« 法大での新たな退学処分・不当逮捕を許すな!! | トップページ | 営利主義に走る郵便局 »

2006年12月 1日 (金)

最後の「国家公務員倫理週間」

 今日から師走。思えば01年に本格的に鬱病になってから、12月の出勤は六年ぶりになる。症状が悪化する時期は様々であったが、年末年始は寝込むことが多かった。鬱病の中には冬期鬱病という物もあって、日照時間の減る冬期に発症する物もあるので、普通紙の鬱病と冬期鬱病とが合併した症状になっているのかも知れない。薬は手放せないのであるがここ暫く体調が良い。仕事を休むことが無い訳ではないが、長期病休に繋がらずに済んでいる。徐々に快方に向かっているのかも知れない。出来ればこのまま年末年始の繁忙期と冬を乗り切り、完治まで至りたい物だ。

 一体いつから始まったのかは分からないが、今日から7日までの一週間は「国家公務員倫理習慣」である来年の秋には民営分社化が決定しているのでこの様な行事は今年が最後になる。朝礼では課長が公務員として倫理を守り、業者から酒食の供用を受けた見返りとして便宜を図ったり、取引業者に転勤の際の餞別を無理強いしたりしないようにと言われた。その後着席してから同僚に「僕らみたいな下っ端の何の権限もない人間におごってくれる業者なんかあるんですかね」というとみんな苦笑していた。その内一人は「お客さんの処でドリンク貰ったら収賄やな」と笑っていた。実際問題、酒食の供用や贈賄をして貰えるのは物品購入の権限を持っている支社の職員でないとあり得ない。餞別などと言っても取り締まりの目こぼしと引き替えに業者から集金して回り、転勤を三回すれば家が建つという警察署長のような圧力もない。現場の労働者に出来るのは集金の度毎にお茶やドリンク剤をくれるお客さんに、ラップの一つも渡すのが関の山である。それさえ最近の経費節減の流れのために粗品が減らされているから渡せないことが多い。公務員と言っても現業の我々には何の権限もないから倫理に関する不祥事など起こしたくても起こしようがない。

 同時に今日は交通事故無事故出発式が行われた。郵政職場では交通事故は切っても切り離せない関係にある。私の局では事故を二件以内に抑えるようにとの抑止目標があるのだが、既に三件発生している。式の中で局長が触れ、郵便課長が代読した近畿支社人事部長のメッセージによると近畿管内における交通事故抑止目標は583件であるが、11月末の時点で既に811件の事故が発生している。異常事態と言っても良いのかも知れない。結局事故による事業経費が一件について100万単位に上ることや、本人が痛い目をしたり過失割合によっては当該に弁償を押し付けるなどを言っただけで終わった。一体何故交通事故が郵政の職場で多発しているのかの原因についての分析もなければ具体的な解決策も何もない。組合が健全であった時期は当局に対して具体的な分析や対応策を提示するよう求めて来たが、今のJPUの実権を握る労働貴族共には望むべくもない。労働者の安全を守るためにも組合がキチンと機能していなくてはならない。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

 

|

« 法大での新たな退学処分・不当逮捕を許すな!! | トップページ | 営利主義に走る郵便局 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 TAMO2さん、ご無沙汰しています。実際問題集配関係の職員の運転は荒っぽいです。勤務時間内だけでは配りきれないほどの郵便物があるのに要員も超勤も減らされる一方ですので。事故が多いのも合理化のしわ寄せだと思っています。

投稿: アッテンボロー | 2006年12月 3日 (日) 17時51分

路地を歩いていたとき、道幅1.5mくらいの狭いところで、50km/H超えの郵便バイクに跳ね飛ばされそうになったことがあります。

当然、抗議しておきました。

なかなか、大変な状況のようですね。

投稿: TAMO2 | 2006年12月 3日 (日) 14時06分

 GOさん、本当に寒くなってきましたね。僕は焼酎のお湯割りを飲んでいます。適量にしないと体にも精神にも良くないですよね。
 公務員の倫理という点では官僚や管理職などに対しては甘いんですよね。彼らの多くは支配階級の側に立っていますから。例えばタウンミーティングでのやらせ質問などにもあるように、地方公務員が時の政府与党にとって都合の良い意見を広めるという「政治活動」その物であるのに、現場労働者が支持政党のビラを撒くだけで逮捕されたり処分されたりしている。贈収賄の問題でも全く同じ構図です。権限のない一般の職員に対しては「倫理」を強要しても、高級官僚などは天下りなどにもあるので資本家の利害のために働いています。これらは野放しです。
 郵政職場のバイクの問題では使用する走行距離が伸ばされたり、点検・修理の予算が削られたりしていることも問題の筈です。

投稿: アッテンボロー | 2006年12月 3日 (日) 11時57分

こんばんわ、関西でも今日ぐらいから「熱燗」「焼酎お湯割り」がおいしくなる季節が到来しました(笑)お互い、「精神を崩さない程度に」気持ちよく飲みましょう。
公務員の倫理規定に関しては、佐高真氏の著書で「飲んでいいのはお茶だけ…普通の公務員は厳しい倫理規準の中で働いている。」というのがありました。
なお、「民営化」後も、株式を政府が持っていることや、事業の公共性から「みなし公務員」規定が適用されることになると思いますが。
あと、「交通事故」はやはり大変な問題だと思います。「前進」記事の中にも、バイクが供用化されて、異常があってもそれと認識できない危険性を指摘した記事がありましたよ。

投稿: GO | 2006年12月 2日 (土) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/12896111

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の「国家公務員倫理週間」:

» 【北九州市生活保護問題】テレビ朝日と内部告発職員に激励を! その2 [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
 それでは「その1」の続きです。「ある国際人権派の雑色系ブログ。(仮)」 さんの 2006年12月01日 付けのブログの記事の 「【北九州市生活保護問題】テレビ朝日と内部告発職員に激励を!」(AMLより) の続きです。花の写真はラベンダーです。 -------------------------------------------------------------------------------- --------------------------... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 19時25分

» 【名古屋・12月6日(水)】『教育基本法の改悪を許さない!12.6あいち県民大会』のお知らせ [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
12月6日には東京等での行動に合わせ、名古屋でも教育基本法改悪阻止集会&パレードが行われます。 私が仕事している時間(18時)から開始されるイベントですが、この行動には私も都合を付けて参加するつもりです。 (以下、イベント案内を全文転載) 『教育基本法の改....... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 22時23分

» 安倍政権を変える方が教育再生への近道になる。 [晴天とら日和]
出版:講談社 税込価格:\1,260 発行年月 : 2006.10 黒柳徹子さんの、 {窓ぎわのトットちゃん}の単行本がまた売れていると聞きます。 「きみは、ほんとうは、いい子なんだよ!」。 小林宗作先生は、トットちゃんを見かけると、いつもそういった。 「そうです。...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 17時12分

» どうして「植草氏」だけを安倍は目の敵にするのか? [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
 植草一秀氏は日本を代表する,金融論・経済政策論を専攻する若手経済学者の一人であることは間違いない。手鏡で女子高生のスカートの中を覗いたなどというでっちあげの冤罪事件で大学を解雇された後,彼はスリーネーションズリサーチ株式会社を立ち上げ,金融市場分析をネットで提供していた。  ところが,小泉・安倍は公安警察とマスコミを使って,泥酔のあげくの痴漢行為 などという でっちあげの冤罪 をでっち上げ,学者の風上にもおけないハレンチ漢�... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 18時24分

« 法大での新たな退学処分・不当逮捕を許すな!! | トップページ | 営利主義に走る郵便局 »