« 息子の落書き | トップページ | 教育基本法改悪案強行採決弾劾 »

2006年11月10日 (金)

党派選択

 先日土岐幸一さんの「どこからどこへ」を読んでいて、党派への結集過程について色々と思いだしてみた。何で私は様々な党派の中から中核派を選択したのであろうか。実は高校時代の先輩や友人の中には民青やカクマルに行った人、近かった人もいる。しかもそれらの人々は親友だと思って付き合っていたり、生徒会活動の中で色々と世話になった人たちで、政治的な話なども結構していた。またたまり場にしていた薬局があるのだが、そこの薬剤師さんは学生時代どうもカクマル活動家であったようで、そう言った関係の人も出入りしていたし、政治に興味があるのなら紹介しようかと誘われたこともあった。受験生時代の第一志望校はカクマルの拠点であったので、もし合格できていたらそちらに行っていたかも知れない。

 郵便局に採用されたときに同じ分会に革共同の人がいたので同僚にはその人にオルグされたと言ってきた。色々と細かな事情を話すよりその方が楽だったからだ。この人は今、関西合同労組の役員として頑張っている。以前にも書いたのだが、私の職場は元々が協会派の拠点分会で、支部は革労協(狭間派から後に西原グループ)の拠点だった。そんな職場で一人中核派として闘っていた人が居たということは、私が党派色をハッキリさせるときに心強い物があった。党の要請で郵便局を退職して別の戦線に行ってしまい、その後は私が中核派の看板をしょって立つことを求められた。実際一人で十数年中核派の立場からする労働運動の路線を宣伝する広告塔のような存在であった。

 これも以前の記事で書いたことがあるのだが、私が卒業した高校は反戦高協という中核派の高校生組織の拠点であった。卒業してから知ったのであるが。実はこの中の一人と高三の時に原発問題を巡って色々と討論したことがある。当時の私は父が敦賀の原発建設に下請けとして参加していたり、SF作家で原発の宣伝をしていた豊田有恒の影響を受けていたために原発容認の立場であった。一晩徹夜してとうとう論争に負けた。日本における原発はそもそも核兵器開発能力を身につけることが目的とされていたり、原発自身が技術的に制御不可能な代物であると言うことをこんこんと説かれたのだ。右翼や不良の中には殴り合いの喧嘩をした結果意気投合したり、負けた奴が勝者に従うということがよくある。私の場合は論争で負けたことで中核派の基本路線が正しいと思った。だから中核派のオルグがあった時に素直に受け入れることが出来た。カクマルに行った先輩などとは世話にはなったが論争で負けたと思ったことはなかったのである。身近な人間が或る思想を体現しているとき、人間は最も良くその思想を受け入れるのではないだろうかと思う。そこから言えば私自身が革共同の思想を自らの物と出来なかったが為に支持が広がらなかったのだと思う。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 息子の落書き | トップページ | 教育基本法改悪案強行採決弾劾 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「お気に入りに入れておきました」と書いたのですが、「お気に入り」に登録できませんでした。でも訪問しますから。取りあえず「事務連絡」まで。

投稿: サンボー分会長 | 2006年11月23日 (木) 08時29分

ユニークなブログですね。お気に入りに入れておきました。
今は冬の一時金の団交と教育基本法改悪反対の闘争などで忙しいです。私のブログも頑張って更新したいと思いますので、時々訪問してください。

投稿: サンボー分会長 | 2006年11月22日 (水) 15時47分

トラックバックを送ったのですが、どうもエラーが起きて駄目なようです。
ご了解を。

投稿: 土岐幸一 | 2006年11月19日 (日) 20時59分

GOさん、すいません。最近、ヤキが回っています。GOさんがゴリなのではなく、GOさんが出会ってしまわれた人がゴリなのです。

投稿: ぴよ丸号 | 2006年11月18日 (土) 22時13分

一つだけ、言えるのは「と学会」の本に馴染んできた人達、とりわけ山本弘のファンだという人が革マル派を「党派選択」するということは、まず考えられないことでしょうね。

陰謀論・陰謀史観というものに疑問を抱く人が、革マル派に親近感をもつことは、まず考えられないと思いますよ。

投稿: にゃにゃにゃにゃにゃ | 2006年11月16日 (木) 00時27分

ぴよ丸号様
私ごときが「ゴリ」であれば、革共同はとっくに
「消滅」していますよ(笑)

投稿: GO | 2006年11月15日 (水) 20時46分

正直なところ、自分もぴよ丸号さんと同じ疑問を抱きました。失礼ながら、何か御題目っぽく読めてしまうんですよね。いや、同じ様に活動の指針を持っていた人は、革共同の人達以外にも、少なからず知ってましたけれど、ちょっと刹那的に思えてしまうんですよね、そういうのって。
あと論争の事も言われてますが、最終的に人の考えを決めるのは、実際の闘争現場に赴いて、其迄知る事の無かった現状を目の前にする事なんじゃないかなって思うんですが。そういう点では、ネットの中での論争は、余り意味を成さない様な気もするんですよね。

投稿: 怪星人カピア | 2006年11月15日 (水) 20時40分

最後、
>そこから言えば私自身が革共同の思想を自らの物と出来なかったが為に支持が広がらなかったのだと思う。

だけは絶対に違うと断言出来ます。あなたは、革共同シンパであるかどうかとか、そんなことにかかわらず魅力的ですし、「GO」さんのようなゴリが一杯いた時代を知っている身としては、そういうところだからこそ、支持が広がらなかったのだと思います。


日共カルト的なことをおっしゃらずに、自然に。

投稿: ぴよ丸号 | 2006年11月14日 (火) 21時11分

「党派選択」ですか、20年前ガンガン言われたことがありますねぇ。
 私の場合、大学に10・20三里塚蜂起戦のオルグということで「中核派」がやってきました。ノーヘル・素面といういでたちに「えっ、本当にあの『中核派』なの!」と思い、署名したうえで話し込み、「前進を購読して欲しい。」「いやー金がないんで」「君は韓国の学生が自らの体に火を付けて闘っている時に(当時は韓国民主化闘争の絶頂期だった)、たかだか2千円程度の金を惜しんでいるのか!」とかなんとかで、定期購読決定、10・20こそ行かなかったものの、現在にいたっております。

投稿: GO | 2006年11月12日 (日) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/12636227

この記事へのトラックバック一覧です: 党派選択:

» 黒鳥・清水両牧師と浅見定雄先生の裁判・最終報告書 出版 [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
 統一協会との繋りが深い安倍死が一国の「総理大臣」になってしまった時に,皮肉にも「横浜T事件」 (Tさん夫妻の娘さんが統一協会の合同結婚式によって親子関係を絶ち,Tさん夫妻が普通の親子関係を取り戻そうとして話し合ったのを統一協会側が勝手に拉致監禁だと因縁をつけ) 間に入った黒鳥・清水両牧師を横浜地裁へ訴えたものの最高裁にて和解に至り;さらに「東京I事件」 (Iさん夫妻の娘さんが統一協会の合同結婚式によってアメリカへ移住し,アメリカ人の夫も一緒になってIさん夫婦や清水牧�... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 20時06分

» 赤旗まつりの開催までの危機感 [☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡 ぶどうの獲れる柏原にいらっしゃい!]
 日本共産党は、赤旗まつりのチケットの売れ具合が悪いために、急遽しんぶん赤旗ニュースと言うポスターで宣伝を始めました。  これは、首都圏域の日本共産党員や支持者に依拠したチケットの普及が上手くいかないためと党内外の赤旗まつりの開催への批判からです。水面化では、バスや新幹線、夜行特急、飛行機、フェリーでのツアーの企画が行なわれると考えられます。  赤旗まつりの企画が、健全文化推進を追求し過ぎるために、現役の党員とりわけ青年党員や中堅党の関心を無視しています。結局は、自画自賛の儀式に変質していま..... [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 17時46分

» 広告欄 「スポンサー誘導枠」を外してみませんか? [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
 ついに goo ブログにも「広告欄」がくっついた。非常に不愉快である。  従って,私はこれに不参加表明をした。  同じ goo ブログの皆さんも,つまらないクリック広告なんかに頼らず,自分のお金でブログを楽しみませんか?  外し方は簡単です。編集画面の「個人情報」で広告欄のチェックを外すだけです。これで面倒な「契約」ともおさらばです。つまり,広告会社とのトラブルともおさらばなのです。今まで通り,純粋にブ�... [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 20時36分

» 「教育基本法」強行採決など,論外だ [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
教育基本法改正案を単独採決 衆院特別委(朝日新聞) - goo ニュースについて。  最近は血圧が上がるので国内マスコミには余り触れないことにしている (いつもは The New York Times)。  ところが早朝トイレに起きた時,「保坂展人のどこどこ日記」 や 「華氏451度」 など,自分の政治的な立場に近い人たちのブログをチェックしてたら,昨晩風邪薬を飲んで早々に寝た間に,いつの間にか「改悪 教育基本法」が衆院を通過し�... [続きを読む]

受信: 2006年11月16日 (木) 10時43分

« 息子の落書き | トップページ | 教育基本法改悪案強行採決弾劾 »