« 写真で見る長居公園行政代執行抗議行動 | トップページ | 歩き疲れた »

2007年2月10日 (土)

格差社会と宿無し労働者

 昨日の「写真で見る長居公園行政代執行抗議行動」に対して、何人か心ない人々・人の痛みを理解することの出来ない人々から野宿者・ホームレスに対する誹謗中傷・罵詈雑言の書き込みがなされている。私は基本的に自分と相反する意見を削除することはしないで来たし、今後もそれらを叩き台にして本来あるべき労働者の階級的立場を提起していきたいと思っている。一つひとつ丁寧な反論をするより、何故今日野宿者・ホームレスが発生しているのか、何故私が抗議行動を支持しているのかについて述べたいと思う。

 以前にも何度か書いたことがあるのだが、私の父は土建屋で自民党支持者であった。大手ゼネコンの前田建設の下請け・孫請けの仕事をしており、最盛期には百数十人の労働者を雇っていた。元々貧農の息子として生まれた祖父が朝鮮半島に植民者として入植し、敗戦と同時に引き上げてきて前田建設の飯場の一つを仕切るようになったことが始まりである。父が跡を継いだのは東京オリンピックなど高度成長期である。東京から大阪に飯場が移り、前田建設の合理化の一環として各飯場が独立した土建屋にされた。今日の例で言えば分社化とでも言うのであろうか、リストラの一つである。土建屋は景気の影響を非常に受けやすいために、前田建設に限らずゼネコンは直接雇用から間接雇用に切り替えたわけだ。父が独立したのは私が5歳の時で69年のことである。

 高度経済成長期、東京・大阪・名古屋の三大都市圏は各種公共事業で活況を呈していた。北海道・東北・四国・九州では農村の解体が進み、農家では生活できなくなった人々が大量に生じており、それらの人々が仕事を求めて三大都市圏に流入していた。始めから正規雇用を見つけて引っ越してきた人々もいれば当てもなく取り敢えず都会に出てきた人々もいた。大企業、特に土木建築関係の企業は肉体労働であるので農村出身者を大歓迎したが、正規雇用をすると社会保険・厚生年金の企業負担分があるために、出来る限り日雇い労働者を使用した。今日フリーターと呼ばれる人々と同じ構造が土建業界においては数十年前から行われていたわけだ。

 正確な賃金は忘れてしまったが、高校生になると父の手伝いのために休みになると現場に出ていた私には、日当が5千円払われていた。それに対して父の手元には親会社から一人分の賃金として2万から2万5千円が支払われていた。差額は会社=父の利益である。これは正規雇用の人間に対しては約1万5千円、あいりん地区などから集めてきた日雇いに対しては8千円から1万円を支払っていた。日雇いを集めれば集めるほど父は儲かっていたわけである。元請けによる下請け搾取があるので、ある意味日当のピンハネが最大の収入だったと思う。彼ら日雇いは、幾ら真面目に働いても工事期間だけ飯場に寝泊まりするだけで、アパートを借りたり自宅を購入する余裕など無かった。貯蓄が出来るのは飯場にいる間だけであるが、タコ部屋と言われる仕組みの飯場に運悪く入った労働者の場合は悲惨であった。日当の殆どを飯場の親方が食費だのなんだのの代金や、飯場に設けた売店で市価の数倍の値段で日用品を買わせることでむしり取っていた。働けば働くほど金が無くなる仕組みだったのだ。

 彼らの多くは故郷に住民票を置いたままであったのだが、両親の世代が泣くなり兄妹や甥姪の代になるとそうも行かなくなる。運転免許証や各種社会保障のために住民票が必用になっても、「兄妹は他人の始まり」と言うようにいい顔をして貰えない。そこで仕方なく飯場などに住民票を移す。高度成長期の間はそれでも良かったのだが、やがてオイルショックによって高度経済成長が終焉を告げ、バブルの前には円高不況によって多くの企業が倒産の憂き目に遭う。飯場など会社に居住していた労働者は行き場を失う。実際に住んでいる場所と住民票の所在地が違う訳なので、行政による各種の社会福祉は中々受けられない。あいりん地区の解放センターに3千数百人が住民登録しているのはそれらの影響もある。そもそも住民登録できる場所が存在しないのだ。国民年金・厚生年金を請求しようにも、生活保護を受けようにも、住民票がなければ門前払いである。仕方なく野宿者を支援する人が自らの住居に住民登録をさせると「公正証書原本不実記載」として支援者共々逮捕される。仕方なく実際に住んでいる公園などに住民登録すると受け付けようとしない。行政は住んでいないところには登録を認めず、犯罪者として取り締まる。実際に住んでいる場所で届ければ受理しない。野宿者・ホームレスは一体どうすればいいのか。彼らを批判する人間は明確な回答を行政に求めるべきである。

 確か03年1月6日発効だったと思うが、本人確認法という法律をご存知だろうか。金融機関で新規に口座を開設する際・一回に200万円以上の出し入れをする際などに運転免許証や健康保険証の提示を求められた経験を持つ人は少なくないと思う。小泉政権が「テロ資金を封じ込める。マネーロンダリングを防ぐ」為にと称して銀行や郵便局に押し付けた法律である。実際には政治家や大資本・ヤクザの各種取引は巧妙に行われているために引っかからないのだが、野宿者・ホームレスにとっては貯蓄が出来ないことを意味する。住民票がないために運転免許証も健康保険証も無いからだ。貯蓄が出来なければアパートを借りる至近もない。いきおい野宿せざるを得ない。

 働く意欲があっても就職の際には住民票や運転免許証の提示を求められるためにそれが出来ない。解放センターや大阪市が開設している施設に住民票があると言うだけで、企業の側は採用しない。一体どうすればいいのか。明確な回答があるのだろうか。仮に私の家に住民票をおいたとしよう。名義を貸したことで私は逮捕される。「公正証書原本不実記載」で本人も逮捕される。実際に住んで貰うには私の家は狭すぎる。それこそ金持ちで空き部屋を沢山持っているような人間は、そもそも野宿者・ホームレスの支援などしないブルジョアかプチブルジョアである。支援者の殆どは普通の労働者か野宿者・ホームレスと紙一重の生活をしている。現実問題として泊めることすら難しい。

 長居公園から強制排除された人々は、空き缶拾いや廃品回収などをして必用最低限の生活費を稼いでいた。勤労意欲が無いわけではない。雇用の機会・居住場所がないためである。昨今ではワーキングプアと呼ばれる、働いていながら生活保護以下の収入しかない派遣やフリーターやパート労働者が増大している。一体何故か。大資本が史上最高の利益を上げていながら労働者には分配しないし納税をしないからである。納税の義務を果たしていないのは資本家たちである。野宿者・ホームレスではない。若い層でも毎晩ネット喫茶に通う人々が存在する。一晩千円前後で寝ることが出来るからである。アパートを借りることは出来なくともネット喫茶に泊まることは出来るからだ。将来彼らが年老いたとき、仕事も住居もなく野宿することになるのは目に見えている。

 最大の問題は真面目に働いても生活が出来ない格差社会である。この様な社会は根底から覆されなければならない。私にとっては、和系日本人に男として生まれ、被差別部落民ではない。この事自体が中核派の言う「血債」を負った存在であるのだ。仏教で言う「業(カルマ)」、キリスト教で言う「原罪」が私にはある。幼少期を自民党支持者のプチブルの息子として何不自由なく成長した人間には、その陰で使い捨てにされてきた人々の生活権・人権・生存権を奪い返す責務がある。私は何があろうとも彼らを支援する。帝国主義による国内の被抑圧人民の解放・アジアを始めとする被抑圧諸国人民の解放の為に、今後とも闘い続ける所存である。

 宜しければクリックして下さい。 人気ブログランキング

|

« 写真で見る長居公園行政代執行抗議行動 | トップページ | 歩き疲れた »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

追記。

「人権」という言葉がありますが、そもそも「人権」という言葉における「人」って何なんでしょうか?

「人権」が<人としての権利>という意味ならば、「公共の福祉」の名の下でささやかな住み家すら奪われる「ホームレス」は「人」ですら無いってことではないだろうか?

私はここに近代的人権思想における<暴力性>を垣間見ます・・・。

投稿: まこと | 2007年2月16日 (金) 08時04分

「公園の公共性」が議論になっているようですが、公園に住まう「ホームレス」は公共社会の構成員では無いのでしょうか?

中・高校生レベルの教科書的議論では人権は「普遍的かつ不可侵」であるとされますし、憲法にもそう書いてあります。
しかしながら、「ホームレス」はやはり同じく憲法が謳う「公共の福祉」の名の下に「排除」される。

「公共性」の名の下に「ホームレス」排除を合理化する-ここに「市民権」なるものの盲点がありますね。家を失い、また「住所地」すら喪失された者は「人間らしい暮らしをする権利」すら失われるわけです。

人権って一体なんなんでしょうかね?
-そのココロは、普遍的でも不可侵でも無いのだ!?

投稿: まこと | 2007年2月16日 (金) 07時59分

久々さん
久々さんは、特定の政治的な問題ではないと対立する利益に配慮するのに変だなと思っていました。別に、あなたが限定付ながらも賛成ということは無理もないことだと私は思います。

別に法律家でなかろうが、あろうが、複数の解釈が成り立つようにできているのが法律なんでしょう?私も専門家ではありません。

私は社民党は特に最悪かなと思いました。もう少し彼らが真面目にやっていたら、現在の日本はもっとマシだったでしょう。

Kさん
「ちょっとね」というのは、ちょっとねというのはいうのは、多分私の嫌みったらしさを原因とする生理的な問題という同時に(邪推ですか?)、Kさんがいうお役所の法律解釈の精緻さということに原因があるんでしょう。つまり、議論として実益がない(結局解決不能な問題を述べているに過ぎない)、また精緻さのゆえに結局行政側が勝つ仕組みになっていることに対するちょっとねということなのかなと思いました。
私が知っている限りでも、彼らは非常良く準備するし、非常に良く関連のことを知っているし、非常に良くそのための下準備をします。

政治のプロということ関連するかもしれませんが、長い自民党政権の中で(実際は明治時代から)役人は力をつけていけるだけではなく仕組みまで作りあげ、その結果与党政治家の質的な低下と更なる質的低下(無能でも政治家であることが許された)が一方ではあります。他方、その長い中で、野党側は政権からあまりに長い間遠ざかり、結果反対派側の内部腐敗-反対派に安住する事が許されただけではなく、内部から崩壊してしまったんでしょう。
そういう中で、お役人と交渉する際、結局彼らが許容できる結論の中でもっともマシなものへと、彼らの大好きな理屈や法令・仕組みを使い、少しずつ粘り強く交渉を重ねていくしかないと思うのですけどね。

アッテンボローさん
長文失礼しました。

投稿: トラ | 2007年2月16日 (金) 06時03分

とら氏

まぁ、俺は法律の専門家でもなければ文型ですらないですから。
~なんじゃないと所詮は素人の判断ですからねぇ。
その辺は大阪市に雇われてる法律家の方にお任せしたい。

無論、そんな素人の判断を適当に書き込んだことについては反省してます。

>施設に行かないのではなく、いけないホームレスが多いことが問題なのではないでしょうか。
でも、公園の占拠とは別問題だと思いますね。
その点では国の整備には問題アリだと思います。

まぁ、あと言いたいことはKさんと同じですねぇ。
以前にも書いた気がしますが

自民⇒一部除いて役立たず
民主⇒一部除いて売国奴
公明・社民・共産⇒論外
さらに全党がアメリカに頭が下がらないというオマケ付き。

こんな状態ですからねぇ。
プロの政治家なんていませんね。
ぶっちゃけ、自衛隊がクーデターでも起こさないかなと願ったりして生活してますw

まぁ、私の生まれる前ですけど、隣から醤油や味噌を借りていた時代の心が今も日本人に残ってたなら、もっと違う状態なんでしょうが……
金はやっぱり心を狂わせるんでしょうね。

投稿: 久々 | 2007年2月15日 (木) 22時41分

 政治の「プロ」との表現が不味いのであれば、政治業者とでも言いましょうか。安倍も小泉も麻生も、三世四世として政治を家業として受け継いでいる人間です。業者任せにしてはならないと思いますよ。
 野宿者・ホームレスについてモザイクになっているとKさんは言いますが、では一体どの様にして見分けるのか。具体的方法を聞きたい物です。むしろあなたの言っていることは糞味噌に言うことで困窮している人々に対してまで強制排除などを正当化する論理にしか思えません。

投稿: アッテンボロー | 2007年2月15日 (木) 22時34分

まことさんは間違っているぞ。政治のプロなんていないだろこの国に。

いるのは「永遠のアマチュア」と「自称プロの無能」だけだ。プロ化すらしていないのに、プロ化したあとの問題語るのは違うだろう。

実際プロがいないから、ある意味プロ化している役人や官僚に政治が侵食されている。違うか?

ホームレスの問題で色々と問題抱えているからホームレスになるのはわかる。しかし、中にはそこそこ小金持っていても
「アパート借りると金かかっていややからなぁ、ここやと水もでるし、かねかからんからな」
ていうのも確実にいる。こういう輩と本当に問題抱えている人間がモザイク状に絡まっているのが問題をややこしくしているだろうな。

あとこいつはあくまで私見だが。トラさんは法律には詳しいみたいだが、なんかどうもね。役所側にもこういう法律に詳しいのがいて、こいつの法解釈(とかいうのか?)をやって問題なしに解釈しているのもいるだろうに。そう思うとやりきれんな。

投稿: K | 2007年2月15日 (木) 21時13分

野宿労働者と一般の公園利用者が対立しあうかのような書き込みがあるのは残念なことだ。
山谷ブルースを引用するまでもなく、高齢の野宿生活者の多くは、以前日本の高度経済成長を支えた、日雇いの建設労働者だ。それも、日本政府のエネルギー政策により、閉山となった炭鉱出身者も多い。
われわれが確認すべきは、誰もが、失業し野宿生活者になる可能性があるということだ。
若い連中の中には車の中や、漫画喫茶に寝泊りして、派遣・請負の仕事しているのもいる。。これも、野宿生活者の一種だろう。

投稿: mao | 2007年2月15日 (木) 19時56分

 トラさん、丁寧な捕捉をどうも有り難うございます。

投稿: アッテンボロー | 2007年2月15日 (木) 18時54分

久々さん
不法占有と指摘しながら条文すらきちんと読まないということは驚きです。不法と裁判所に認定されてしまいますと、損害賠償義務を負います。ご自分の発言の重みくらいは、ご理解されることを望みます。

>てあるから、コレにも反してるんじゃない?
「にも」と指摘されているのですが、「にも」ではないと思います。
久々さんが最初に指摘した27条1項は違反した場合の効果について述べたものであり、後に指摘した6条は違反にあたる行為について述べたものです。
したがって、6条違反をしたからこそ27条1項による効果があるのであって、27条は違反の問題ではないと思いますが。27条1項に基づいて市はテントを撤去したのだと思うのですが違うのでしょうか。

さらに、果たしてホームレスが建てたテントが6条にいう占有にあたるのかも別個検討の余地があると思います。この都市公園法の立法趣旨からして、占有にあたるのかを論じず、条文に書いてあるから不法占有では、説得力のかけらもありません。

次にですが、アッテンボローさんが指摘するように当該占有にあたるとしても、不法と言えるのかもまた別個検討の余地があると思います。カルネアデスの板を彼は例にとっています(通常刑法上の緊急避難で論じられる領域の言葉ですが)。

また、論点は異なりますが、今回の代執行に関してはホームレスの自立の支援等に関する特別措置法の11条との関連でも問題になります。ここでいう11条の要件を満たしたのか、そして本法律の衆院での付帯決議に反していないのかを考慮して、撤去が認められるのではないでしょうか。この点に関しては法律家が声明も出していますので、ご参考ください。

>公共の場を占拠するのはいかがなものかと。
確かに、この点が問題なのは事実です。しかし、出て行けとばかり言っても意味がありません。なぜなら、出て行くことができないからです。弁明書にもあるように、今得ている彼らの収入は、今の場所でこそ得ることが可能になっているものだからです。どうもこの点に誤解があるのかもしれませんが、施設に行かないのではなく、いけないホームレスが多いことが問題なのではないでしょうか。

また、ホームレスを完全になくすということは、アッテンボローさんの言う「革命」が成就するならばともかく、現実問題から言って不可能でしょう。そう考えますと、ホームレスを少しでも生み出さない政策をとると同時に、施設の量的・質的拡充を急がない限り、結局ホームレスが増え続けるばかりか、施設に行ったはいいけれども収入なしのホームレスを大量に生み出す悪循環を生み出し、公園にいたはずのホームレスが他の場所(公園も含めてですが)に行くだけではなく、亡くなってしまったり、治安悪化の原因となってしまったり(食べていけなくなったり)する結果しか生まないと思いますが。

久々さんのいうように公園を占拠することはよくないことです。しかし、不十分な対策しかとらず、出て行けとばかり言うのは無意味であり、有害です。その結果、久々さんのいう公園を占拠しないという目的を達成することはできないと思います。

投稿: トラ | 2007年2月15日 (木) 18時42分

 普通の労働者が厳しい目で政治を見つめないと行けないと思うのです。それをすることこそが民主主義を民主主義として機能させる第一歩だと思います。まことさんの仰るように「プロ」に任せてはいけないことですね。

投稿: アッテンボロー | 2007年2月15日 (木) 18時00分

一部に勘違い(?)している人がいるようですが、私は「政治に『プロ』は必要無い」などとは言っていませんね。

"政治参加には「プロ意識」が必要だ、政治は「プロ」に任せておけば大丈夫だ、政治は「プロ」が行えば良い"

こうした考え方"こそ"が民主主義を空洞化させるのでは無いのでしょうか。このブログでも度々示唆される「労組ダラ幹」的な存在が増殖する一因には、こうした意識を労組幹部はもちろん組合員も享有している点にあります。

左翼の言葉で言うならば、「代行主義」の問題ですね。

現実の政治を動かすには専門知識を持った「プロ」やテクノクラートは必要です。しかしながら、近代以降の民主主義は凡庸な庶民こそが政治の「主人公」である"べき"という思想を「理念軸」に置いているのだと考えております。

投稿: まこと | 2007年2月15日 (木) 06時16分

 久々さん、市役所の側が本当によい方法を実行に移してくれたら、公園で野宿する人はいなくなると思いませんか? そうすることの方が本当の意味で公園利用者のためになると思いますが。

投稿: アッテンボロー | 2007年2月14日 (水) 23時30分

トラ氏
すまん、俺の勘違いだった。

大阪市のHP見てみたら、第一項だった。
http://www.city.osaka.jp/yutoritomidori/report/park/20070104.html

ついでに六条にも

『都市公園に公園施設以外の工作物その他の物件又は施設を設けて都市公園を占用しようとするときは、公園管理者の許可を受けなければならない。』

てあるから、コレにも反してるんじゃない?


ホームレスについては、同情はしてると申しております。
けど、公共の場を占拠するのはいかがなものかと。


ついでにホームレスと一口に言っても
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/919442.html
この辺を見ると、どうも生活が生きられないほど苦しいってわけじゃない人もかなりいるみたいですね。
無論、そんな人は一部だとおもいますが……


アッテンボロー氏
>そこに収容される野宿者の立場で物事を考えていたわけではない。
公園を使用する住民の立場も考えてほしいものです。

投稿: 久々 | 2007年2月14日 (水) 23時15分

 何と言ったか忘れましたが、海で漂流している人一人が掴まるのがやっとの板があって、それに二人の漂流者がしがみつけば共倒れになる。この場合に一方が他方を突き落としても罪に問われないという事例があるそうですね。
 では大阪市が強行した野宿者排除はその様な極限状態であったと言えるのだろうか? 私の結論は否である。大阪市は「シェルター」を作ったが形だけのアリバイ的な物でしかない。多額の予算をつぎ込んで建設業者の懐を潤しただけである。そこに収容される野宿者の立場で物事を考えていたわけではない。ここが一番の問題であると思うのです。
 同時に一部の大企業が暴利をむさぼるために多くの労働者を生活保護以下の賃金水準で酷使している。私は労働者の側こそ、多数が生き延びるために帝国主義を打倒する権利があると思う。

投稿: アッテンボロー | 2007年2月14日 (水) 23時03分

>>ダニはどの家にでもいるものですし

トラさんもな。あまり人の家を侮辱するもんじゃない。

投稿: 通行人 | 2007年2月14日 (水) 20時46分

久々さん

>これに当てはまると思われ

当てはまりません。または、この条文だけでは不十分です。なぜなら、久々さんが提示した条文は、使用許可なり、占有許可を与えた人を対象にしたものです。大阪市はそのような許可を与えているというならば、条文上の根拠を指摘しない限り、不十分だからです。少なくともその点の指摘がない限り、不法占拠とは言えません。

また、ホームレスの人たちが自立センターに行かない理由はご存知ですか。そういう理由のホームレスもいるでしょうが、そういうホームレスばかりではないでしょう。事実、今回の代執行が行われるまえの弁明書などを見るとなぜ彼らが公園を立ち退けないのかという理由をホームレス側が述べています。

さらに、ノミやダニをホームレスの方にお子様がうつされたと書いていますが、それはホームレスの方がうつしたものなのでしょうか。ダニはどの家にでもいるものですし、何の証拠もなく人を侮蔑することは書かない方がいいと思います。

投稿: トラ | 2007年2月14日 (水) 15時11分

佐倉氏

>第27条
 公園管理者は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、この法律の規定によつてした許可を取り消し、その効力を停止し、若しくはその条件を変更し、又は行為若しくは工事の中止、都市公園に存する工作物その他の物件若しくは施設(以下この条において「工作物等」という。)の改築、移転若しくは除却、当該工作物等により生ずべき損害を予防するため必要な施設をすること、若しくは

『都市公園を原状に回復することを命ずることができる。』

一  この法律(前条を除く。以下この号において同じ。)若しくはこの法律に基づく政令の規定又はこの法律の規定に基づく処分に違反している者
二  この法律の規定による許可に付した条件に違反している者
三  偽りその他不正な手段によりこの法律の規定による許可を受けた者

2  公園管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、この法律の規定による許可を受けた者に対し、前項に規定する処分をし、又は同項に規定する必要な措置を命ずることができる。
一  都市公園に関する工事のためやむを得ない必要が生じた場合


『二  都市公園の保全又は公衆の都市公園の利用に著しい支障が生じた場合』
『三  前二号に掲げる場合のほか、都市公園の管理上の理由以外の理由に基づく公益上やむを得ない必要が生じた場合』

これに当てはまると思われ


最終的に俺として言いたいのは、
「ホームレスには同情する。けど、不法占拠はだめだろ」

投稿: 久々 | 2007年2月12日 (月) 21時11分

俺はアッテンボローさんのことを下種とは言わんよ。俺はアッテンボローさんの言うこと、やっていることの問題点を冷静に指摘しているにすぎない。それに少なくとも俺は「労働者」「地域」に関しては当事者としてきちんと色々対処している。

まぁ下種ですまないね、生まれが生まれだからね。それはしょうがない。はっはっは。悪いね被差別民で。

ただな、この手の問題でどうも気になるのは100人いたら100人必ず救えみたいな形になることだ。100人いて5人運良く助かったり、社会復帰できたとしてその5人は95人を裏切ったとかと言う風潮が支援者にないか?

その5人が助かったことに、その5人が助かったことが無駄だと平気で言える風潮ないか。「地域」もそうだ。俺がその5人に含まれたとしてやっぱり支援者とか活動家にとっちゃ「裏切り者」になるのだと思うな。違うか。

支援者とか騒ぐ人間もまずは5人を確実に助けてやることが必要じゃないか。100人なんか無理だよ。結局「「確実」に少数の人間でも助ける」ことのほうが重要だぜ。その経験が5人から15人になれステップアップになる。

大阪に6000人ホームレスがいたとして5%なら300人だ。300人はでかいと思うがね。違うか?
労組でもメンタルな重い病気持ちが12人いてそのうち5人会社に何らかの形で残せたら成功だと思うがね。12人全員失職よりはマシだ。違うか?

まことさんに言うが「誹謗中傷」なんて普通に生きていたってある。俺が言っていた「見てみぬフリ」というのは中々できたものだ。プロというのは本来そういうもんじゃないか。根底から代えるなんて無理だ。

むしろ根底から変えようと下手に実力も無く動く人間の方が問題だと思うぞ。傷口を広げるとかな。プロ市民とかじゃないプロが必要だ。テレ朝だったかな、TBSか忘れたが、写っていた大声で叫んでいた人間、ああいうのは一番要らない。ああ言うの見るたんびに一般人から関西とホームレスのイメージダウンになって下手な怒りを巻き起こす。

投稿: K | 2007年2月12日 (月) 12時30分

ところで、ホームレスを支持する人、先日の長居公園での撤去騒動まで、何してたの?
テレビで放送されるまでは何もしてなかったんじゃないですか? ホームレスの人が追い出される、その時になってから騒ぎ出すって事は、本当はホームレスの人が心配で支持してたんじゃなく、国を相手に正義ぶりたいからでしょうに。

その証拠に、今回以前にまでにホームレスに関して記述されてるエントリーはありませんね。

まあ全く自己本位なみっともない恥ずかしい。人に酷い事をいう前に先ず自分の心を見つめなおすべきですね。

投稿: Silver_PON | 2007年2月12日 (月) 08時11分

まあ、程度の差はあれど、このエントリで言うところの「誹謗中傷」的な感情を抱いている人は多いのが現実では無いでしょうか。

実は、誤解を恐れずに言わせて貰えれば、この私自身だって「ホームレス」の近くを歩いている時に「何か臭いよなあ」などと思うことがあります。外国人労働者などと話をしている時にも、「なんだこいつ!?好き勝手な事を言っているんじゃねえよ」とムカつくことがある。

私だって<差別的感情>の持ち主なんですよね、はっきり言って。

しかし、一方で「『ホームレス』がいるこの社会はおかしい」という思いもある。また、何よりも「自分自身が『ホームレス』になるのは嫌だ」「自分が『ディアスポラ』な境遇に陥った時に迫害されるような社会であって欲しくは無い」という思いもある。

そういう意味では、私などは多分に「利己的」な感情からこの種の問題に首を突っ込んでいるという面もあります。また、「利己的」だからこそ、マルクス・レーニン主義の立場から闘っているアッテンボローさんにエールを送りたいという思いがありますね。

投稿: まこと | 2007年2月12日 (月) 07時21分

私はいま「日本でもっとも経済的に元気がある」とされる愛知県で仕事をしていますけど、名古屋市内にも高速道路歩道橋の下には少なくない数の「ホームレス」がいます。また、名古屋市内では空き缶を集めて生計を立てている人達を目にすることも決して珍しくはありません。

あのトヨタの文明圏内(苦笑)にある愛知県岡崎市では橋の下に暮らしていた女性が殺害される事件が起きました。女性を襲ったとされる被疑者の一人は自身も「ホームレス」体験があるという若者でした。

「仕事は探せばある」とか気安く言いますが、法的な「住所」の無い人達などを雇うまともな職場なんて滅多にあるもんじゃありません。

それが現実ですよ。

投稿: まこと | 2007年2月12日 (月) 06時40分

久々さん、都市公園法第27条は監督者に関する条文ばかりなのですがね。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S31/S31HO079.html

投稿: 佐倉 | 2007年2月11日 (日) 23時59分

佐倉氏
つ都市公園法第二七条

new-era氏
>「国民の義務」ねぇ。権利が尊重されていなければ義務なんぞ発生しようもないでしょ。
うん。だから権利も尊重されんなぁ。

>仕事は探せばある?そんなことは不法就労の外国人がやっている仕事がどんなものか理解してから言った方が良い。

がんばれば、ね。
ホームレスから復帰した人は少なくは無い。
無論、運もあるだろうけど……
少なくとも公園に引きこもってても時間が経過するだけ。

>運良く仕事にありつけたホームレスを挙げて全てのホームレスの条件にあてはめるのは短絡と言うもの。

運が悪いから法律違反をしていいということはない。

・「血税」等のフレーズを使って詳しいことを知らない一般市民の怨嗟をたきつけるのは止めたほうが良い。

んじゃ、「税金を使って作った土地に不法に占拠した人々を撤去するための費用は総額二千万円になります。もちろん税金です」
ておk?

支援者については、うちの近所とは違いますねぇ。
まぁ治安いい方だから襲われることは先ず無いし、ホームレスの人は大体図書館の隅の方にいたりするから死にそうだったら気づくだろうからかな。
まぁ地域差があるみたいですね。


ホームレスの人には悪いが、実際に通行の邪魔があったり、異臭が漂ったり、ノミ・ダニをうつされるというのもあるわけだし「なんの迷惑になるんだ?」というのもおかしい。
また、病原菌の媒介になる可能性も高い。
公共の場所でホームレスが生活するのと、ホームレスの人々を自立させるのはまた別問題。
混同するから自体がややこしくなるんですよ。


Silver_PON氏
うちの側にいますw
ただっ広い公園に数人ですから迷惑にもなっていませんし、図書館に来ても迷惑にもならないから誰も文句は言いませんけど……

うちのガキが側に行ってダニをうつされたそうです。

投稿: 久々 | 2007年2月11日 (日) 22時53分

ホームレス、ごみと小便に怒りの抗議文—北京市
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=3663
「ここにごみを捨てる者は、その一族全員が死ぬ。ここにごみを捨てる者はブタである。」2006年11月7日、北京市にある台基(タイジー)工場前門小学校の壁に、見てあまり気分のよいものではない言葉が書かれている。

共産主義のデタラメっぷりがここにあります。
この現実から目を背けて勝手な事をいうのはどうかと思いますよ。

投稿: | 2007年2月11日 (日) 22時32分

>> 「ホームレス」は永遠に不滅です。資本主義社会が続く限り。

嘘つくな


農業よりもホームレスが儲かる中国のいびつな現実
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20070118/117178/

投稿: | 2007年2月11日 (日) 22時28分

>> >ホームレスの自立した生活。
>> >低家賃のところを見つけて、仕事を斡旋する。
>> >もしくは施設を紹介する。
>> 全て大阪市がやらなければならないことだ。
>> 支援者がやらなければならないことではない。
>> 大阪市は率先してやるどころか、ホームレスからの話し合いの要求を無視したんだぞ。つまり俺たち大阪市の言うとおりにしてればいいんだってことだ。
それは既になされてます。支援センターが設立されてますし、そこで、自立の為のあらゆるサポートがなされてます。大阪市は、そこをスタートに自立する事を推めたわけです。仕事も斡旋しますし、パソコンの講習会もあります。
今回、「撤去された人々」は、「門限があって規則が厳しくて、酒が飲めないから嫌だ」と、入所する事を嫌がってるわけです。でも、しかた無いです。だって、自立して仕事するってならそれくらい我慢出来るようにならんといかんし。その為の、また、1日でも早く自立してこのセンターから出られるようになれるための規則ですから。

それを無視するのはどうでしょかねえ。まともな議論とは思えませんけど。

私が言った事について詳しくは下記へ
大阪市健康福祉局ホームページ(その他の情報) 野宿生活者(ホームレス)対策について
http://www.city.osaka.jp/kenkoufukushi/sonota/sonota_20.html

投稿: | 2007年2月11日 (日) 22時26分

資本主義社会では、誰ももれなく働くことはできません。社会的生産が利潤追求のための私的生産としておこなわれるこの社会は価値法則が支配し、生産は拡大縮小をくり返します。それにあわせて雇用と解雇がくりかえされます。そんな資本主義社会をささえるものの一つが労働予備軍ともいえる相対的過剰人口である。と明らかにしたのは、悲惨な境遇の労働者を擁護する立場に立ったがために「パラサイト」「ニート」のような生涯をおくったマルクスです。

「ホームレス」は永遠に不滅です。資本主義社会が続く限り。

「血債」とは、私達が被抑圧者であると同時に抑圧者なのだということを自覚することであります。そして、私達の抑圧者を打ち倒す闘いを、私達が抑圧している人達の苦しみと同じ内実をもっておこなうということです。

アフリカで流血をおそれず解放闘争を闘っている民族に負った債務は、流血をおそれず自らの抑圧者を打ち倒す事によってしか決済することはできません。それに、返済がおくれると「利息」がつきます。

おわります。

投稿: 薩摩長州 | 2007年2月11日 (日) 22時26分

ま、こんなかで、自分に責任の有る発言をしているのはKさんだけだな。他は、自分と関係が無いから勝手な事言ってますね。

公園に寝泊まりする浮浪者を可哀想と思うなら、その浮浪者を自分の家に引き取たら?
支持する人はそんな事は絶対に出来ないと思います。それを支持するのは、それが、自分と関係無いから。

実際にこんな事が自分の住まいのすぐ傍で発生したら、そんな事言ってられません。公園に寝泊まりする人に退去して貰うように自治体に要請するでしょう。それが現実です。そうなると、自治体はその事態を放置する事はできません。


投稿: Silver_PON | 2007年2月11日 (日) 22時03分

>本当のことを言ってるのに、誹謗中傷の一言で片付けるから皆が離れていくというのを何故理解できない……

それは久々さん、あなたにとっての「本当のこと」でしかないからだ。
アッテンボローさんや私からすれば、汚いいいがかりだから「誹謗中傷」と表現されるんだ。
離れるのは誹謗中傷をする人だけだ。みんなという表現は誤り。

・「国民の義務」ねぇ。権利が尊重されていなければ義務なんぞ発生しようもないでしょ。
・仕事は探せばある?そんなことは不法就労の外国人がやっている仕事がどんなものか理解してから言った方が良い。
運良く仕事にありつけたホームレスを挙げて全てのホームレスの条件にあてはめるのは短絡と言うもの。
・「血税」等のフレーズを使って詳しいことを知らない一般市民の怨嗟をたきつけるのは止めたほうが良い。

支援者はあくまでホームレスが人として最低限生きることを支援するだけ。それが公園であろうとどこであろうとだ。

>ホームレスの自立した生活。
>低家賃のところを見つけて、仕事を斡旋する。
>もしくは施設を紹介する。
全て大阪市がやらなければならないことだ。
支援者がやらなければならないことではない。
大阪市は率先してやるどころか、ホームレスからの話し合いの要求を無視したんだぞ。つまり俺たち大阪市の言うとおりにしてればいいんだってことだ。

さて久々さんには悪いが、俺は東京に住んでいるが山谷で「支援者」が日頃からホームレスに声をかけたり、路上死者が出ていないか夜間見回りをしているのを目で見て知っている。
ホームレスのことを思っていない人間がこんなことしないだろ普通。

あとここでの俺のコメントはこれで終了だ。
この後に何が書かれようとコメントはしない。
議論はコメントでなくエントリー(記事)でなされるべき、というブログ本来の主旨を尊重すべきと考えるからだ。

投稿: new-era | 2007年2月11日 (日) 18時55分

『「血債」を負った存在である』とまで主張されると宗教的盲信と言わざるを得ません。
階級性として労働者ホームレスを美化して過度の思い入れをするのが個人的趣味なら良いのですが、これが正義だと大上段に構えられては戦いのための戦いであり階級性の永続が党派の永続でありホームレス支援は組織アピール以外の何者でもないと映ります。
ピンハネの指摘もありますが本来公共工事の発注元である役所のズサンさが問題であり、市場価格で労働者手配することは問題ではありません。
前回の悪い奴らの公開銃殺刑には思わず萌えですが、むしろその対象を無能な役人にして貰いたいのです。

投稿: tatu99 | 2007年2月11日 (日) 18時00分

>不法占拠

何という法律にてらして、不法といわれるのであろうか?

投稿: 佐倉 | 2007年2月11日 (日) 14時42分

>何人か心ない人々・人の痛みを理解することの出来ない人々から野宿者・ホームレスに対する誹謗中傷・罵詈雑言の書き込みがなされている。

本当のことを言ってるのに、誹謗中傷の一言で片付けるから皆が離れていくというのを何故理解できない……
とりあえず、
・国民の義務果たせ。権利はそれから
・仕事が無い?仕事求めて外国人がやってくるような国なんだが。
 探せばいくらでもあるぞ。それ自体は低賃金だが、施設や援助も+されるから生活には困らないはずだが。
 本気で仕事探して、ホームレスから脱却した人だっているわけだし。
 そも今回の人が本気で仕事を探し、自立しようとしている人には見えない。
・仕事が無いからと言って、血税で作った公園を不法占拠していいという物ではない。


ちなみに人権、人権と言っている人へ
基本的人権
「憲法が国民に保障する自由と権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない」
「濫用してはならず、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」

公園の不法占拠ってどう見ても濫用だなぁ。
てか、人権を認めてるから施設を提供しているわけだが。

そも、支援者は何を支援するの?
公園に住むこと?
違うでしょ。
ホームレスの自立した生活でしょ?
なら何をすべきなんでしょうか。
低家賃のとこを見つけて、仕事を斡旋する。
もしくは施設を紹介する。
そういう事をすべきじゃないの?

今回だって十五人は施設に入った。
入らなかった人は何で拒んだのか。
用は酒とか煙草とか施設での規則が嫌だからでしょ?
施設に入らないのは別にいいが、人に迷惑かけるなよ。
無論、何かしら理由があって施設に入れなかったり仕事が出来ない人達には同情する。
でも、今回はそういう理由は見当たらない。

余談だが、俺は「支援者」と言う連中が、日ごろホームレスの人に声をかけたり、見回りしているのを見たことが無い。
自称支援者の何人が本当にホームレスのことを思っているのだか。

投稿: 久々 | 2007年2月11日 (日) 11時01分

というか、「ホームレス」問題を<ウヨサヨ>次元の問題なんですかね・・・?そうでは無く、私たちの身近な「暮らし」の問題として捉えるべきでは無いでしょうか。

あと、「人民の前衛」を自認しているアッテンボローさんのブログでこんな事を書くのは何ですが・・・。

もちろん運動は結果を出すことを目指す「べき」ではありますが、「まず結果ありき」の言説や運動への参加に「プロ意識」を求めるが如き言説には、自称「左翼」の一部に見られる「前衛主義」の悪しき側面と相通ずるものがあると思いますね。

庶民ひとり一人が自分なりの生活実感から政治や社会に問題意識をもち、生活に支障を来たさない程度に市民運動やNPO活動に参加する・・・それで良いと思いますけど。もちろん「結果」を出せればそれに越したことはありませんけど、まずは政治的主体意識を享有する「市民」の輪を拡げていくことが大事だと思いますね。

まあ、こんな事を書くと「それは『市民主義』だ」などとの批判が「左」の側から飛んでくるかもしれませんが。

投稿: まこと@お出かけ前 | 2007年2月11日 (日) 08時48分

草加さん。一般の人はKさんを支持しますよ。
はっきり口に出してはいわないでしょうけど。
事実長居公園の支援者の運動は、一般の人には全く広がっていないし。
支援者の方々はまず、1人でいいから、実際に浮浪者の方を社会復帰させるという結果を出してみたらいかがでしょうか?
その一人が2人3人と増えていく事が、国会で力を全く失ってしまった左翼の今出来ることだと思います。

投稿: TRIGUN | 2007年2月11日 (日) 08時31分

以前の「差別者・カクマルの死はてめえの責任」云々と
今回の反日ばりの「日帝本国人としての原罪」云々、
「それってちがうんじゃない?」と思います。
これまで結構共感できる発言が多かったんですが。

話変わりますが
ある反天ノンセク活動家が大喪の礼のとき
「ちゃんころは差別発言だが
天皇のことを天コロと呼ぶのはよいことだ」と
ぶってましたが、度し難いですよね、こういうのって。
要は「権力・差別者には、俺らサヨクはなにをやってもいい」ということが言いたかったらしいです。

投稿: 元黒 | 2007年2月11日 (日) 08時01分

アッテンボローさんの問題意識、真摯さには共感しますが

>私にとっては、和系日本人に男として生まれ、被差別部落民ではない。この事自体が中核派の言う「血債」を負った存在であるのだ。仏教で言う「業(カルマ)」、キリスト教で言う「原罪」が私にはある。(アッテンボローさん)

こういう「中核派イズム」はどうかなと・・・。
マルクスだって今どきの言葉で言うなら「パラサイト」「ニート」のような人ではありませんか(笑)。

投稿: まこと | 2007年2月11日 (日) 06時26分

TBありがとうです!

住む場所がないって普段考えることがないけれど、実際自分がそうなる可能性もないわけではありませんね。
火事とか台風や地震なんかで一時的に家がなくなったり、破産状態で長期的に住む場所が無くなったり。
貧困問題は、どの国でも重要課題になってると思うんだけど、この国ではただ見下して排除して終わりって感じですね。
これも平和ボケなんでしょうか?

投稿: G | 2007年2月11日 (日) 05時58分

少し前に日テレ系のドキュメンタリー番組でも取り上げられていましたが、昨今は家を持たず(というより持てず)24時間営業の漫画喫茶で暮らす「ホームレス」の一歩手前の人達も増えているようです。私がお世話になっているブログの関連記事にリンクを張っておきます。

・「ネットカフェ難民―漂流する現代日本のITコッチェビたち」(アフガン・イラク・北朝鮮と日本)
http://blog.goo.ne.jp/afghan_iraq_nk/e/bcbc159b49913c977d9a8ce8e600a66b

あと、朝日新聞社の月刊誌『論座』の1月号が「現代の貧困」と題して、この種の問題を網羅的に扱っていますね。「ネットカフェ難民」にならざるを得ないような人達を「搾取」する「ニュービジネス」の実態、刑務所が「福祉施設」化している現状などなどが取り上げられています。

アッテンボローさんが指摘されるように、「ホームレス」問題は単なる「自己責任」だとか「本人の働く意思」だとかいうレベルの問題に留まらず、<新自由主義的グローバリゼーションが齎す貧困問題>として捉える必要がありますね。雇用が流動化し、「建設業的状況」があらゆる業界・業種に浸透しているいま、よほどの金持ちでもない限り誰でも「ホームレス」になる潜在的可能性があることを見過ごしてはならないですね。

投稿: まこと | 2007年2月11日 (日) 05時41分

Kさんってすごいなあ。いくら匿名とはいえ、普通の人なら思っていても書けないことを書くもんなあ。日常生活でもこうなんだろうか?

まあ、反差別や野宿者支援に、敵対や反対している人のメンタリティを披露してくれているのは、確かに感謝すべきかもしれません。一般の人がどちらを支持するかの貴重な判断材料になりますから。

そういう場を提供しているアッテンボローさんも偉いですね。普通ならこんな書き込みに自分のブログを汚されるのは、だれだって嫌ですもんね。

すべてはアッテンボローさんの判断ですが、とりあえずKさんには、この調子で続けていただきますか?アッテンボローさんには申し訳ないですけど。

投稿: 草加耕助 | 2007年2月11日 (日) 02時05分

 Kさん、毎度毎度腐りきった下種な婚面とを頂きどうも有り難うございます。あなたがキィキィ喚けば喚くほど、保守反動勢力のくだらなさ・人間として腐敗しきった有様が顕わになります。今後とも引き続き書き込みの程宜しく御願いいたします。

投稿: アッテンボロー | 2007年2月11日 (日) 00時51分

そのとおり!
結果は重要だ。

で、今回は大阪市の積年の願いが達成されたわけだが、大阪市から野宿者が減少するという結果を期待していいんだな?
そうでなければ支援者の主張が正しかったということになる。

大阪市が妙案を持っているとは到底思えないんだが。
東京だって新宿の野宿者を追い出して「動く歩道」ができて見た目綺麗になったけど、野宿者は全然減らないんだからな。
街頭の現実を見る限り、野宿者やその支援者を批判する側に義はない。

投稿: new-era | 2007年2月11日 (日) 00時34分

中核派ってのは宗教なんだな。

まぁいい。ただな40過ぎているんだから、重要なのは結果だ。空論やれるのは20代までだ。

何か結果を残せなければ永遠にアマチュアのままだ。言うからには実数で結果を残せよ。

アッテンボローさんの言っていることは員数主義といってな前の戦争での旧軍の悪い所なんだよ。敗因でもある。それにだアッテンボローさんのコメント見ると、どうも徹底抗戦叫んで本土決戦しようとした軍部を思い出す。アメリカに勝てる勝てるとか言っていたんだろ軍部は最後まで。
それと同じ臭いがプンプンする。中核派的(除名されているけど)魂ってのは結局、旧軍部の精神主義と同じだな。

アッテンボローさんの親父さんは日雇いから金むしっていたけど、アッテンボローさんは俺みたいな脱出した被差別民出身者の一般市民の生活を妨害する勢力に組している。結局親が親なら子は子だ。結局は同じなんだな。

投稿: K | 2007年2月11日 (日) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111250/13862603

この記事へのトラックバック一覧です: 格差社会と宿無し労働者:

» 大阪市強制代執行とフランスのホームレス事情 [言ノ葉工房]
「美しい国」の「国際人権都市大阪」がその名にふさわしく人権侵害をやってのけてくれました!こんな嘘っぱちだらけの国ってどうよっ追加キャンペーン! ひびのまことさんの要請書に賛同してくださった皆様ありがとうございま... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 00時43分

» フランスの「屋根の上で暮らす権利」? [言ノ葉工房]
愛国心はあるさ。ありますとも。あるからより良い国になってほしいのだーだから外国と存分に比べさせてもらいまーす追加キャンペーン!モア・アンド・モア このブログに訪れてくださる方の検索キーワードなのですが、 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 00時45分

» ホームレスの仕事を作り自立を支援する雑誌「ビッグイシュー」 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
「貧困と闘わずにホームレスと戦う日本と、ホームレスを援助して貧困と闘うフランス。」という記事をきのう出したので、やっぱりこれを紹介しておきたい。 「ビッグイシュー日本版」という雑誌です。 ホームレス... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 01時49分

» 貧困と闘わずにホームレスと戦う日本と、ホームレスを援助して貧困と闘うフランス。 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
るか親方の「大阪市強制代執行とフランスのホームレス事情」、 うにさんの「長居公園、2007年2月5日」、 アッテンボローさんの「長居公園行政代執行抗議行動」、 そして、先日亡くなったフランスのピエール神父の紹介記事... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 01時53分

» 「ホームレス」問題と<日本>−「ホームレス」問題を「自己責任」論に回収すべきでは無い! [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
屋外生活者(「ホームレス」)問題、少し視点を変えて論じてみます。 日本の被差別者や漂泊民の歴史を調べれば分かると思うんですが、この日本では<昭和30年代頃までは>定住する家を持たずテントを持って各地を転々とする人達や、河川の橋の下や洞窟などで<無断で>暮ら....... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 07時20分

» MMR「ワーキングポアが暗示する衝撃の未来絵図」〜「長居公園ホームレス強制排除」/派遣労働と住居 [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.2.6.17:30ころ           _,.-‐"':" ̄~゙' [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 07時21分

» 【屋外生活者への<排外主義>反対!】「ホームレス」住民登録訴訟についての私見+釜ヶ崎住民票削除反対署名のご協力のお願い [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
AMLに「釜ヶ崎住民票削除反対署名」への協力要請メールが流れていましたので、掲載いたします。 皆さんのご協力をお願いします。 なお、このエントリーをアップする機会に、関連の問題として公園を「住所」として住民登録しようとした屋外生活者(「ホームレス」)が二審で...... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 08時06分

» 「“お国”で心の隙間を埋める」…つまらない大人にはなりたくない!! [dr.stoneflyの戯れ言]
♪ガラスのジェーネレーション、さよならレボルーション、つまらない大人にはなりたくない、さ、ワンモア キス トゥ ミー♪ [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 08時18分

» 安倍政権の反動「あるある大事典」−カンテーレ捏造騒動に便乗した「電波法」改悪への動き [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
教育基本法改悪、防衛省設置法、「共謀罪」制定、憲法改悪への動きだけでは無い! まだまだ「あるある」安倍政権の<危険>な動きを紹介します。 ●「業務改善命令を新設へ 電波法改正、総務省検討」(中日新聞 07.02.10) 「総務省は9日、関西テレビの情報番組「発掘...... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 08時29分

» 「自分は給料分の価値しかない」のか [再出発日記]
昨日の続きです。このあと、シンポジウムで労働者、若者からの簡単な報告がありました。JMIU(金属情報機器労組)の若者からは労組結成の報告がありました。彼の職場では99年に大幅な賃金カットが行われたそうです。15%のカットと手当の全面カット、幅の大きい人は40%の賃...... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 10時23分

» ネットカフェが僕の家(朝日「be」より) [再出発日記]
朝日の土曜日別刷り「be」に「ネットカフェが僕の家」という記事が載っていた。(記者森本美紀)ひと昔前なら「カプセルホテルが僕の家」だった。安さを求めて遂にネットカフェになったわけだ。東京蒲田には一晩千円で泊まれるネットカフェがあるらしい。そこに毎日泊って一...... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 10時24分

» 民権運動の中から生まれた憲法草案 [とむ丸の夢]
 昨晩のNHKテレビETV特集は「焼け跡から生まれた憲法草案」でしたね。 その中で憲法研究会の鈴木安蔵さんが高知の民権家植木枝盛の憲法草案を見つけ出したときのことが描かれていました。 植木枝盛の憲法草案を初めて目にし... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 11時32分

» はたらく喜び [そいつは帽子だ!]
第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。 ここで注目すべきは、「勤労の権利」だろう なぜ働くことが権利なのか 生まれ、そして生きる我々が ただ単に消費する存在だと仮定してみる 食べて食べて食べて、そして死ぬという生き物 人間存在のありようとしてそれ..... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 14時25分

» △06年の賃金構造基本統計調査(速報)⇒地方の行く末はどうな... [明日への道しるべ@ジネット別館]
1.始めに 厚生労働省が9日発表した06年の賃金構造基本統計調査(速報)を発表した。それによると、地域格差がさらに開いているようだ。この先、地方はどうなるのだろうか。不安が隠せない。2.06年の賃金構造基本統計調査(速報)1)調査方法 全国の従業員10...... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 16時35分

» 名も無き者 [美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・]
チェ・ゲバラの若き日を描いた映画『モーターサイクルダイアリーズ』の白眉はハンセン病患者が隔離された孤島にチェが溺れかかりながらも泳ぎ着き、患者達と抱擁するシーンである。 ◆◆◆◆ このところ、柳澤厚労相の一連の発言や、経済財政諮問会議のメンバーのザ・アール奥谷社長の労働基準監督署すら必要ないという発言が物議を醸しているが、日本の厚生労働行政の過去の瑕疵にハンセン病患者の徹底隔離政策がある。 現在、ハンセン病療養所に暮らす�... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 23時18分

» えげつないぞ大阪市!恥を知れ大阪市! [言ノ葉工房]
大阪市はムーミンみたいに、 こっちむいて! キャンペーン! モアモアもやもや・アンド・モア ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)さんの 【屋外生活者への<排外主義>反対!】「ホームレス」住民登録訴訟について... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 00時04分

» 失業者運動で出会った方との再会 [☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡 ぶどうの獲れる柏原にいらっしゃい!]
 私は、先日失業者運動で出会った方との再会しました。この方との再会は、2年ぶりです。この運動は、日本労働党が、2003年に小泉政権の緊急地域交付金での対策の拡充を求めるために大阪のハローワークで宣伝を行っていました。  私は、この党の呼びかけに応えて河内柏原ハローワーク前で2回にわたり宣伝をしていました。私たちが宣伝をしているの時に、60歳代の求職中の方―Zさんと対話して、後日柏原市での雇用対策を求める要請することになりました。  このときの交渉は、山西敏一柏原市長が不在で、市民部長と産業振..... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 10時06分

» ロストジェネレーション(2) 暗黒の木曜日 [FRENCH BLOOM NET-DATA BASE]
彼らは、先日ピエール神父(ホームレスの救済に尽力したフランスの国民的人物)が亡くなった際に紙上にコメントを寄せている。彼らはピエール神父を手本にし、神父から使命感を呼び覚まされたというのだ。「暗黒の木曜日」の広報担当のマニュエル・ドメルグは次のように言う。... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 13時38分

» 捨てるべき故郷という感性-4 [なのなの勢力]
前作です。 「縮む社会 本県100万人時代のデザイン」(第一部) 東奥日報の連載記事です。ちらちらタイトルだけ見ていて気になっていましたが、このごろ忙しくて新聞を見てませんでした。今日の午後、ラーメン屋で読みました。帰りに会社から切り抜いて持ってこようと思いましたが、忘れました。ただいま、第2部(でいいのかな?)に突入中です。そのうち、WEBでも見ていただけるようになるでしょう。 今日の記事は、学力低下と「産む世代」の県外流出がテーマになっておりまして、長年、私が考えていたことが、... [続きを読む]

受信: 2007年2月13日 (火) 03時01分

« 写真で見る長居公園行政代執行抗議行動 | トップページ | 歩き疲れた »