« 生活発表会と体験入学 | トップページ | 織田裕二とペ・ヨンジュン »

2007年2月19日 (月)

ブログペット(BlogPet)

Photo_2  「狸議長の寝入り「☆ジブリール☆」「人生やり直し&うつ病日記+α(アルファ)」「ウッチー」の様にブログペットに代筆をさせることが出来るらしい。草加さんの「旗旗」にも「はたぼう」と言うウサギがいるのだが、流石に記事までは書けないようだ。体調が悪くて記事を書くのがしんどい時など、こういったブログペットが活躍してくれたら助かるなあ等と思ってしまう。

 そこでペットならぬ子ども達に書かせてみた。次女の歌織(仮名)にパソコンの一太郎を使わせてみる。「アホバカ間抜け。お前の姉ちゃんおデブ」と息子の勇樹(仮名)に対する悪口を打ち込む。するとそれを読んだ長女の詩織(仮名)が突っ込む。「あんなぁ、姉ちゃんは歌織の姉ちゃんでもあるんやで」 そこで次女は意味不明の文字の羅列を打ち込む「クッキーが三便回ってワン。ヤッホー りりりりり・・・」 クッキーというのは我が家の飼い犬で白い方である。茶色い方はチョコという。三年前のバレンタインデーに貰ってきたので連想からチョコと名が付き、もう一匹にはチョコとの連想からクッキーと名が付いた。

Photo_3  一太郎を終了してからペインティングソフトでお絵かきをする歌織。何やらウサギのような物を描き出す。「りぼん」に連載している「アニマル横町」に出てくる「イヨ」というキャラクターである。上手にかけていたのでそれをブログで公開しようと思って保存しておいたのであるが、息子が落書きした後で上書き保存してしまったので、意味不明の画像になってしまった。マウスを使って描くのは大変であるのに、次女の苦労は水の泡と消えてしまった。イラストやマンガを書くのが好きな娘達のためにスキャナーやタブレットがあれば便利だと思う。その内きっと買うに違いない。そうしたら「晴天とら日和」のとらさんの真似をして絵日記にするのも良いかもしれない。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

 追記。次女が描き直した「イヨ」のイラストと、息子が描いた雪だるまの絵を掲載しました。

|

« 生活発表会と体験入学 | トップページ | 織田裕二とペ・ヨンジュン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほほえましい家族のお話。思わず顔がほころびました。
ところで、タブレットですが、我が家に全然使用していないものがあります。なんだかおもしろそうで2年ほど前に買ってはみたのですが、数度使っただけですぐしまい込んでしまいました。XP対応です。
よろしければ、無料で差し上げますよ。私のブログのコメント欄にでもお返事を下さい。

投稿: とむ丸 | 2007年2月21日 (水) 14時25分

 TBありがとうございました。「およっ、ついにアッテンボローさんも、ブログペットを飼い始めるのか!?」と思い、覗きにまいりました(笑)
 ほんとに、皆さんのブログをみていると、いろんなテクニックを導入/駆使されていて、感心します。僕などは、BlogPet、デジカメの画像そのまま掲載、ってのが精一杯です。
 僕は、最近は、文章だけで勝負!って路線にこだわろうと思っています。まぁ、新しい技術を取得するのがメンドクサイ、億劫ってのが、正直なところですが(苦笑)

投稿: HISA | 2007年2月19日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/13975827

この記事へのトラックバック一覧です: ブログペット(BlogPet):

» 自民党お笑い劇場。トンビもクルリと輪を描いて逃げて行くホーイのホイ〜 (「私はいま、権力の頂点にいる」の段!) [晴天とら日和]
「私はいま、権力の頂点にいる」方がなんだか尊敬されてないご様子。 この方は、《 主権在民 》という言葉を御存知ないようです。 この方のことを、あの方が、この方に対しての絶対的忠誠心、自己犠牲の精神がないと怒ってらっしゃる。自民党お笑い劇場の最たるオハナ....... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 21時12分

» 桃太郎は、いかにして国策に取り込まれていったか [とむ丸の夢]
自分が目立つことを最優先する政治家や、野党の追及が怖くて改革を進められない政治家は、内閣・首相官邸から去るべきだ」と、堪忍袋の緒が切れたらしい自民党 の中川幹事長がいったとか。  あれあれ、たいして尊敬もでき... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 19時16分

« 生活発表会と体験入学 | トップページ | 織田裕二とペ・ヨンジュン »