« 一週間ぶりの更新 | トップページ | トコトン呆れた その2 »

2006年9月24日 (日)

ギザギザパーコの子守食った

 一週間ほどインターネットに接続出来ない状態が続いている。体調を崩しているのでは無くADSLの調子が良くない為にケーブルを外しているのだ。二週間程前からIP電話に雑音が混じるようになり、着信時の番号表示が出なくなり通話ばかりか着信・発信も不能である。妻は最初電話器の故障かと思い電気屋に走って新しく買い求めた。ところが繋ぎ変えても変化は無い。先にNTTに問い合わせすれば良かったのにと私が言ったが後の祭りである。調べてもらったところどうやら屋外配線には異常が無いらしい。多分屋内のブロードバンドルーター化Yahoo!に問題が有るようだ。仕方なく電話のケーブルをルーターから外して、二股のモジュラージャックを使って電話とインターネットを並列に繋いで凌いでいたが、それでも通話に支障が出て来た為に電話のみを繋ぐことにした。お陰でこの記事は携帯電話で打ち込んでいる。Yahoo!に問い合わせて復旧するまでコメントを読むことも出来ない。

 先週から次女が風邪を引き、今週は八度代の発熱が続いている。息子にも移った様で保育所も休んでいる。お陰で病院の予約や学校・保育所との連絡の為に電話を外す訳には行かない。今日は二人で喧嘩をするまで回復しているが、果たして明日から保育所に行けるかどうか分からない。次女も土曜が運動会なのだが怪しいものだ。尤も台風接近の為に延期になるかも知れない。

 夕飯の後で息子が何故か急に「ギザギザハートの子守歌」を歌ってくれと言い出した。先日カラオケに行った際に妻が懐メロで歌ったのが気に入ったようだ。普通に歌っても面白く無いので安岡力也の様にドスを効かせてみたところ好評で、結局三番までフルコーラス歌わされた。掲題は息子が真似て歌った時に上手く言葉が出てこなくて間違えた物だ。その後「幼稚園」の付録のオシャレ魔女ラブandベリーのおでかけケーキセットで遊ぶ相手をさせられた。息子が店員で次女がパティシエである。私は客の役だ。息子が「ケーキは何にしますか」と尋ねて来たので「カツ丼をくれ」と答える。次女が「カフェにはカツ丼は有りません」と応じるので「ホナ、カレーライス」「鉄火巻き」と次々有り得ない注文をしてからかう。しまいには息子が怒って蹴りを入れてくるので「客にキックするんか」「そんならパンチでどうや」と息子。すかさず「パンツ?」と言ってズボンに手をかける。なんだかんだとふざける元気が出て来た様なのは良いことだ。早く風邪をすっきり治して元気に学校や保育所に行って欲しいものだ。

 追記 この記事は元々21日に携帯から送信したはずなのに、何故か反映がおくれて今日となった物です。

 宜しければクリックして下さい。  人気ブログランキング

|

« 一週間ぶりの更新 | トップページ | トコトン呆れた その2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>黒目さん
1ブロガーとして言わせてもらうが、ネットにも世間ができている。そしてブログもHPも所詮精神的手慰みでっせ。
主張や意見は感性に訴えることでカウントはあがる。人の感性からは何が帰ってくるかはわからない。炎上もしまっせ。
懐のでかさをいかに示すかということでっせ。利用者のループに嵌ったブログは手慰みの極地。

おこじょさんを例えにするのも悪いが、左翼系ブロガーでも悪名高い、性質の悪い「独語の猫氏」みたいなコメンターを食い込んだら最期でっせ。そのためには不特定多数の流れコメントが必要で。ほっといたら収まる。これは保障しまっせ。
静観するこっです。

投稿: 左翼系ブロガー | 2006年9月30日 (土) 01時52分

どうかなあ、
「つまんない話は聞かなくていい」というのは、基本的人権なんじゃないかと思いますよ(W

投稿: 黒目 | 2006年9月30日 (土) 00時19分

制限かけ始めると際限なく制限がかけ初めて収拾がつかなくなりまっせ。
そうなるとおこじょ氏のブロクのコメント常連にいる電波学士殿みたいなのがやってきて、さらに見放されまっせ。本当に馴れ合いブログになってしまう。
ここはしばらく静観がいいでしょう。

ただでさえいい感じのコメント応酬が見れたのが売りのブログなのにね。前の記事で相当ROM達も撤退したんではないかね。
記事はともかく、何かしら色々と人が寄ってきてくれるコメントを書く連中がいるからブログは面白いんだ。制限制限言う連中はブロガーとしては失格だと思いまっせ。

投稿: 左翼系ブロガー | 2006年9月29日 (金) 18時17分

アッテンボローさんのブログが一部のこころない書き込みによってかき回されており、目に余ります。
おせっかいかもしれませんが、中傷に近いような書き込みは制限を加えたほうがいいのではないでしょうか?

投稿: おこじょ | 2006年9月29日 (金) 15時10分

 Silver_PONさんに対しては新しい記事を読んで貰えば分かって貰えるのではないかと思います。本人が理解できるかどうかは期待できませんが。
 なんだかねえさんの言うように妄想としか言えませんね。
 tatu99さん、「親しみ」と言うより駄々っ子が甘えているように思えます。
 Kさん、mixiでは出身地は公表していますが、居住地は友人の友人までしか公開していませんよ。あなたがもし「友人の友人」までに入るなら、私の居住地が分かるはずです。
 黒目さん、本当に世間が狭い上にその狭い範囲でしか物事を見ることのできない人というのは困った物ですね。

投稿: アッテンボロー | 2006年9月25日 (月) 22時49分

つーか「自分の家がip繋がっているから、人の家が繋がらないのはおかしい」なんて話って、意味わからんがな(W

投稿: 黒目 | 2006年9月25日 (月) 21時24分

mixiだと栃木となってるが・・・

投稿: K | 2006年9月25日 (月) 18時04分

Silver_PON さんは下衆の勘繰りではなくアッテンボローさんに親しみを持っているだけと見ています。

投稿: tatu99 | 2006年9月25日 (月) 08時46分

SP某の書き込みは下衆の勘ぐりというのではないかね。

投稿: なんだかねえ | 2006年9月25日 (月) 00時17分

IP電話の調子が悪い?で、何げにIP電話とADSLが同居してるんですか? 私は先日、ADSLではIP電話は遅すぎるので光にするように言われたばっかりですんですけど、違うのかな?

IPの通信障害といえば先日よりNTT東日本でIP電話が繋がりにくいって話は聞いてましたが、NTT西日本ではそんな話はありませんね、私の職場も近隣のホテルもお得意先もIP電話ですが(俺の家だけADSL)、大阪北部のここらへんはIP電話の通信障害はありませんね。
アッテンボローさん、貴方は本当に大阪在住の郵便局員ですか? 実は郵便局員でななく、本当は東京に住いしているのではありませんか?

投稿: Silver_PON | 2006年9月24日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/12016234

この記事へのトラックバック一覧です: ギザギザパーコの子守食った:

» 八月なので太平洋戦争の敗因について考えてみる その4 [しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」]
みなさんこんばんわ! 八月の企画がいつの間にか9月末までのびてしまいました!いやはや!。 どうでもいいですが今月京極夏彦の最新刊が発売されますね!楽しみです。 そのよーん これじゃ負けるのは当たり前だyo! 今回で最後と書いたので日本最大の敗因に... [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 18時35分

» 緊急「沖縄・平良夏芽不当逮捕」…抗議の声をお願いします [dr.stoneflyの戯れ言]
 平良夏芽はワタシがホームレスと関わっていた初期の頃の同志で、沖縄に移転以降も反戦平和の実践部隊として闘っていました。最近では辺野古で闘っていると聞いてました。長い間連絡が途切れていましたが、今回、不当逮捕されたという情報が入りました。是非関心を寄せて下さい。また是非、抗議の声お願いします。... [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 19時20分

» ラブアンドベリーのゲーム [ラブアンドベリー おしゃれ魔女ラブアンドベリー情報]
ラブアンドベリーのゲームは、2005年秋・冬バージョンから、は6種類のモードになりました。 「ちょーむずかしい」をクリアすると・・・ [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 11時46分

» 東京都教育委員会の控訴を許すまじ! [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
 緊急署名のお願いです。  華氏451度さんの26日の記事「「国旗・国歌問題」都教委への緊急要請署名を」への,皆さんの協力をお願い致します。私も署名してきました! 国旗・国家を認めない自由を奪うという行為は,そのまま自らの理想とする行為以外を許さないことに通じます。これは新約聖書でイエス・キリストがやってはならないと諭したことでもあります。  罪人である東京都教育委員会の職員や各学校の管理職,そして石原親�... [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 16時04分

« 一週間ぶりの更新 | トップページ | トコトン呆れた その2 »