてもかなり良い待遇でしたよね。
だから日本を褒めろとは言いません。
けど、「日本が採取した!」「朝鮮人を虐げた!」などと嘘を言わないでほしいってことです。


とりあえず、属国の資料
ttp://photo.jijisama.org/dependency.html
中国から見れば1600年代では朝鮮は属国だったようですw
李朝は1392からですから、それ以降独立云々ということがあったのでしょうか?
あと最古の大極旗にも大清国属 高麗国旗って書いてあるのですがw

少なくとも使者を王様が9回も土下座する国はどう見ても属国としか思えないと私は思いますがw

>タイムワープ
そういう問題じゃなくてw
「李朝末期」と「併合後」を比べたら、住み心地がいいのはどっちでしょうか?
ってことです。
生活水準の高さがどう変化したか。
一番の問題はそこでしょう。

投稿: 久々 | 2006年8月16日 (水) 23時18分

 文化や礼儀作法というのは民族によって違いますから、尾張藩の記録をもってして朝鮮人が無礼であるとするのは誤りですね。欧米では今でこそフォークを使って食事しますが、フランスなどでもルイ14世の頃までは手づかみで食事をしていました。未開な野蛮人でしょうか?日本の正座と違い朝鮮式の作法に従った座り方は片膝を立てて蒙一方を投げ出します。インドでは今日でも右手だけを使って食事をするのが正式の作法です。他民族や異文化を受け入れることなく、全てを「野蛮」としてしまうのは間違いだと思いますよ。
 さて、以前にも「帝国主義論」に関する記事を書きましたが、植民地の経済が本国より急速に発展するのは当然のことです。安価な労働力を求め、そこから発生する超過利潤を得ることを目的として資本を輸出するのが帝国主義段階の経済のあり方です。今日中国の工業生産が発展していますが、殆どが日米欧の資本です。一時期台湾がパソコンの一台生産地になっていましたが、それも基本的には資本輸出の結果です。アジアの諸国も殆どが外国の資本を導入することに必死です。
 当時の日本やヨーロッパのGNPの伸び率と朝鮮のそれを比較すること自体が無意味です。
 過去に戻る、或いは過去の世界に飛び込むというと自体が不可能なことですから無意味な質問だとは思います。人間の意識は時代時代の制約を抜け出すことは出来ませんから、仮に私が過去の世界に存在したとして、今と同じ思想を持っているかどうか自体が分かりません。今の意識のままで過去に生きるとしても朝鮮半島に行く気はありません。あくまでも日帝打倒が私の第一の任務ですから過去の日本になら行ってみたいとは思いますよ。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月16日 (水) 22時04分

ここでアッテンボロー氏に聞きます?

もしタイムワープするなら
①李朝末期
②日本統治下

どっちですか?

投稿: 久々 | 2006年8月15日 (火) 18時47分


( ゚д゚)……
>先ず第一に朝鮮民族の独立が奪われた。
「独立門」って知ってる?w


>中国の歴代王朝による朝貢国との関係は中国を立てておけば侵略や征服の対象とせずry
日朝修好条規に反対してますが?


>日本において将軍の大が代わる毎に使節を派遣してきたのはその為です。

……
その為といわれてもなぁw
大体何のために来てるのかわからないやつらだしw

摘録 鸚鵡籠中記朝日重章
正徳元年(1711)に朝鮮通信使が名古屋に来た時の様子を尾張藩士が描写したもの
11月29日条
 韓人の料理するを見るに、真箸(まなばし)を用いず手づかみなり。また食を喫するを見るに、足を抛げ出し、互いの膳のを箸を入れて取り喰い、かつ上々官といえども、鼻をかむに紙を用いず手を以てし、または座席へ痰唾を吐き、無礼なる風俗なり。

こんなやつらが来てもなぁwww


>朝鮮を植民地化した際に、大衆の共有地を日本政府の所有地に組み込んだ上で日本の貧農に低価格で分け与えました。
>元々の自作農が小作人に転落するなど様々な経済上の不利益を強制しています。

( ゚д゚)……
あの、前にも言いましたが、日本人が所有していた土地は7パーセントほどですがw
一体どれだけ豊作だったのでしょうか?w
第一、日本人よりも朝鮮人の方が自作農多いですし
ttp://www.tamanegiya.com/tyousenntokosakunouka.html
面積比だと174800町と78550町
倍以上の差がありますがw

ついでに小作の増加は李朝末期から進んでいた物ですが、日本の責任もあったでしょう。
で す が
日本はちゃーんと対策してますけど。

朝鮮総督府は国有地としたのは旧大韓帝国所有の国有地だけで、その土地を1920年から「東洋拓殖株式会社」(東拓)には売却せずに、12万町歩の田畑を朝鮮人の(従来からそこで耕作している)縁故小作人に安く直接売却してます。
東拓の持っていた土地も7万3千町~8万町歩で、総督府の国有地と東拓の耕作地を合わせても20万町弱であり、耕作地の4%強。
大して日本統治下で開墾された新しい水田は22万町。
さらに満州国では、中国人地主の土地を買い上げて朝鮮人小作人に払い下げる自作農創定政策を実施してますが。

これって自作農を増やす努力では?


あと、自作農が増えにくかった理由について

落星垈(ナクソンデ)経済研究所の調べ
1912~1937年までの朝鮮国内総生産(GDP)成長率
年平均実質GDPは4.10%、実質GDEは4.24%
※同時期の日本・米国は、3%台 欧州は、1%台

植民地朝鮮の経済構造変化
    1910年代 1930年代
一次産業 75%    45%
二次産業 7%     22%
三次産業 19%    33%

これだけ人が流れれば、生産高とか自作農の増加がきつくはなりますよね。


>朝鮮半島で生産された米を日本の声優年層が釣。平されて生産力の低下した農業の穴埋めに使いました。

↑日本が買い占めたってこと?
そりゃぁ日本人の方が高く買いますから仕方ない。

投稿: 久々 | 2006年8月15日 (火) 18時32分

 何度も繰り返し書いていますが、日帝による侵略行為の結果として、先ず第一に朝鮮民族の独立が奪われた。日帝は宗主国である新穀の影響力を排除するために朝鮮が独立国であることを条約上明文化したに過ぎません。中国の歴代王朝による朝貢国との関係は中国を立てておけば侵略や征服の対象とせず、内政における自由を承認していたに過ぎません。外交に関しても対中国との関係で問題がなければ放任していました。日本において将軍の大が代わる毎に使節を派遣してきたのはその為です。
 更に記事に対する書き込みへの返答でも書きましたが、朝鮮を植民地化した際に、大衆の共有地を日本政府の所有地に組み込んだ上で日本の貧農に低価格で分け与えました。元々の自作農が小作人に転落するなど様々な経済上の不利益を強制しています。朝鮮半島で生産された米を日本の声優年層が釣。平されて生産力の低下した農業の穴埋めに使いました。
 これらの日帝による韓国併合によって生じた問題点については繰り返し述べてきました。何度も蒸し返す書き込みに対しては少々怒りを覚えます。
 さて、歴史修正主義者による歴史の捏造については私は断固として非阪大害する立場です。侵略や虐殺がなかったとすることがどれほど帝国主義本国の人間にとって耳障りが良く受け入れやすい言葉であるか、AIM さんの書き込みはそのようにしか受け取ることが出来ませんね。「良薬口に苦し」と言いますが過去の過ちを繰り返さないためにも歴史の過ち・汚点については真摯に向き合う態度が必用であると言えるでしょう。
 TAMO2さんの書き込みに関しては、権力を握った物にとって自制が重要であるという点で厳しく受け止めるべきだと思います。ですが、侵略と侵略戦争を行おうと図雲のに対しては徹底して非常になるべきであると思います。
 なんだかねえさんの書いている民族排外主義に関しては今日の日本における朝鮮・韓国・中国に対するヘイトサイトの乱立に見られるように、そもそも今日の日帝の支配政策による諸矛盾が集中的に押し付けられている失業者・半失業者が取り込まれている点で危惧を覚えます。彼らこそ耳障りの良い帝国主義者の言葉に誑かされて本質を見ることなく差別排外主義の熱病にうなされている存在ですね。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月14日 (月) 22時38分

ゲルマン人というよりもアーリア人だな。

投稿: なんだかねえ | 2006年8月11日 (金) 21時43分

ゲルマン民族は優等人種で、スラブ人やユダヤ人は劣った人種であるということが真実なんだろうか?

ヒトラーの著作自身が人間の暗部を象徴しているとは言えるが、ヒトラーが人間の暗部を分析しているわけではない。彼がプロパガンダの天才であり、モブルールの恐ろしさを歴史的に証明したわけだし、マインカンプでも大衆操作術について詳細に論じられている。しかし、それはわが闘争のごく一面であり、わが闘争の主題というのはゲルマン民族の優越性とユダヤ人差別論である。

いったいどういう部分が真実なのかTAMO2は一言も具体的に書いていないが、そういう曖昧な評価をわが闘争に与えることがどういう意味を持つのかわかっているのだろうか。

投稿: なんだかねえ | 2006年8月11日 (金) 21時41分

そして人間の奥底にある恐怖や差別意識にまつわる真実を掘り当て、利用できたからこそ、ナチスは成功したんだ、と思います。

恐怖と言えば、
「富農を百人吊るせ、連中は震え上がるであろう」
というレーニンの言葉を付記しておきます。

左右関係なく、権力者はこれらの真実を行使します。そしてそこでの勝利が決定的なことがあります。

投稿: TAMO2 | 2006年8月11日 (金) 20時56分

何か本当に読んだのか、という書き込みがあったので書いておきます。

あの本は物凄く差別的で偏見に満ちていますが、それでもってあの本にある真実まで否定することは出来ない、ということです。

自分の書き込みを再掲します。
>「我が闘争」は、人間の持つ後ろ暗い本質を暴露し、眩暈を覚えましたが、真実をかなり書いていると思いました。

その真実とは、見たくない真実です。それを見ないのは欺瞞です。

投稿: TAMO2 | 2006年8月11日 (金) 20時52分

もうあった無かったは言わないけれど一つだけ言い忘れていたので。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4150502811/sr=8-2/qid=1155274477/ref=sr_1_2/503-4068986-8443968?ie=UTF8&s=gateway

資料としては全然足りないし反論しようと思えばできるけれどもホロコーストに限らず歴史学に関しての参考にはなると思います。とりあえず何故否定論者が歴史学者達のホロコースト議論の蚊帳の外に置かれてきたかは解るはずですから。
否定論者はソフィア先生の逆転裁判の人並に頭が悪いわけではないから面白いんですけどね。

投稿: AIM | 2006年8月11日 (金) 14時52分


で、日本が併合して悪かったことは?

投稿: 久々 | 2006年8月10日 (木) 22時42分

 基本的に帝国主義段階に突入したのと日本が開国し手資本主義化した時期が近いために、植民地経営によって生じる経費の軽重より先ずは植民地と市場を確保しなければ後進帝国主義として生きることが出来なかったという歴史的条件がありますね。ここ十数年の日本におけるリストラと称した首切り合理化は労働者の購買力を削いできましたから、国内市場での各資本の淘汰が激しいわけです。市場が小さくなると分かっていても首切り合理化をしなければ生きていけない資本主義その物の矛盾が植民地支配にとっても避けられない問題だったわけです。
 ホロコーストを否定する歴史修整主義は基本的に受け入れることは出来ませんね。ただし連合国もまた帝国主義ですから自国の侵略を居直るために敵に対して有ること無いこと言っている部分はあるのかも知れません。
 共産主義とスターリン主義とを混同する意見については最新記事を参照と言うことでこの項に関しては締めくくりたいと思います。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月10日 (木) 22時30分

>>補足として私の言う否定論者とは「民族を基準にしたジェノサイド」「ガス室や火葬場は大量殺人に使われた」「600万という死者の数」を三つを柱として否定する人の事です。


「ガス室や火葬場は大量殺人に使われた」「600万という死者の数」の2つは内容について否定的な疑問がありますので自分も否定論者ということになりますか。

大体大量殺人に使われた悪名高き収容所のほとんどが、東側の衛星国にあった時点でおかしいです。

ドイツ南部のダッハウのガス室は使われていなかったのは知られているし、ブーヘンヴァルトやザクセンハウゼン初めドイツ国内で明らかに大量殺人に使われたと言われる収容所は東ドイツ側にあります。

ソ連には「カチンの森事件」などの大量虐殺隠蔽の前科が大量にあります。なにかしら赤連中が関わったプロパガンダであった可能性は否定できませんね。

自分もこれで〆。

投稿: くるる | 2006年8月10日 (木) 18時46分

誤字脱字多いですね。申し訳無いけれど脳内変換でお願いします。

投稿: AIM | 2006年8月10日 (木) 17時33分

久々さん

>ホロコーストが事実なら何故嘘をつく必要がある

否定論者のツンデルの言葉を借りて答えれば「ドイツ民族の名誉回復、600万の重みからドイツ民族を解き放つ」となるのでしょうね。
補足として私の言う否定論者とは「民族を基準にしたジェノサイド」「ガス室や火葬場は大量殺人に使われた」「600万という死者の数」を三つを柱として否定する人の事です。

これは否定論者の本にありましたが、最初はニュンベルク裁判に対抗する修正論が生まれ、その中の一部の人々がホロコースト否定論者となったようです。IHRに関して言えば創始者と幹部連中が内ゲバ起こして決別して以来(1993)かなりの資金難に陥った事もありイデオロギー色を強めるしか雑誌の売り上げを伸ばすしか方法が無かったそうですよ。

エントリーとは関係が無いのでこの辺にしておきます。

投稿: AIM | 2006年8月10日 (木) 17時31分

あら、寝ぼけて打ったせいかミス。

ユダヤ人は600万人はいるw

600万人も殺せるのか

だw


皆さん、DVDの見過ぎには注意しましょう

投稿: 久々 | 2006年8月10日 (木) 14時22分

>AIM氏

とりあえずー「ホロコーストが事実なら何故嘘をつく必要がある」ってことですかね。
連合国お得意の針小棒大は絶対にあると思いますし。(そもそも600万人もユダヤ人いるのか?)
ま、その辺は自分で調べていってですね。
自分で調べてじゃないと納得できない性質なので。

投稿: 久々 | 2006年8月10日 (木) 14時11分

私も一時期ハマったホロコースト否定論ですが、調べれば調べる程かなり無茶な論理展開してますよ。

例えば、「絶滅させる、破壊する」という意味しかない「Ausrottung」を「弱体化させる、移送する」と訳して資料を無効化してみたり、肯定している学者の言葉の一部だけを抜粋して引用してみたり、というか否定している歴史学者はIHQの編集長かなんかのマーク・ウェーバーだけだったし。

投稿: AIM | 2006年8月10日 (木) 13時58分

「正しい共産主義」ですか? ならそれは実際にどこにありますか? その現実にある「国」を示しなさい、

共産主義国家は全て問いっていい程、暴力で人間を殺し支配する政治になってます。それをスターリンに押しつけてますけど、スターリンがどっち向いておろうと、共産主義は大量殺人と、暴力による支配は免れないでした。それは人間が権力を握るとどうなるかという現実に即した理論を無視したという欠陥です。それが歴史的事実です。


「自分達は正しい共産主義だ」と、主張する中核派は革命の為の殺人を肯定してますね、中核派が政権を取ると、まず、政治家が殺されるでしょう、そして、大きい家に住んでいる人とか、良い車に乗っている人、良い服を着ている人を次々に「革命」の名の元殺していくでしょう。だって、そう宣言しているのですから、それは大量殺人です、虐殺です。それが事実です。「正しい共産主義」自体が現実に間違いで、全ての罪悪の元です。

投稿: Silver_PON | 2006年8月10日 (木) 08時25分

>まこと氏
だって「日本が朝鮮から色々と奪った」っていまだに左翼の人が言うんだもん。


第一韓国の首相が「併合してよー」て来日してるんだし。
もう一度聞きます。


日韓併合の問題点は何?
日本は何か奪った?

誰か答えて

投稿: 久々 | 2006年8月10日 (木) 07時50分

石橋湛山の小日本論?よく知られています。
多くの人には個人としての判断は割合に正しく出来るんですが、組織として考えると右左全く同じ構造で組織拡大が目的となりキムチ半島すら共同体として併合した事実があります。
昨今も特亜三国には関わらないのが最善の選択でも落ち目の企業家政治家(保守も左巻きも)が落日の前の先陣争いを続けています。
組織拡大領土拡大は一方で内部崩壊を生みますが遠い先のことと考え、または全く考えず突然のクラッシュに驚くのはベルリンの壁だけではありません。
北朝鮮崩壊そして北京五輪の前後には中国の分裂すら予想されます。
共産主義を隠れ蓑にした保守派が最大の失敗をしそうな気がしますし、期待しています。

投稿: tatu99 | 2006年8月10日 (木) 07時36分

というか、久々さんが繰り返し書いている"朝鮮の植民地が経済的には日本国家にとって利が薄い"云々なんてことは、大正時代のとうの昔に指摘されていたことで、何も目新しい議論ではありません。東洋経済新報社の元主幹で、戦後は総理大臣を経験した石橋湛山の議論とかを読めば分かると思うのですが。

投稿: まこと | 2006年8月10日 (木) 06時56分

アッテンボロー氏

>杉原千畝の行為についても否定するのですね。
いや、否定しませんよ。
私はドイツ人はユダヤ人を迫害したし、強制的に収容所に押し込んだと思っています。
が、大量殺人は無かったという立場です。
収容所内部での生活は、それぞれによって違うでしょうから、それなりの所もあったし、酷いところもあったでしょうね。

>後、久々さんたまにはサイトではなくて学術的に評価されている文献なども提示していただけませんか。
私は財布の中にいつも木枯しが吹いているのでw
上方はネット、図書館、立ち読み、などが主です。

けど、私が紹介するのは、殆ど新聞なり本なり資料なりのソースがそこに載ってるはずですけど。
そちらの資料、ってことではだめでしょうか?

>特に歴史修正主義者の場合にはそれは顕著であると思います。専門の学者が評価している文献を提示して下さい。
中国の旅、慰安婦強制連行、在日強制連行神話、南京大虐殺30万人神話……
学者も信用できません(><)

てか、それ言ったらつくる会も専門の学者が作ってるもんでしょうにw
専門家でも反対意見は貴方たちは認めないんでしょう。


>朝鮮に対する植民地支配で言えば、人口が生産力を支える時代にあっては奴隷労働をする人間が多いほど宗主国にとってはよいことであるはずです。


あのー

朝 鮮 は 収 益 ど こ ろ か 赤 字 で し た が ?

終 戦 ま で 毎 年 当 時 の 金 額 で 一 千 万 円 、 総 督 府 の 予 算 の 四 割 を 負 担 し て ま す が ?

っ て 言 う か 、 こ れ 前 に も 言 い ま し た が w


ほーんと、日本は防衛のためだけに、韓国にいろんなものをばら撒きましたなぁww

投稿: 久々 | 2006年8月10日 (木) 02時26分

 少し前のコメントについてですが…

>成る程中核派は反革命ファシストカクマルを処刑しているし機動隊とも殲滅戦を繰り広げてきた。三里塚農民の土地を強奪することで利権をむさぼる官僚や企業からも死者を出した。その意味では殺人者の集団ですね。だがしかし私たちは公害病や薬害によって多くの人々を苦しめている日帝を打倒する為には自らが殺人鬼と呼ばれようとも構わない。社会保障を切り捨て、大衆収奪を強化する日帝支配階級を打倒するためならば自らに出来る全ての手段を行使することを厭わないだろう。

 確かにその当時の情勢等を考えればカクマルや官僚や大企業のお偉いさんを殺すところまで「行かなければならなかった」、というのは理解できます。おそらくそこまで追い詰められていたのでしょうから。第一対カクマルについては週刊現代で「内ゲバ」のあらましが出ていましたが、少なくとも僕にはカクマルが中核派の学生や書記長を殺したことに因果関係と責任があるように見えました。

 それでも僕自身は人を殺すことだけは絶対にしたくはないのです。もちろん「やむにやまれぬ結果」ならばある程度の踏ん切りがつくかもしれませんが、後味は悪くなってしまうと思うのです。殺人が不正義ならば、「打倒」は容認しても「殺人」まで容認する気にはなれません。

 もちろん、「今」の中核派は「極力非暴力、しかし、衝突を恐れない」というスタンスであると理解していますので、さすがに即「処刑」ということにはならないと信じています。しかし、僕は中核派に対して「でも人を殺すことだけは止めるべきだ」と言いたいです。

 ただし、大切な人々、例えば職場の仲間、友人、家族、恋人などがひどい目に遭っていたら、その人々を守るために「命を張って命を守る」ことができるようにはなりたいとおもいます。しかし、それには「結果としての殺人」を容認するだけの覚悟が必要なのかな、とも思っており、本当に内心複雑なのです。単に臆病なのかもしれませんが。

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年8月 9日 (水) 23時56分

 久々さんはナチスによるホロコーストを否定する立場なんですね。と言うことは右翼が美談として引き合いに出す杉原千畝の行為についても否定するのですね。少なくとも彼が査証を発行したことで救われたユダヤ人にいても針小棒大なデマだと言うことで宜しいですね。
 バランス云々に関しては私の立場では本物の共産主義を実現できなかったからであって資本主義と共産主義のバランスの問題ではないと言っておきます。出来れば「共産党宣言」や「国家と革命」くらいは読んで下さいね。少なくとも共産主義者が何を目指しているのか位は分かって貰えると思います。
 後、久々さんたまにはサイトではなくて学術的に評価されている文献なども提示していただけませんか。例えば私のブログでは私自身の解釈による共産主義を語っているわけですが、それが万人に受け入れられているかと言えばそうではない。サイトというのは開設者が好き勝手を言えるという点でとんでも無い屁理屈を掲載している場合も多々あるわけです。特に歴史修正主義者の場合にはそれは顕著であると思います。専門の学者が評価している文献を提示して下さい。
 くるるさんの意見で言えば具体的にどの点がホロコーストに関する矛盾点なのでしょうか? 私は番組自体を見ていませんので良く分かりませんが、問題有りとするのであれば出来ればその点を紹介して下さい。
 朝鮮に対する植民地支配で言えば、人口が生産力を支える時代にあっては奴隷労働をする人間が多いほど宗主国にとってはよいことであるはずです。その点と切りはなした朝鮮人の人口増加問題というのは無意味ではないでしょうか。
 なんだかねえさん、TAMO2さんが「我が闘争」読んだかどうかは知りませんが、私の感想では酷い本だなあと言う物ですね。20くらいの時でしたか、一応読みました。かなり矛盾と差別偏見に充ち満ちたトンでも本と言う奴でしたね。
 まことさん情報どうも有り難うございます。色々とバタバタしているので果たして読むことが出来るか分かりませんが、図書館に行く機会が有れば探してみます。
 Silver_PON さんの書き込みに関して言えば、「正しい共産主義」を学びもしないで何を言っているのとだけ答えておきます。中国スターリン主義が口先で共産主義を唱えても、実際に行っていることはマルクス・エンゲルス・レーニンとは無縁ですから。文字通りの「羊頭狗肉」です。
 後段の書き込みに関して言えば、帝国主義がその生産品を売るための市場としているだけで、別に資本主義が優れているわけではありませんよ。私が書いた「帝国主義論」で中国における日系企業の労務管理の現状に触れていますが、それは果たして中古極人民にとって良いことでしょうか? もっと言えば今日の日本で多くの労働者がローンを背負って各種の品物を購入していますが、その事で将来の収入を担保にしていることは良いことなのですか? 不必要な物まで欲望を刺激することで購入させられているという点で私は否定すべき事であると思っています。なぜローン地獄・サラ金などによる多重債務の問題が発生し、ゴミ処理問題が起こるのでしょうか? 資本主義その物の矛盾の現れであると思いますよ。
 
 

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 9日 (水) 23時36分

>>> Silver_PONさんの言う事については共産主義者は国家の廃絶を目的としているので相容れませんね。今の日本の繁栄その物が労働者の血と汗で出来ているわけで

それは間違ってます、日本人は他のアジア諸国、特に共産国と比較し、労働者はリッチです。共産国は政治指導者や一部の閥族が富を独占し、労働者は大変貧乏な生活を強いられているではありませんか。それが世界的事実です。それが共産主義の実態です。実態を見ずにその愚かしい屁理屈をこねるのをやめなさい.
中国は近年になって、資本主義経済を導入する事により、国民がリッチになり、最近、車が持てるようになってきましたね。そのおかげで日本の企業は中国を単なる工場とではなく、ものを売るマーケットと捉えてきています。それが事実ですよ。資本主義により、その頂点が上がる事により、新たな消費が産まれ、その消費は全体の資金の流通を活性化し、そのおかげで全体が引き上げられるのです。
その「事実」を忘れてはいけません。目で確認出来る事実こそ、全てのスタートです。

投稿: Silver_PON | 2006年8月 9日 (水) 16時56分

>> Silver_PONさん、またしても早とちりですよ。中核派が主張する革命的共産主義、反帝国主義・反スターリン主義とはレーニンが指導した1917年のロシア革命がスターリンによってねじ曲げられ、
中国や、その他の共産主義国家の指導者にその事を聞いてみましょうか? 「貴方は偉大なる思想家マルクスの後継者か、それともマルクスの理論をねじ曲げた暗黒の帝国主義の独裁者か?」って、たぶん、「自分達はマルクスの正当なる後継者で暗黒の独裁者なんかではない」と返事が帰ってくるでしょう。
そしたら、どっちが正しいのかって事になりますね、13億の国民を統べる国家指導者とそれとくらべてはるかに頭の悪い日本の大学生と、そんなもん、頭の悪い日本の大学生が中国の政治指導者より正しい分けないじゃないですか。それくらい、どんな子供でもわかるでしょう。貴方がた以外は。貴方がたは世界のどんな子供より愚かで幼稚です。


そんな所でも中核派の意見は間違ってる事は確実です。

もう嘘で嘘を塗り固めるのはやめましょう。

それから、何度もいうように、団体の理論はその内部の問題で、それを外部に出す事は間違いです。オウムの犯罪は、オウムの教義で正当化されてるからって免罪されないでしょう、先日から世間を騒がしている朝鮮の収容団体の性犯罪はたとえ、その指導者がそれは祝福であると言っても犯罪でです。犯罪は、その団体の理論の如何に係わらず、犯罪です。中核派の理論がどうであろうとも、その表に出ている行動が犯罪ならるなら、それは犯罪です。人間はその表に表れた行動が法律に認められた行為であるかで判断されるべきで、理論は、特にそれが物理法則のように実際的であると実証的に認められるものでない限り所詮内部的な約束で外部に出してそれを外部の人間に強制する事は出来ません。


イスクラの管理人は私の意見をスルーしてるわけではないじゃないですか。反論してますね。あの管理人は反論しないのではなく、すぐに反応できないわけです。私の意見にすぐに反応出来ないのは、それがあまりに全うな事なので、それを言い負かす文言を考えるのに時間がかかり過ぎるからです。

投稿: Silver_PON | 2006年8月 8日 (火) 23時58分


ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4480058230/503-6729010-0135159?v=glance&n=465392

よくわからんが、文章能力が稚拙な本っぽいのはわかった。
後者は面白そうだから読んでみることにしよう。
まことさんはよんでいるのですよね。
よろしければ、
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717


ttp://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/fullview/HDM591VG534P/503-6729010-0135159?%5Fencoding=UTF8
Amazonて便利だなぁ。
ちゃーんとまとめてくれてる。

投稿: 久々 | 2006年8月 7日 (月) 10時26分

アッテンボローさん。

>ホロコーストは事実としてあったと思いますよ。その点に関しては勉強不足もあるので「あったと思う」で留めておきますが。

「ナチガス室は無かった」等の歴史修正主義に関しては、以下の本などが参考になろうかと思います。

・松浦寛著「ユダヤ陰謀説の正体」(ちくま新書)
・ティル・バスティアン著「アウシュヴィッツと『アウシュヴィッツの嘘』」(白水Uブックス)

これら二冊は新書ではありますが、「ガス室否定論者」の歴史偽造の手口、いわゆる「ユダヤ陰謀論」やホロコースト否定論者の思想的背景およびその系譜が簡潔に纏められており、おすすめです。

投稿: まこと | 2006年8月 7日 (月) 07時25分

つうかTAMO2はほんとにマインカンプを読んだんだろうか。ありゃ正真正銘の人種、民族差別本なんだが。

しかも彼のユダヤ人論は偽書の「シオン長者の議定書」に基づいているわけだがねえ。

カクマルもカクマルだが、ナチスと比較してどちらがいいとか悪いとか言えないと思うが。

投稿: なんだかねえ | 2006年8月 7日 (月) 05時47分

本当なら嘘つく必要ないもんねー
嘘をつくってことは、後ろめたいことがある。
しかも嘘をついてる奴は何かを隠すために嘘をついているわけだから、一つの綻びから次々と……

あーあーってかんじだなw

とりあえず罪の深さは
ルーズベルト>>>チャーチル>>>>>>>>>>>スターリン>>>>>>>>>>>>>>>ヒトラー>>>東条
ってとこだろ。
ドイツの潜水艦、フライングタイガースと宣戦布告前に攻撃してるやつらだし。


あ、ムッソリーニ?
あれは面白いからおkw
ttp://2chart.fc2web.com/itaria.html
ぶっちゃけ、枢軸国が負けた理由はイタ公

投稿: 久々 | 2006年8月 6日 (日) 23時06分

maaのサイトも見ましたが、NHKでやっていたBBCのナチ収容所の構造と焼却方法は疑問点ありすぎですね。

ホロコーストについての見解は自分は保留にしています。

ただ今まで言われてきた収容所の内容を、冷静に判断すると矛盾点が多いのがわかります。

そして、朝鮮植民地支配のデマを喝破する際に有効な人口増加率をユダヤ人に当てはめると、似た傾向が出ることがわかります(たいしたことではないです、EXCEL使って検証してみてください、プロット点を多くしてね)。

まぁなんらかの反ナチプロパガンダに使われた可能性は無視できません。

投稿: くるる | 2006年8月 6日 (日) 22時59分

ぶっちゃけ、ホロコーストを否定する理由としては、連合国が宣伝してるってことかな。
日本に南京大虐殺やらをでっち上げたやつら。
信用できない。
もう一つは、やってることが朝鮮人、韓国人と同じで、因縁ばっかつけてくる。
卍はナチスより古いし、向きが逆といいつつも、「変えろー、変えろー」ってやってくるし。

ってか、理系の人ならガス室を見た時点ででっち上げと気づく。
普通の人でもアンネの日記で変だと思えるはず。

ガス室
写真見たけど、換気扇がないww
目に入って滲みたけど、逃げ出せたという発言があるww(ちなみに使ったとされるのが青酸カリだからなぁw ある意味すごいw)
その他、扉が木製とかw、1平米に28人押し込んだとかw、油が無いのに死体を燃やしたとか、ディーゼルエンジンで殺したとかwww

アンネの日記(これはほぼ捏造確実。詳しくはウィキを見て)
咳をしてはいけない、ナチスに見つかる!⇒掃除機かけたり、挙句の涯に喧嘩してるwww

っとまぁ、南京以上に突っ込みどころ満載。


ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html
いつもの所だけど、詳しくはここがいいかと。

共産主義、資本主義についてはバランスが大事でしょうね。
コテコテの資本主義はアメリカのように、ガチガチの共産主義は結局は内乱などに繋がる。
どの変でバランスをとるかが重要なんでしょう。

>ヒトラー 最期の12日間
あのー、もう「男たちの大和」がそろそろ出るって時期ですから、かなり前にでてますよw
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/B000AC2V5K/503-6729010-0135159?v=glance&n=561958&s=dvd

投稿: 久々 | 2006年8月 6日 (日) 22時36分

  TAMO2さん、カクマルはナチスより酷いと言うことですね。そのこと自体については異論はありません。ですが今日その本質を分かり易く伝えるためには「現代のナチス・ファシストカクマル」という表現はある程度有効であるお思います。
 久々さん、ホロコーストは事実としてあったと思いますよ。その点に関しては勉強不足もあるので「あったと思う」で留めておきますが。
 では問題なのは粛正のない体制をどの様に築くかでしょうね。私はスターリン主義体制によって大量の粛正が起きたと思っていますので、反スターリン主義の本物の共産主義を自らの物としたいと思います。直接民主主義は不可能ではあるが、いつでも罷免できる労働者階級の行動する代表としての労農評議会は可能であると思っています。そうでないと共産主義の国家観に沿いませんので。
 「ヒトラー 最期の12日間」は見たいですね。DVDが出たら見ようと思っています。もしかして既に出ているかな?

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 6日 (日) 21時33分

激しく同意。
まぁ俺はホロコースト否定派ってのもあるんだが……

ホロ否定派の意見としては、「ナチスはユダヤの中の犯人探しがめんどくさいのと、市民がユダヤに対して暴動起こすとめんどくさいから隔離した」っていうことになってる。

(それ以前に、イギリスの新聞の上で宣戦布告とか、あの戦争大好きピーマン〔俗に言うルーズベルト〕がユダヤ資本の後ろ盾と支持の上になりたってるとか、ドイツの製品をボイコットしてるとか言うのはみーんな無視なんだよなー
 うん、どこかで見た構図だw)

少なくとも、戦死した人数よりも粛清された人数の方が多いとか、地雷撤去のために兵士でその土地を埋め尽くして歩くとか、捕虜の生存率7%(スターリングラード)とか、条約違反してドタバタに入り込んだ挙句終戦後も戦争続けて領土を分捕るとか。
そーゆー国よりははるかにマシ。

共産主義とは言えど、スイスみたいに直接民主制をするのは不可能なんだから、誰かがトップにたつ。
結局、ソ連や中国と違う違うといっていても、こういう方向に向かうことになると思いますが。


映画「ヒトラー 最期の12日間」を見るのをお勧めします。
アレはかなり忠実に再現されてますし、人々はヒトラーをどのように思っていたかわかると思います。

投稿: 久々 | 2006年8月 6日 (日) 08時17分

ちょっと思ったことを。

革マルって、ナチスより悪質だと小生は思うのですが。ナチスより陰湿だし。「我が闘争」は、人間の持つ後ろ暗い本質を暴露し、眩暈を覚えましたが、真実をかなり書いていると思いました。

クロカンの書物は衒学的ですが、コトの本質を突いているとは思えませんでした。

怒る人がいると思いますが、「現在のナチス=カクマル」というと、ナチスやヒトラーに失礼だと思います。

投稿: TAMO2@極右 | 2006年8月 6日 (日) 07時57分

 くるるさんと久々さんはネット右翼であると自分で言うわけですね。Silver_PONさんは中道であると言っている。ただ問題なのは様々な問題に対してどの様な言動を取るかですね。いわゆる総体としての右の勢力の中にも色々な潮流がある。その中のどれに属する相手であるかによって対応の仕方は違ってくるでしょう。私のブログではお三方が特に私に対する批判意見を書いてくるわけで時にこんがらがることがあるのです。出来る限り一人一人に対して返答を書きたくとも出来ないときがある。その点は理解していただきたい。
 オタクその物については別に否定する気はありませんよ。オタクの中でも左右それぞれがいるわけです。私がSF大会に参加するなどオタクだった頃後のガイナックスになるゼネラルプロダクツという会社が「愛国戦隊大日本」という作品を作ったときにSFファンの間で賛否両論が闘わされました。
 Silver_PONさんの言う事については共産主義者は国家の廃絶を目的としているので相容れませんね。今の日本の繁栄その物が労働者の血と汗で出来ているわけです。それを一部の資本家などブルジョアジーが独占していて労働者の中の極一部におこぼれがあるに過ぎないわけです。大企業においては空前の利益を上げているわけですが働きながらも生活保護水準以下の収入しかない世帯が非常に多く存在しています。その様な国家はおかしい。
 成る程中核派は反革命ファシストカクマルを処刑しているし機動隊とも殲滅戦を繰り広げてきた。三里塚農民の土地を強奪することで利権をむさぼる官僚や企業からも死者を出した。その意味では殺人者の集団ですね。だがしかし私たちは公害病や薬害によって多くの人々を苦しめている日帝を打倒する為には自らが殺人鬼と呼ばれようとも構わない。社会保障を切り捨て、大衆収奪を強化する日帝支配階級を打倒するためならば自らに出来る全ての手段を行使することを厭わないだろう。
 九条を守ることを主張するのはブロガーズリンクの方に書いたので割愛します。
 

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 5日 (土) 12時29分

ちなみに私、「国家としての日本」が大事だと思いますので、日本を潰そうとする人間とは立場が違うって事です。
日本の繁栄とか、日本の文化は国家としての日本が存在するから何とかなってるわけで、その国家が無くなるとその繁栄と文化を欲しがる人間に目茶苦茶にされます。だって、実際に他国の文化を自国の文化だとする愚かな人間がいるでしょう?

「日本を解体する」事は憲法の理念に反する大罪です。まあ実際に殺人鬼集団ですよね。本当に人殺しだし、それを屁理屈で誤魔化そうとしたし、そんな糞よろ下劣な人間が「憲法9条を守る」なんて、なんか悪い企みをしてるって思って当然です。

投稿: Silver_PON | 2006年8月 5日 (土) 08時12分

>くるる氏
投票サンクス

俺も上二つの人々に同意。
おれ自身左翼の言うネトウヨだと思ってる。
自分自身は笑韓とか呆韓とかあたりかなぁ。
もう嫌韓ではなくなったと思ってますw
多分、杉並区あたりに住んでたら、つくる会のやつには参加してただろうしw

俺の場合ヲタクとマニアで分かれますかね。
ヲタクは場の雰囲気読まないで、その話を始める。
マニアにはそうじゃないっていうのが、我々の集団での分類ですww


>>アッテンボロー氏
では、貴方はいくら左翼系とはいえ、嘘を平気に並べるマスゴミを放っておくつもりでしょうか。

投稿: 久々 | 2006年8月 4日 (金) 23時09分

ちなみに私、全くの中道と考えてますので、自分をネトウヨと思いませんし、自分がネトウヨだと言った事もありません、「左翼がネトウヨと呼ぶ存在」とは言った事はありましたけどね。
でも、やっとこさ、ですね、こーんだけ言ってまだ、ネトウヨか判断に迷ってられるんですね。

投稿: Silver_PON | 2006年8月 4日 (金) 23時02分

TBSはじめマスコミは就活でも感じましたけど、調子乗りすぎです。少しは痛い思いするべきですよ。

研究所では連名で出させていただきました。ネット署名万歳。

投稿: くるる | 2006年8月 4日 (金) 22時12分

>>少なくともここで対話している中で少しずつですが、杉並に登場したネット右翼とは別であると言うことは分かってきていますが。

自分はネット右翼だし、杉並のネット右翼と似た存在だと思っているんです。本職の分野で特亜連中を正攻法で締め上げるのがメインですよ。

後ですね、オタクは自分は評価していますよ。

科学技術をやる人間でオタク的人間でないのは失格なんです。

用は運が良かったのがエンジニアとか研究者とか世界に誇るアニメーターと言われて、運が悪かったのがオタクと言われるだけでしょう。

特に身だしなみをきちんとして、清潔ならなお良いです。泊まり続きで風呂入らないと思考力が落ちますよね。

違いというか、変革目指すならもうちっと思考の柔軟性がないものかと思うんですよ。違いはわかった。よく知ればですけど。

だけど、よーーく見てやっと違いがわかるようでは一般人にはわかりませんよ。そこが気になるんですよ。

投稿: くるる | 2006年8月 4日 (金) 22時10分

 Silver_PONさん、貴方のコメントの少し上に「くるるさんや久々さん、Silver_PONはネット右翼になるのかどうか少々判断に迷いますね。私としては共産主義を知らないために反発心を持っているという部分が多々あると思います。」(さん付けが貴方だけ漏れていて失礼)とあるように一括りにはしていませんよ。少なくともここで対話している中で少しずつですが、杉並に登場したネット右翼とは別であると言うことは分かってきていますが。
 さん段落目に関しては少々分かりにくいので詳しく説明していただけラバ有り難いのですが。
 久々さん、本文の中に「日本が戦争に突き進むことを真剣に阻止しようとするのならば、全ての人々は『模範非国民』にならなければならない。」と書いたように、レッテル張りなんかに負けないようにしましょうというのが私の立場ですよ。
 「ジパング」で貴方の言いたいことは分かりましたが、結構何ヶ月もこのブログで色々と対話していますよね。その中で違いという物が少しずつでも分かって貰えないでしょうか?
 TBSに関しては政府に対して報道機関に圧力を掛けるような言論統制を求める行為には協力できないと言うことですが。私は報道内容については何も言っていませんよ。
 

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 4日 (金) 21時40分

>レッテル張りについて。私が何か泣き言言いましたか?

>ネット右翼に限らず、中核派を始め日本の軍備増強に反対し、アジア諸国との友好・連帯を主張する人々に対して「北朝鮮の手先」「中国の手先」とレッテルを貼ろうとするのは、日帝ブルジョアジーにとって都合の悪いことを言う人々を沈黙させるための常套手段である。

泣き言というより、「お前がいうな」かな。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/754889.html
これと似てる。


ジパング⇒狭い中で「俺たちはソ連や中国とは違うんだぁ!」と言っても、無駄ってこと。


TBS
ふーん。

橋本弁護士殺害の原因を作り
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv/tbsvtr1.html
石原都知事「100%正当化するつもりはない」⇒字幕「100%正当化するつもりだ」
ハイド米議員「(靖国に行くべきではないと)強く思わない」⇒字幕「強く思う」
安部さんがゲリラ活動
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/740632.html

どう見ても圧力以前の問題です。
(ってか、NHKへの圧力って捏造だったて知らないのか……?)
市民への情報公開を求める左翼がこれを許すですかそうですか。

投稿: 久々 | 2006年8月 4日 (金) 21時12分

マルクス主義という大きな括りの中で中核とかその他の些細な差なんて関係ないでしょう。それは貴方がた仲間内の問題で外部の人間には関係ありません。
もっと外から見て自分達がどう見られているか、考えるべきですよ。でないと、自分達の趣味に没頭して服装とか身なりとかマナーとかに無神経なニートなオタク連中と変わりありません。

大体、貴方がたは自分達の意見に反対する人間をネトウヨと一括りでしょう、そんで自分の事は勉強してから言えですかぁ、そんなもん、自分の都合だけ押しつけて、他人の意見は無視ですか、えらい自分勝手な態度ですね。

えーと確か、そんな本がありましたね、私、読んで自分の回りにそんな馬鹿が居なかったのでさっぱり本の題名を失念しましたが、左翼の皆さんはそれに殆どひっかかります。その本を以てニートやネトウヨを糾弾したはずが糾弾する本人が一番そんなだったとは何と言う皮肉。人の事をどうくいう前に先ずは自分の行いを正すべきですわ。


投稿: Silver_PON | 2006年8月 4日 (金) 21時04分

 共産主義は労働者階級に依拠した思想ですから、その基本となる労働運動が階級性や戦闘性を失った状態にある今現在は低調にならざるを得ないと思います。80年代の国鉄分割民営化の攻撃に対して国労・総評・社会党が闘えなかったことが、今日の左翼運動低迷の原因であると思います。首切りに反対できない労働運動の何処に存在意義があるでしょうか? そこにこそ今日のネット右翼を始めとする右翼・保守・反動と言った勢力が力を持っている状況があるでしょう。
 資本主義はその発展の過程で中小零細企業を淘汰していきます。大企業の間でも合併や吸収が進んでいるように今までの経営規模ではやっていけない状況が生じるのです。久々さんが「昭和」が良かったと言うのは資本主義がそれだけ発展していなかったと言うことでしょう。
 レッテル張りについて。私が何か泣き言言いましたか?
 「ジパング」は読んでいないので内容については何も言えませんが、伝えたいことが伝わらないもどかしさというのはあるのでしょうね。
 TBSの免許に関する署名を見てみましたが、内容は右からの物ですね。基本的に安部がNHKに圧力を掛けた事件と同様のことを民間人が行っていると見ました。協力は出来ません。政府によって報道機関に圧力を掛けるように求める行動は民主主義を破壊することに繋がります。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 4日 (金) 20時56分


実際左翼が言っている「ネトウヨ」のほぼ99パーセントは2ch内部からもうざったがられている厨房だったりする。
その点を認識すべきかと。

私は共産主義、資本主義に関しては「昭和の日本」の経済がよかったと思ってるんですがね。
皆貧しかったけど、人情とかありましたし、中小企業が山のようにありましたから。


>産主義者も敵に対してその正体が分かりやすくするためにレッテルを貼りますよ。

んじゃ、「右翼にレッテル貼られてるよウワァーンヽ(`д´)ノ」とかやめたほうがいいですよ。
「お前が言うな」って思われるだけですし。

>中核派の主義主張も知らないで反ソ反共主義の節穴から物事を見るのは止めた方がよいと思いますよ。


漫画「ジパング」菊池三佐の言葉より
「ここCICに籠もり、我々は日本海軍じゃない、自衛隊なんだと唱え続けても、この世界は理解してくれない…」
なぜ2chがこれほどマスゴミにレッテルを貼られてるのに、人気があるのか。
何故左翼がネトウヨネトウヨ叫ぼうとも、右傾化が進むのか。
その辺をどう認識しています?

マスゴミで思い出した。

TBSの放送免許剥奪を求める陳情
https://www.powup.jp/sign/tbs.aspx
アッテンボロー氏なら、これにも協力してくれそうなので、貼ってみる。
その他の方もご協力お願いします。

投稿: 久々 | 2006年8月 4日 (金) 09時43分

 護憲的コケシさん、くるるさんや久々さん、Silver_PONはネット右翼になるのかどうか少々判断に迷いますね。私としては共産主義を知らないために反発心を持っているという部分が多々あると思います。対話する中で知って貰いたいという気持ちがありますね。それから私自身のブレインストーミングにもなる。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 4日 (金) 01時24分

 横レス失礼致します。

>共産主義者も敵に対してその正体が分かりやすくするためにレッテルを貼りますよ。そんな事は当たり前の事です。このブログで私はカクマルに対して常に現代のナチス=ファシストカクマルとレッテルを貼っています。帝国主義者やネット右翼にたいしても労働者階級人民の敵としての正体を明らかにするためにその様にします。

 そうであればあるほど相手を良く知った上で「レッテル」を貼るという慎重かつ大胆な姿勢が必要である、ということでしょうか?内容を良く知らないでレッテル貼りするのとそうではないレッテル貼りではまったく内容も説得力も異なることでしょうね。僕が『前進』や教育基本法改悪反対派などの「レッテル貼り」により共感を抱けるのはそのあたりなのかなとも思います。

 くるるさんも仰っていますが、相手を良く知ることは本当に重要なことであるなと再認識しました。

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年8月 4日 (金) 01時16分

 護憲的コケシさん、「自」国の帝国主義者も「他」国の帝国主義者も全ての国々の労働者階級の立場から見たときには打倒すべき敵でしかありません。本物の敵は誰であるのかを的確に見抜き、それを倒すために全ての国の労働者の国際連帯を主張し、具体的な行動に移したことがレーニンの偉大な点であると思います。今日の私たち日本の左翼に問われている事は、かつてボルシェビキが行った自国帝国主義打倒に繋がる実践を出来るかどうかだと思います。「非国民」と呼ばれ、「売国奴」と罵られ、それでも労働者階級が本質的に持つ階級性を信じて闘い抜くのかどうか。これに尽きると思います。
 久々さん、共産主義者も敵に対してその正体が分かりやすくするためにレッテルを貼りますよ。そんな事は当たり前の事です。このブログで私はカクマルに対して常に現代のナチス=ファシストカクマルとレッテルを貼っています。帝国主義者やネット右翼にたいしても労働者階級人民の敵としての正体を明らかにするためにその様にします。
 労働者階級の前衛党である共産主義者の党とその党を支持する物は、帝国主義者とそのイデオロギーに取り込まれた者達からすれば「非国民」であり「売国奴」であり「反日」であることは当然の事です。そもそも共産主義という思想は地上から「国家」という存在をなくすために運動しているのですから。
 TAMO2さん、今晩は。確かにレーニンは帝国主義本国の労働者の愛国心を否定はしていませんね。それに対して革命的な愛国心、他国の人民を侵略戦争によって虐殺する事のない国を誇りとすることを唱えていたように思います。ただここで警戒しなければならないのは日本共産党が主張する「真の愛国者の党」なる主張が簡単に差別排外主義に転落する物である事だと思います。自国帝国主義の打倒を掲げつつ、帝国主義ではない国を作る事を主張する事の難しさを感じます。
 Silver_PONさん、またしても早とちりですよ。中核派が主張する革命的共産主義、反帝国主義・反スターリン主義とはレーニンが指導した1917年のロシア革命がスターリンによってねじ曲げられ、歪められ、共産主義本来の物とは似ても似つかない物に変質させられたという観点から始まっているのです。つまりレーニンは正しかったがスターリンが間違いを正当化し、それを党と労働者大衆に血の粛清を持って強制したというのが私の捉え方です。
 繰り返し貴方に対して訴えていますが、中核派の主義主張も知らないで反ソ反共主義の節穴から物事を見るのは止めた方がよいと思いますよ。孫子曰く「彼を知り己を知れば百戦これ危うからず」です。貴方にとって共産主義が相容れない物であるのなら、先ずはそれを知る事から始めて下さい。貴方がしている事は「彼を知らず己を知らざれば百戦これ危うし」です。
 「イスクラ」で瀬奈さんが貴方を始め書き込みに対して反応を示す事が少ないのは、相手にする必用が無い存在だと捉えているのと、私と違いあの人は敵に成長するための助言を与えるようなお人好しではないからです。
 くるるさんの前半の書き込みに関しては、Silver_PONさんへの返答にあるように敵をトコトン研究する事は大切ですので同意します。ですが中道右派や自分の政治的立場を自覚していない人々というのは打倒の対象ではなく獲得の対象です。その点誤解無きよう御願いします。でなければそもそも私があなた達と対話する前提が崩壊してしまいます。Silver_PONさんがご自分のブログで私のブログを評して右翼やネット右翼にたいしても返事を欠かさないとしてくれているのは、今は帝国主義者のイデオロギー攻勢によって労働者の立場に立てない人々であっても、粘り強く階級的立場を説き説得を繰り返す事で、いずれその殆どは革命の隊列に結集してくれるであろうという期待・希望を持っているからです。
 後の書き込みでのレッテルに関しては久々さんへの返事を参照して下さい。
 AIMさん、難しい設問ですね。私にはどの様に答えればよいか分かりませんが、少なくとも言える事は「マルクス主義者」を名乗る者達の多くが「俺の行った事を全然分かっていないじゃないか」と嘆くのではないかという事です。

投稿: アッテンボロー | 2006年8月 3日 (木) 20時39分

レーニン主義者の話で思い出したけど、マルクスもかつて自分はマルクス主義者では無いと言った事がありましたね。彼の人生もまさしく資本主義万歳といった感があるし。

今のマルクス主義者達を見たらマルクスは何て言うんでしょうね。

投稿: AIM | 2006年8月 3日 (木) 17時20分

>>中核派に限らず、ネット市民を始め日本の軍備増強に賛成し、"東"アジア諸国との断交を主張する人々に対して「日本の帝国主義」「ネトウヨ」とレッテルを貼ろうとするのは、共産主義者にとって都合の悪いことを言う人々を沈黙させるための常套手段である。

ナイスです。GJ、久々さん。

自分らが散々やってきたこと、自分達がやられるとムキになるのはダサい。帝国主義者やほにゃらら分子の名でレッテル張りして収容所で虐殺した人数は左の思想の方が多い。数で言うなら左の負けですよ。

投稿: くるる | 2006年8月 3日 (木) 15時21分

自分が根こそぎにしてやりたいと思う対象については、その対象を徹底的に知り尽くさなければなりません。

ただ自分の都合の良い情報だけでなく、徹底的に「全ての」情報と知識を知り尽くし「理解」する必要があります。其の上で対象を乗り越える必要があります。

科学技術の進歩における基本です。

これは革命家などにも当てはまると思います。

レーニンの著作を読むことでレーニンについて知りつくすことはできても、レーニンのフィルター越しでしか「それ以外」のものは見えないでしょう。アッテンボロー氏に限らず左翼系の人たちを見ると思考のループがひどい。

これではソビエトがらみの共産主義の打倒は可能でも、自分のような中道右派や右派よりの人間たちを打倒することはできない。思考の柔軟性。どうも、これが決定的に欠けていると思うんです。

投稿: くるる | 2006年8月 3日 (木) 15時07分

ソ連を否定している人間がレーニンを取り上げ、レーニンの功績を以て自分が偉い人間だって主張してますが馬鹿げた話ですね。

投稿: Silver_PON | 2006年8月 3日 (木) 13時52分

訂正
「帝国主義本国の愛国心」を
「帝国主義本国の労働者の愛国心」
へ。

投稿: TAMO2 | 2006年8月 3日 (木) 13時40分

ご無沙汰しております。小生のブログにコメントいただきましたので、関係するメモにリンクを貼っておきます。

http://red.ap.teacup.com/tamo2/274.html#comment

いわゆるレーニン主義者を自称するものに、「帝国主義本国の愛国心」全般を否定する馬鹿がいますが、それはレーニン自身によって否定されています。

投稿: TAMO2 | 2006年8月 3日 (木) 13時39分

中核派に限らず、ネット市民を始め日本の軍備増強に賛成し、"東"アジア諸国との断交を主張する人々に対して「日本の帝国主義」「ネトウヨ」とレッテルを貼ろうとするのは、共産主義者にとって都合の悪いことを言う人々を沈黙させるための常套手段である。

戦争に参加する参加しないはともかくとして、自分だけ被害者面ってのはどうかと思うな。
左翼も十分右翼にレッテル貼ってる。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/751497.html
とりあえず、今の人々がどう思ってるか(特に米欄)どうぞ。

投稿: 久々 | 2006年8月 3日 (木) 10時53分

 まさに真の「反戦」のための具体的行動をレーニンは提起し、そして実行したのですね。また、戦争情勢における排外主義の流布と「『解放』のための戦争」の欺瞞も分かりやすく説明していますね。

 ここでポイントになるのは、「双方の戦争行為はいずれも不正義」である以上は、「自」国も「敵」国も敗北するようにする、つまり「不正義」一般に対して全て否定するようにしながら、まずは「自」国の不正義と闘うということでしょう。

 当たり前のようですが、なかなかそういった部分が理解されにくいのが残念です。それは帝国主義、いや、それ以前に国家そのものが長年をかけてデッチ上げた「国家主義」のためでしょうか?

 「本当の『敵』はどこにいるのか?」ということを、もっと堂々と主張できるようになりたいものです。

投稿: 護憲的コケシくん | 2006年8月 3日 (木) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/11227481

この記事へのトラックバック一覧です: 「社会主義と戦争」:

» 「日本有事」と国民保護条例 [土佐高知の雑記帳]
ブログ間論争をひきつづき。 論点を整理しておきたい。そもそもこんかいの国民保護条例が想定している「戦争」についてである。 おさらいをしておくが有事関連7法の一つである国民保護法にもとづいて、各都道府県、地方... [続きを読む]

受信: 2006年8月 2日 (水) 23時17分

» 自衛 [徒然なるままに]
何とも便利な言葉です。「自衛」と名乗れば何でも許されるのでしょうか。 自衛という名の下、過去に幾多の侵略行為が行われてきました。そして今、イスラエルによるレバノンへの空爆が激しさを増しています。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 06時58分

» 空自はやはり戦闘地域で、武装兵士を輸送?!+靖国遺族発言など [日本がアブナイ!]
 ふと気付いたら、もう8月にはいっていた。(・o・)  6月に国会が終わり、7、8月はじっくりと関心のあるテーマのついて書いて行こう と思っていたのだが、7月にはいって早々に北朝鮮のミサイル発射があり、その後も 時事ネタに追われるままに終わってしまった感がある。<反省 _(.. )>  8月は、重要な時事ネタは取り上げつつも、憲法や国政に関わる諸問題(社会政策を 含む)や、以前から書きたいと思っている堀江シリーズの続編(社会における価値観の 変容について)、もし余裕があれば刑事裁... [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 07時47分

» ポストコロニアリズム [★★反日ブログ監視所★★]
ポストコロニアリズム( POST COLONIALIZM)とは、その名が示すような単なる植民地主義の後という意味ではなく、嘗ての「宗主国」と「植民地にされた国」を逆転させて、その状態を半永久的に固定するという強烈な差別主義を... [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 17時06分

» 安倍晋三氏の器量 [喜八ログ]
世間では安倍晋三内閣官房長官が「次期総理最有力候補」と目されているようです。それもブッちぎりの大優勢で、対抗馬とて見当たらぬ状況なのだとか。自民党内からも安倍氏の「一人勝ち」を憂慮する声が聞こえてくるほどです。 はて? 面妖な・・・。安倍晋三さんってそんなに優秀な方なのですかね? 長期に...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 20時22分

» 北朝鮮並みの暴力列島と化しつつある日本:8・9長崎原爆祈念日に右翼街宣車が全国から200台結集 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
北朝鮮が国家丸ごと暴力団であることは今回のミサイル乱射恐喝事件からも明らかである.実際北朝鮮の外貨獲得主力産品は偽札・覚醒剤・兵器・偽煙草などすべて禁制品の密貿易ばかりであり,かつこれらの取引には必ず周辺国のマフィア・カルト宗教団体がからんでいる.これらのことをすべて国家的事業として遂行し,しかもその収益はすべて金正日の懐に入るという仕掛けになっている.金正日は紛れもなく国際犯罪者であり凶悪な大量殺人者だ! ←ご協力お願いします!現在国連安保理における制裁決議や関係各国の捜査機関の連携による... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 15時58分

« 郵便営業で表彰 | トップページ | 8.7アメリカ領事館抗議行動に参加するぞ!! »